大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(268)
(246)
(116)
(113)
(92)
(77)
(57)
(47)
(47)
(41)
(40)
(31)
(26)
(23)
(22)
(21)
(14)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

ジョニデさま ランブロワ..
by tanpopo-jyo at 12:51
コート・ドール! さすが..
by ジョニデ at 23:56
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 12:22
Uです。おめでとうござい..
by EMMANNIE at 09:55
ジョニデさま 有り難うご..
by tanpopo-jyo at 00:37
結婚記念日、おめでとうご..
by ジョニデ at 22:48
ジョニデさま 一皿目にラ..
by tanpopo-jyo at 12:29
ライチョウの一皿だけでO..
by ジョニデ at 11:22
ジョニデさま 年に一度オ..
by tanpopo-jyo at 14:02
Uさま お、お、おっ!U..
by tanpopo-jyo at 13:55
あ、ディズニーにも、行か..
by ジョニデ at 12:13
"反日"ってなに?花火で..
by EMMANNIE at 10:09
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:08
Uさま 3~4年前にNH..
by tanpopo-jyo at 12:08
おはようございます。Uで..
by EMMANNIE at 09:24
Uさま ただいま~♪ ..
by tanpopo-jyo at 20:35
Uです。お帰りなさいませ..
by EMMANNIE at 19:26
ぶうちゃんさま ただいま..
by tanpopo-jyo at 09:56
おかえりなさい♪ ..
by ぶうちゃん at 23:48
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 10:35

記事ランキング

検索

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

エアーズロック・リゾートのこと

キャンプ場やホテルは、元々はウルル(エアーズロック)の麓にありましたが
観光が国立公園の環境に悪影響を与えていることが明らかとなり、
ユララ Yulala (現在リゾートのある場所)への移転を計画。
エアーズロック・リゾートは1983~1984年にかけて徐々にオープンしていきました。

エアーズロック・リゾートはコネラン空港から約6㎞、車で10~15分の距離にあり
旅行者が必要とする施設がほとんどすべて整えられています。

⑴宿泊施設
リゾートにある5つのホテルは全て同じ会社 Voyages Hotel & Resorts の経営です。

Sails in the Desert Hotel セールズ・イン・ザ・デザートホテル
このホテル内には、リゾートやツアーに関する問い合わせが日本語でできる
ジャパン・デスク(09:00~16:00)があります。
朝食バイキングのウィンキク(06:00~10:30) A$32
夕食コースのクニヤ(18:30~22:00要予約) A$100目安

Desert Gardens Hotel デザート・ガーデンズホテル
ビジターセンターの左隣
朝食バイキングのホワイト・ガムズ (05:30~10:00) A$32
軽食アラカルトのアングリ・グリル(11:30~15:30、18:30~22:30)

Outback Pioneer Hotel & Lodge アウトバック・パイオニアホテル&ロッジ
私たちが2009年9月に3泊したホテルです。詳細はコチラ

Emu Walk Apartments エミュー・ウォーク・アパートメント
外から見た感じですがキッチン付きかも?
ショッピングセンターの左隣なので買い物には便利。

The Lost Camel Hotel ザ・ロスト・キャメルホテル
ショッピングセンター裏手にあるこじんまりしたホテルで5つの中では一番新しいです

その他、キャンプ場 Ayers Rock Resort Campground もあります。

⑵その他の施設
ビジターセンター 営業時間は09:00~17:00
リゾート内は、このように人目をひく白い帆が日陰をつくるデザイン
b0112909_1803972.jpg


ビジターセンターの中は、中央オーストラリアの動植物と歴史の資料館になっており
イヤホンガイドの貸し出しもあります。
入場は無料ですが、イヤホンガイドの貸し出しはA$2(日本語あり)
エアーズロックに関する書籍や絵はがき等の販売もしています
b0112909_1804851.jpg


ショッピング・センター
スーパーマーケットやANZ銀行、郵便局(日本までのハガキはA$1.40)、
新聞や雑誌を売る店、土産物店数件、テイクアウトの店やカフェ&レストラン、
美容院、各ツアー会社のデスクが入ったインフォメーションセンターもあります。
b0112909_1813423.jpg


ショッピング・センター内にある地中海料理のゲッコーズ・カフェ
営業は11:00~14:30、17:30~21:30で昼・夜ともアラカルトのみ
ハンバーガー類のテイクアウトは11:00~15:00まで。
b0112909_182213.jpg


このピザでA$25程度。
リゾート全体が1社の経営(Voyages Hotel & Resorts)なので、競争原理は働かず
物価は高めです
b0112909_18135652.jpg


③リゾートの中には5ケ所の展望台 Lookoutがあります。
下の写真はリゾートの中心部にあるイマラング展望台 Imalung Lookout
展望台といってもこの程度の丘ですが、遮るものがないので・・・
b0112909_18164796.jpg


ウルル(エアーズロック)もカタジュタ(オルガ)も見渡せます
b0112909_1817220.jpg


パイオニア展望台 Pioneer Lookout から眺めた日没
b0112909_181896.jpg


夕景のウルル(エアーズロック)と、
b0112909_18182949.jpg


カタジュタ(オルガ)です
b0112909_181837100.jpg


⑶無料シャトルバス
リゾート内を20分程度の間隔で時計回りに循環しています。
運行時間は10:30~24:30まで。
b0112909_17584637.jpg


歩いても1時間余りで1周できますが、全く日陰がないので暑い時期は大変かも?
b0112909_17595671.jpg


歩けばこんな足跡(ディンゴ?)を見つけたり、砂漠のウサギに出会ったりはしますけど。
b0112909_10223912.jpg


⑷両替について
両替は各ホテルのフロントか、ショッピングセンター内のANZ銀行でできます。
ANZ銀行は平日のみの営業で手数料が1回につきA$10
ホテルは手数料無料ですがA$100まで。

