大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(267)
(234)
(114)
(108)
(92)
(74)
(55)
(47)
(46)
(41)
(40)
(29)
(26)
(23)
(21)
(20)
(14)
(12)
(11)
(7)

最新のコメント

Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 10:35
はい、Uです。19℃の岩..
by EMMANNIE at 08:39
Uさま(?) えーと、そ..
by tanpopo-jyo at 21:17
いってらっしゃいませ。寒..
by EMMANNIE at 19:44
ジョニデさま 蒸し暑いな..
by tanpopo-jyo at 12:19
お越しいただきありがとう..
by ジョニデ at 07:50
Uさま そうそう!B級グ..
by tanpopo-jyo at 11:08
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 09:39
Uさま(ですよね?) 朝..
by tanpopo-jyo at 00:55
お天気、大丈夫でしたか?..
by EMMANNIE at 21:38
ジョニデさま やっぱり!..
by tanpopo-jyo at 15:09
はい、進撃の巨人も現役で..
by ジョニデ at 10:38
ジョニデさま おお!そう..
by tanpopo-jyo at 20:32
大丈夫です。私は初代マク..
by ジョニデ at 14:42
kiyochanさま あ..
by tanpopo-jyo at 20:58
びっくり!あの小学校の..
by kiyochan at 10:44
ぶうちゃんさま そうだっ..
by tanpopo-jyo at 16:15
ワインと料理のマッチ度が..
by ぶうちゃん at 08:50
ジョニデさま ダイエット..
by tanpopo-jyo at 22:53
Uさま 何年か前にサイズ..
by tanpopo-jyo at 22:50

記事ランキング

検索

カテゴリ:西オーストラリア( 11 )

初めての西オーストラリア

2013年12月26日(木)
23:45 羽田発 D7 523便

2013年12月27日(金)
06:30 クアラルンプール着 (所要7時間45分)
08:50 クアラルンプール発 D7 232便
14:20 パース国際空港着 (所要5時間30分) 直行便がないのが辛いです!
b0112909_20243119.jpg


パース国際空港の到着ロビーには詳しい通りの名前が載っている地図や
西オーストラリアのガイドブックが置いてあるのでもらっておくと便利です。
b0112909_2030492.jpg


国際空港から市内中心部までは約15㎞。タクシーで30分、A$50ほどでした。
パース駅に近いFOUR POINTS BY SHERATON PERTH にチェックインし
シャワーを浴びて町歩き開始です。

オーストラリアの約3分の1を占める西オーストラリア州。
州都パースは人口180万人だそうですが、意外にこじんまりした印象。
ホテルを出てすぐのところで撮った写真ですが、高層ビル群はこれでほぼ全て。
パース駅前(写真手前)は再開発中です。
b0112909_2044382.jpg


パース駅北側にあるエリアが夜の繁華街ノースブリッジ Northbridge
b0112909_2047568.jpg


この一帯にはカフェ、レストラン、バー、バックパッカー向けのホテルなどが
b0112909_20474728.jpg


密集しており、夜になると静かになってしまうシティ(駅の南側)とは逆に
夜遅くまで賑わう場所だそうですが・・・
b0112909_20481278.jpg


明日からはバスツアーに参加するし、初日から無理をするのはやめようと
イタリアレストランで軽めの夕食をとることに。
陽が高く、早い時間に見えるかもしれませんがこれで19時過ぎです。
b0112909_2111454.jpg

b0112909_21111951.jpg


ホテルへの帰り道にシティ(駅の南側) も少し歩きましたが、
スワン川とパース駅の間に4本の通りがあり、あとはそれらに交差する南北の通り
という簡単なつくりなので地図さえ持っていれば迷うことはなさそうです。
明日は6時45分に迎えのバスが来るので超早起きをしなければ!!


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-14 20:16 | 西オーストラリア | Comments(2)

パースからカルバリへ

2013年12月28日(土)

パース発着モンキーマイア、カルバリ、ピナクルズツアーに参加。
モンキーマイアまでの西オーストラリアの海岸沿いに広がる大自然の数々を
満喫する3泊4日のツアーです。ツアー代は朝食込@A$899(約85,000円)

06:45 私たちが宿泊していた FOUR POINTS BY SHERATON PERTHに
迎えに来てくれたツアーバスはさらにパース駅近くで3組6名を乗せ出発。
07:35 ヤンチェップ国立公園 Yanchep National Park に着きました。
b0112909_2312463.jpg


ヤンチェップ国立公園はパース中心部から北へ約50kmにある広さ 2,842㌶の
自然公園で、ゲートをくぐると、そこはすぐにコアラ達が住んでいるエリア。
ヤンチェップはユーカリがたくさんあるので、オーストラリアで最大の
コアラ生息地の一つだそうですが、保護色なので見つけにくいです。
b0112909_23172450.jpg


