大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(268)
(246)
(116)
(113)
(92)
(77)
(57)
(47)
(47)
(41)
(40)
(31)
(26)
(23)
(22)
(21)
(14)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

ジョニデさま ランブロワ..
by tanpopo-jyo at 12:51
コート・ドール! さすが..
by ジョニデ at 23:56
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 12:22
Uです。おめでとうござい..
by EMMANNIE at 09:55
ジョニデさま 有り難うご..
by tanpopo-jyo at 00:37
結婚記念日、おめでとうご..
by ジョニデ at 22:48
ジョニデさま 一皿目にラ..
by tanpopo-jyo at 12:29
ライチョウの一皿だけでO..
by ジョニデ at 11:22
ジョニデさま 年に一度オ..
by tanpopo-jyo at 14:02
Uさま お、お、おっ!U..
by tanpopo-jyo at 13:55
あ、ディズニーにも、行か..
by ジョニデ at 12:13
"反日"ってなに?花火で..
by EMMANNIE at 10:09
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:08
Uさま 3~4年前にNH..
by tanpopo-jyo at 12:08
おはようございます。Uで..
by EMMANNIE at 09:24
Uさま ただいま~♪ ..
by tanpopo-jyo at 20:35
Uです。お帰りなさいませ..
by EMMANNIE at 19:26
ぶうちゃんさま ただいま..
by tanpopo-jyo at 09:56
おかえりなさい♪ ..
by ぶうちゃん at 23:48
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 10:35

記事ランキング

検索

<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

結婚記念日をアピシウスで

2017年11月18日(土)

結婚記念日の今日は、日比谷にある・・・
b0112909_00004487.jpg


アピシウスでディナー。(※画像はアピシウスHPより)
1ケ月近く前に予約の電話をしたら満席で、キャンセル待ちで取れたのです。
いつも混んではいますがキャンセル待ちは初めて。
b0112909_23585967.jpg


メートルドテルのSさんに「どうして?」とお訊きしたら
「9月下旬にNHKの~プロフェッショナル 仕事の流儀~で紹介されて以来、ずっとこんなです」と。
NHKの影響力ってすごいんですね!
b0112909_00021021.jpg


アミューズは左がタンタカ(カレイの仲間らしい)のマリネ、右は・・・
b0112909_00084118.jpg


鰻のテリーヌ。
軽く焼き目を付けた鰻が香ばしくて絶品!添えてあるのはクワイのチップスです。
b0112909_00102214.jpg


オットの前菜はクエと帆立貝のナージュ ライム風味で軽やかに。
ユリ根も入っていたようです
b0112909_00132190.jpg


私は季節のキノコのパイ包みをスモールポーションで。
添えてあるのは恵那栗。
b0112909_00143624.jpg


サクッとナイフを入れると立ち上る香茸の香り。貴重な香茸、この季節にははずせません。
b0112909_00222576.jpg


メインは二人そろって仔羊。
2001年よりBSE対策のため、輸入がストップしていたプロヴァンス地方シストロン産仔羊を
16年ぶりに入れたので是非!とSさんお薦めの一品。
小羊背肉の骨と脂をはずし、筒状に整えてオーブンで焼いたお料理を黒にんにくソースで。
シストロンの断崖絶壁の地で放し飼いにされたという仔羊は非常にクセが強く私好み♪
添えてあるのはカブとムカゴ。
b0112909_00444166.jpg


チーズワゴンからオットが選んだのはモンドール(左)と、エポワス。 私はパス。
b0112909_10075692.jpg


デザートワゴンからオットはロゼワインのソルベ
b0112909_10082955.jpg


私は「お約束」のタルトタタンをやめて、
佐渡の黒無花果のタルトと小布施の青リンゴのパイ。黒無花果のタルトに悶絶!!!
青リンゴの方は・・・やっぱりタルトタタンにすれば良かった^^
b0112909_10202439.jpg


ミニャルディーズはクレームブリュレ、カヌレ、ココナッツケーキ、オットは竹炭のロールケーキを。
今日も美味しくいただきました。来月はU教授ご夫妻とご一緒する予定\(^o^)/
b0112909_10220390.jpg

by tanpopo-jyo | 2017-11-19 10:33 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(6)

OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2017

2017年11月16日(木)

今年もクリスマスイルミネーションの季節がやって来ました。
今日は表参道ヒルズへ。
b0112909_20563941.jpg


今年のテーマは「100 色のクリスマスツリーの森」。
東京の街に溢れる「色」にインスピレーションを受けた作品を手掛ける
フランス人の建築家/デザイナー、エマニュエル・ムホー氏の作品だそうです。
b0112909_20514902.jpg