ケアンズ空港での両替が10,000円=A$88.65
エアーズロック・リゾートでの両替は10,000円=A$106.66でした。
この旅行時(2009年9月)のレートは1A$が78円程度でしたので
特にケアンズ空港での換算率は悪いようです。

宿泊ホテル以外のホテルへ食事に行ったり、ショッピングセンターで買い物をしたりする場合も、全て宿泊ホテルの部屋づけにできるので、
現金払いよりもチェックアウト時に一括してカード精算の方がオトクだと思います。

⑸アクティビティについて
①キャメル・ファーム
ドライバーさんに行き先を告げないと、通常、無料シャトルバスはここを経由しません
帰りはキャメル・ファームのフロントでシャトルバスを頼めば寄ってくれます
b0112909_18145171.jpg


試乗(数分)は大人A$10。ラクダに関する展示やラクダグッズの購入もできます
b0112909_1815092.jpg


②らくだツアー Anangu Waai社催行
■らくだに乗って日の出ツアー(日の出約60分前出発)所要2時間半 A$99
■らくだに乗って日の入りツアー(日の入り約90分前出発)所要2時間半 A$99

上記は英語ツアーです。
日本語ツアーはAATkings社が催行していますが大人・子供同額 A$155で割高です

③Night Sky Show(星空観測) Discovery Eco Tours社催行 大人A$33、子供A$25
ツアー出発は ■19:20(6~8月) ■20:20(1年中) ■21:15(1年中) ■22:15(9~5月) の
1日3回で、このうち21:15~の回は日本語ツアーです

私たちが参加した夜は新月で、しかも前夜豪雨が降ったために
空気中のチリが洗い流されたという好条件が重なりましたが、
一番近い都会(アリス・スプリングス)まで300㎞以上離れた当地は、
都市の光に星空が隠されることもなく、素晴らしい夜空を楽しめるはずです。
沈みゆく南十字星を観たあとは、参加者の星座を見つけてくれたりします。
天体望遠鏡でマゼラン星雲や二重星、木星なども観察しました。

④ヘリコプター遊覧飛行 Ayers Rock Helicopters社催行 英語ツアー
■ウルル周辺 約15分 A$120
■ウルル&カタジュタ周辺 約30分 A$230

⑤セスナ機遊覧飛行 Ayers Rock Scenic Flight社催行 英語ツアー
■ウルル周辺 約20分 A$90
■ウルル&カタジュタ周辺 約40分 A$175

⑥Sounds of Silence 大人A$155 子供(15歳以下) A$79
ウルル&カタジュタが見渡せる丘で、夕焼けを眺めつつシャンパンで乾杯
夕食後は星座の説明付き。
日本語のツアーは上記金額よりA$30ほど高め。
この他にも各種ツアーが催行されています。

ユーカリの一種 River Red Gum はリゾート内のあちこちに生えています
青空に白い幹と枝が映えてとてもきれい。
b0112909_18193550.jpg


赤い砂がどこまでも広がるばかりの中央オーストラリアにも・・・
b0112909_18204528.jpg


「春」にあたるこの時期、花々が咲き乱れていました
b0112909_18195851.jpg

b0112909_1820672.jpg


リゾート内でしばしば見かけたこの子の名前はな~に?
b0112909_18202621.jpg

記事中の営業時間、料金等は2009年9月現在のものです

2009年9月のエアーズロック & ポートダグラスの旅行記は
ウルル(エアーズロック)到着までとアウトバック・パイオニアホテルのこと
エアーズロック・リゾートのこと
カタジュタ(マウント オルガ)へ
ウルルの日の出と麓の散策
エレガントなシェラトン・ミラージュ
サンデーマーケットへ
レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を
再びミラージュ・カントリークラブへ
となっております。ご興味のあるページをお読みいただければ幸いです。
by tanpopo-jyo | 2009-09-29 18:42 | エアーズロック | Comments(2)

カタジュタ(マウント オルガ)へ

さて、9月16日(水)の午後、アウトバック パイオニアホテルにチェックインした私たちは
少し休憩したあと15時にカタジュタ&ウルルのサンセットツアーに出発。

エアーズロック・リゾートから4㎞ほどの所に世界遺産ウルル・カタジュタ国立公園のゲートがあり、ここで国立公園入園券を提示して入ります。
入園券は16歳以上A$25で3日間有効。(15歳以下無料)

ゲートを通り、国立公園に入るとすぐ右折する道があります。
ここを曲がって(直進するとウルル)50㎞ほど西へ走ればカタジュタKata Tjutaです。
b0112909_12431335.jpg


オルガとして知られるカタジュタ(アボリジニの言葉で「たくさんの頭」の意味)は
36個の丸い岩のドームからなり、
b0112909_12424887.jpg


一番高いマウント・オルガは麓からの高さが548m
ウルルもオルガも地表に出ているのは全体の5~6%だそうです。
b0112909_12425621.jpg


ウルル(エアーズロック)同様、時間によって刻々と変化する岩肌の色が幻想的。
b0112909_12432289.jpg


岩面にはアボリジニの壁画なども残されています
b0112909_12434162.jpg


この辺り一帯に生えているイネ科のスピニフェックスSpinifex
ハリネズミを思わせるツンツンと硬い草です
b0112909_1254250.jpg


カタジュタには 風の谷散策路 Valley of the Winds Walk と
ワルパ散策路 Walpa Gorge の2つの散策路がありますが、今回はこちら。
b0112909_13112623.jpg