それでも手分けして5~6頭は見つけました
動物園と違ってかなり木の上の方にいるのですね!
b0112909_23202865.jpg


湖畔の草地にはたくさんのカンガルー。
西オーストラリアに生息するカンガルーはグレイ・カンガルー Western Grey
Kangaroo という種類で、背丈は数十センチから1m足らずと小柄です。
b0112909_2323546.jpg


ドライバー&ガイドのデビッドさん「ここでモーニングティにしよう!」と言うが早いか
あっという間にバスからコーヒー、紅茶、クッキーやパウンドケーキを出してきて
テーブルの上に並べお茶の用意。
え? さっきカフェあったのに? カンガルーの横でお茶?
このあともツアー中の午前と午後は毎回このデビッドカフェが続くのでした(笑)
b0112909_23224945.jpg


8時半にヤンチェップ国立公園を出発、パースの北約350kmにあるポートデニソン
Port Denison に着いたのは11時半。ロブスター漁で有名な町だそうです。
「ランチは各自自由に。出発は1時間後」となり、
カフェでロールサンドを買い、ビーチでランチ。気持ち良かったです~
b0112909_23381525.jpg


ポートデニソンを出た辺りから、こんな木や
b0112909_23471977.jpg


こんな木が目立つようになりました。
インド洋からの強い風が原因ですが、すごい生命力ですよね!
b0112909_2347261.jpg


ポートデニソンから約1時間でジェラルトン Geraldton にある
HMAS シドニーメモリアルに到着。
1941年11月、船団護衛に従事していたシドニー号は、シャーク湾沖のインド洋で
オランダ船に偽装していたドイツの仮装巡洋艦コルモランを発見、戦闘となりました。
b0112909_23513032.jpg


シドニーは破損した救命筏一艘だけを残し、645人の全乗員と共に沈没。
オーストラリア海軍史上最大の悲劇となったそうです。
ドームは飛びたつ鳥たちのデザイン。
b0112909_235214100.jpg


ドイツ側は397人中317人が救助または自力で海岸に着いて捕虜に。
シドニーとコルモランの残骸は2008年になってようやく発見されたそうです
b0112909_23522573.jpg


ジェラルトンの北 約50kmのノーザンプトンで国道1号線から離れ、
ポート グレゴリー ロードを走るとポート グレゴリー Port Gregory 付近 に
ピンク レイクがあります。濃度の高い塩水湖に生息する微生物のフンによって、
ピンク色に見えるらしく、日によってもっと赤に近い色になることもあるとか。
b0112909_0191386.jpg


カルバリの町に入る前にカルバリ国立公園 Kalbarri National Park の
Castle Cove と
b0112909_120480.jpg


Natural Bridge に寄り、本日の全行程が終了。
b0112909_1204799.jpg


7時にパースを出発して9時間余りで、パースから北へ590kmにある
人口1500人の町カルバリー Kalbarri に着きました。
マーチソン川がインド洋に流れ出す河口が入江のようになった場所にあるので、
ビーチは穏やか。
b0112909_1254664.jpg


釣りを楽しむ人も何人かいました。
b0112909_126926.jpg


こんな魚が釣れるようですよ?
b0112909_1261899.jpg


宿泊はパームリゾート
b0112909_1321423.jpg


キッチン付きのロッジタイプでした。
「夕食は各自自由に。明日の朝食は僕の部屋で。出発は7時。OK? 」
ひぇ~っ デビッドさんが朝食作るの?
ドライバー&ガイドさんが朝食係というのは初体験。6時から開いているレストランが
近隣にないためですが、それなら出発時間を遅くするという考えはなさそう^^
b0112909_1322475.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-14 00:28 | 西オーストラリア | Comments(0)

地球最古の生命体ストロマトライト

2013年12月29日(日)

「デビッドレストラン」 は6時開店。
オレンジジュースにコーヒー、パン、ジャムが数種類、ヨーグルトと果物が
用意され「おはよう!よく眠れた?」と朝から絶好調のデビッドさん。

07:15、カルバリのロッジを出発、約20分(町から35㎞)でカルバリ国立公園
Kalbarri National Park のロス・グラハム展望台 Ross Graham Lookout に到着。
b0112909_18105533.jpg


赤いシャツがドライバー&ガイドそして朝食係(?)のデビッドさん
日頃6時に朝食など摂らないツアーメンバーは、私を含めまだボーーッ。
b0112909_18111174.jpg


マーチソン川が砂岩の大地を切り開いて造りあげたカルバリ国立公園は、
約80kmの渓谷が続く自然の宝庫。写真はホークスヘッド Hawk's Head です。
カルバリは穏やかなビーチに面した町 と 渓谷美の町のふたつの面を持ち
アウトドア派にとても人気なのだそうです。
b0112909_181655.jpg


カルバリからシャーク湾のデンハムという町までは400㎞弱。
その間はロードハウス(レストランと売店を併設したガスステーション)が2軒
あるだけで町はありません。
b0112909_18263269.jpg


オーストラリアのアウトバックの景色が延々と続きます。
b0112909_18265340.jpg


世界遺産の海 シャーク湾に突き出たペロン半島の付け根に位置する入り江、
ハメリンプール Hamelin Pool に着いたのは11時。
b0112909_18335999.jpg


