大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(267)
(232)
(114)
(107)
(92)
(74)
(55)
(47)
(46)
(41)
(40)
(29)
(26)
(23)
(21)
(20)
(14)
(12)
(11)
(7)

最新のコメント

ジョニデさま やっぱり!..
by tanpopo-jyo at 15:09
はい、進撃の巨人も現役で..
by ジョニデ at 10:38
ジョニデさま おお!そう..
by tanpopo-jyo at 20:32
大丈夫です。私は初代マク..
by ジョニデ at 14:42
kiyochanさま あ..
by tanpopo-jyo at 20:58
びっくり!あの小学校の..
by kiyochan at 10:44
ぶうちゃんさま そうだっ..
by tanpopo-jyo at 16:15
ワインと料理のマッチ度が..
by ぶうちゃん at 08:50
ジョニデさま ダイエット..
by tanpopo-jyo at 22:53
Uさま 何年か前にサイズ..
by tanpopo-jyo at 22:50
「凄い意志の強さ!」
by ジョニデ at 12:34
「やせたねっ!」byU
by EMMANNIE at 08:06
kiyochanさま 百..
by tanpopo-jyo at 11:39
わあ 猫好きの私にはたま..
by kiyochan at 10:52
Uさま おお!ダウントン..
by tanpopo-jyo at 10:19
Uです。 「野獣」はマ..
by EMMANNIE at 09:15
ジョニデさま 写真で見る..
by tanpopo-jyo at 15:32
なんとお痩せに! 痩せた..
by ジョニデ at 23:13
kiyochanさま は..
by tanpopo-jyo at 14:38
昨夜は楽しくお食事できて..
by kiyochan at 12:50

記事ランキング

検索

はじめてのサファリ

初めてのサファリなので、できるだけ色々な動物を見たいということで
行き先の候補にあがったのがケニアのマサイマラ国立保護区
Masai-Mara National Reserve
と タンザニアのセレンゲティ国立公園
Serengeti National Park

いずれも動物の宝庫と言われていますが、ムパタ・サファリ・クラブ
MPATA SAFARI CLUB
にも泊まってみたいというのが決め手となって
マサイマラ4泊、ナイロビ1泊の旅となりました。

ナイロビのジョモケニヤッタ国際空港Jomo Kenyatta International Airport
からウィルソン国内線空港Wilson Airportまではタクシーで30分程ですが、
私たちは時差調整を兼ねてナイロビ市内で1泊。
翌朝、ウィルソン国内線空港でマサイマラのキチュワテンボChichewa Tembo
までの航空券を購入しました。

広大なマサイマラには多くのロッジが点在しているため、
その場所に合わせて50分程のフライトの間、飛んでは降りるという繰り返しで、
ナイロビから4つ目のポイントがキチュワテンボでした。

キチュワテンボ到着です。
b0112909_21184583.jpg


各ロッジからジープの出迎えが来ていました。

b0112909_14423062.jpg


滑走路といっても舗装されているわけではなく、草が生えていないだけ。
空港ロビー!?もこんな感じです。

b0112909_14465876.jpg


空港から約30分程ジープにゆられてムパタサファリクラブに到着
b0112909_14593923.jpg


レストランやバー、プール、図書館等がある本館を中心にサファリスタイルの
ロッジが点在しています。これは昼間のレストラン

b0112909_1512079.jpg


夜はとてもロマンティックな空間になります。陽が落ちると
急激に気温が下がるため、夕食時には炭をおこして足元に置いてくれます

b0112909_1513049.jpg


屋外のバブーンバーでは夕方、たき火がたかれます。
広大なサバンナのむこうに沈みゆく夕陽を眺めながらカクテル等を楽しめます

b0112909_15203210.jpg


マサイマラ国立保護区の標高は1500 ~2170m、
広さは 1672㎢でほぼ大阪府と同じくらいとのこと。
そして草原、丘陵、川、沼地と変化に富んだ地形のために動物の種類も多くゾウ、
ライオン、チーター等はほぼ間違いなく見ることができると言われており、
またタンザニアのセレンゲティ国立公園から毎年、100万頭とも200万頭とも
いわれるヌーの大移動があることでも知られています。
さらに国立公園よりも規則が緩やかな国立保護区のため、ジープの草地への
立ち入りも可能
で、より動物に近づいて観察できるということも
人気の理由だそうです。

ムパタサファリクラブで宿泊料に含まれている基本のサファリは朝晩2回。
早朝サファリは朝6時出発、8時半~9時頃ロッジに戻って朝食。
午後のサファリは15時頃出発して18時頃戻るというパターンです。
従って朝食後から15時頃までは自由時間
プールやジャグジーでのんびりするのもよいし、
マサイ村訪問、ネイチャーガイドと共に
ロッジ周辺を歩くウォーキングサファリ、マサイのママにビーズアクセサリー
を習う教室
などに参加するオプションも用意されていました。