ここがスタート地点
b0112909_13105695.jpg


V字の渓谷までの往復2.6㎞。ゆっくり歩いて1時間ほどの散策です
b0112909_13115589.jpg


散策路は整備されているのでスニーカーで充分。
b0112909_13121145.jpg


玄武岩、花崗岩、片麻岩が混ざったきめの粗い礫岩と、
きめの細かい砂岩や小石が層を成しているのが観察できます
b0112909_13122043.jpg


散策路の終点。あとは引き返すだけです
b0112909_13122966.jpg


スピヤーウッドは火であぶると柔らかくなるので、
アボリジニの人々はこの木でヤリを作るそうです
b0112909_131396.jpg


暑い季節(12~2月)には40度を超え、冬は零度以下になる中央オーストラリアの・・・
b0112909_13133728.jpg


砂漠地帯でも「春」にあたるこの時期には・・・
b0112909_1313473.jpg


可愛らしい草花をあちこちで見ることができました
b0112909_13213882.jpg


ワルパ散策路から戻ってほどなく、空模様があやしくなってきました。
天気予報はThunderstormとガイドのジョエル君。
カタジュタの背後に日が沈めば美しいシルエットが見えるはず・・・
b0112909_13514388.jpg


と思う間もなく、激しい雨が。
雷鳴とどろき、風で車体が揺れ・・・
b0112909_1352339.jpg


夕焼けに染まるウルル(エアーズロック)を見るはずが雨のウルルに
b0112909_13522350.jpg


せっかくなので、このあとウルルから流れ落ちる滝を見に行きました。
ガイドのジョエル君も「こんなの初めて!!」と言って写真を撮りまくっていました (^^;)
私たちは3泊するので、夕焼けのウルルは明日のお楽しみにして・・・。
ホテル帰着は19時過ぎ。早朝ケアンズに着いてから長い1日でした。
b0112909_13523355.jpg

記事中の料金等は2009年9月現在のものです

2009年9月のエアーズロック & ポートダグラスの旅行記は
ウルル(エアーズロック)到着までとアウトバック・パイオニアホテルのこと
エアーズロック・リゾートのこと
カタジュタ(マウント オルガ)へ
ウルルの日の出と麓の散策
エレガントなシェラトン・ミラージュ
サンデーマーケットへ
レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を
再びミラージュ・カントリークラブへ
となっております。ご興味のあるページをお読みいただければ幸いです。
by tanpopo-jyo | 2009-09-29 14:41 | エアーズロック | Comments(0)

ウルル(エアーズロック)の日の出と麓の散策

エアーズロック・リゾートから4㎞ほどの所に世界遺産ウルル・カタジュタ国立公園
のゲートがあり、ここで国立公園入園券を提示して入ります。
入園券は16歳以上A$25で3日間有効。(15歳以下無料)

ウルルでの観光は日の出前から。ホテル発5時半です。
月の左にポツンと見えるのは明けの明星、金星
b0112909_14152685.jpg


この時期(9月半ば)、日の出前の気温は17~18度くらいで肌寒いです。
太陽が昇れば気温はグングン上がり、最高気温は30~32度ほど。
b0112909_14154082.jpg


エアーズロックの北東部にサンライズ・ビューイング・エリアがあるのですが
ここから3倍ほど遠い場所に新しいビューイング・エリアを建設中だそうで
この場所はあと2~3ケ月で閉鎖されてしまうそうです。
b0112909_14242860.jpg


日の出を待つ間はツアー会社が用意した温かい飲み物を飲んだり、
持参したお弁当を食べたりして過ごします
お弁当はホテルに予約するか、スーパー(営業は21時迄)で調達しておけばOK
b0112909_14295184.jpg


新しい1日の始まりです
b0112909_14155038.jpg


日の出とともに・・・
b0112909_14335799.jpg


ウルルは刻々とその色を変化させ・・・
b0112909_1434528.jpg


聖地にふさわしい荘厳な朝を迎えることができました
b0112909_14343247.jpg


と、その時、木の下から現れた動物が・・・。ディンゴ?
b0112909_14481213.jpg


日の出を堪能した後は、ウルルの登山口へ移動。
7時過ぎに到着しましたが強風で登山口は閉鎖中。
天候の回復次第で、登山口がオープンする可能性もあるのですが
結局この日から3日間は閉鎖されたままでした。「先住民の聖地」に配慮して
早ければ2011年10月にも全面登山禁止になる見通しとか
b0112909_14484868.jpg


ウルルには1周9.4㎞のUluru Circuit Walk(所要3~4時間)をはじめ
たくさんの散策路が用意されているので、登山をしなくても楽しみ方はいろいろ。
b0112909_14491069.jpg


登山口のすぐ隣から始まるのがマラ散策路 Mala Walk
b0112909_1595358.jpg


麓からの高さ348m、世界で2番目に大きい一枚岩というだけあって
真下へ行くと圧倒的な力強さで迫ってきます
b0112909_152842.jpg


マラには、マラの男たちがウルルの頂上まで登り、
ンガルタワタという特別な儀式のためのポールを立てたとき・・・
b0112909_1523294.jpg


西方からやって来た人たちに別の儀式に招待されました。
マラの人々は自分たちの儀式を始めたところだったので、招待を断ったのですが・・・

b0112909_1524920.jpg


西方からやって来た人たちは侮辱されたと怒り、クルバニという邪悪な獣をウルルに
送りつけたため、多くのマラの人が死んでしまった
という物語が残っているそうです
b0112909_1525881.jpg