ストロマトライトを傷付けないように水際に作られた桟橋を歩いて行くと・・・
b0112909_1834863.jpg


干潮時、水面に頭を覗かせるストロマトライトを間近に見ることができます。
b0112909_18342623.jpg


見た目は岩のようですが、シアノバクテリアという微生物の活動によって
形成されたもので、分泌する粘液が砂塵など微細な粒子を集め、
年に0.4mmという速度で堆積していったものだそうです。
b0112909_18343642.jpg


ストロマトライトは、35億年前より光合成で酸素を放出し続け、
b0112909_18402098.jpg


これにより有害な紫外線を遮るオゾン層が形成され、生物が生きる基盤をつくった
と言われています。
b0112909_18415379.jpg


現在のストロマトライトは約3000年も生き続けているそうで、
これだけ広範囲に存在しているのは、シャーク湾だけだそうです。
何故、シャーク湾にストロマトライトがこれだけ大規模に広がっているか? というと、
b0112909_18421199.jpg


シャーク湾は入り組んでいるため干満による海水の入れ替えが少ない上に、
気温が高く水の蒸発量が多いので、塩分濃度が高い海水となり生息できる生物が
制限されて、天敵がいなくなったため
と考えられているようです。
b0112909_20493286.jpg


桟橋に身を預け、海中を見つめていると時折スーッと泡が浮いてくるのです!
何だか 「黒い岩」が愛おしくなりましたよ^^
このあとはシェルビーチでランチ♪
b0112909_18434424.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-13 19:07 | 西オーストラリア | Comments(0)

世界遺産の海 シャークベイ

2013年12月29日(日)

ハメリンプールから約40分でシェルビーチ Shell Beach に到着。
紺碧の空に真っ白な砂浜・・・ではなく、
b0112909_15245118.jpg


小さな貝殻だけのビーチです。
b0112909_1525896.jpg


110kmにも及ぶビーチには4000年前から2枚貝が堆積し、
今では深さ10mに達しているそうです。
b0112909_1526338.jpg


写真手前の方に波打ち際があるのが見えますか?
シェルビーチは恐ろしいほどの遠浅で100mほど海に向かって歩いても
b0112909_15271555.jpg


水深はくるぶしくらい。
b0112909_15272923.jpg


今日の宿泊地モンキーマイアへ行く途中、イーグル岬へも寄ってみました
b0112909_15292342.jpg


シェルビーチからこ~んな道を走って・・・
b0112909_1542328.jpg


イーグル岬 Eagle Bluff へ
b0112909_15442026.jpg


シャーク湾 Shark Bay は、1616年ヨーロッパ人が初めてオーストラリアに
足を踏み入れた地に程近い西オーストラリア州の最西端に位置し
b0112909_15444082.jpg


この州で初めて世界遺産に指定された場所です。
コバルトブルーに煌めく遠浅の海には、世界最大の海草(うみくさ)の森があり
それをエサとするジュゴンが1万頭も生息しているほか、
b0112909_15452283.jpg


エイ、マンタ、ザトウクジラ、ジンベイザメ、ウミガメも多く住んでいるとのこと。
b0112909_1544523.jpg


シャーク湾周辺は乾燥しきった土地で人間の手が及ばなかったため、
こうした生き物の宝庫として残されたのです。
b0112909_1545144.jpg


湾に突き出た岬の先端部分に位置するモンキーマイアは、パースから北へ850㎞。
シャーク湾の中心ともいえる町ですが、自然の真っ只中にたった一軒の宿
モンキーマイア・ドルフィン・リゾート Monkey Mia Dolphin Resort があるだけ。
b0112909_1613388.jpg


リゾート内には共同トイレ&共同シャワーのバックパッカー用の部屋から、
b0112909_16165077.jpg


ガーデンヴィラや、
b0112909_1617252.jpg


ビーチフロントヴィラなどさまざまなタイプの部屋がありました。
ツアーで利用するのはバックパッカー用でしたので、事前に部屋のランクアップを
オプションで申し込み・・・
b0112909_1618339.jpg


ビーチフロントに宿泊しました。
b0112909_16305858.jpg


ビーチにはダチョウも歩いています
b0112909_16382896.jpg


このリゾートは毎朝イルカがやって来ることで有名。
1964年のある日、浜へ来た1頭のバンドウイルカに、この町に住む女性がエサを
与えて以来 半世紀。
初代イルカの子孫たちが今もほぼ毎日、浜へやって来るのだそうです。
明日の朝が楽しみ♪
b0112909_16473118.jpg



西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-13 16:47 | 西オーストラリア | Comments(1)

イルカがやって来るモンキーマイア

2013年12月30日(月)

モンキーマイア・ドルフィン・リゾートのレストランはビーチに面しているので
朝食を食べながらイルカがやって来るのを待ちます
b0112909_0292623.jpg


