大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(268)
(246)
(116)
(113)
(92)
(77)
(57)
(47)
(47)
(41)
(40)
(31)
(26)
(23)
(22)
(21)
(14)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

お気遣いありがとうござい..
by ぶうちゃん at 09:22
ぶうちゃんさま 有り難う..
by tanpopo-jyo at 16:59
遅ればせながら 結婚記念..
by ぶうちゃん at 00:14
ジョニデさま ランブロワ..
by tanpopo-jyo at 12:51
コート・ドール! さすが..
by ジョニデ at 23:56
Uさま 有り難うございま..
by tanpopo-jyo at 12:22
Uです。おめでとうござい..
by EMMANNIE at 09:55
ジョニデさま 有り難うご..
by tanpopo-jyo at 00:37
結婚記念日、おめでとうご..
by ジョニデ at 22:48
ジョニデさま 一皿目にラ..
by tanpopo-jyo at 12:29
ライチョウの一皿だけでO..
by ジョニデ at 11:22
ジョニデさま 年に一度オ..
by tanpopo-jyo at 14:02
Uさま お、お、おっ!U..
by tanpopo-jyo at 13:55
あ、ディズニーにも、行か..
by ジョニデ at 12:13
"反日"ってなに?花火で..
by EMMANNIE at 10:09
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:08
Uさま 3~4年前にNH..
by tanpopo-jyo at 12:08
おはようございます。Uで..
by EMMANNIE at 09:24
Uさま ただいま~♪ ..
by tanpopo-jyo at 20:35
Uです。お帰りなさいませ..
by EMMANNIE at 19:26

記事ランキング

検索

タグ:世界遺産 ( 77 ) タグの人気記事

イエローストーン国立公園(前編)

2017年8月19日(土)

今朝の最低気温は3.3℃。
日の出は6時半頃と聞いていたので早起きしてイエローストーン湖 Yellowstone Lake 周辺を散歩。
この湖はカルデラ湖で、北米大陸にある山岳湖 (海抜2,100m以上)としては最も大きく
湖岸線は170km、面積は354㎢で琵琶湖の約半分の大きさがあり、平均深度は42m。
ミズリー川からミシシッピ川を経てメキシコ湾に続いています。
b0112909_19515308.jpg


湖畔にあるビュッフェスタイルのレストランへは・・・
b0112909_19533053.jpg


ほぼ一番乗り!
同じことを書くようですが、こういう場所なので食事が「それなり」なのは諦めます。
でもせめて熱々の美味しいコーヒーが飲みたい!
b0112909_19535895.jpg


今日は一日イエローストーン観光です。
8時半にロッジを出発し、まず到着したのは硫黄の臭いが鼻を突くマッド・ボルケーノ Mud Volcano
と呼ばれる地獄谷のようなエリア。
b0112909_20180184.jpg


マッド・ボルケーノは10mほどの大きさで
泥混じりの熱水がボコボコと不気味な音を立てながら噴き出しています。
b0112909_20192626.jpg


マッド・ボルケーノから ヘイデン・バレー Hayden Valley へ向かう途中で反対車線が渋滞。
「犯人」はアメリカバイソン。公園内では動物に対するクラクションは禁止なのです
バイソンは誤って「バッファロー」と呼ばれることが多いのですが・・・
b0112909_21132065.jpg


バッファローの「お顔」はこちら(笑)
b0112909_21504712.jpg


蛇行しながら緩やかに流れるイエローストーン川を挟んで草原が広がっている場所がヘイデン・バレー
ここには常にバイソンやムース、エルクが草を食み、川にはペリカンや鷺が魚を狙って集まっています。

1872年にイエローストーンが世界初の国立公園になったと言っても、予算もスタッフも名ばかりで、
熱水現象地帯は荒らされ、野生動物の乱獲が続き、アメリカ全土に6000万頭棲息したと言われる
アメリカバイソンはイエローストーン国立公園内にわずか数十頭を残すだけとなっていました。