このマラ散策路 Mala Walk は、往復2㎞
特徴的な岩々を眺めつつ、1時間ほどかけてゆっくり歩きました
b0112909_1531159.jpg


ムティジュル散策路Mutitjulu Walkは、 往復1㎞
b0112909_15154648.jpg

b0112909_1516533.jpg
b0112909_15162431.jpg


アボリジニの人々にとって大切な水場は、決して枯れることがないとか。
b0112909_15164411.jpg


水場の右上の岩に残る亀裂は、
甥をリル(毒ヘビ)の男たちに殺されたクニヤ(ニシキヘビ)の女が、
仕返しにリルを殺した時の戦いの跡
だそうです
b0112909_1517269.jpg


この洞窟には・・・
b0112909_15171034.jpg


アボリジニの壁画が残されています
b0112909_15171970.jpg


渦巻き状の絵は水場で、子供たちに場所を教えた地図だそうです
b0112909_15173540.jpg


ウルルへ向かう途中にあるカルチャーセンターは、
周りの風景に溶け込んだユニークな建物で、アボリジニの人たちの文化や生活、
儀式や祭祀に関する展示や、絵画・木彫りの工芸品等の展示&販売の他、
土産物店やカフェが営業しています
b0112909_15274887.jpg


最後に、ウルル・カタジュタ国立公園のことを少し・・・
1976年オーストラリア政府により国立公園に指定されたエアーズロック・オルガ国立公園は、1985年10月、先住民アボリジニであるアナヌー族 Anangu (ピジャンチャチャラ族とヤンクンチャチャラ族)に返還され、呼び名も彼らの言葉でウルル・カタジュタ国立公園と変更されました。

カタジュタはアナヌー族の言葉で「たくさんの頭」という意味ですが、ウルルの意味は、アナヌー以外の人々には知らされていないそうです。
ただ、「ウルルさんという長老の名前ではないか?」と言われているとか。

返還と同時にアナヌー族とオーストラリア政府の共同管理という条件のもとで99年間の賃貸契約が結ばれ、現在に至っているとのこと。

エアーズロック・リゾートに3泊したあと
9月19日(土)14:30発 QF1850便に搭乗。ケアンズへ向かいました。

2009年9月のエアーズロック & ポートダグラスの旅行記は
ウルル(エアーズロック)到着までとアウトバック・パイオニアホテルのこと
エアーズロック・リゾートのこと
カタジュタ(マウント オルガ)へ
ウルルの日の出と麓の散策
エレガントなシェラトン・ミラージュ
サンデーマーケットへ
レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を
再びミラージュ・カントリークラブへ
となっております。ご興味のあるページをお読みいただければ幸いです。
by tanpopo-jyo | 2009-09-28 15:28 | エアーズロック | Comments(2)

エレガントなシェラトン・ミラージュ

エアーズロックで3泊した後、私たちが向かった先は
シェラトン・ミラージュ・ポートダグラス Sheraton Mirage Port Douglas
このホテルは本当にリラックスできます ♪
b0112909_15334626.jpg


今回の宿泊は2009年9月19日(土)からの5泊。
私がこのホテルで一番好きなのはスタッフのつかず離れずの対応。
フロントやレストラン、ゴルフクラブの方々が5月に宿泊した私たちのことを
覚えていてくれたのがちょっと嬉しかった (#^.^#)
b0112909_15341238.jpg


お部屋はなんと前回宿泊時の6部屋隣。
なので室内の様子は全く同じでした。
b0112909_15413353.jpg
b0112909_15415185.jpg


朝食から戻ってくると室内清掃が終わっているのも前回と同じでしたが、
ある日、部屋に戻ったら洗面台の蛇口の真鍮磨き中。
毎日しているわけではないと思いますが、どうりでピカピカだと思った!
b0112909_1542046.jpg


部屋からの眺めも同じ
b0112909_15421273.jpg


今回は素晴らしい天候に恵まれ、
朝食前に4マイルビーチをお散歩するのが日課に。
この時期、日の出は6時10分頃。
b0112909_1550242.jpg


日の出直後の空と海の色って本当にステキ。
滞在中のお天気は、朝が22~23度、最高気温は32度位。
b0112909_1550352.jpg


蒸し暑かった5月と違い、湿度が30%台後半~50%台前半だったので爽やか。
b0112909_15504590.jpg


9月ならプールでも遊べる気候なんですね
b0112909_16325576.jpg


こちらは毎日オープンしているLagoons Restaurant
朝食ビュッフェが大人A$39、夕食ビュッフェはA$85
夕食ビュッフェのみチョッピリ値上げしたようです。
プラスA$22で、ワインビュッフェ(シャンパン、赤白ワイン、デザートワイン)もあります
また15時~17時はA$39.50でHigh Teaを楽しむこともできます
b0112909_1625360.jpg


テーブルはプールサイド席も選べます。
b0112909_1634356.jpg


私のある日の朝食
b0112909_165054.jpg

食べ過ぎですか? これとは別にパンケーキとヨーグルトも食べちゃいましたけど・・・?
b0112909_1644941.jpg


こちらは別の日
え~と、オムレツの卵は1個ですから (^^;)
b0112909_165984.jpg


IL Pescatoreは、金曜日~月曜日の夜のみ営業
前回は改装中で休業していたので、初めて行きましたが美味しいです!!
チェックインが土曜日だったので3回しか行けなかったのが残念。
b0112909_1618934.jpg