7時半過ぎ、宿泊客が移動を始めたので私たちもビーチへ。来てる来てる!
b0112909_0343293.jpg


初めは砂浜に座って、勝手に触ってはいけないとか、日焼け止めは禁止などの
ルールを聞き・・・
b0112909_0344630.jpg


水際へ移動。
b0112909_0362130.jpg


今日来たのはNicky ファミリー7頭。
Nicky の子供のFin (♀ 2008年8月生まれ) と Missel (♀ 2012年11月生まれ)
それにNicky の妹の子供たち4頭。
b0112909_0375493.jpg


Nicky には他に7頭の子供がいましたがほとんどは赤ちゃんのうちに
サメなどに捕食されてしまったのだそうです
b0112909_0381183.jpg


レインジャーさんたちは背ビレの形で個体の識別ができるそうです
私には同じに見えるのですが・・・。
b0112909_0362935.jpg


今日は来ていませんが、この他にも10頭で構成されるPuck ファミリーと
b0112909_0364423.jpg


7頭で構成される Surprise ファミリーがいて、
b0112909_0365871.jpg


いずれも1960年代初頭に最初にやってきたイルカの子孫だそうです。
b0112909_037713.jpg


1頭のイルカがもらえる小魚は5匹程度。
b0112909_0372784.jpg


あまりたくさん餌をあげると、野生ではなくなってしまうからという理由ですが
b0112909_037364.jpg


では何故イルカたちは50年も毎朝ここへやって来るのでしょうね?
b0112909_0374513.jpg


ペリカンも浜に何羽かいましたが見向きもされずに ぽつーーん。
b0112909_1204182.jpg


このあとは人魚伝説のモデル、ジュゴンを探しにカタマランでクルーズに。
シャーク湾の水深は平均9mと遠浅。このような場所では一般的な海藻ではなく
光合成をして海底に根を張る海草(うみくさ)の草原が広がっているのだそうです。
b0112909_19353569.jpg


そしてそれをエサにしているのがジュゴン。
この地域には世界の8分の1、約1万頭のジュゴンが生息しているとのこと。
ジュゴンは偏食でアマモという海草しか食べないそうですが、
アマモは大きさも葉の形もニラによく似ていました。
b0112909_19354834.jpg


ここでジュゴンに出会うのはそれほど難しいことではないらしいのですが、
みんなで探しても全然ダメ。イルカが伴走してくれたりサメはいましたが・・・。
今回のツアーメンバー、左からダニエル君親子とマナカイ君親子、
そしてスイスからいらした御夫婦。マナカイ君は飽きちゃってますね^^
b0112909_19362119.jpg


真珠の養殖もしているようです。
b0112909_19363134.jpg


ダニエル君、ついにカタマランの後ろで海に入っちゃいました。
b0112909_19364359.jpg


今日からはパースに向けての帰路となります。
10時にモンキーマイアを出発、往路同様アウトバックの景色のなかを延々走り
15時半に前々日 宿泊したカルバリに到着。カルバリの海もキレイ!
b0112909_2110911.jpg


今夜はヴィラの庭でバーベキューをしよう!と ・・・
b0112909_2110208.jpg


お肉屋さんやスーパーへ行き、各自好みのお肉や野菜、飲み物を調達。
「17時45分から野菜、18時から肉を焼き始めるから集まって。でもその前に
手伝ってくれる人は大歓迎だよ!」とデビッドさん。
b0112909_21154830.jpg


誰かお手伝いしているかな?と少し早めに庭に出るとマナカイ君がひとり奮闘中。
b0112909_21163593.jpg


お手伝いエライね!と言ったらこの笑顔。たまりません(笑)
たった3泊4日のツアーでしたが素敵な思い出がたくさんできました。
いよいよ明日はパースに帰ります。
b0112909_2116578.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-10 01:20 | 西オーストラリア | Comments(2)

荒野の墓標 ピナクルズへ

2013年12月31日(火)

一昨日の朝と同様、「デビッドレストラン」は6時開店。
シリアルとヨーグルト、果物、パンが3種類。
オレンジジュース用のグラスは冷蔵庫で冷やしてありましたよ。
毎日長距離を運転しながらガイドした上に8名分の朝食の用意と後片付け。
デビッドさんの体力には驚かされます。

7時、カルバリロッジを出発。30分ほど走って Pot Alley に到着。よく見ると・・・
b0112909_19104574.jpg


釣り人が数名。この絶壁海岸をどうやって下りたのでしょう?
波にさらわれそうになっているけど大丈夫なの?
b0112909_19103653.jpg


マナカイ君に気を取られ、鍋の蓋 Pot Alley の形をした岩全体を撮りそこねました
でも可愛いから許す!(笑)
b0112909_19111122.jpg


Pot Alley から4時間余りドライブして11時45分、Jurien Bay 到着。
ここまで南下してくれば ピナクルズまでは目と鼻の先です
b0112909_19235987.jpg