ケビン・コスナー主演の 「 Dances with Wolves」 にも描かれていましたが
白人中心主義の当時のアメリカ社会は、ワイオミングからインディアンを追い出す手段として
彼らが食用とし、毛皮は服・靴・テントに、骨は矢じりに利用していたアメリカバイソンを大量虐殺、
さらに大陸横断鉄道のバイソン狩りツアーも企画して絶滅寸前まで追い込んだそうです。
(現在は15,000頭くらいに回復しているようです)
b0112909_21215155.jpg


また家畜の被害を防ぐためオオカミの駆除が徹底的に行われたためオオカミは絶滅。
その結果エルクなどの草食動物が増大し、生態系を崩してしまいました。
1916年に内務省に国立公園局を設置したものの、公園局は観光客の期待を裏切らないために、
川に外来のマスを放流したりクマへ給餌したり自然環境を操作する人為的管理をするようになります。

ようやく1964年になって、国立公園に指定された区域には手を加えない管理が義務づけられ、
公園内での自然発火も、自然のプロセスの一環であり、施設や周辺集落への延焼を阻止するため以外に
消火活動を行わないことが提起されました。
そのため1988年の初夏に出火した山火事は11月まで燃え続け、
公園面積の36%を焼いて森林の景観は一変したものの、木々は新世代に遷移しているそうです。
さらに健全な生態系を維持するべく、1995~1996年には絶滅させてしまったハイイロオオカミが
カナダから持ち込まれ、着実に個体数は増え続けているというお話でした。
b0112909_23005715.jpg


ムースやエルクは近くに来てくれなかったので撮れませんでしたが非常に大型のシカです
奥からヘラジカ(ヨーロッパ・アジアではエルク、北米ではムースと呼ぶ)、
アカシカ(ヨーロッパ・アジアではムース、北米ではエルクと呼ばれる)、そしてトナカイ、シカ。
北米だけエルクとムースが逆になっているのは最初に伝えた人が間違ったからだとか?
b0112909_21361022.jpg


川の中州にはグリズリー。公園内ではグリズリーは90m、
その他の動物は25m以上近寄ってはいけないというルールがあるそうです。
b0112909_23035958.jpg


次に向かったのは アーティスト・ポイント Grand Canyon of Yellowstone - Artist Point
ナイアガラの倍の高さを誇るローワー滝 Lower Falls やイエローストーン川が
何万年 もの歳月をかけて造り上げた深さ300mのグランドキャニオンと呼ばれる渓谷は絶景!
公園の名前の由来となった黄色い壁イエローストーンとは、
火山の噴出から堆積された火山灰の一種イエローストーン・タフ(凝灰岩)の事だそうです。
b0112909_23251119.jpg


矢印の所まで行けば 滝の落ちるキワが見られるということで、
b0112909_23564197.jpg


バスで移動し、往復30~40分歩くことに。
800m下るということは帰りに800m上るわけで・・・^^
b0112909_23575404.jpg


展望デッキから見下ろすと・・・
b0112909_00035322.jpg


吸い込まれそう。
b0112909_00030502.jpg


イエローストーン湖から流れ出たイエローストーン川が、ヘイデンバレーを通り、
落差94mのロウアー滝となって流れ落ちる場所。峡谷の全長は24㎞だそうです。
b0112909_00021759.jpg


「午前の部」の最後はマンモスホットスプリングス Mammoth Hot Springs
各自、見学とランチをして2時間後に集合となりました。
b0112909_10442009.jpg


このエリアで見られる景観は、地底から湧き出した温泉の石灰分が長い年月をかけて幾重にも積み重なり、
棚田のような段丘がいくつも作られたものでトルコのパムッカレをずーっと小さくした感じ。
b0112909_10460297.jpg


