大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(267)
(234)
(114)
(108)
(92)
(74)
(55)
(47)
(46)
(41)
(40)
(29)
(26)
(23)
(21)
(20)
(14)
(12)
(11)
(7)

最新のコメント

Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 10:35
はい、Uです。19℃の岩..
by EMMANNIE at 08:39
Uさま(?) えーと、そ..
by tanpopo-jyo at 21:17
いってらっしゃいませ。寒..
by EMMANNIE at 19:44
ジョニデさま 蒸し暑いな..
by tanpopo-jyo at 12:19
お越しいただきありがとう..
by ジョニデ at 07:50
Uさま そうそう!B級グ..
by tanpopo-jyo at 11:08
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 09:39
Uさま(ですよね?) 朝..
by tanpopo-jyo at 00:55
お天気、大丈夫でしたか?..
by EMMANNIE at 21:38
ジョニデさま やっぱり!..
by tanpopo-jyo at 15:09
はい、進撃の巨人も現役で..
by ジョニデ at 10:38
ジョニデさま おお!そう..
by tanpopo-jyo at 20:32
大丈夫です。私は初代マク..
by ジョニデ at 14:42
kiyochanさま あ..
by tanpopo-jyo at 20:58
びっくり!あの小学校の..
by kiyochan at 10:44
ぶうちゃんさま そうだっ..
by tanpopo-jyo at 16:15
ワインと料理のマッチ度が..
by ぶうちゃん at 08:50
ジョニデさま ダイエット..
by tanpopo-jyo at 22:53
Uさま 何年か前にサイズ..
by tanpopo-jyo at 22:50

記事ランキング

検索

カテゴリ:サンフランシスコ( 10 )

①サンフランシスコへ

2010年3月30日(火)

サンフランシスコへの旅は1年半ぶり、3度目。
といっても2008年9月の時はグランドサークルを周遊したついでに
ヨセミテへ行くための前後泊でしたので、実質的には2度目。
しかも1回目は1989年7月。。。つまり、ほとんど初めても同然です。

17:10成田発、NH008便に搭乗予定でしたが16時前に空港に着いたので
全日空のラウンジへ。春休みなのに空いている~!!
b0112909_17322089.jpg
b0112909_17323144.jpg


お昼を食べそびれていたので主人はおそば、
b0112909_17324124.jpg


私は野菜スープとサンドイッチをいただきました。
b0112909_17325066.jpg


定刻に離陸した飛行機は強い追い風を受け、予定より1時間早い9時半に
サンフランシスコ着。所要8時間半でした。
空港~市内の移動はバートBART(Bay Area Rapid Transit)が便利
渋滞がないのが嬉しいし、国際線ターミナル(3階)に直接乗り入れているので、
到着ロビー(2階)からはエレベーターで1フロア上がるだけです。

自動販売機に貼ってある料金表を見て目的地までの切符を買ってもいいし、
$40までならまとめてチャージすることも可能。クレジットカードも使えます。
ホテルのあるユニオンスクエアへはパウエル通りPowell St. 下車なので
空港からの料金は片道$8.10
b0112909_173336.jpg


ホームは2つしかないので簡単。
市内へは黄色い路線、ピッツバーグ・ベイポイント行きに乗ります。
b0112909_1733142.jpg


早朝から深夜まで、15~20分毎に出ていて、
私たちが下車するパウエル通り駅は10駅目で空港から30分弱。車両もきれいです。
b0112909_17332730.jpg


パウエル通り駅から宿泊先のThe Westin St. Francisまではわずか2ブロック。
スーツケースを持っていても5分ほどです。
b0112909_17333695.jpg


ホテル正面のユニオンスクエアではパームツリーの下で桜が満開でした。
b0112909_1734389.jpg


が、ここで問題が発生。
私たちのお気に入りはクラシカルな本館で、本館指定で予約を入れていたのに
部屋の用意ができていないとかで、新館の部屋にチェックイン。
b0112909_17335088.jpg


チェックイン時間より3時間ほど早いので仕方ないけれど、本館よりずっと狭いし・・・。
13時15分には市内観光ツアーのお迎えが来てしまうので、それまでに荷物を開けて
シャワーを使うにはあきらめるしかない・・・(涙)
そんなわけで、この部屋で5泊過ごすことになりました。
b0112909_1734894.jpg

到着早々ですが、ここで眠ってしまうと時差ボケになるので、
頑張って市内半日観光ツアーを入れました(次ページに続く)

★これからサンフランシスコ旅行をする方へ★
サンフランシスコ観光局(日本語公式HP)がとても使いやすくてオススメです。


サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-11 17:46 | サンフランシスコ | Comments(6)

②半日観光ツアーに参加

2010年3月30日(火)

13時15分、グレイラインの送迎バスがホテルに到着。
午前中に日本から到着し、ホテルにチェックイン後、スーツケースの中身を
クローゼットに収めてすぐこのツアーに参加したので少しボーッとしてるけど。。。