このビーチは2012年、西オーストラリア州で最もクリーンな海岸に選ばれたそうです
b0112909_19232821.jpg


出発は1時間後ということで、それまで好きな所でランチをすることに。
といっても選択はサンドイッチを買ってビーチで食べるか、このレストランか。
b0112909_19343647.jpg


私はフィッシュ&チップスを注文したのですが右のまぁるいのはカニカマでした!
カニカマは世界に進出しているのでしょうか?
b0112909_19365753.jpg


Jurien Bay を出発して20分で ナンバン国立公園内のピナクルズ The Pinnacles
Desert ( Nambung National Park ) に到着。
入園料を支払うと、一方通行の車道が約4㎞ 設けられており
b0112909_19472830.jpg


所々、停車スペースもあるので自由に散策も可能。
b0112909_19454966.jpg


「車はあの砂丘の向こうに回しておくからね。ゆっくり歩いてきて~」 と
デビットさん走り去ってしまいました。。。こんな場所で干物になりたくないし。
b0112909_19461120.jpg


この奇岩群がとうやって出来たのかは諸説あるそうで、以前は木の化石化説
有力だったらしいのですが、今は風化作用説が有力となっているそうです。
b0112909_19464021.jpg


つまり太古の昔は、この辺りまで海辺だったのが35万年前、海面が下がり
b0112909_19464950.jpg


残された貝殻が雨に溶かされながら地中へしみ込んで堅い石灰岩層に。
b0112909_19471867.jpg


周囲が風化し浸食されても、石灰岩層だけは残り、今の姿になったというものです。
大きさはさまざまで大きいものは高さが5mほど。
b0112909_19473968.jpg


ピナクルズの数キロ先にはインド洋が見えます。
b0112909_19481537.jpg


わーい。デビッドさんの車が見えてきた\(^o^)/
b0112909_1948349.jpg


このあと園内のミュージアムにも寄りましたが、ここの説明には木の化石化説
採用されていました
b0112909_20254011.jpg


14時半、ピナクルズを出発。あと200㎞南下すればパースです。
が、デビッドさん 走り出してすぐランセリン大砂丘が見える所で停めてくれました。
ピナクルズの黄砂とは異なり、真っ白な砂丘です。
b0112909_20345633.jpg


この砂丘を滑り降りるアクティビティもあるそうです。
b0112909_2035674.jpg


16:30 FOUR POINTS BY SHERATON PERTH に帰着。
ここでツアーメンバーとはお別れです。みなさん、楽しい旅をありがとう♪
デビッドさん、3泊4日で2000㎞の運転&ガイド お疲れさまでした♪
旅の後半はこのホテルに連泊なのでやっと落ち着けます~
b0112909_2172110.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-09 20:39 | 西オーストラリア | Comments(0)

パースで迎えた大晦日

2013年12月31日(火)

コーラルコーストへのツアーから戻り、今日から5泊はパースで過ごします。
ツアー中は毎日移動でスーツケースの中身をクローゼットにしまうことは
ありませんでしたが、衣類を片づけて洗濯物をランドリーサービスに出し
一段落してもまだ17時過ぎ。
夕食のレストランを探しがてら大晦日の町を歩いてみることにしました。

ホテルから歩いて5分程の距離にあるパース駅。
b0112909_1712494.jpg


赤レンガの建物が何となく東京駅に似ていなくもない?
b0112909_1713469.jpg


パース駅前は現在大規模な再開発中。
というより市内いたるところで再開発工事が行われていました。バブル??
b0112909_171487.jpg


スワン川の畔に出てみると・・・
b0112909_17731100.jpg


19時半出航の大晦日ディナークルーズ船に長蛇の列。
おお!そのテがあったか!?と思いましたが既にフルブック(涙)
b0112909_1775652.jpg


カウントダウンの花火を見に、夜中にここへ来る元気はないだろうな・・・
b0112909_1716885.jpg


パース駅の北側、ノースブリッジへ行ってみると結構な人出
b0112909_1716366.jpg


地域全体を車両通行止めにして警備の警官多数。
b0112909_17164555.jpg


テレビの中継車はカウントダウンの準備・・・とどこの国でも同じような光景です
b0112909_1717525.jpg


中には意味不明のパフォマーもいましたが。
b0112909_17171593.jpg

b0112909_17165539.jpg


大晦日に予約なしで夕食をと思う方が無謀なのですが
何とか中華屋さんに入れました!
b0112909_17382445.jpg


この1年、色々なかたちでお付き合い下さったすべての皆さま 有り難う!!
2014年もよろしくお願いいたします <(_ _)>
b0112909_17514244.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-09 17:56 | 西オーストラリア | Comments(0)

パース市民憩いの場 キングスパーク

2014年1月1日(水)

前日、コーラルコーストからパースに戻った私たち。
さすがに疲れていたらしく目が覚めたら8時過ぎでした。
おせちやお雑煮のない普段どおりの朝食を済ませキングスパーク Kings Park へ
行ってみることに。地図を片手にホテルを出て・・・
b0112909_21354231.jpg