数年ほど前までは温泉が沸き出て滝状になっていたそうですが、今はほとんど干上がっています。
黒くなっているのは石灰が酸化した部分。このエリア周辺には若い松林が多いのですが、
松ボックリは80度以上の高温になり松脂が溶けて初めて発芽するそうで
公園の3分の2を焼き尽くした1988年の大火のあと再生した木々とのこと。自然ってすごい!
b0112909_10465317.jpg


自由にランチといっても選択肢はなく、レストランは駐車場横にあったこの1軒のみ。
それでもファストフードよりマシ と思ったのは一瞬で、やっぱりバーガーとポテトとコーラ143.png
ランチ後はいよいよイエローストーンのハイライト、間欠泉へ。
b0112909_11300642.jpg

「皆既日食とイエローストーンの旅」の目次は下記のとおりです
①「皆既日食とイエローストーンの旅」に出発
②ソルトレイクシティ発、イエローストーンへ
③イエローストーン国立公園(前編)
④イエローストーン国立公園(後編)
⑤イエローストーンからキャスパーへ
⑥キャスパーで皆既日食を
⑦幌馬車に乗って西部開拓時代を体験
⑧キャスパーからソルトレイクシティへ



by tanpopo-jyo | 2017-08-29 14:51 | イエローストーン他(米) | Comments(4)

ソルトレイクシティ発、イエローストーンへ

2017年8月18日(金)

快晴のソルトレイクシティ。
8時半にロビーに行くと既にツアーメンバーらしき方々が多数。何人のツアー?と思っていたら・・・
b0112909_23142641.jpg


大型バスが到着。
後日お訊きしたところ総勢44名という大所帯でした。
b0112909_23174999.jpg


今日はソルトレイクシティから約600㎞のイエローストーン国立公園まで一気に北上です
アメリカではバスのドライバーの1日の走行距離は上限600マイル(約960㎞)ですって!
道路事情が違うとはいえ、すごいですよね?
b0112909_16305822.jpg


ソルトレイクシティはユタ州の州都。
ユタ州の人口は260万人、約70%がモルモン教徒で治安の良い州と言われています。
日本人は約6000人もいるそうで、それはユタが戦後 日系人の強制収容を唯一反対した州であり、
またコロラド州と共に移民の受け入れを積極的に行った州でもあるからだとの説明がありました。

10時、バスはユタを離れアイダホ州に入りました。
アイダホと言えばポテト!牧草地とジャガイモ畑が延々と続きます。
アイダホのじゃがいも消費量は年間140ポンド(64㎏)/1人 で、主な食べ方はベイクドポテトだそうです。
b0112909_23392416.jpg


バスのナンバープレートにも 「FAMOUS POTATOES」
b0112909_23415729.jpg


ランチ休憩はファストフードが数店集まったドライブインで。
これが悪夢(?)の始まり^^ このあとランチもトイレ休憩もぜーんぶファストフード。
この時はまだそれを知らず「ハンバーガーとコーラとオニオンリングも!」と浮かれていた私105.png
b0112909_23544219.jpg


16時、世界遺産イエローストーン国立公園着。
北米大陸を南北に貫くロッキー山脈のほぼ真ん中、周囲を3000m級の険しい山々に囲まれた
窪地に位置するイエローストーン国立公園。
1800万年ほど前から続いた噴火により幾重にも積み重なった噴火跡がそのまま公園となっています。

トーマス・ジェファーソン大統領はナポレオンから買った仏領ルイジアナを調査すべく、
主に、軍人からなるルイス・クラーク探検隊を構成。
探検隊は1804年5月にセントルイスを出発、1805年12月、現在のオレゴン州ポートランド付近の
太平洋岸に達しアメリカ大陸の陸路横断に成功しました。
帰路、探検隊の一員であったジョン・コルターが毛皮資源を調査するために隊を離れて南に向かい、
イエローストーンを発見。
当時のアメリカでは毛皮取引が経済活動の最先端であり、
ビーバーの毛皮は「銀行券」と呼ばれるほど価値が高かったのだそうです。
b0112909_09065330.jpg