送迎バスは市内のホテルを循環してツアー客をピックアップ。
グレイラインの事務所があるフィッシャーマンズワーフで大型観光バスに乗り換えて
出発です。英語ツアーのせいか日本人は私たちだけ。
ドイツ人、スペイン人少々の他、ほとんどは他州から来たアメリカンのようです。

14時、フィッシャーマンズワーフを出発したバスは、
b0112909_11121895.jpg


1870年から第2次世界大戦にかけて軍の駐屯地として使われていた
フォートメイソンFort Masonを通り、
b0112909_11123053.jpg


サンフランシスコのシンボル、ゴールデンゲートブリッジGolden Gate Bridgeへ。
ビューポイントでバスを下り、20分ほどの自由行動です。
b0112909_1113291.jpg


全長2,789メートルのこの橋を歩いて渡るツアーもあるそうです。あ、雨が・・・。
b0112909_11131366.jpg


と思ったら、あっという間に晴れました。
b0112909_1116396.jpg


Great ハイウェイ沿いに建つサンフランシスコ最西端のクリフハウスCliff Houseと
シールロックス Seal Rocks(写真)を右手に見ながらさらに南下した辺りは・・・
b0112909_11165735.jpg


オーシャンビーチOcean Beach。写真はオーシャンビーチに面して建つアパート群です。
10分ほどの自由行動のあと向かったのは・・・
b0112909_11172840.jpg


サンフランシスコのほぼ中心に位置するツインピークス
約280メートルの2つの丘の頂上からは、
ダウンタウンやその先にはサンフランシスコ湾も見渡すことができます。
夜はライトアップされたゴールデンゲートブリッジも見えるそうです。
b0112909_11181457.jpg


ツインピークスを下りたバスは、市内を横切るマーケット通りMarket St.を走り、
ゲイのエリアとして有名なカストロへ。虹色の旗はゲイのシンボルです。
正面の建物は、このエリアを代表するカストロシアター。
b0112909_11183715.jpg


カストロの北に位置するアラモスクエアAlamo Squareから、さらにその北のパシフィック・ハイツ Pacific Heights にかけては美しいビクトリアンハウスが建ち並ぶ高級住宅街。
b0112909_11192642.jpg


こちらはアラモスクエア周辺、Grove St.沿いの家並みです
b0112909_11194729.jpg

b0112909_1120599.jpg


アラモスクエアの東にあるのがアメリカで最も美しい建築のひとつと言われている
シティホール(市庁舎)。ワシントンD.C.の国会議事堂に良く似ていますね。
市庁舎の向かいにはオペラハウスOpera Houseやデービスシンフォニーホール
Davies Symphony Hall がありました。
b0112909_11203035.jpg


市庁舎を中心に連邦政府ビルや州政府ビルが集まっているシビックセンターエリアを
一回りしたバスは、そのあと大富豪の丘と呼ばれているノブヒルNob Hill、
ユニオンスクエアUnion Square、金融街Financial District、チャイナタウンChinatown、
イタリア人街のノースビーチNorth Beach を走り抜けて、
出発地のフィシャーマンズワーフに戻ったのが17時過ぎ。

私はノブヒル辺りで電池切れ (>_<)
この日最後に撮った写真が下の教会ですが、果たしてこれはどこなのか?
ドライバーさんの説明をメモする気力も残っていませんでした(涙)
たぶん、ケーブルカーが通っているカリフォルニア通りのどこかだと思うのですが・・・?
b0112909_1122016.jpg

ほぼ3時間で市内を廻ったわけですが、慌ただしいのなんの。
バスを下車して観光したのはゴールデンゲートブリッジ、
シールロックスが見えるオーシャンビーチとツインピークス頂上の3ケ所
で、
あとは全て車窓からの観光でした。

眠い目をこすりつつも頑張って起きていたので、時差ボケにならないかもね (^^ゞ
夕食を外に食べに行く元気はさすがになく、ルームサービスで。


サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-11 11:56 | サンフランシスコ | Comments(1)

③モントレーベイ水族館が楽しい ♪ sanpo

2010年3月31日(水)

今日はグレイライン社のツアーを利用してモントレー&カーメルの1日観光。
8時半に宿泊先のウェスティン・セント・フランシスにこんなバスが迎えに来た!!
このバスで市内のホテルを循環し、ツアー客をピックアップ。
フィッシャーマンズワーフにあるグレイラインのオフィスでツアーの行き先ごとに
「観光バス」に分乗して出発するしくみでした。
b0112909_20333589.jpg


9時15分にフィッシャーマンズワーフを出発した観光バスはハイウェイ1号線を南下。
右側の車窓に美しい海岸線を眺めながら2時間半ほどでサンタクルーズの町を通過。
b0112909_20445437.jpg


サンフランシスコ市内から約200キロ南のモントレーに到着したのは13時でした。
途中30分ほどのトイレ休憩があったとはいえ、通常より1時間多くかかっています。
海岸線の景色を楽しめるようにかなりゆっくり走ってくれたためだと思います。
ツアーはモントレーベイ水族館前で解散し、2時間の自由時間となりました。
b0112909_2053190.jpg


