大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(268)
(246)
(116)
(113)
(92)
(77)
(57)
(47)
(47)
(41)
(40)
(31)
(26)
(23)
(22)
(21)
(14)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

お気遣いありがとうござい..
by ぶうちゃん at 09:22
ぶうちゃんさま 有り難う..
by tanpopo-jyo at 16:59
遅ればせながら 結婚記念..
by ぶうちゃん at 00:14
ジョニデさま ランブロワ..
by tanpopo-jyo at 12:51
コート・ドール! さすが..
by ジョニデ at 23:56
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 12:22
Uです。おめでとうござい..
by EMMANNIE at 09:55
ジョニデさま 有り難うご..
by tanpopo-jyo at 00:37
結婚記念日、おめでとうご..
by ジョニデ at 22:48
ジョニデさま 一皿目にラ..
by tanpopo-jyo at 12:29
ライチョウの一皿だけでO..
by ジョニデ at 11:22
ジョニデさま 年に一度オ..
by tanpopo-jyo at 14:02
Uさま お、お、おっ!U..
by tanpopo-jyo at 13:55
あ、ディズニーにも、行か..
by ジョニデ at 12:13
"反日"ってなに?花火で..
by EMMANNIE at 10:09
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:08
Uさま 3~4年前にNH..
by tanpopo-jyo at 12:08
おはようございます。Uで..
by EMMANNIE at 09:24
Uさま ただいま~♪ ..
by tanpopo-jyo at 20:35
Uです。お帰りなさいませ..
by EMMANNIE at 19:26

記事ランキング

検索

軽井沢 2日目

2008年8月12日(火)

午前中はプリンスホテルのショッピピングプラザでお買い物。
前回ここへ来たのは10年前なので、あまりに巨大な施設に変貌していてびっくり。
午後は夕方までめいっぱい軽井沢タリアセンで過ごしました。

軽井沢タリアセンまでは軽井沢駅より車で10分弱。
TALIESIN(タリアセン)とはウェールズ語で「輝ける額」を意味し、また芸術の栄光を
うたった19世紀ウェールズの吟遊詩人の名前でもあるそうです。
美術館や移築復元された歴史的建造物のほかスポーツを楽しめるエリアもあります
軽井沢が培ってきた文化を守り、発展させたいとの願いをこめてこの施設を
軽井沢タリアセンと名付けたとの説明がありました。
入園料は大人800円、セット券(入園料+ペイネ美術館等3館の入館券)は1500円
深沢紅子野の花美術館と軽井沢高原文庫の入館料は各700円なので
セット券が断然オトクです
軽井沢タリアセンのエントランス

b0112909_2026331.jpg


タリアセンの全体図
塩沢湖を中心にイングリッシュガーデン、ペイネ美術館、有島武郎別荘、堀辰雄山荘、
野上弥生子書斎、朝吹登水子の別荘etc・・・の他、ボート、ゴーカート等の乗り物、
アーチェリーやテニスコートもあるので楽しみ方はいろいろです。

b0112909_20345259.jpg


イングリッシュガーデンへ向かう途中では軽井沢造形スクールが開校中。
スタッフの指導のもと、子供たちが木や粘土を使った工作に取り組んでいました

b0112909_20385516.jpg


イングリッシュガーデンです
b0112909_20404076.jpg


6月下旬頃から約180種1800株のバラが咲き誇るそうです
b0112909_20424727.jpg

b0112909_20434140.jpg


中輪オープンカップ咲きのセプタード・アイル
b0112909_2044217.jpg


チャールズ・レニー・マッキントッシュ
b0112909_20463791.jpg


次はペイネ美術館
b0112909_20481316.jpg


ペイネ生誕100年記念の特別展(2008年7月17日~11月18日迄)を開催中で
日本初公開となる原画26点を含む貴重な作品、資料をみることができました。
この建物は昭和8年に建築家アントニン・レーモンドが自身の別荘兼アトリエとして
建てたもので1986年に移築復元、ペイネ美術館として再生しました

b0112909_2056443.jpg


深沢紅子(1903~1993)の野の花美術館明治44年建築の軽井沢郵便局舎を
移築復元した建物
の2階にあり、野の花を題材に描いた水彩を中心に油彩、リトグラフ、
装幀の書物、愛蔵品などを見ることができます
1階はレストランとショップになっています
b0112909_214934.jpg


野の花美術館の庭です
b0112909_2152082.jpg


サガンやボーヴォワールの翻訳で知られる朝吹登水子(1917~2005)が夏を過ごした
山荘を移築復元。2008年7月28日から一般公開が始まりました。

b0112909_21102669.jpg


この山荘は昭和6年に朝吹登水子の父、常吉氏が旧軽井沢に建てたもので、
設計はW.M.ヴォーリス。ヴォーリスは軽井沢で50棟以上の建物を設計したそうです。
b0112909_21143139.jpg


1階のサロンです
暖炉の両サイドにはフィリピン製の大ぶりな藤椅子。
麻の生地に大きな花柄のカーテンは朝吹登水子がフランスで見立てたもの
赤い絨毯は駐日フランス大使館の外交官が本国に帰る際に譲り受けたものだそうです

b0112909_21182210.jpg


軽井沢高原文庫2階展示室では立原道造、室生犀星、堀辰雄、有島武郎など軽井沢にゆかりのある文豪の直筆原稿や書簡等、約2万点を所蔵しています
b0112909_21251992.jpg


軽井沢高原文庫の敷地内には移築された野上弥生子の書斎
b0112909_21281869.jpg

b0112909_2129479.jpg


昭和16年~19年の初夏から秋にかけて過ごしたという堀辰雄の山荘もあります
b0112909_2132929.jpg


さらに道路を隔てて向かい側には有島武郎別荘の「浄月庵」
建物は明治末期に武郎の父が三笠に建て、父親の死後譲り受けたもので
有島武郎は1923年(大正12)、雑誌記者の波多野秋子とこの別荘で心中。
1階の一部はライブラリーカフェになっています

b0112909_21421081.jpg


喫茶スペースはこの長テーブルと
b0112909_21454950.jpg


テラス席のみ
自家焙煎の香り高いタリアセンコーヒーはおすすめです

b0112909_21473358.jpg


夕食はひと夏かぎりの、夢のレストランCu-Cal(クーカル)
2006年から始まったこのフェスティバルの会場は、今年は国道18号線の軽井沢駅と
中軽井沢駅の間、離山交差点近くでした
b0112909_23245722.jpg


8月1日(日)~9月15日(月)の間、24名の人気シェフが日替わりでシェフをつとめる
シェフズテーブルは昼夜共に16名限定
8/12(火)と8/13(水)のシェフは中目黒フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナの
小林幸司さん
です。

b0112909_23253988.jpg


会場内で、長野県産・軽井沢産の新鮮な高原野菜や伝統野菜を販売していたので
特大のていざなす(1本290円)

b0112909_23292843.jpg


巾着型の小布施丸なす (1個120円)を購入
小布施丸なすは肉厚で煮くずれしないため煮なすに適しているそうです
私は7㎜位の輪切りにして焼き、マリネにしていただきました

b0112909_23345467.jpg


リゾートディナーの1皿目、小さな前菜は高原レタスのヴァヴァレーゼ
スプマンテの香りをつけたババロア仕立てのレタスの上に牛とヤギの乳から作られた
ラスケーラチーズのピュレ。キャビアをのせて華やかに贅沢に。

b0112909_23523882.jpg

# by tanpopo-jyo | 2008-08-16 21:49 | 長野県 | Comments(0)