発見当初は、青く光る泉があるとか、
b0112909_09180532.jpg


水蒸気が噴き出るとか、
b0112909_09192352.jpg


大地がボコボコと不気味な音をたてて沸いているという話を誰も信じませんでしたが、
1871年、地質学者のハイデン博士が画家と写真家を含めた大規模な探検隊を編成して、
現地の様子を克明に訴えかける報告書を議会に提出。
その結果、1872年に大統領ユリシス・グラントがイエローストーン公園法に署名し、
世界で初めての国立公園が誕生しました。
b0112909_09202859.jpg


約9000㎢(四国のおよそ半分)という広大な公園内には、300以上の間欠泉、
1万以上の温泉や噴気孔など世界で減少しつつある熱水現象の約半分が集まっており、
グランド・ループ・ロードGrand Loop Roadと呼ばれる総延長227㎞に及ぶ 8の字状の道路が
整備されて、5つのゲート(★印)と繋がっています。

今回はイエローストーン湖に面したグラント・ビレッジに2連泊し、
赤丸印の場所を観光予定です。
b0112909_10172244.gif


間欠泉地帯、ミッドウェイ・ガイザー・ベイスン Midway Geyser Basin にも・・・
b0112909_10335888.jpg


ボードウォークがあり、
b0112909_10401910.jpg


エクセルシオール・ガイザー Excelsior Geyser や
b0112909_10410088.jpg


オパール・プール Opal Pool 、
b0112909_10445081.jpg


ターコイズ・プール Turquoise Pool と繋がっているので容易に行くことができます。
b0112909_10460879.jpg


が、最大の見所は "巨大なプリズム温泉" Grand Prismatic Spring と名付けられた熱水泉で、
立ちこめる湯気の合間からきれいなエメラルド・ブルーの温泉が見えます。
毎分2100ℓ の熱水が湧き出しているグランド・プリズマティック・スプリングの大きさは
直径113m、深さ約48mで、内側から青、緑、黄色、オレンジ、茶色の極彩色に彩られていますが
大きすぎて写真に収まりません。全景を見られるのは・・・
b0112909_10522811.jpg


この丘からですが、バスは上がれないのだそうです134.png
b0112909_11050274.jpg


講談社「奇跡の絶景」より転載した全景です
色の正体は、高温の環境でも生きられる「好熱菌」という微生物。
熱水の温度によって好熱菌の種類が異なるためさまざまな色が現れるそうで、
中央部は85℃以上の熱水で生物が少なく、純度が高いため空の青を映し、
74℃まで耐えられて緑の色素を出すシネココッカスがその周りに棲息。
b0112909_11083877.jpg


35℃~57℃の場所にはオレンジ色の色素を出すフォルミジウムというラン藻類、
外側の30℃以下の場所には茶色の色素を出すカルソリックスという好熱菌。
イエローストーンの標高は2500mほどなので、
この時期、日中は30℃前後になりますが最低気温は3~4℃と冷え込みます。
よって気温が低い時間帯に行くと湯気で泉の綺麗な色が見られないそうです。
b0112909_10525778.jpg


ツアーが宿泊した国立公園内のグラント・ビレッジにはビジターセンターのほか、
b0112909_11392008.jpg


食料品からお土産まで売っているストアや 郵便局などがあり・・・
b0112909_11402512.jpg


その周囲、徒歩圏に動物名が付いたロッジが点在。
b0112909_12273329.jpg


ツアーのロッジは 「キツネ」でした。
国立公園内のロッジはとても人気で、予約が取れないと言われているのに
40数人分もよく予約できましたね? と訊いたら 「予約は一昨年に入れました」と!!
b0112909_12290731.jpg


このツアーは基本的に食事は付いていないので、夕食はビレッジ内のこちらで摂ることに。
もう1軒はブッフェスタイルだったので。お味は 「こういう場所」と割り切って105.png
明日は終日イエローストーン国立公園の観光です。
b0112909_13025426.jpg