まずは、かなり賑わっていたこのレストランでランチを食べることに。
b0112909_20554855.jpg


案内されたテーブルからはアザラシやラッコが泳ぐモントレーの海が見えていい感じ ♪
b0112909_2111027.jpg


自由時間が2時間しかないので、モントレーのメインストリート、キャナリー・ロー
Cannery Rowの南側にあるフィッシャーマンズワーフまで行くのはとても無理。
キャナリー・ローの両側にあるお店をのぞきながらモントレー水族館まで
戻ることにしました。
写真のイワシの缶詰工場跡を改造した建物にはレストランやショップが入っています。
b0112909_21172514.jpg
b0112909_21174969.jpg


今日、いちばんのお目当てモントレー水族館はキャナリーロウの突き当たりにあります。
効率よく廻るためにまずインフォメーションで地図を入手。
水族館の目玉のひとつ海草の森 Kelp Forestへ。
ここは、世界で初めて大型水槽に波発生機を設置し、ジャイアントケルプの展示に成功したそうです。ケルプの生育には波が不可欠で、
あとラッコは眠る時に流されないようケルプを身体に巻くんですって。
b0112909_2111675.jpg


クラゲのコーナーも充実しています。こちらはGiant Jelly
b0112909_21214116.jpg


Moon Jelly 水クラゲ
b0112909_21222888.jpg


Sea nettle (chrysaora fuscescens) これはすごい!!
b0112909_21242194.jpg


かなり大きなスペースを使っているのがタツノオトシゴのコーナー
b0112909_21304016.jpg


Pacific seahorse
b0112909_21555137.jpg


Potbelly seahorse
b0112909_21563557.jpg


オイランヨウジウオ Banded pipefish
b0112909_21572832.jpg


海草のようなという意味を持つWeedy sea dragon
b0112909_21435573.jpg


体長20~30センチ、葉っぱのようなLeafy sea dragonは・・・
b0112909_21464360.jpg


波に流されているように見えますが、ちゃんとヒレで泳いでいます。
たしかにタツノオトシゴの形しています。
だけど種類によって「seahorse」と「sea dragon」ってなっているのは何故?
b0112909_21472488.jpg


水族館にはこの他にもサメやマグロが泳いでいる水槽や、ラッコやペンギンのコーナーの他、巨大ザメや巨大タコのコーナー、珊瑚礁やヒトデなどに触れるゾーンも。

給餌ショーは、ラッコ: 毎日10時半、13時半、15時半。 ペンギン: 毎日10時半、15時。
ケルプフォレスト: 毎日11時半と16時。
サメやマグロの水槽 : 火曜、木曜、土曜、日曜の11時
となっています。

館内にはカフェテリアやレストラン、売店もあり、手にスタンプを押してもらえば
当日のみ再入館も可能なので、1日かけてゆっくり見学するのが正解みたいです。
b0112909_2232681.jpg


2時間の自由時間なんて本当にアッという間。
15時10分、水族館前のバスに戻りました。次は17マイルドライブを走り、カーメルへ。

サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-10 22:04 | サンフランシスコ | Comments(2)

④17マイルドライブを走り抜けカーメルへ

2010年3月31日(水)

観光バスツアーは15時15分にモントレーベイ水族館前で再集合。
モントレー市と南のカーメル市を結ぶ半島の海岸線を1周する人気のドライブルート、
17マイルドライブへ出発です。
4ケ所あるゲートのひとつ、Pacific Grove Gateで通行料を払うと
21ケ所あるビューポイントの説明が付いた地図をもらえます。
b0112909_21442796.jpg


松林を抜けると右側にゴルフコース(The Links At Spanish Bay)があるので
コースに沿って右折すれば半島の海岸線に出ます。スペインの探検家Portolaが
1769年に上陸したSpanish BayThe Restless Seaを過ぎ、
b0112909_21453275.jpg


2つ目のゴルフコースSpyglass Hill Golf Courseの前あたりには、
カモメが羽を休めているBird Rockとアシカが寝ているSeal Rockが。
b0112909_21445157.jpg


ひとりぼっちの糸杉The Lone Cypressの前ではたくさんの観光客が
シャッターを切っていました。
b0112909_2146951.jpg


今年の6月14日~20日まで全米オープンが開催されるペブルビーチゴルフクラブ
見えてくると17マイルドライブもそろそろ終わりに近づきます。
練習ラウンドの観戦は1日$70、17日の本戦は$175(18日以降は完売)
さすがペブルビーチ、観戦料も高いです。
因みにプレイフィは約$500で、1年以上前の予約が必要とのこと
b0112909_21465946.jpg


写真右側はペブルビーチゴルフクラブのショッピングモールで、
左奥が1919年創立のエレガントなThe Lodge at Pebble Beach
ゴルフ場を中心に設計されていますが、テニス、乗馬、スパなどの施設の他に、
レストランやブティックも高級感があります。
モントレー湾を見渡せるバルコニー付きの161部屋は世界的に有名な高級施設ですが
宿泊パッケージ$1,150 は高嶺の花・・・
b0112909_21464145.jpg