2日目からはステキなテーブルを用意してくれました
3コースディナー(前菜+メイン+デザート)がA$66
b0112909_16181977.jpg


リゾート内にあるサンバードセンターには・・・
b0112909_16335552.jpg


コインランドリー Self Service Laundryもあって便利です。
洗濯機、乾燥機とも1回A$4(使えるのは1ドルコインのみ)。
洗剤もA$1で売っています。
オープンは朝6時半~20時まで。
比較的混むのは17時以降で、朝~日中はガラガラでした。
運転時間は洗濯機が30分、乾燥機は45分です(アイロン&アイロン台は客室に有り)
b0112909_1635972.jpg


シェラトン・ミラージュを経由しポートダグラス市内を循環しているサン・パーム
Sun Palm社のバスは、色々な柄にペイントされた車体が多く走っていました。
b0112909_1647927.jpg


以前は、車体にこのロゴマーク付きだったので分かりやすかったのですが・・・。
でもフロント部分にはロゴがあるのでそれでチェック。
ヒトデマークのCoral Reef Coach社のバスはシェラトンを経由しません
b0112909_16471939.jpg


ケアンズ空港からの送迎についてや、市内への交通客室内の設備については
前回宿泊(2009年5月)の記事に詳細を書きました。必要であればコチラ
ご覧下さい。

追記: 3度目のシェラトン・ミラージュ滞在記事(2010年7月)はコチラです。
あわせてご覧いただければ幸いです
b0112909_16474051.jpg


今回も快適なステイでした。今度はいつ来られるかな~?
b0112909_16475783.jpg


2009年9月のエアーズロック & ポートダグラスの旅行記は
ウルル(エアーズロック)到着までとアウトバック・パイオニアホテルのこと
エアーズロック・リゾートのこと
カタジュタ(マウント オルガ)へ
ウルルの日の出と麓の散策
エレガントなシェラトン・ミラージュ
サンデーマーケットと蒸気機関車のこと
レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を
再びミラージュ・カントリークラブへ
となっております。ご興味のあるページをお読みいただければ幸いです。
by tanpopo-jyo | 2009-09-27 16:49 | ポートダグラス2009年9月 | Comments(2)

サンデーマーケットと蒸気機関車のこと

前回(2009年5月)ポートダグラスを訪れた時は、雨で行かなかった
サンデーマーケット。場所は、マクロッサン通り Macrossan St. と
b0112909_13493842.jpg


ワーフ通り Wharf St.のT字路の海側、
b0112909_13593665.jpg


アンザック公園です。
(市内の交通については前回の記事をご参考にして下さい)
私たちが行ったのは10時頃。すでにかなりの賑わいです
b0112909_1351487.jpg


八百屋さんが人気なのは地元の人も多いっていうこと?
b0112909_13532547.jpg


1個240円は安い!!
b0112909_13533566.jpg


足ツボマッサージやタイ式マッサージ、
b0112909_1404662.jpg


指圧マッサージのお店なども出ていました。
順番待ちのところもあればそうでないところもあって。地元の人の口コミ?
b0112909_1405679.jpg


ココナッツを豪快にナタで割るだけのジュース屋さんはかなり人気。
b0112909_1461567.jpg


誰かに似ているお面もあったりして・・・。
b0112909_1471473.jpg


Tシャツなどカジュアルな衣料を売るお店やアクセサリー屋さんが多かったなかで、
私が気に入ったのはトンボの蚊とり線香立て。全然、実用的じゃないけれど・・・。
b0112909_149584.jpg


こちらは日曜日だけ運行される蒸気機関車 Ballyhooley
b0112909_142007.jpg


アンザック公園近くのマリーナ・ミラージュ Marina Mirage発が
11時、13時、14時半の3本で、
b0112909_14194287.jpg


Marina Mirage ~ Dougies ~ Mirage Country Club ~ Sabaya ~ St.Crispins 間を
片道20分かけて走ります。
b0112909_14201088.jpg


Marina Mirageで機関車を切り離し、ターンテーブルで回転させて再び客車に連結。
料金は往復で、大人A$8、子供A$4(4歳以下は無料)
5月の時は大人A$5、子供A$2.50だったのに~

追記: 2010年7月訪れた時には更に値上げされていて 大人A$10、子供A$5
また機関車も赤から緑色に変わっていました。(客車は赤のまま)
b0112909_14201936.jpg



2009年9月のエアーズロック & ポートダグラスの旅行記は
ウルル(エアーズロック)到着までとアウトバック・パイオニアホテルのこと
エアーズロック・リゾートのこと
カタジュタ(マウント オルガ)へ
ウルルの日の出と麓の散策
エレガントなシェラトン・ミラージュ
サンデーマーケットと蒸気機関車のこと
レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を
再びミラージュ・カントリークラブへ
となっております。ご興味のあるページをお読みいただければ幸いです。
by tanpopo-jyo | 2009-09-27 14:41 | ポートダグラス2009年9月 | Comments(1)

レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を

前回レインフォレスト・ハビタットThe Rainforest Habitatを訪れたのは
2009年5月(その時の記事はコチラ)。
前回はモスマン渓谷~ケープトリビュレーションへの1日ツアーの一部だったので、
ハビタットに居たのは1時間ほど。
それがとても心残りだったので、今回は朝食も含め、3時間近く遊んで来ました。

開園時間は8時~16時。入園料は大人A$30(2,300円位)です。

鳥たちとの朝食は8時~10時半、ロリキートとのランチは12時~14時で、
料金は入園料込み各A$44(3,400円位)です。
b0112909_16183217.jpg