「皆既日食とイエローストーンの旅」の目次は下記のとおりです
①「皆既日食とイエローストーンの旅」に出発
②ソルトレイクシティ発、イエローストーンへ
③イエローストーン国立公園(前編)
④イエローストーン国立公園(後編)
⑤イエローストーンからキャスパーへ
⑥キャスパーで皆既日食を
⑦幌馬車に乗って西部開拓時代を体験
⑧キャスパーからソルトレイクシティへ




by tanpopo-jyo | 2017-08-29 14:51 | イエローストーン他(米) | Comments(0)

イエローストーン国立公園(後編)

2017年8月19日(土)

ランチのあとに向かったのは オールド・フェイスフル Old Faithful
オールド・フェイスフルはおよそ80分毎に約4万リットルの熱水を40mもの高さにまで噴き上げている
世界最大級の間欠泉で、100年以上もの間、定期的に噴き上げていることから
「Faithful=忠実な」の名前がついたそうです。
b0112909_16331721.jpg


昔は45分ごとに噴き上げていましたが、1959年の地震以来、時間が不正確となり、
現在の「80分ごと」には10分前後の誤差があるようです。
噴き上げの勢いが次第に弱まり・・・
b0112909_16341991.jpg


いよいよ終わりが近づくと見学者はあっさり解散!となるのが面白い105.png
間欠泉の前には・・・
b0112909_16352075.jpg


ビジターセンターがあり、
b0112909_16551753.jpg


次回の噴出予測時間を確認できます。
ツアーはオールド・フェイスフルで2時間半の自由行動だったので、次回噴き上げまでの間に
b0112909_16553756.jpg


ビジターセンター隣のホテル Old Faithful Inn を見学することに。このホテルは・・・
b0112909_17043455.jpg


1904年に建てられた世界最大のログハウスで、
b0112909_17073050.jpg


自然のままの曲線を生かした丸太が随所に使われ、
b0112909_17102867.jpg


雄大な周辺景観との調和がみごとな建築。
b0112909_17092133.jpg


ロビーの一角にある巨大な岩の暖炉と煙突、そしてそこに設置された赤い振り子時計。
とても100年以上前のものとは思えないモダンさです。
b0112909_17100063.jpg


バーのテラス席正面にオールド・フェイスフルが噴き上がるのでモヒートでも飲みながら待ちましょうか?
b0112909_19003241.jpg


さらに、ホテル前にはトレイルも整備されているので、
b0112909_19054411.jpg


Blue Star Springや、
b0112909_19185799.jpg


泥の間欠泉 Anemone Geyser、
b0112909_19193081.jpg


コーンと呼ばれる円錐状の堆積物から噴出する間欠泉、ビーハイブ・ガイザー Beehive Geyserなどを
巡ることができます。コーンの高さは1mほどで、世界でも最もアクティブな間欠泉の一つとも言われ、
7時間おきぐらいに4、5分間、50m以上の高さまで噴出するそうです。
b0112909_19201565.jpg


このトレイルはどこまで行っても終点がない?
適当な所でUターンしないと帰りが大変なことになるかも。
b0112909_19080060.jpg


おやつのアイスクリームを食べ終わったらそろそろ2回目の噴出時間に。
b0112909_19571849.jpg


今度の噴出は先ほどよりさらに高く!
オールド・フェイスフルの噴き上げを2回も見られてラッキーでした。
b0112909_19585421.jpg


夕食は前夜と同じビレッジ内のレストランで。
たまたまテーブルの係が同じ人でしたが「気に入った? 明日も来る?」って。
その自信はどこからくるんだか?(笑) ブッフェレストランとココしか選択肢がないのだー
b0112909_20163804.jpg


私はシーフードパスタ
b0112909_20170946.jpg


オットはアメリカバイソンのバーガーにチーズとマッシュルームをのせて。
ターキーよりヘルシーらしいですよ?
今夜も降るような星空。明日はキャスパーに移動です。
b0112909_20182514.jpg

