大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(268)
(246)
(116)
(113)
(92)
(77)
(57)
(47)
(47)
(41)
(40)
(31)
(26)
(23)
(22)
(21)
(14)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

ジョニデさま ランブロワ..
by tanpopo-jyo at 12:51
コート・ドール! さすが..
by ジョニデ at 23:56
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 12:22
Uです。おめでとうござい..
by EMMANNIE at 09:55
ジョニデさま 有り難うご..
by tanpopo-jyo at 00:37
結婚記念日、おめでとうご..
by ジョニデ at 22:48
ジョニデさま 一皿目にラ..
by tanpopo-jyo at 12:29
ライチョウの一皿だけでO..
by ジョニデ at 11:22
ジョニデさま 年に一度オ..
by tanpopo-jyo at 14:02
Uさま お、お、おっ!U..
by tanpopo-jyo at 13:55
あ、ディズニーにも、行か..
by ジョニデ at 12:13
"反日"ってなに?花火で..
by EMMANNIE at 10:09
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:08
Uさま 3~4年前にNH..
by tanpopo-jyo at 12:08
おはようございます。Uで..
by EMMANNIE at 09:24
Uさま ただいま~♪ ..
by tanpopo-jyo at 20:35
Uです。お帰りなさいませ..
by EMMANNIE at 19:26
ぶうちゃんさま ただいま..
by tanpopo-jyo at 09:56
おかえりなさい♪ ..
by ぶうちゃん at 23:48
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 10:35

記事ランキング

検索

「深海2017」展へ

2017年9月27日(水)

今日は上野の国立科学博物館で開催中の
「深海2017~最研究でせまる”生命”と”地球”~」に行って来ました。
b0112909_23135167.jpg


いかにも "深海" というイメージの入り口。
b0112909_23173944.jpg


深海生物は、暗闇と高圧の中で生き延びるために独自の進化を遂げました。
見る必要がないので目が退化した魚がいれば、よく見るために異常に目が大きくなった魚。
光を出してエサを誘う魚や、光る物質を排出しておとりにして逃げる魚。
「生物発光シアター」では何のために光るのか? どのように光るのか? を映像を交えて展示しています。
※写真はNHKエンタープライズHPより
b0112909_23142555.jpg


「深海生物の多様性」のコーナーではコワモテ(というかグロテスク?) な魚や甲殻類、貝などの標本が
展示されていましたが一番面白いと思ったのは水深700~4,000mに生きるベニオオウミグモ。
全部 脚ですか!?(保存瓶の高さは30㎝ 程度) 
b0112909_23375480.jpg


6,000mを超える「超深海」は、タンパク質の構造を変えるほどの水圧などから
生物にとって地球上における極限の環境のひとつ。
が、1万メートルを超える海底にも生命の存在が確認されているのだそうです。
左は水深4,850~8,000mに生息するダイダラボッチ
右は6,070~6,207mに生息するウミコロギスの一種
b0112909_23465563.jpg


「喰う・喰われる」のコーナーで最強の特技の持ち主は体長30~50㎝のヌタウナギ。
目は退化しているものの、3つある心臓は酸素がなくても何時間も動き続ける上に・・・
b0112909_23534652.jpg


捕食者を粘液で撃退する防御能力が備わっているんですって!
瞬時に1ℓ 弱の粘液を放出、粘液には繊維質が含まれるのでエラに入ると捕食者は死ぬそうです144.png
b0112909_23571992.jpg


水深200~1,000mに生息するダイオウイカ。
巨大化すれば襲われにくくはなりますが、巨体を維持するために非常に多くの食物を必要とします。
なぜ特定の種が巨大化したのか その謎に迫るコーナーも。
b0112909_01135431.jpg


2017年5月にマリアナ海溝水深8,178mで魚類の撮影に成功し、世界最深映像を更新した実機。
意外にシンプル? その映像(遊泳するシンカイクサウオ)も映されていました。
b0112909_01183140.jpg


地球の最初の生命は深海で生まれたと考えられています。
深海底で熱水が湧き出るところには、煙突のような岩(チムニー) ができますが、
チムニーはさまざまな生物のエネルギー源となるため、
再現模型のように原始的なオハラエビなどが密集していることが多く、
また原始的生物が好熱性であることも深海熱水起源説が有力視される理由のひとつだそうです。
b0112909_01295204.jpg


東京と千葉の町工場を中心として、研究機関、大学、協力企業などで共同開発された
無人深海探査機 「江戸っ子1号」は、
2013年に日本海溝の水深7,800m付近でハイビジョンカメラによる生物の撮影に成功。
町工場すごい!!
海底到達まで約3時間とあったので時速2,600m、1分間に40数m下ろすんですね。
b0112909_01373053.jpg