17マイルドライブの終点は、人口7,000人ほどの小さな町カーメル
数多くのアート・ギャラリーやブティック、カフェが軒を連ねているメインストリート
Ocean Ave.の突き当たりは広く真っ白なビーチで、ペブルビーチゴルフコースも
見えます。カーメルの中心にあるのが、このカーメルプラザ
b0112909_22341531.jpg


カーメルプラザは中庭に面して・・・
b0112909_22345075.jpg


おしゃれなショップやカフェがコの字型に並んでいます
カーメルプラザ前でツアーは、1時間の自由行動となりました。再集合は18時。
b0112909_22344147.jpg


私たちはカーメルプラザに沿ってユニペロ通り Junipero Ave.を15分程歩き、
b0112909_22364325.jpg


1771年にスペイン人の伝道師セラ神父が建て、その後、聖カルロ・バロメオ
(Saint Carlo Barromeo)に委ねられたというカーメル・ミッションへ。
b0112909_22373516.jpg


中の見学は17時までだったので外観だけですが、
ここには2000人以上のインディアンが埋葬されているそうです。
「チャーチ」ではなく「ミッション」と呼ばれているのは先住民族にキリスト教を布教して、
農業や近代的な生活を教えるのを使命としたから
だそう。
b0112909_22374483.jpg


カーメル・ミッション右側の通りを道なりに5分ほど行くと、突き当たりには
かつての市長、クリント・イーストウッド経営のミッション ランチ Mission Ranch
農園スタイルの建物、ウエスタンスタイルの部屋で、レストラン&バーもあります。
b0112909_22522913.jpg


もちろん Ranch というからには牧場もあって、羊などが飼われています。
b0112909_22523817.jpg


アーティストの町として知られるカーメルの町づくりはユニーク
ネオンサインや看板は禁止、信号やパーキングメーター、街灯もありません。
通りの名前はとても小さく書かれているので、うっかりすると見逃すほどです。
郵便配達をしないので各戸に番地はなく、住民は郵便局の私書箱を利用。
美観を保つ努力が徹底していますね。
カーメルへ来たのは約20年ぶりですが、町の様子はほとんど変わっていませんでした。
b0112909_22365121.jpg


18時にカーメルプラザ前に再集合したツアーは、一路サンフランシスコへ。
往路は景色の美しい海岸沿いのハイウェイ1号線を利用しましたが、
帰路は距離の短いシリコンバレーを抜けるコース。
それでもホテルに着いたのは20時半でしたので、ちょうど出発から12時間。

私たちが利用したのはグレイラインの英語ツアーでしたので、
モントレー水族館の入館料($29.95)込みで一人$89はかなりお安いと思います。
(日本語ツアーは5割増し程度)

サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-09 22:54 | サンフランシスコ | Comments(0)

⑤フィッシャーマンズワーフを歩く

2010年4月1日(木)

サンフランシスコに来たからにはケーブルカーに乗らなくちゃ (^_-)-☆
ホテル前にもケーブルカーの停留所はありますが、やっぱり始発駅からね。
宿泊していたウェスティン・セント・フランシスの正面玄関を出てパウエル通りを
右へ2ブロック歩いた所がケーブルカーのパウエル・ハイド線の起点です。
(空港からの電車、バートBARTのパウエル駅はこの真下)

フィッシャーマンズワーフ方面から走ってきたケーブルカーは、ここで方向転換。
b0112909_1415964.jpg


観光客に人気なのは立ち席らしく、車内はガラガラなのに外に掴まり立ち。
料金は距離に関係なく1回5ドルです。
b0112909_14151951.jpg


このまま乗っていけばフィッシャーマンズワーフまで連れて行ってくれますが
ちょっと手前に世界一のクネクネ道、ロンバード通りLombard St.があるので、
ここで下車。ロンバード通りの少し手前からケーブルカーが坂を下り始め、
前方の海にアルカトラズ島(監獄があった島)が見えてくるのが降車の目印。
b0112909_14203189.jpg


ロンバード通りは、下り一方通行の自動車専用道路。
でも両サイドに階段があるので下まで歩いてみます。
b0112909_14291738.jpg


勾配27度の直線の坂道に、
1922年、車でも通行しやすいようにと8つのカーブを入れてユニークな道が完成。
b0112909_14292522.jpg


カーブ両側の花壇にはアジサイが植栽されているので、初夏はもっときれいです。
b0112909_14295241.jpg


階段を下りきった所がリーベンワース通りLeavenworth St. なので、
この道を海側へ10~15分歩けばフィッシャーマンズワーフに到着。
ジェファーソン通りJefferson St.を右折して2ブロック歩くと
テイラー通りTaylor St.との交差点にランドマーク、カニの看板が。
b0112909_14585589.jpg