「皆既日食とイエローストーンの旅」の目次は下記のとおりです
①「皆既日食とイエローストーンの旅」に出発
②ソルトレイクシティ発、イエローストーンへ
③イエローストーン国立公園(前編)
④イエローストーン国立公園(後編)
⑤イエローストーンからキャスパーへ
⑥キャスパーで皆既日食を
⑦幌馬車に乗って西部開拓時代を体験
⑧キャスパーからソルトレイクシティへ



by tanpopo-jyo | 2017-08-29 14:50 | イエローストーン他(米) | Comments(0)

②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿

2016年12月30日(金)

ヨーロッパで最も美しいバロック宮殿および庭園と言われるこの宮殿は
とても人気の観光スポットなので混雑を避けて開門の8時半に到着。
今朝の最低気温はマイナス6度でしたが風はなく陽差しが気持ち良く感じられます。

青空に映えるマリア・テレジアイエローが素敵なシェーンブルン宮殿は、
16世紀の半ば、ハプスブルク家の狩猟用の土地として入手されたのが始まりで、
17世紀末から18世紀初頭に宮殿に改築され、更にマリア・テレジアが手を加えて、
1749年にこの姿になりました。左右に設けられた階段を上がり、テラスに立つと・・・
b0112909_22421368.jpg


庭園の先、丘の上に建つグロリエッテ (横幅135.3m、高さ25.95m) まで見渡せます。
もともとこの丘の上に宮殿の本館を建てるはずでしたが、残念ながらそれは実行されず、
フランツ・ヨーゼフ1世の時代には、グロリエッテでは祝典が行われたり、
朝食ルームとしても利用されたそうです。グロリエッテまでは片道、早足で15分。
こんな所まで朝食を食べに行くなんて 皇帝もラクじゃありません? ^^
b0112909_22422689.jpg


これはゲート側から見た宮殿 (グロリエッテのある庭園はこの建物の裏となります)。
宮殿前庭中央のクリスマスツリーは、明後日、元旦まで立てられているそうで・・・
b0112909_14312874.jpg


たくさんのクリスマスマーケットの屋台が、
b0112909_14315676.jpg


並んでいました。
b0112909_14314493.jpg


1830年にこの宮殿で生まれたフランツ・ヨーゼフ皇帝(在位1848〜1916)は、晩年の数年を
ここで過ごし、死去2年後の1918年、宮殿は新生オーストリア共和国の所有するところとなりました。
宮殿内には1400余の部屋があり、そのうち40室が一般公開されています。
宮殿内部はフレスコ画が素晴らしい「大広間」を始め、モーツァルトが御前演奏をした「鏡の間」、
女帝マリア・テレジアが、最愛の夫皇帝フランツ・シュテファンを1765年に亡くしてから
思い出の部屋として過ごしたという北京製黒漆のプレートが壁一面を覆う「漆の間」など
個性ある美しい部屋が数多くあります(残念ながら宮殿内部は撮影不可)。

現在この宮殿の3階と4階は賃貸アパートとして一般に貸し出されているとのこと。
間取りはひとり用タイプから100㎡超のファミリータイプまで色々あるそうです。
b0112909_14311375.jpg


8時半の開門時には閑散としていたゲートも、見学が終わった11時前には・・・
b0112909_1544577.jpg


続々と観光バスが到着して混雑して来ました。チケット売り場も行列ができていたので、
シェーンブルン宮殿の見学は早めがオススメというのは正解かもしれません。このあとは・・・
b0112909_15442775.jpg


大晦日にカウントダウンの花火が行われる市庁舎まで移動。市庁舎前にある・・・
b0112909_15511816.jpg


ブルク劇場は、ヨーゼフ2世の時代に建てられ、1874年にこの場所に移された劇場で
古典劇や現代劇を上演しているそうです。
b0112909_15513126.jpg