日本の伝統的な間仕切りから着想を得たという
エマニュエル・ムホー氏の「色切/shikiri」が生み出す色鮮やかなクリスマスツリーの森。
b0112909_20522179.jpg


吹抜け大階段の中央には、70cm の三角錐を重ねた高さ約7mの白いメインツリー。
そしてメインツリーを囲むように100色、約1,500本のミニツリーが空間全体を埋め尽くしています。
b0112909_20582352.jpg


天井を見上げて。
b0112909_21085533.jpg


また30分に1回の特別演出「EMOTIONAL REFLECTION」では、
オリジナル音楽に合わせてメインツリーが黄、ピンク、緑、青・・・と変化し、
それに呼応するようにミニツリーも瞬き始めます。
b0112909_21120009.jpg


そして虹色でクライマックスにという約3分間の光のショー。
b0112909_21182966.jpg


表参道ヒルズではクリスマスパフェの人気投票も開催中で、どれも美味しそうでしたが・・・
b0112909_21481379.jpg


お仕事帰りのうさこちゃんと骨董通りのクリントンで待ち合わせして、
b0112909_21343376.jpg


「今月のパンケーキ」ブラックベリー× レモンカードを食べる約束をしていたので今日はパス。
10月はうっかりして最終日に行ったので、今月は早めにというわけです(笑)。
b0112909_21365756.jpg


レモンカードの酸味とメイプルバターの甘さのバランスが良くて172.png レモンピールもたっぷりと。
12月のパンケーキは何かな~?
b0112909_21372486.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-11-16 21:45 | 原宿・表参道・青山エリア | Comments(0)

チータ4きょうだい 本日より一般公開♪

2017年11月13日(月)

今年の2月5日に多摩動物公園のチータ、ジュパーブが3つ仔を出産し、
(画像は多摩動物公園HPより転載)
b0112909_20112858.jpg


一般公開が始まったら会いに行こうと時々HPをチェックしていたのですが、
b0112909_20173016.jpg


やっと今日会いに行ったらこんなに大きくなっていました w(☆o◎)w
座っているのが3きょうだい、ウロウロしているのが母親ジュパーブ。
首筋から背中にかけてまだ産毛が残っているものの、生後9ケ月でほぼ母親と同じ大きさ105.png
b0112909_20223290.jpg


多摩動物公園ではチータの成獣が8 頭飼育されているので、
ちょっとした谷などもある大放飼場をこの一家が使えるのは朝9時半~11時15分までなのに、
遊び疲れて寝室に帰りたいのか扉前から離れようとしないのです。もっと早い時間に来ればよかった・・・。
b0112909_20210898.jpg


続いて11時半からは、2017年6月8日に生まれた・・・
(画像は多摩動物公園HPより転載)
b0112909_20451914.jpg


4きょうだい(オス1、メス3)。本日が一般公開初日なのです。
3きょうだいと父親は同じですが、母親リリーは妊娠中に真菌感染症を再発し、8月4日に亡くなりました。
つまり生後2ケ月からヒトに育てられているのです。
公開初日で、慣れていないためかガラス展示場の隅で肩を寄せ合い、怯えているのが切ないです。
b0112909_20575617.jpg


多摩動物公園に来たのは20~30年ぶりなのですが、この入園ゲートを見て思い出したのが 「坂道」。
b0112909_21143853.jpg


昭和33(1958)年に、日本初、柵がないことを観覧の基本として誕生した同園は、
元々が山林で、50haを超える世界屈指の広さというだけあって、どこへ行くにも坂、坂、坂。
地図一番下の入園ゲート(黒丸印) からユキヒョウ舎(赤丸印)までは約1㎞ も・・・
b0112909_21214477.jpg


緩やかな上り坂が続きます。
b0112909_21242376.jpg


動悸息切れ激しく(笑)、入園ゲート方向を振り返ってひと休みしつつ・・・
b0112909_21252228.jpg


ようやくユキヒョウ舎にたどり着いたのに6月2日に生まれの「フク」ちゃんは、お母さんの真下で、
b0112909_22383369.jpg


爆睡中117.png 夜行性ですもんね。。。
b0112909_22404451.jpg


中央アジアの山岳地帯に生息するユキヒョウは、美しい毛皮を目的に乱獲され、
さらに遊牧民の家畜を襲う害獣として駆除されたため、
現在、野生では4,000~6,000頭程度と推測されているそうです。
b0112909_22432842.jpg