テイラー通りを海側に行った所にはずらっとシーフード屋台が並び、
b0112909_156052.jpg


茹でたてのダンジネス・クラブDungeness Crab や海老のカクテル、
カニがぎっしり詰まったクラブサンドイッチなどを買うことができます。
b0112909_156872.jpg


屋台のすぐ近くにはボウディンミュージアム&ベーカリー
b0112909_15185420.jpg


2階のミュージアムでは(入場料は$3 で、11時~)、ボウディン社の歴史や
パン造りの器具を展示、また製造過程も見えるようになっています。
b0112909_15193221.jpg


ボウディン社は、ゴールドラッシュに沸くこの地に集まる人々にパンを売る商いを始め、
その後、150年以上もサンフランシスコで愛され続けているパン屋さんらしいです。
ミュージアムの資料の中で私が一番驚いたのが下の写真。
1848年11月28日付け請求書、卵が1ダースで$35
b0112909_15201162.jpg


建物1階はカフェとギフトショップ。 酸味が効いたフランスパンをくり抜いて、
たっぷりのクラムチャウダーが入った看板商品は$7.29。かなりのボリューム!
b0112909_15203223.jpg


ランチが済んだらボウディン前の通りを東に向かって、左手に海を見ながら歩くと
アルカトラズ島や、その左側にはゴールデンゲートブリッジも見えてきます。
b0112909_15512631.jpg


波止場の先端で寝ているアシカを見ながらさらに歩けば
b0112909_15521117.jpg


ピア39に到着。
b0112909_1615055.jpg


ギフトショップやレストラン、
b0112909_1615858.jpg


海のトンネルが人気の水族館やメリーゴーランドなどもあって
大人も子供も楽しめる場所になっています。
b0112909_162680.jpg


ジェファーソン通りとリーベンワース通りの交差点にあるモールはキャナリー
b0112909_188548.jpg


元々は、デルモンテが桃の缶詰工場として建設した建物を再建し、
ショッピングモールとして生まれ変わったスポットです。
b0112909_1882577.jpg


キャナリーの先にはサンフランシスコ土産の定番、ギラデリチョコレートのスクエア。
チョコレートショップやホットチョコレートがかかった特大のパフェが食べられるカフェや
レストランなどが、ココアビル、チョコレートビルなどの名前がつけられたビルの中に
入っています。
b0112909_18231464.jpg


ハイド線ケーブルカーの終点近くにはGPSガイド付き音声ツアー(日本語有り)
ゴーカーをレンタルするお店
b0112909_2144492.jpg


体重移動で操作するセグウェイに乗ってフィッシャーマンズワーフなどをまわるツアー
主催しているところもあるので、これらを利用するのも楽しいかもしれません
b0112909_2171661.jpg


ギラデリチョコレートをたくさん購入したので、ひとまずホテルにもどって荷物を置き、
午後の部の観光に出かけることにしました。

サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-09 16:07 | サンフランシスコ | Comments(4)

⑥サンフランシスコ近代美術館

2010年4月1日(木)

買い物をした荷物を置きにホテルに戻ったのが、午後3時半。
まだ時間もあるのでサンフランシスコ近代美術館へ行くことにしました。
ユニオンスクエアに面して建つウェスティン・セント・フランシスホテルからは
ホテル南側のギアリー通りGeary St.を東へ3ブロック歩き、3rd St.を右折すれば
この通り沿いにあります(ホテルから徒歩15分くらい)。

通常は17:45までなのですが、木曜日だけ20:45までオープンしているので
ゆっくり観ても大丈夫。入館料は$15でした。
b0112909_1120329.jpg


館内に入ってまず目に入るのは2枚の巨大壁画。
左側は歪んだアナモフィックで描かれたトーマス・ジェファーソン第3代大統領と
その住まいモンテチェロが題材。
b0112909_11251587.jpg


アメリカの象徴的な場所として何度も描かれてきたものの、それらの絵には
建国の人たちが所有した奴隷の姿が描かれることはなかったそうです。
が、この壁画にはプランテーションで働く奴隷の姿が。
b0112909_1125696.jpg


右側はジョージ・ワシントン初代大統領とマウントバーノン。
b0112909_11264310.jpg


やはり、木の葉の中や、
b0112909_11262651.jpg


大統領の背後の木の下などにそれとなく奴隷の姿が描かれています。
この2つの作品は近代美術館の委託によりケリー・ジェームズ・マーシャルが
描いたもので、多民族の血をひくオバマ大統領就任の1ケ月後である2009年2月より
公開
されたそうです。何とも絶好のタイミングでしたね。
b0112909_11263448.jpg


ここの美術館は、ごく一部を除いてほぼ撮影OKなんですよ!
b0112909_1212106.jpg


アンディ・ウォホールの自画像や
b0112909_1212239.jpg


エリザベス・テイラーを描いたRed Liz
近代美術館では、20世紀に作られた作品のみを展示しています。
アメリカのアーティストの作品がほとんどですが、中にはピカソやミロなどの作品も。
また4階はアメリカ西海岸らしく、映画やビデオなどメディア作品が展示されています。
b0112909_1213451.jpg