ブルク劇場隣に広がるフォルクス公園には、
b0112909_15514644.jpg


高さ2.5mの大理石のエリザベート像が置かれています。もう昼前だというのに池は凍っていますね!
亡くなった4年後にエリザベート像を作るコンテストが行われたものの勝者が選ばれなかったため
応募した芸術家達から抗議が殺到。
そこで再び1904年にコンテストが行われ、Friedrich Ohmannの案が選ばれて、
フランツ・ヨーゼフ1世がここに像を置くことを定めたそうです。
b0112909_15515811.jpg


ウィーンはハプスブルク家の支配の下、城塞都市として発展しました。
19世紀、実質的な最後の皇帝であるフランツ・ヨーゼフ1世は内側の城壁を取り払って、
「リンク・シュトラーセ」と呼ばれる環状道路を設置しました。
世界遺産のウィーン歴史地区は周囲約5kmのこのリンクの内側を指し、
現在は路面電車がこのリンクを走っています。(後ろの建物は国会議事堂)
主な見どころは、基本的に歩いて廻れるリンク内に集中しているのでわかりやすいです。
b0112909_16443091.jpg


英雄広場を横切って、ナポレオン軍が破壊した城壁の跡地に、
1819年に皇帝フランツ1世が整備させた王宮庭園へ。左の建物は新王宮。
b0112909_17363984.jpg


夏には赤いお花で彩られるト音記号もこの季節は目立ちませんが、
王宮庭園といえばやはりモーツァルト像。
b0112909_17365420.jpg


19世紀終わりに作られたこの像は、当初オペラ座裏のアルベルティーナ広場に
建てられていたのですが戦争で被害を受け、修復後に王宮庭園に移設されたそうです。
b0112909_1737824.jpg


台座のレリーフはオペラ 「ドン・ジョヴァンニ」 のワンシーン。
その上には様々な楽器、さらに鍵盤がデザインされています。像の裏は・・・
b0112909_17373594.jpg


チェンバロを弾く幼いモーツァルトと父、レオポルド、姉ナンネルとのアンサンブルシーン。
b0112909_17375644.jpg


そろそろ身体が冷えてきたので王宮庭園の一角にあるパルメンハウス Palmenhaus でランチを。
元々は、植物を栽培する場所として建てられ、 1901年に改築されたカフェで、
フランツ・ヨーゼフ皇帝も、ここで朝食をとりながら、美しいパノラマを楽しんだそうです
b0112909_183667.jpg


コリアンダーが効いたカレースープがことのほか美味しく、温まります。
b0112909_183241.jpg


あとはサラダとニョッキも。
午後は王宮 (ホーフブルク) を巡ります。 夜は「第九」もあるので滞在初日から忙しい!
b0112909_1833631.jpg

ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-14 22:47 | オーストリア | Comments(0)

③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク

2016年12月30日(金)

ハプスブルク家歴代皇帝の居城として発展し続けてきたホーフブルク(王宮)。
「都市の中の都市」と形容されるように広大な敷地の中には
新旧の王宮をはじめとする宮殿群と王宮に付属する教会や図書館などがあり、
全てを見学するには最低でも1週間かかるらしいので「必見スポット」だけ駆け足で。

フランツ2世像の立つ中庭から見た・・・
b0112909_1853128.jpg


旧王宮。
ハプスブルク家が13世紀後半から1918年まで600年以上にわたって住居としてきた王宮は
増改築が繰り返され、18の棟が複雑に入り組み、2500以上の部屋があるそうで・・・
b0112909_1874558.jpg


ハプスブルク家の暮らしぶりを見せてくれる銀器コレクションのほか、
b0112909_181455100.jpg

b0112909_1815749.jpg


エリザベートが婚礼前夜に着用したドレスや、ハンガリー女王としての戴冠式用ドレス(ウェスト51㎝!)、
旅行に愛用した豪華なサロン列車のレプリカ、
レマン湖畔でアナキストに襲われたあと宿泊先のホテル「ボー・リヴァージュ」へ運ばれた際に
彼女を覆っていた襟と縁取りをサギの羽根で飾った黒いマントetc が展示されているシシィ博物館や
家族の肖像画が飾られた皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の執務室や居室をまず見学しました。
b0112909_18275818.jpg