10分ほどで公園入り口のユーカリの並木道が見えてきました。
キングスパークは、 Mt.Eliza の山頂にある公園で面積は404ヘクタール。
新宿御苑が約58ヘクタール(18万坪)なので7倍弱という広さです。
というわけで公園を廻るトラムも走っています
b0112909_2141812.jpg


ここはスワン川やパースの全景を写せる撮影ポイントとして有名だそうで、
b0112909_21454359.jpg


キングスパークから眺めると、パースが世界一美しい都市と言われるのも頷けます。
b0112909_21433479.jpg


スワン川に架かるNarrows Bridge
b0112909_21452049.jpg


ほんとスワン川って大きい! ほとんど海っていう感じです。
b0112909_21443461.jpg


キングスパークは市内中心部から1.5㎞と近いこともあり、
b0112909_220029.jpg


散歩やピクニックに人気の場所だそうです。
b0112909_2204967.jpg


私たちは行きませんでしたが、園内には BBQエリアやプレイグラウンドもあり
b0112909_22113226.jpg


マウンテンバイクのレンタルもあるようです。地上52mに架かるこの橋は・・・
b0112909_22115474.jpg


空中歩道フェデレーション・ウォークウェイ。
b0112909_22121720.jpg


ボタニックガーデンでひときわ目をひくバオバブは推定樹齢750年。
北オーストラリアのTelegraph Creek から3200㎞の長旅をして
2008年7月、ここに移植されたと書いてありました
b0112909_22283312.jpg


クィーンズランド ボトルツリー Queensland Bottle Tree
b0112909_22292498.jpg


インドハマユウ Swamp Lily
b0112909_2230723.jpg


グレビレア Grevillea
b0112909_22314841.jpg


モトレカ Small-leaved Mottlecah は、
b0112909_22354522.jpg


荒れ地のダイヤモンドと呼ばれるそうです
b0112909_22361846.jpg


イラワラ炎の木 Illawarra Frame Tree はすでに終わりかけでしたが、
b0112909_22412532.jpg


名前のとおりの鮮やかさ。
b0112909_22415145.jpg


園内にあるアートギャラリーの隣に・・・
b0112909_22484393.jpg


カフェがあったので
b0112909_22491672.jpg


ひと休み。ポテトを頼んだらディップが付いてきましたよ?
b0112909_22493143.jpg


この日の夕食はスワン川に面したヘイロー halo で。
b0112909_2346917.jpg


オットは前菜にカキを注文。
レモンじゃなくライムを添えてと頼んだらライムのシャーベットのせでした♪
b0112909_23464151.jpg


私の前菜はホタテのグリル。ソースはカボチャのムースです
b0112909_23465076.jpg


メインはオットがバラマンディ
b0112909_23472090.jpg


私は本日のおすすめスナッパーをいただきました
b0112909_23473030.jpg


メインが終わる頃にはスワン川が夕焼けに染まって美しいこと!
b0112909_23474141.jpg


オットのデザートはチョコレートパフェ。パッションフルーツのムース(右)と
ココナッツのアイスクリーム添えです。
b0112909_23475049.jpg


私が頼んだクレームブリュレはブラッドオレンジのシャーベット添え。
グラスシャンパンとグラスワイン各1杯を入れてA$186(18,000円弱)。
満足満足♪ 帰るまでにもう1度来よう!と決めました(笑)
b0112909_2348083.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-08 19:06 | 西オーストラリア | Comments(2)

港町フリーマントル

2014年1月2日(木)

パースの南西約20kmに位置するフリーマントル Fremantle は、
インド洋に面した港町。パースから電車で30分弱とアクセスしやすい所で、
b0112909_1339976.jpg


1986-87年にはアメリカズカップが米国以外で初めて開催された地でもあります。
b0112909_13403890.jpg


19世紀の雰囲気が漂うこの町では、
b0112909_13465744.jpg


週末のみ開かれるマーケットが有名。
残念ながら木曜日でマーケットは覗けませんでしたが・・・
b0112909_13552955.jpg


カフェが軒を並べる通称 カプチーノ通りでコーヒーを飲んだり
b0112909_1357914.jpg


町を散策しながらのんびり出来る場所でした。
b0112909_1347775.jpg


1829年、イギリスのジェームス・フリーマントル率いる開拓団により
入植が始まったこの町には
b0112909_13471851.jpg


当時の囚人たちによって造られた素晴らしい建造物が数多く残っています。
植民地開拓の労働力として、労働に従事させられた人々について知りたくて
b0112909_13475976.jpg


町中にあるフリーマントル刑務所へ行ってみました。
フリーマントル刑務所は1850年代に流刑囚たちの労役で建てられ、
1991年までの134年間使われていた刑務所で、
ツアーに参加することで内部を見学することができます。
私たちが参加したのは30分毎に催行の Doing Time 刑期満了ツアー!!
その他 Great Escapes 大脱走ツアーや夜間の肝試し的ツアーもありました
b0112909_14154147.jpg