ジェフ・クーンズのマイケル・ジャクソンとバブルスにここで会えるとは!!!
この等身大の座像は3つ制作されて、その中のひとつは1991年、NYのサザビーズで
約560万ドルで落札されたそうです。
10数年前、シドニーの港を散歩している時、小犬の形に組まれた鉄骨に
花々を植え込んだトピアリー彫刻(高さ10メートル以上だったかと・・・)を見たのが
クーンズ作品との出会いで、それ以降好きな作家のひとりなんです (^^;
b0112909_12184320.jpg


近代美術館のオープンは1935年ですが、規模拡張のため1995年に現在の場所に移転。
円形のガラス屋根を持つこの美術館の設計は、スイスの建築家、マリオ・ポッタのもので、建築そのものがアートになっています。
b0112909_122461.jpg


こちらは2009年にオープンした屋上のガーデン
b0112909_12252215.jpg


5階まで観てくると結構疲れるので、併設のカフェでひと休みできるのも嬉しいところ。
b0112909_122531100.jpg



朝からフィシャーマンズワーフを歩き回り、その後、近代美術館でほぼ閉館時間まで
過ごしたのでもうヘトヘト。
夕食を食べに出かける元気は残されておらず、今夜もルームサービスで 。

サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-09 12:46 | サンフランシスコ | Comments(2)

⑦ミュア・ウッズ国定公園へ

2010年4月2日(金)

今日はミュア・ウッズで森林浴・・・のはずでしたが、朝から雨。
サンフランシスコのダウンタウンからは、ゴールデンゲートブリッジを渡って
すぐフリーウェイを下り、細い山道をクネクネと30分ほど走れば到着です。
b0112909_19285864.jpg


入園料を払い、地図をもらって森の中へ
b0112909_19321999.jpg


森はRedwood Creekに沿って
b0112909_19342413.jpg


トレイルが整備されており、
b0112909_19423760.jpg


一番奥まで行けば1時間半コース、手前までなら30分コース、
その中間の1時間コースとなっています。
b0112909_19425661.jpg


レッド・ウッド(セコイアの一種)の中には高さ110メートルに達するものや、
樹齢2000年という木もあるのだそう。
b0112909_19424687.jpg


この地域は温暖な気候に加えて冬の雨と夏の霧が交互に現れるという
レッド・ウッドの生育には理想的な気象条件が整っているそうで、
b0112909_19481134.jpg


シダ類やコケ類も豊富に生えています。
b0112909_19595068.jpg


幹はタンニン酸を多く含んでいるために独特の濃い赤褐色。
他の針葉樹と異なり、木の皮に樹脂を含んでいないので耐火性に優れているそう。
b0112909_20164217.jpg


湿気やシロアリに強く、建築資材に適しているレッド・ウッドは、大量に伐採された為に
次第に姿を消していきましたが、1905年、地元の実業家ケント夫妻が
最後の古代原生林を護るため約200ヘクタールの森を購入。連邦政府に寄付し、
1908年、ルーズベルト大統領により国定公園に指定されたという歴史があります。
b0112909_19482212.jpg


また、毎年12月~1月頃には公園の中を流れるRedwood Creekで
サケの遡上が見られるそうです。
b0112909_19344173.jpg


レッド・ウッドはあまりに巨大で・・・
b0112909_20165217.jpg


人物を一緒に撮らないと大きさがわからないですよね?
b0112909_2017260.jpg


サンフランシスコのダウンタウンから40~50分程で来ることができる場所に
古代原生林が残されているなんて素晴らしいこと。
お天気の良い日にもう一度来たいな。

ミュア・ウッズで1時間半ほど過ごしたあとはゴールデンゲートブリッジ方面に戻り、
入り海に面したサウサリートへ。
とてもチャーミングな町で、お天気さえよければ歩き回りたいところですが、
あいにくの雨。観光案内所の前にあった・・・
b0112909_2103543.jpg


カーサ・マドローナホテルに飛び込んでランチ。
が、ホテル1階にあってマリーナを眺めながら食事ができるレストランPoggioポッジョは
素晴らしく美味しいイタリアンのお店でした!!

ホテルの前の通りがメインストリートBridgeway で、両側にはギャラリーや
アンティークショップなどが軒を並べています。う~ん、残念!!
ランチの後は、サウサリートの北東に位置するソノマバレーへ行ってワイナリー巡り♪
b0112909_2113762.jpg



サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-08 21:04 | サンフランシスコ | Comments(2)

⑧ワインカントリー、ソノマへ

2010年4月2日(金)

サウサリートで昼食を済ませたあとに向かったソノマバレーは、
サンフランシスコの北90㎞ほどに位置するナパバレーの西側に隣接したバレーで
121号線や12号線沿いにおよそ100のワイナリーがあります。
まず訪れたのは小さな小さなHOMEWOOD WINERY
b0112909_1756247.jpg
b0112909_1756348.jpg