レストランゾーンは白いテントで覆われているので、
鳥たちの「落とし物」の心配はありませんが・・・
b0112909_16161631.jpg


食べ物を狙って大胆にもテーブルの上へ来たりはします (^^ゞ
b0112909_1618679.jpg


朝食はバイキングスタイルで・・・
b0112909_161712.jpg


果物やパンなど、トリ達に狙われそうな食べ物はガラスケースの中に入っていて
安心。でも日本では衛生法とかでこういうスタイルはできないのでしょうね。
b0112909_16172051.jpg


ロリキートもテーブルに。
b0112909_162254100.jpg


キィウィフルーツには見向きもしなかったロリキート。ブドウは好きみたい。
b0112909_1623696.jpg


そしてもっと好きなのはジャム♪
b0112909_16231537.jpg


レインフォレスト・ハビタットは3つのゾーンに分かれています
まずはWetlandへ。
b0112909_16362524.jpg

ここでは1時間に1回程度、係の人がトリ達にエサを与えながら説明をしてくれる
ミニツアー(参加自由)が行われています。
ツアーの開始時刻は入り口に掲示されているので要チェック。
b0112909_16365560.jpg

このフクロウは「変装名人」らしいです。どんなふうにかな?
b0112909_1638353.jpg


Rainforest(熱帯雨林)ゾーンの扉を開けると
いきなり飛べない巨鳥カソワリー(火喰い鳥)がお出迎え
b0112909_16555590.jpg


5月には野生のカソワリーにも遭遇したけれど、こんな近くで見たのは初めて。
恐竜時代から姿を変えていないというだけあって迫力あります。
b0112909_16564341.jpg


Wetland と Rainforest はこのようなボードウォークの上を歩くので、
b0112909_170313.jpg


飛べないカソワリーに襲われる心配はなし!!
b0112909_1705277.jpg


頭上には色とりどりのオウムたち。
b0112909_175398.jpg
b0112909_1752340.jpg


所々にこのような説明書きがあるので鳥たちの名前を確認できます
b0112909_1792082.jpg


Grassland(草原のエリア)にはダチョウや
b0112909_1711289.jpg


ワラビー、カンガルーなど。男の子が持っている紙袋はカンガルーのエサ。
購入はカフェやギフトショップで(A$2)。
いくら夜行性でも寝ながら口にエサを入れてもらうなんてね 。。。
b0112909_1712588.jpg


ワラビーも可愛いけれど、この坊やの愛らしかったこと!!
お顔を見せられなくて残念です~
b0112909_17121341.jpg

※営業時間、料金などは2009年9月現在のものです。

2009年9月のエアーズロック & ポートダグラスの旅行記は
ウルル(エアーズロック)到着までとアウトバック・パイオニアホテルのこと
エアーズロック・リゾートのこと
カタジュタ(マウント オルガ)へ
ウルルの日の出と麓の散策
エレガントなシェラトン・ミラージュ
サンデーマーケットと蒸気機関車のこと
レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を
再びミラージュ・カントリークラブへ
となっております。ご興味のあるページをお読みいただければ幸いです。
by tanpopo-jyo | 2009-09-26 17:28 | ポートダグラス2009年9月 | Comments(2)

再びミラージュカントリークラブへ

エアーズロックに3泊した後、2009年9月19日(土)の夜、
シェラトン・ミラージュ・ポートダグラスにチェックイン。

ミラージュカントリークラブMirage Country Clubでは
24日(木)チェックアウトするまでに4ラウンドプレイしました。
前回(今年5月に5ラウンド)は、1日の中で晴れと雨が繰り返される
不安定な天候でしたが、今回は毎日快晴。
滞在中の最低気温22~23度、最高気温31~32度。
湿度は30%台後半~50%台と申し分のない天候に恵まれてのプレイです。

宿泊者はホテルの車でクラブハウスまで無料送迎してくれますが、
リゾート内を突っ切れば歩いても5分程度。
初日、キャディバックをクラブハウスに預けて2日目以降は歩いて通いました。

18ホールのプレイフィはカート代込みで宿泊者がA$90(約7,000円)、
ビジターはA$95
。午後スタート等の割引はありません。
ゴルフレッスンは30分A$49、1時間A$88、9ホールプレイがA$220

注意しなければならないのはメートル表示ということ。
ヤード換算するには、×1.1です(写真はクラブハウス)
b0112909_13535285.jpg


1番ホール465メートル(511Y)、パー5
右側は道路。ティグランドの正面にグリーンが見える見通しの良いスタートホール
b0112909_1403065.jpg

b0112909_141331.jpg


2番ホール154メートル(169Y)、パー3
やや狭いショートホール
b0112909_1412177.jpg

5番アイアンで届かず、サンドでONしてパー。
b0112909_1414435.jpg


3番ホール455メートル(500Y)、パー5
フェアウェイ右は防風林で、その向こうはフォーマイルビーチ。
右ドッグレッグのホール。
b0112909_1422262.jpg

1打目フェアウェイど真ん中で、2打目は右の木の下へ。
何とか出して4オン。
b0112909_143498.jpg


4番ホール335メートル(368Y)、パー4
左ドッグレッグ、先細りのフェアウェイ。
2打目は左の木が邪魔だなと思いつつ7番アイアンを選択。
案の定(?)木に当たって根元に落下。
b0112909_14333100.jpg


5番ホール383メートル(421Y)、パー4
正面にグリーンが見える広めのフェアウェイ
2打目はスプーンでグリーン右のバンカー方向を狙ったのに左へ。結局4オン。
b0112909_1435235.jpg


6番ホール174メートル(191Y)、パー3
見通しの良いショートホール。スプーンで10メートル届かず。
ラッキーにもサンドでバーディ。
b0112909_1441448.jpg