この太い四肢で岩山を駆ける姿を見てみたいものです。
b0112909_22434755.jpg


そういうわけで今日は、チータ3きょうだい、4きょうだい、ユキヒョウ一人っ子、全て惨敗122.png
ルリコンゴウインコや
b0112909_23054988.jpg


モルモット
b0112909_23071331.jpg


サーバルキャットなどを少し撮って帰宅しました。
b0112909_23082703.jpg


多摩動物公園駅は、京王線 「高幡不動尊」で乗り換えて1駅目。
この1駅間を走る京王線は動物園仕様。見にくいですが座席も小さなトラがいっぱいです。
b0112909_23122979.jpg


動物は車両ごとに違っていて、トリやゾウもあったはず?
リベンジしに行きたいけれど、あの坂がネックですわ~
b0112909_23120476.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-11-13 23:34 | その他の東京都下 | Comments(0)

色づき始めたプラチナ通り

2017年11月9日(木)

風の強い一日でしたね。今日はプラチナ通りをぶらぶらと。
b0112909_18594814.jpg


東大医科研の中や、
b0112909_19020233.jpg


ザ・ハウス白金前のイチョウは色づき始めています。
b0112909_19050774.jpg


気持ちよく歩けたので白金自然教育園まで。
b0112909_19101202.jpg


園内ではハゼノキが真っ赤に。
b0112909_19124401.jpg


モミジも梢の先から紅葉が始まっていますが、
今年は大型台風が2つも来たせいか葉擦れがひどくてかなり傷んでいました。
b0112909_19131625.jpg


10月に暖房を入れる日があったり、数日前のように23℃まで気温が上がる日があったりで
風邪をひいている方が周りにもずいぶんいらっしゃいます。
週末にはまた寒さがやって来るとか? どうぞお気をつけて。
b0112909_19195548.jpg


帰りもカフェを「物色」しながらプラチナ通りを歩いて
b0112909_22512260.jpg


Biotop の上のカフェに決定!ビルの3階にある・・・
b0112909_22524123.jpg


アーヴィングプレイスで、
b0112909_22560032.jpg


定番のアップルチーズケーキと熱々のカフェオレを。
アップルパイ+チーズケーキ なんて誰が考えたんでしょうね? 美味しいに決まってます110.png
怒濤の週末、がんばろ~っと!!
b0112909_22592291.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-11-09 23:09 | 白金・目黒・恵比寿エリア | Comments(0)

北斎とジャポニスム展へ

2017年11月7日(火)

今日は国立西洋美術館で開催中の北斎とジャポニスム展へ行って来ました。
10月21日の初日から大混雑と聞いていたので三連休直後なら多少空いているのでは? と予想。
チケット売り場に並んでいたのは数名、館内も自由に歩き回れる程度でラッキーでした。
b0112909_21373300.jpg


19世紀後半、ルネサンス以降の遠近法から脱却した新しい表現を模索していた印象派の画家を中心に
西洋の人々を魅了した ”ジャポニスム” という現象。
中でも江戸時代の絵師、葛飾北斎の
・視覚的体験を元にした意表をつく構図
・影のない鮮やかな色面による構成
・「波」のように同じモティーフを繰り返す表現 は西洋になかった表現法で
画家たちは衝撃を受けるとともに浮世絵の要素をどんどん取り込んでいったそうです。

本展は、人・植物・動物・波・富士といった主題ごとに、
北斎の浮世絵と、それらをイメージの源泉とした西洋の作品を並べて展示。
「一目瞭然」「説明不要」 (?) の展覧会となっています。

例えば「北斎漫画」十一編の力士(部分)と
エドガー・ドガ「踊り子たち、ピンクと緑」(1894年)、吉野石膏株式会社(山形美術館寄託)
北斎は、リアルな骨格を表現するためオランダの医学書や解体新書を学んだそうです。
b0112909_21554577.jpg


「北斎漫画」初編の布袋(部分)と
メアリー・カサット「青い肘掛け椅子に座る少女」(1878年)、ワシントン・ナショナル・ギャラリー
b0112909_21584898.jpg


ゴッホと暮らすようになって、浮世絵熱が高まったという
ポール・ゴーガン「三匹の小犬のいる静物」(1888年)、ニューヨーク近代美術館 は、
b0112909_22110013.jpg