ティスティングルームも7~8人入れば満員というほど小さなワイナリー。
b0112909_17564634.jpg


雨が降って、庭で遊べないワンコが私の膝にボールを置いて・・・
b0112909_17565562.jpg


投げて! と強烈にアピール中。
そんな訳でオーナーの話しは全く聞いていませんでした (^^;
b0112909_1757315.jpg


2軒目はJACUZZI FAMILY VINEYARDS
b0112909_184247.jpg


ティスティングルームはこちら~♪
b0112909_1845875.jpg


試飲は1種類につき1ドル
主人が試したのはCabernet Sauvignon (Sonoma Valley2006) @$25 と
Valeriano(Carneros 2006) @$40の2種類。好みではなかったらしく購入はなし。
b0112909_1844971.jpg


ティスティングルームを出て、中庭を通り抜けた先には・・・
b0112909_1818085.jpg


どこまでも続くブドウ畑。
b0112909_18184888.jpg


3軒目はViansa Winery & Vineyards
b0112909_18234347.jpg


ティスティングルームはこちら。
b0112909_18243474.jpg


4種類のワインを試飲して5ドルまたは15ドル。
15ドルの方を選択し、1つ目は "Thalia"Sangiovese(Sonoma Valley 2005)
2つ目は "Lorenzo" Merlot (Sonoma County 2006)
3つ目は "Samuele" Cabernet Franc (Sonoma County 2005)
最後は "Ossidiana" Red Wine (Sonoma County 2006)
b0112909_18242452.jpg


ここはティスティングルームの隣がショップになっていてワインの他、チーズや
オリーブオイル、食器まで売っていました。観光用のワイナリー?
b0112909_1824541.jpg


広大なブドウ畑もこのお天気でちょっと残念・・・。
b0112909_1841364.jpg


と思ったら、帰路になってようやく雨がやんでくれました。
せっかくなので車を降りてゴールデンゲートブリッジを撮影。
対岸の左側に見えるのがサンフランシスコのダウンタウンです。
ゴールデンゲートブリッジは市内に入る時だけ6ドルの通行料が必要です。
b0112909_18542556.jpg

今日は朝から本当によく降りました。
明日はいよいよ今回の旅の最終日。
クパティーノのワイナリーでランチピクニックの予定ですが晴れますように・・・。

サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-08 19:01 | サンフランシスコ | Comments(2)

⑨クパティーノのワイナリーでピクニック

2010年4月3日(土)

今日はサンフランシスコ在住のTさんご夫妻に
クパティーノのワイナリーRIDGEへ連れて行っていただく日。
待ち合わせはMillbrae駅なので、ユニオンスクエアにあるウェスティン・セント・フランシス
から南に2ブロック歩いた所にあるPowell通り駅へ出て、BARTに乗車。
ミルブレー駅はパウエル駅から11コ目(約30分、料金は片道$4.25)、
ピッツバーグ・サンフランシスコ国際空港線の終点です。
b0112909_14333098.jpg


車でピックアップしていただいた後、食料を仕入れるためにクパティーノのスーパー
WHOLE FOODSへ。ワインの試飲をしたあと、好みのワインを買い、ワイナリーにある
ピクニックエリアでランチという計画です。
b0112909_14364480.jpg


ワインに合いそうなチーズ、生ハム、サラミをはじめサラダや果物、パンを購入。
b0112909_14365257.jpg


クパティーノの町中からは山道(Montebello通り)を上って30分足らず。
途中、もう1軒のワイナリーPicchettiもありますが、かなり格下とかでスルー。
お昼前にRIDGEに到着しましたが、すでにたくさん購入して帰る人の姿も。
b0112909_14503598.jpg


RIDGEでは年2回、春と秋に市場に出す前のワインを試飲できる日があって
運良くちょうどこの日が春の試飲会。
ティスティングは6種類15ドルと7種類20ドルがあったので7種類の方を選択。
b0112909_17314393.jpg


1本目のティスティングは2008 Santa Cruz Mountains Estate Chardonnay @$40
こちらのワイナリーは赤がメインなので、白はほとんど市場に出ないのだそう。
と聞いてもちろん購入 ♡
b0112909_1224289.jpg


2本目は2008 East Bench @$26

3本目はこちら2008 Geyserville @$35 購入 ♡
b0112909_1504746.jpg


4本目は2008 Paso Robles @$30
b0112909_1505682.jpg


5本目は2008 Ponzo @$28
6本目は2007 Santa Cruz Mountains Estate Cabernet(Cab/Merlot)@$40

最後は2006 Monte Bello @$145 購入 ♡
カリフォルニアワインの実力を世界に知らしめた「パリ対決」から30年後の
2006年5月24日、30年前と同一のワイン・同一のヴィンテージを、再び利き比べする
パリ対決30周年記念テイスティングで、モンテベロ1971は堂々一位に輝いたのだそう。
b0112909_1705531.jpg