7番ホール460メートル(506Y)、パー5
ティショットの時に左側の防風林(その向こうはビーチ)とフェアウェイ真ん中の木が
気になるホール。
1打目は右側に3つ並んだバンカーの間に。
b0112909_1444370.jpg
b0112909_1445535.jpg


8番ホール133メートル(146Y)、パー3
バンカーに囲まれたグリーンがあるショートホール
b0112909_1451685.jpg


9番ホール369メートル(406Y)、パー4
1打目、2打目(5番ウッド)共に左バンカー方向狙いで3オン。
b0112909_146087.jpg
b0112909_1461346.jpg


10番ホール456メートル(501Y)、パー5
ティグランド右側のウォーターハザードにはワニ注意の看板
5月にプレイした時は毎日見たワニですが、今回は1度も見ず。
b0112909_146391.jpg


11番ホール349メートル(384Y)、パー4
左右の林が迫った左ドッグレッグのホール。
b0112909_147260.jpg

2打目、7番ウッドで乗らず3オン。
b0112909_1472181.jpg


12番ホール361メートル(397Y)、パー4
ティグランドの左横に観光蒸気機関車の駅がある広めのホール
1打目、引っかけてしまい左へ。
グリーン手前のバンカーに入れてしまって4オン。
b0112909_1474320.jpg


日曜日だけ運行される蒸気機関車がちょうど到着。
(蒸気機関車に関する詳細はコチラの記事をご覧下さい)
b0112909_149353.jpg


13番ホール162メートル(178Y)、パー3
ウォーターハザード越えのショートホール。
せっかくワンオンしたのに3パットのボギー
b0112909_1481058.jpg


14番ホール444メートル(488Y)、パー5
広くて気持ちの良いホール
b0112909_1483392.jpg


15番ホール140メートル(154Y)、パー3
ウォーターハザード越えのショートホール。グリーン右にバンカー
b0112909_149423.jpg

b0112909_1492345.jpg


16番ホール470メートル(517Y)、パー5
ここも広くて気持ちの良いホール。
1打目は右バンカー方向を狙い、2打目はスプーンで残り150メートル。
b0112909_14102644.jpg


17番ホール365メートル(401Y)、パー4
低木のブッシュ越え。
5月にプレイした時にはティグランドから僅かに見えていたフェアウェイが
全く見えない状態でとってもストレス。このコースで1番難しいとされるホールです。
b0112909_14105363.jpg


ブッシュさえ超えればフェアウェイはまずまずの広さ。
b0112909_1411824.jpg


18番ホール147メートル(162Y)、パー3
5月にプレイした時の教訓で、このホールは1オンを狙わずに花道狙いが正解かと(?)
b0112909_14112766.jpg


2009年9月のエアーズロック & ポートダグラスの旅行記は
ウルル(エアーズロック)到着までとアウトバック・パイオニアホテルのこと
エアーズロック・リゾートのこと
カタジュタ(マウント オルガ)へ
ウルルの日の出と麓の散策
エレガントなシェラトン・ミラージュ
サンデーマーケットと蒸気機関車のこと
レインフォレスト・ハビタット動物園で朝食を
再びミラージュ・カントリークラブへ
となっております。ご興味のあるページをお読みいただければ幸いです。
by tanpopo-jyo | 2009-09-26 07:55 | ポートダグラス2009年9月 | Comments(2)

秋風に揺れるパンパスグラス

2009年9月13日(日)

もう、すっかり秋の空ですね~♪
b0112909_1764644.jpg


空を見ているだけで・・・
b0112909_177510.jpg


癒されます。
b0112909_1773248.jpg


お台場のパンパスグラスが見頃です
b0112909_17141093.jpg


秋の夕暮れ時、風に揺られるススキは頼りなげで風情がありますが、
存在感のあるパンパスグラスだって、それなりに秋の気配を忍ばせています
b0112909_17191616.jpg


パンパスグラスの周りのお花畑ではキバナコスモスも満開
b0112909_17273319.jpg
b0112909_1727425.jpg


自由の女神像までテクテク歩いて
b0112909_17303357.jpg


ホテル日航東京でお茶をして・・・
ダンナサマが留守の私の日曜日(´▽`;)
b0112909_17312283.jpg


パンパスグラスもキバナコスモスも月末までは充分楽しめそうですよ~
場所は、ゆりかもめ「船の科学館」下車、東京国際交流館前辺りです。
b0112909_17372117.jpg

by tanpopo-jyo | 2009-09-13 17:47 | お台場エリア | Comments(0)

鎌倉、ハギの寺巡り

2009年9月9日(水)