1770年にイギリスがシドニーをオーストラリアで最初の植民地とした後、
19世紀にかけて延べ16万人の囚人がオーストラリア各地に流刑されましたが、
そのほとんどは窃盗や思想犯といった比較的軽い罪で有罪判決を下された
人々だったそうで、約1万人がこのフリーマントルへ送られたそうです
b0112909_14381614.jpg


このフリーマントル刑務所もオーストラリア全土にある11の囚人遺跡群のひとつ
としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています
b0112909_14405398.jpg


運動場から独房への出入り口は回転ドア。暴動を防ぐためだそうです
b0112909_1439335.jpg


4階建ての吹き抜けには自殺防止のネットが張られていました
b0112909_14394768.jpg


独房のスペースは2.1m×1.2mでトイレはなくバケツのみ。
立てこもりができないようドアは外開きになっています
b0112909_14574758.jpg


1920年代にハンモックから金属製ベッドになったものの囚人数の増加で
1960年代には2段ベッドに変更されたそうです
このような劣悪な環境だったため、囚人たちは植民地開拓の労働力として、
わずかな報酬が得られる過酷な労働に従事することを喜んだのだそうです
b0112909_157440.jpg


134年の歴史の中で44人(うち女性1人)の死刑が執行された場所。
執行の朝は午前5時半起床、朝食のあと希望者は牧師さんとの時間が与えられ
ブランデーを振る舞われて、8時には刑が執行されたそうです。
ガイドさんが「床を落とすレバーを引きたい人!」と言ったら手を挙げた人が・・・。
すごい音でした。。。
b0112909_1521527.jpg


中央独房棟の中心には英国国教会が作られていました。
1988年1月4日、42℃という暑い日の昼下がりに看守に熱湯をかけたことが
発端となり暴動が起こりました。
この暴動が、1991年の刑務所閉鎖のきっかけになったようです
b0112909_1440693.jpg


もうひとつ。フリーマントルで最も古い刑務所がハイ・ストリート High St. の
突き当たり、海沿いにあるラウンドハウスで1831年に建てられたもの。
b0112909_15441984.jpg


嬉しそうに「懲罰」を受けている人がいました^^
b0112909_15443934.jpg


ちょうど13時の大砲発射(空砲)のデモンストレーションに間に合いました!
b0112909_1545237.jpg


ラウンドハウス近くにある難破船ギャラリーは、元々は1850~60年代にかけて
囚人用の食料や衣服を保管する倉庫として使われていたもの。
オーストラリアに漂着したオランダ東インド会社の船から発見された宝物などを
展示しています
b0112909_15523921.jpg


1629年に難破したバタビア号の復元展示は当時の船の展示として
世界唯一のものだそうです
b0112909_1621677.jpg


最後に行ったのは西オーストラリア海事博物館
1983年のアメリカズカップで初めてアメリカを破ったオーストラリアⅡ号の展示や
無寄港世界一周のヨットの展示などもありましたが一番興味深かったのは・・・
b0112909_1713755.jpg


メガマウスのホルマリン漬け!!世界で3例しかないそうです。
夏頃、NHKスペシャルで放送していましたがまさかここで会えるとは(嬉)
サメらしからぬちっこい歯がかわゆい♪♪
b0112909_1724045.jpg


博物館の外には潜水艦オーベンス号も展示されていましたが、
b0112909_173317.jpg


この日の潜水艦ツアーはフルブックで参加できず。心残り・・・。
b0112909_1731521.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-08 16:02 | 西オーストラリア | Comments(0)

ウェーブロックへ

2014年1月3日(金)

日帰りバスツアーを利用してパースの東340kmにあるハイデンHyden
という町の近くにある奇岩ウェーブロックへ行った一日です。
07:20 ホテルへ出迎えのバスが来て出発。
08:00 パース・サイトシーング・センターで他の参加者約30名を乗せ出発。
パースを出て30分も走るとファーム地帯となり、羊やオーストリッチの放牧場や
キャノーラ畑が続いていました。

09:25 パースから東に約97キロ のヨーク Yorkに到着。
写真は人気の写真スポット公会堂 Town Hall です
b0112909_20212780.jpg


1871年に開拓され、
b0112909_20265553.jpg


ゴールドラッシュ時にはパースからの中継点として栄えたヨークには、
b0112909_20271035.jpg


町が拓かれた当初からの建物が数多く残っています。
b0112909_20271889.jpg


メインストリートのカフェでモーニングコーヒーを楽しむ人の姿を見かけた以外、
あまり人通りもなく、静かでのんびりとした町。
b0112909_2028264.jpg


白い建物は1892年建築とありました。
b0112909_2027462.jpg


St.Patrick's Catholic Church です
b0112909_2027265.jpg


10時にヨークを出発。
ヨークを過ぎた辺りからは起伏のない平らな景色が延々と続きます。
この辺りは、ウィートベルト Wheatbelt と呼ばれる穀倉地帯だそうで、13時に
ハイデンに着くまで収穫が終わった小麦畑がとぎれることはありませんでした。
b0112909_210438.jpg