ティスティングの後、ピクニックエリアに出てみるとそれぞれお気に入りのワインを買って
皆さんかなり盛り上がっていました。
b0112909_154138.jpg


贅沢な休日の過ごし方が羨ましいかぎりです。
全くお酒が飲めない私ですが、もしチャンスがあればまた来たいって思いましたもの。
b0112909_17324023.jpg


RIDGEは頂上にあるので見晴らしは抜群。
b0112909_15141565.jpg


眼下に見えているのはシリコンバレーの中心都市サンノゼです。
b0112909_1514698.jpg


ピクニックエリアの周りでは桜をはじめ・・・
b0112909_15175729.jpg


春の草花が咲きみだれていたのも嬉しかったことのひとつです。
b0112909_15185047.jpg


素敵なお仲間と美味しいワイン&ランチですっかり盛り上がり、気がつけば夕方に。
またお会いしましょうと約束をしてワイナリーを出発。
旅の最終日に素晴らしい一日を用意して下さったTさんご夫妻に感謝、感謝です。
b0112909_15181486.jpg


サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-08 15:19 | サンフランシスコ | Comments(2)

⑩シリコンバレーってどんなとこ?

2010年4月3日(土)

クパティーノのワイナリーRIDGEで試飲のあとは、ワイナリーのピクニックエリアで
購入したワインを飲みながらのランチ。お話がはずんで気がつけば4時半。
BARTのミルブレー駅まで車で送っていただく途中、シリコンバレーへ。
b0112909_11275287.jpg


アップルインテルヤフーなどのビル群を横目に走り抜けグーグル本社前で下車。
b0112909_11294791.jpg


グーグルBuilding43が本社ビル
と言ってもグーグルだけで40以上のビルがあるわけではないらしいです
b0112909_1130127.jpg


隣の建物はBuilding41
b0112909_11344837.jpg


広大な土地があるので高層ビルを建てる必要もないのでしょうが、
グーグルに限らずどこも低層の建物です。
b0112909_11295689.jpg


土曜日のため人影はありませんでしたが、
平日にはパラソルの下でランチを楽しむ社員も多いのでしょうね?
グーグルのレストランは、シリコンバレー随一との噂で、人気だそうです。
b0112909_11395257.jpg


ビルとビルの間にはあふれる緑や咲き乱れる草花、
b0112909_11403100.jpg


こんなユニークな彫刻も置かれていたり。
ハイテク産業の中心地という硬いイメージよりもずっと開放的な雰囲気でした。
一般観光客にオープンにしている会社はないようですが、
シリコンバレー内にはいくつかのコンピューターショップやインテル博物館、
アップル製品やTシャツを購入できるアップルストアなどもあるので楽しいかも。
b0112909_113943100.jpg


そしてシリコンバレーには全米屈指の名門校スタンフォード大学もあります。
これはスタンフォード通り。
b0112909_1272994.jpg


創立時からの教室と教会が回廊でつながれているメインクワッドの左側にあるのが・・・
b0112909_128615.jpg


スタンフォード大学のランドマーク、フーバータワー
第31代大統領フーバーが建てたタワーで展望デッキからはパノラマが楽しめるそう。
b0112909_1275766.jpg


メインクワッドを背にして振り返るとパームツリーの街路樹が望めます
b0112909_1210824.jpg


正面入り口を入った所にはメモリアルコートがあり、
b0112909_1283187.jpg
b0112909_1284149.jpg


メモリアルコートをぬけた所は中庭になっていて、
b0112909_12102032.jpg
b0112909_12102949.jpg


中庭には創立者スタンフォードの死後、妻が記念館として建てた教会、
メモリアルチャーチがありました。
構内はとても広いので1日2回開催されているウォーキングツアーに参加するか、
フーバータワー向かいのメモリアルホールで地図をもらって歩く方がよさそうです。
b0112909_1291027.jpg


今回のサンフランシスコ行きは5泊と短いものでしたが、
Tさんご夫妻のご好意で、会員限定のワイン試飲会に連れて行っていただいたり
シリコンバレーをご案内いただいたりと内容の濃い旅となりました。
サンフランシスコはLAなどに比べてコンパクトな街ではありますが、
まだまだ行きたい所はたくさん残っています。
それは次回の宿題ということにしてサンフランシスコの旅日記を終わります。

サンフランシスコの旅の目次です
サンフランシスコへ(2010年3月30日午前)
半日観光ツアーに参加(2010年3月30日午後)
モントレーベイ水族館が楽しい ♪ (2010年3月31日)
17マイルドライブを走り抜けカーメルへ(2010年3月31日夕方)
フィッシャーマンズワーフを歩く(2010年4月1日午前)
サンフランシスコ近代美術館(2010年4月1日午後)
ミュア・ウッズ国定公園(2010年4月2日午前)
ワインカントリー、ソノマへ(2010年4月2日午後)
クパティーノのワイナリーでピクニック(2010年4月3日)
シリコンバレーってどんなとこ?(2010年4月3日夕方)
by tanpopo-jyo | 2010-04-08 12:51 | サンフランシスコ | Comments(2)