海蔵寺の山門へ続く石段の両側には紅白のハギが生い茂り
b0112909_11375976.jpg


うっかりすると枝垂れた花を踏みつけてしまいそう。
そぅ~っと枝を持ち上げて通り抜けます。
b0112909_11381260.jpg


階段の上から見下ろすとこんな風です
やっと5分咲きくらいでしょうか?
b0112909_11394764.jpg


境内のハギの方が咲きすすんでいる印象でした
b0112909_11443135.jpg


朝、純白の花を咲かせて・・・
b0112909_11471575.jpg


昼過ぎにはピンク色になり、夕方~夜にかけて紅色に染まる酔芙蓉
海蔵寺の境内を明るくしています
b0112909_11502938.jpg


浄光妙寺の境内はハギが生い茂り、こんもりとしていますが、
b0112909_1156469.jpg


見頃にはまだまだ。
b0112909_11555496.jpg


浄光妙寺は、鎌倉有数のハギの名所だけに、
b0112909_1216496.jpg


かなりの株数があるので満開の頃にはさぞや・・・と思います
b0112909_11565692.jpg


本堂近くには、早くもヒガンバナが咲いていました
b0112909_12131629.jpg


ハギの寺として絶対にはずすことのできない宝戒寺
参道の両側のシロハギはまだほとんど咲いていませんでしたが・・・
b0112909_1222378.jpg


本堂前の大株はチラホラと咲き始めています
b0112909_12275641.jpg
b0112909_1228678.jpg


宝戒寺には参道から境内にかけて源氏の白旗に因んで
300株ほどのシロハギが植えられているそうですが、
b0112909_12362961.jpg


そんな中、本堂前に1株だけあった紅紫色のハギがアクセントになっていました
ハギは一日花なので満開というのも難しいですが、
今月半ば~下旬には、参道に咲き連なる清楚な姿を楽しめるのではと思います
どうぞそれまで台風がきて、枝や蕾を傷めませんように・・・。
b0112909_1236819.jpg


2012年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
4月下旬 東慶寺・浄智寺のシャガ、ヤマブキ、翁草、十二単、大葉紅柏など

2010年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
盛夏の鎌倉① 本興寺・本覚寺のサルスベリ、常栄寺のルドベキア等
盛夏の鎌倉②大巧寺、妙隆寺(芙蓉)、宝戒寺(睡蓮)、長谷寺の盛夏の花々

2009年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
10月半ば 海蔵寺・瑞泉寺・安養院のシオン、リンドウ、シュウメイギク、ススキ等
9月上旬 海蔵寺・浄光妙寺・宝戒寺のハギ
9月上旬 大巧寺・常栄寺のムラサキシキブ、曼珠沙華、シュウメイギク等
7月初旬 本覚寺・妙本寺・大巧寺のノウゼンカズラや蓮など
7月初旬 海蔵寺・英勝寺のノウゼンカズラ、キキョウ、ヒメヒオウギズイセン等
4月上旬 極楽寺・長谷寺・光則寺の桜や海棠など
4月上旬 長勝寺・安国論寺・大巧寺の桜を中心に
2月半ば 明月院・円覚寺・東慶寺・浄智寺・大巧寺の梅を中心に

2008年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
12月上旬 紅葉の鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)を歩く
5月下旬 光照寺・明月院・浄智寺・東慶寺のカルミヤや夏ロウバイ、鎌倉文学館のバラ
by tanpopo-jyo | 2009-09-10 13:00 | 神奈川県 | Comments(0)

初秋の鎌倉 花散歩

2009年9月9日(水)

鎌倉駅前の大巧寺では、山門を入ってすぐの参道に右からも・・・
b0112909_2019349.jpg


左からもムラサキシキブが枝垂れています。
このお寺には何度も参拝しているのに参道の両側にこれほどムラサキシキブが
植えられていたなんて。
b0112909_20243478.jpg


大巧寺は、四季を通じてお花の絶えないお寺のひとつですが
この日はシロバナマンジュシャゲ
b0112909_20303128.jpg


丸い花穂が可愛らしいワレモコウのほか、
b0112909_2032894.jpg


シュウメイギクも咲き始めていました
b0112909_20344992.jpg


ぼたもち寺の名前で知られる常栄寺は、
b0112909_20362372.jpg


こじんまりとしたお寺ですが、
b0112909_2039223.jpg


参道の左手にたくさんのジンジャーリリーが植えられていて・・・
b0112909_20415579.jpg


境内は甘い香りに包まれています
b0112909_20444357.jpg


ルドベキアのまわりにはミズヒキソウも咲いていました
b0112909_20465817.jpg


こちらは山門の外(右側)に咲いていたハギ
まだまだ咲き始めですね
b0112909_20522877.jpg


フィゾステキアは茎の断面が四角なのでカクトラノオとも呼ばれるそうです
今年は秋が来るのがずいぶん早いような気がします。
日が暮れるのも早くなってきたので、おでかけしていても気が急くんですよね~(^^;)
b0112909_20472911.jpg


2012年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
4月下旬 東慶寺・浄智寺のシャガ、ヤマブキ、翁草、十二単、大葉紅柏など

2010年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
盛夏の鎌倉① 本興寺・本覚寺のサルスベリ、常栄寺のルドベキア等
盛夏の鎌倉②大巧寺、妙隆寺(芙蓉)、宝戒寺(睡蓮)、長谷寺の盛夏の花々

2009年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
10月半ば 海蔵寺・瑞泉寺・安養院のシオン、リンドウ、シュウメイギク、ススキ等
9月上旬 海蔵寺・浄光妙寺・宝戒寺のハギ
9月上旬 大巧寺・常栄寺のムラサキシキブ、曼珠沙華、シュウメイギク等
7月初旬 本覚寺・妙本寺・大巧寺のノウゼンカズラや蓮など
7月初旬 海蔵寺・英勝寺のノウゼンカズラ、キキョウ、ヒメヒオウギズイセン等
4月上旬 極楽寺・長谷寺・光則寺の桜や海棠など
4月上旬 長勝寺・安国論寺・大巧寺の桜を中心に
2月半ば 明月院・円覚寺・東慶寺・浄智寺・大巧寺の梅を中心に

2008年中の鎌倉(花の寺めぐり)の記事は下記のとおりです
12月上旬 紅葉の鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)を歩く
5月下旬 光照寺・明月院・浄智寺・東慶寺のカルミヤや夏ロウバイ、鎌倉文学館のバラ
by tanpopo-jyo | 2009-09-09 21:06 | 神奈川県 | Comments(0)