11時半、コリジン Corrigin という町にある犬のお墓 Dog Cemetery に到着。
b0112909_2133968.jpg


牧羊犬を自分たちの家族として手厚く葬っているそうです。
b0112909_214262.jpg


13時、ようやくハイデンに到着しました!
8時にツアーを開始、ヨークで30分休憩したのでここまで4時間半のドライブ。
車窓からは小麦畑しか見えませんし正直飽きました。。。
この間、ドライバーさんはずっとしゃべりっぱなし。が、聞き取りにくい英語の上に
こちらの語学力のなさで聞き取れたのはほんの少しという情けなさ。

さてこの洞窟ですが何に見えますか?
b0112909_2116482.jpg


ウェーブロックの手前1.5㎞にあるHippo's Yawn カバのあくび岩です(笑)
b0112909_2117986.jpg


ウェーブロックへ行く前にまずはランチ
b0112909_21233778.jpg


簡単な食事がとれるレストランと売店を併設したお店がここだけなので
ゼイタクは言えませんが、パースから食べ物や飲み物持参の方が良いかも?
b0112909_21255674.jpg


ただこのお店、裏にちょっとした「動物園」があって面白かったです
b0112909_21311521.jpg


お店からウェーブロック Wave Rock までは歩ける距離。
b0112909_213426100.jpg


ウェーブロックと呼ばれているエリアは、ハイデンロック Hyden Rockという
花崗岩の一枚岩の北側部分で、
b0112909_21375482.jpg


27億年もの間に、一定方向から吹いてくる風、風が運んでくる砂、雨などで
浸食されてできあがったものだそうです。
b0112909_2137858.jpg


縞模様は、雨に含まれる鉄分と花崗岩の成分が化学反応を起こした結果とか。
b0112909_21371656.jpg


高さは15m。この壁を駆け上がろうとして、ズルズルと落ちてくる人多数ですが
b0112909_21372514.jpg


頑張って登りきれば・・・
b0112909_2224175.jpg


壮大な眺めを楽しむことが出来ます♪ 右に見えるのは塩湖
b0112909_2225212.jpg


私は階段で上りましたけれども ^^
b0112909_2283315.jpg


ウェーブロックからバスで15分程の距離にあるマルカの洞窟 Mulka's Cave
b0112909_22485990.jpg


この洞窟にはアボリジニーの伝説があります。
昔、このハイデン周辺にはアボリジニの一族が住んでいました。
そのなかに一人、肌が黒く非常に背が高い男性がいて一族から恐れられ、
すべての女性は彼との交際を禁じられていました。
しかし、ある一人の女性が彼と恋に落ち、ついに子どもが生まれてマルカと
名付けられました。禁断の関係からできた子供だったせいか、マルカは目が悪く、
生活に必要な狩りをすることができずに一族から疎外されていきます。
母親は、ひっそり洞窟で暮らすようにとマルカをここへ連れて来ました。
狩りができないので虫などを食べていたマルカでしたが、耐え切れなくなって
ついに一族の子どもを食べてしまったそうです。
母親はマルカを問い詰めますが、口論の末、マルカに殺されます。
その後マルカも一族に殺されてしまいました
b0112909_22532100.jpg


洞窟の中は案外広く、奥にも出口がありました。壁面には140を超える手形があり
これは洞窟の所有権を主張しているものだそうです。
b0112909_2255531.jpg


16時半にマルカの洞窟を出発。再び単調な小麦畑の中を1時間半ほど走って
バービカン Babakin という小さな村に到着。
b0112909_22591959.jpg


バービカン Babakin はわずか18人の村で、ここでのアフタヌーンティの収益が
学校の先生の給与に当てられているのだそうです。
とても素朴なケーキやクッキー、サンドイッチとインスタントコーヒーで7ドルの
アフタヌーンティですが、美味しかったですよ!
b0112909_22594097.jpg


21:15 FOUR POINTS BY SHERATON PERTHに帰着。
朝ホテルを出て実に14時間の長い長いツアーでした。
乗っているだけでこんなに疲れたのにガイドをしながら往復700㎞を一人で
運転したドライバーさんはすごいです!!
参加したウェーブロックツアーは@A$187(約18,000円)。
さすがにこの日は食べに出かける元気はなく夕食はルームサービスで。
b0112909_23211956.jpg


西オーストラリアの旅行記は、下記のとおりです。
タイトル前の数字をクリックしていただければ記事に飛ぶこともできます。

初めての西オーストラリア
パースからカルバリへ
地球最古の生命体 ストロマトライト
世界遺産の海 シャークベイ
イルカがやって来るモンキーマイア
荒野の墓標 ピナクルズへ
パースで迎えた大晦日
パース市民の憩いの場 キングスパーク
港町フリーマントル
ウェーブロックへ
クォッカが棲むロットネスト島
by tanpopo-jyo | 2014-01-07 22:08 | 西オーストラリア | Comments(2)