葛飾北斎「三体画譜」部分 (1816年) に習って影を付けず平面的に。
b0112909_22143693.jpg


300点ほどの浮世絵をコレクションしていたモネの作品も多数ありましたし、
ロダンの春画、北斎漫画から借用した図柄の絵皿や、
ガレの朝顔をはじめとするランプ、ドーム兄弟の花器・・・etc。
北斎の作品約110点と、その影響を受けた西洋の芸術家の作品約220点という展示ボリューム。

今日一番の感動は、
印象派の画家たちと広く交友していたというドビューシーの交響詩「海」楽譜(初版)を見られたこと。
自室にも北斎の絵を飾っていたというドビュシーは「音楽と同じくらい絵が好き」だったそうで
そんな本人の希望で・・・
b0112909_22293611.jpg


「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」が採用されたのだそうです。
浮世絵からインスピレーションを得て咀嚼し、新たな形として生み出された西洋芸術の数々を
堪能できました。が!非常に展示数が多いので鑑賞時間は3時間超え。疲れました。。。
どのくらい疲れたかと言うと「この私が」おやつも食べずに直帰したくらい105.png
「北斎とジャポニスム展」は2018年1月28日(日)まで。超超オススメ!!
b0112909_22484049.jpg

by tanpopo-jyo | 2017-11-07 23:23 | 上野・浅草エリア | Comments(0)

かまぼこの手作り体験

2017年11月2日(木)

今日は同級生4人で小田原にある鈴廣かまぼこの里へ「秋の遠足」。
b0112909_16531773.jpg


鈴廣は、小田原で箱根登山鉄道に乗り換え、風祭駅で下車すれば駅直結で・・・
b0112909_16550989.jpg


かまぼこ売り場。
b0112909_16593396.jpg


メッセージ入りや
b0112909_17004718.jpg


柿・栗などの季節もの、
b0112909_17013368.jpg


カボチャ、赤ピーマン、ホウレンソウで色をつけたソーセージ型の「シーセージ」(!)
b0112909_17025769.jpg


オードブル風、
b0112909_17034227.jpg


しょうがや柚子の香りのあげかまセットなどがあって目移りします。
b0112909_17051501.jpg


でもお買い物は後で。今日は本店の隣にある・・・
b0112909_17062980.jpg


かまぼこ博物館へ
b0112909_17073488.jpg


かまぼこの手作り体験をしに来たのです。
b0112909_17094679.jpg


エプロンと帽子を身につけたら社員旅行?のおじさま方もキッチンへ。
一人分ずつのタネとヘラ(刃のない包丁)、かまぼこ板がまな板の上に用意されているので
説明と実演を見たあとで各々かまぼこを作るのですが、これがなかなか難しいのです。
かまぼこ板の一辺をまな板に斜めに当ててググッと押しながらヘラで板の上にタネをのせていく
わけですが、タネが意外に弾力があって扱い難く、かまぼこの形になんかなりゃしません131.png
かまぼこを蒸し器に入れたら焼きちくわも作ります。
b0112909_17160060.jpg


クルクル回るグリルにのせたら空気を出すために軽く叩きながら焼いて・・・
b0112909_17335045.jpg


完成。
b0112909_17341991.jpg


右端がうさこちゃんのきれいな焼きちくわで、その隣のずんぐりしたのが私の105.png
ちょっと黄色っぽいのはタネがかぼちゃ入りだからです。
いびつですが焼きたてのちくわは美味!
b0112909_17362708.jpg


体験が終わると係の方がすぐにまな板を洗浄し、
b0112909_17402535.jpg


次の体験教室のセッティングを。
b0112909_17410723.jpg


私たちが参加したのは10時50分の回でしたが、1日5回の手作り体験教室は人気でほぼ満席。
空きがあれば当日参加も可能ですが事前予約をした方が良さそうです。
b0112909_17421989.jpg


作ったかまぼこの受け取りは体験教室が終わって50分後。
ケーキの箱のような小さな箱に入れて手渡されます。
こういう不細工なのは「かまぼこ」じゃなくて「ぼこぼこ」って言うらしいです(悲)。
b0112909_17475456.jpg


帰宅して切ってみたらド真ん中に大きな気泡が・・・122.png
でも楽しかった!!
b0112909_17533215.jpg


受け取りを待つ間は、かまぼこ博物館の中にある「かまぼこ板絵ギャラリー」で
b0112909_17562300.jpg


小さなキャンバスに描かれた作品を見たり、
b0112909_17572240.jpg

b0112909_17570397.jpg


かまぼこ作りの過程を学んだり、お土産の買い物をしたり。
b0112909_18014951.jpg


かまぼこ作りも今は機械化されていますが、碗種は木型で作っているそうです。
b0112909_18071337.jpg


Miss KAMABOKO の雪見ちゃん♪
ランチは小田原駅近くのフレンチ、澤亭へ(次のページに続く)。
b0112909_18075258.jpg



by tanpopo-jyo | 2017-11-03 18:22 | 神奈川県 | Comments(0)