次は深海と巨大地震のコーナー。
2011年3月11日、東北地方太平洋沖の深海底で発生した巨大地震は、
日本人がこれまで経験したことのない災害被害をもたらしました。
ここでは「3.11」のメカニズムや、深海で起きる巨大地震の謎解きに挑戦しています。
b0112909_01542628.jpg


「3.11」の大地震の時には牡鹿半島沖が東南東方向に5m水平に動き、1.2m下方に沈降。
が、沖合に向かうにつれて東南東方向への水平変動量が次第に大きくなり(左の図)、
地下変動は沈降から隆起に転じています(右の図)。
b0112909_02015203.jpg


2011年7月末から約2週間かけてこの海底変動の様子を調査したのが「しんかい6500」
b0112909_02103787.jpg


赤丸印のところがコックピットで
b0112909_02120447.jpg


その1.5倍模型がこちら。この狭い空間に・・・
b0112909_02132301.jpg


パイロット1名、観測者2名だそうです!
b0112909_02174875.jpg


2011年5月、「3.11」地震によって引き起こされた津波の原因を探るため
世界中の研究者が東京に集まり国際会議が開かれました。
この会議で、日本海溝に近い水深7,000mの海底から1,000mの掘削を行い
①地震によって滑った断層を特定すること
②地質試料の採取
③断層に残っている摩擦熱を測定することが話し合われました。
この作業ができるのは世界最大(全長210m、定員200名) の科学掘削船「ちきゅう」だけ。
b0112909_10073283.jpg


約1年の準備期間を経て2012年4月、10ケ国29人の研究者を乗せて「ちきゅう」は出航しました。
下の写真は掘削パイプ。
主に使われる掘削パイプは1本約9.5mですが、これは全長の調整に使われる3mのものです。
b0112909_10113664.jpg


パイプの先端に付けて、超深海で「地球を掘る」ドリルがこちら。
b0112909_10153952.jpg


掘削作業はサイバーチェアに座り遠隔操作されます。
b0112909_10201906.jpg


水深約7000m(富士山2つ分です!)の海底から、さらに850m掘削して採取した試料がこちら。
地震が起きた断層そのものを採取できたので、断層がとてもすべりやすかったことなどが明らかになり
「プレート先端は大滑りしない」という従来説を覆す珍しい現象だったこともわかったそうです。
b0112909_10355227.jpg


最後のコーナーは「深海と環境」
化石燃料を燃やして発生した二酸化炭素の3分の1を海が吸収しているため、海は酸性化が進み、
酸性化が進むと甲殻類やサンゴ、貝などが硬い殻を作れなくなる恐れがあるのだそうです。
酸性化の生物に与える影響を調べるために、海洋酸性化が起こっていた5600万年前の地層を掘り、
深海堆積物から得られた有孔虫の化石を調査。写真はその3D拡大模型です。右は・・・
b0112909_10532590.jpg


酸性化が起こる前、
b0112909_10540793.jpg


左が酸性化の影響を受けて殻の骨密度が低下、サイズも小さくなったもの。
深海研究ってすごい!!!
展示前半の「深海の生物」も面白かったけれど、メインは "標本" で泳いでいるわけではありませんし。
(当たり前か^^ だけど将来、深海魚水族館できるかもね???)
後半の「深海と巨大災害」「深海と地球環境」は巨大災害のメカニズムや、海底調査で見えてきた
エネルギー資源のこと、今 海底で起きていること等がわかりやすく展示・解説されていて
気がつけば入館から3時間近く経過105.png
b0112909_10534938.jpg


ミュージアムショップで、こんなのや・・・
b0112909_12102438.jpg


こんなのを売っていましたが、どんな人が買うのかな? まず値段が可愛くないのですが? 108.png
b0112909_12093598.jpg


「深海 2017」展は2017年7月11日(火)~10月1日(日)まで。
もっと早く来ていれば再訪できたのに。
b0112909_12175285.jpg


隣の国立西洋美術館では10月21日からこんな展覧会が始まるようです。
「モネ、ドガ、セザンヌ・・・みんなHOKUSAIに学んだ」
力士と踊り子の対比って(笑) 面白そうですね。行かねば!
b0112909_12181799.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-09-28 13:09 | 上野・浅草エリア | Comments(2)
Commented by EMMANNIE at 2017-09-29 09:24
おはようございます。Uです。
ぬいぐるみの値段の根拠がわかりませんっ!動くの?解剖できるの?なんなの?!
Commented by tanpopo-jyo at 2017-09-29 12:08
Uさま 3~4年前にNHKが世界で初めてダイオウイカの撮影に成功した時
売り出されたぬいぐるみに比べればかなり可愛く(!?)なっていましたww
他にも各種深海魚のぬいぐるみが並んでいましたが、そもそも実物を知らないので
似ているのかどうかも不明(笑)