滞在中ずっと私たちのドライバーガイドを勤めてくれたマサイ出身のパトリック
驚異的な視力の持ち主でした。
女医さん3人組と私たち夫婦の5人が4日間、「パトリック組」

b0112909_1624018.jpg


到着日の午後出かけた1回目サファリでヌーの川渡りに遭遇。ラッキー!
b0112909_20333163.jpg


神様は余りものでヌーをお作りになったとはよく言われることで、
牛のツノ、ヤギのヒゲ、馬のたてがみとシッポを持っています。
b0112909_20242092.jpg


ジープには無線機を積んでいるので、パトリックがヌーの川渡りのことを
無線で連絡するとあっという間に何台ものジープが集合。

b0112909_20292528.jpg


力尽きて死んでしまったヌー
それほど川幅があるわけではないのですが、流れが急で対岸に着く前に
押し戻されてしまったり、たどりついても土手を登りきれなかったり、
途中でワニに襲われたりするのです。

b0112909_20402828.jpg


マラ川でお昼寝中のカバ。 日中は肉食獣を避けるために
水中にいることが多く、夜になると陸に上がって短い草を食べるそうで、
体重の割に少食なのは消化効率が良いのとほとんど動かないから。

b0112909_21112530.jpg


大型肉食獣の中で毎日出会えたのはライオン
全身が引き締まった筋肉のかたまりという感じで逞しい

b0112909_1241771.jpg

b0112909_12413054.jpg


早朝サファリでは仕留めたヌーを食べるライオンにも出会えました
獲物を倒すとまず内臓を取り出して放り捨て(マズイ?)、そのあと食べ始めました
ライオンの食べ物は、この辺りではヌーが全体の50~60%、次がシマウマで20~30%
とのこと。但しヌーもシマウマも最高時速80㎞位は出るので、50~60㎞のライオンが
彼らを仕留めるには全速力になる前までがチャンスだそうです。

b0112909_12554062.jpg


オスが食べ終わった後はメスライオンの番です
b0112909_12564317.jpg


満腹になってお昼寝
b0112909_1303272.jpg


ライオンが食べ残した屍体に群がるハゲワシ
b0112909_13163925.jpg


別の日、シマウマの屍体に群がるハゲワシ
b0112909_13203466.jpg


親子の
b0112909_1342516.jpg


ファミリー象にも出会えました

b0112909_13432864.jpg


ジープの前を横切るキリン
b0112909_1410924.jpg


ギザギザ模様が特徴のマサイキリン
アミメキリンは班がクッキリしているので見分けはすぐつきます

b0112909_14131940.jpg


これはナイロビのジラフセンターで見たアミメキリン
班の違いがおわかりいただけると思います

b0112909_14345270.jpg


夜明けとともに飛び立つバルーンサファリはオプションです
b0112909_16114239.jpg


バルーンの下を朝食を積んだジープが追いかけてきて、
着地した所でシャンパンで乾杯。朝食をとります

b0112909_16135035.jpg


マサイ村の訪問もオプションで用意されています
b0112909_16222124.jpg

b0112909_16224755.jpg


火をおこすマサイ
b0112909_1623316.jpg


朝食用のサンドイッチや果物、熱々のコーヒーをポットに入れてもらい、
タンザニア国境までロングドライブ。6時に出発してお昼過ぎに戻りました。
この杭が国境で、手前がケニアのマサイマラ国立保護区
向こう側がタンザニアのセレンゲティ国立公園です。
セレンゲティ国立公園の広さは 14763㎢。これは東京、神奈川、千葉、埼玉
を合わせた面積より大きいということです。

b0112909_1859598.jpg


国境付近で私たちが朝食を食べている間もパトリックは見張り番
b0112909_1901655.jpg


オプションのネイチャーウォークにも参加しました
b0112909_1992561.jpg


蟻の唾液で幹がオレンジ色になってしまった木
b0112909_19115427.jpg


葉脈が♡型に繋がっていることから縁結びの木と言われているフィグツリー
伊集院静さんは、ここで結婚式を挙げられたのだそうです

b0112909_19173569.jpg


4日間のマサイマラ滞在で、私たちが出会えた動物はこの他にチーター、サイ、
イボイノシシ、シマウマ、クロコダイル、ダチョウ、トピ、インパラ、トムソンガゼル、
ハイエナ、ジャッカルなどで、会えなかったのはヒョウでした。
ヒョウは樹上または岩上で生活することが多いので見つけにくいと言われている
ようなのですが・・・。これだけが心残り。
とはいえ雄大で変化に富んだ自然景観に息をのみ、草食動物と肉食動物が
自然の法則に従って生活しているまさに生態系という言葉そのものの
筋書きのないドラマに立ち会えたことは素晴らしい経験だったと思います。

# by tanpopo-jyo | 2007-08-11 14:30 | ケニア | Comments(0)