小田原 澤亭でランチ

2017年11月2日(木)

かまぼこ作り体験のあとは小田原駅近くの澤亭でランチ
b0112909_12571276.jpg


丘の上の閑静な住宅街にあるため、急勾配の坂道を「登る」のはちょっとね・・・
というわけで私たちは鈴廣かまぼこの里からタクシーで^^
b0112909_13000367.jpg


お箸で食べるフレンチレストランでした。
b0112909_13003429.jpg


前菜は、軽く燻製した鶏胸肉と里芋のテリーヌ
b0112909_13115463.jpg


ごぼうのポタージュ フリットも添えて
b0112909_13123633.jpg


帆立貝と舞茸のクレープ包み
b0112909_13130938.jpg


アトランティックサーモンと蕪でクリーミーなポトフ仕立て
赤いのはローストしたプチトマトです。パンは出ないのねと思っていたら・・・
b0112909_13142248.jpg


最後に香の物、汁もの、そしてさつまいもごはんが。
b0112909_13172798.jpg


デザートはチーズケーキやぶどうのジュレなど。
懐石風フレンチの昼食、たいへん美味しくいただきました。
「秋の遠足」ということで小田原まで来ても、歩く我らではなく^^
b0112909_13183973.jpg


タクシーで小田原城近くの「ういろう」へ。
外郎(ういろう)家は、室町時代から続く神奈川県下で最古の商家で、
この八棟造りの建物が、「ういろう本店」。
店内右手は喫茶スペース、中央ではお菓子の販売、左手奥の一画は薬局になっています。
b0112909_13235264.jpg


外郎家は、もともと中国の元王朝(1271年~1368年)に仕えた公家の家系だったそうで、
1368年に元が明に滅ぼされた時、日本における外郎家の初代となった陳延祐が日本(博多)に亡命。
延祐は中国で「礼部員外郎(れいぶいんがいろう)」という役職についていたため、
その官職名の一部をとって「外郎」姓を名乗るようになりました。

延祐は、製薬や医術に関する中国伝来の知識・技術を持っていたので、将軍足利義満に招かれましたが、
京都に上って将軍に仕えたのは二代目宗奇になってから。
宗奇が処方する薬は、朝廷や幕府の人々に重用され、天皇から「透頂香」という名前を授かりました。
また今に伝わるお菓子の「ういろう」を考案したのも二代目の宗奇です。
お菓子の「ういろう」は、黒糖で味付けされたものがオリジナル。
当時サトウキビは、貴族の栄養剤でしたから薬屋だからこそできたお菓子というわけです。

外郎家は、幕府の傍らに邸宅を与えられ、典医の職にも任用されるほど重用されていましたが、
1504年、五代目の定治は、京都の家や典医の職を弟に託して北条早雲の招きに応じて小田原に移住。
応仁の乱による洛中の荒廃で、薬をつくる環境ではなくなったことと、
どちらかの家が滅びても外郎家が残るようにという決断からの移住だったそうです。
b0112909_13490538.jpg


雪見ちゃんと みゆぼんぼんが お薬のういろうをお買い上げ。
見た目とニオイは仁丹みたいな感じ? 本店の対面販売でのみ入手できるというモノで
雪見ちゃん曰く「ここ一番の頑張り時」に服むと効くそうです。 「懐中必携之霊剤」 105.png
b0112909_13595639.jpg


「ういろう本店」から歩いて5分ほどの所にあるこの神社は・・・
b0112909_14054778.jpg


二宮尊徳を祀る報徳二宮神社。神社の入り口にあった、
b0112909_14150897.jpg


きんじろうカフェで、
b0112909_14401792.jpg


まず休憩。(ってほとんど歩いてもいないのに?)
カラメルソースときなこがかかったモチモチのポンテケージョも^^
休憩したら報徳二宮神社のお参りをするつもりだったのに、ここでまさかの通り雨!
よってタクシーを呼び小田原駅へ。
b0112909_14412236.jpg


ほぼ歩かない秋の遠足、楽しく終わりました。
数日前の強風と気温の上昇で冠雪が消えた富士山です。
帰りの車中では早やクリスマス会の打ち合わせ^^
b0112909_14522118.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-11-03 18:21 | 神奈川県 | Comments(0)