英雄広場から見た新王宮。
現在は古楽器博物館、武器・鎧博物館、エフェソス博物館が入っています。
1938年3月、ナチスがオーストリア併合を強行、ヒトラーは5月にこの中央バルコニーで演説をしました。
b0112909_1803038.jpg


王宮礼拝堂では、9月中旬~6月中旬の日曜日のミサで
ウィーン少年合唱団(1498年に皇帝マクシミリアン1世により王宮礼拝堂少年聖歌隊として結成)の
歌声を聴くことができるそうです
b0112909_18371235.jpg


王宮の一角、ヨーゼフ広場に面した所にオーストリア国立図書館に属するプルンクザール Prunksaal
という、世界で最も美しいと言われる図書館があります。
b0112909_1852579.jpg


1723年、マリア・テレジア女帝の父、カール6世の命により建設された図書館で
ハプスブルク家歴代皇帝などの蔵書から成る書籍は約20万冊。
館内はプルンクザール(=豪華なホール)とよばれるメインホールが最大の見どころです。
b0112909_18552016.jpg


左右の本棚には、1730年から19世紀に至るまでの手書きや印刷された本や地図、
b0112909_18565559.jpg


楽譜など、王宮図書館所有の書物や地球儀が置かれています。
b0112909_18573779.jpg


中央にカール6世像が置かれたバロック特有の楕円ドームがあり、
b0112909_1984132.jpg


天井フレスコ画が施されています。
フレスコ画の中央には右手に長細いピラミッドを手にした栄誉を表す人物像、
その下にはヘラクレスとアポロがカール6世のメダルを持って描かれています。
b0112909_19315243.jpg


国立図書館と同じく、ヨーゼフ広場に面した場所に入り口があるアウグスティーナ教会は、
宮廷付属の教会として14世紀前半に建造されました。
最初は、フリードリヒ美王(1286~1330年)によって、靴を履いてよいアウグスティヌス修道会が呼ばれ、
教会と修道院が作られたのですが、1631年に皇帝フェルディナント2世が、
戒律が厳しい靴を履いてはいけないアウグスティヌス修道会をプラハから呼び寄せたため、
昔からここにいた靴を履いてよいアウグスティヌス修道会は追い出されます。
その後この教会はバロック化されますが、1785年フェルディナント・ホーエンベルクによって
バロック様式が取り除かれ、ゴシックをベースにした現在の姿になったということです。

1634年から1918年まで宮廷付属の教会だったので、マリア・テレジアとフランツ・シュテファン、
マリーアントワネットとルイ16世の代理人、フランツ・ヨーゼフとエリザベートなど
ハプスブルク家の結婚式が執り行なわれた教会としても知られています。
b0112909_19351865.jpg


金装飾のパイプオルガンもみごとです。
b0112909_19354499.jpg


アルベルティーナ Albertina は、17世紀後半に宮廷役所として建てられ、
1742~1745年のマリア・テレジア時代に宮殿に改築されます。
その後マリア・テレジアの娘クリスティーナと結婚したザクセンのアルベルト公の所有となり、
彼の膨大なコレクションを収めるため1795年に改築、現在美術館として公開されています。
b0112909_1956846.jpg


美術館の入口に通じる階段は、一種のアートになっていて、絵は展示内容によって変わるとのこと。
2017年1月8日までは「ゴッホ展」のため、階段は「種をまく人」になっています。
旧王宮をスタートして、ここまでで4時間余りが経過。
まだスイス宮やスペイン乗馬学校もありますが本日は時間切れ!ホテルに戻って着替えたら・・・
b0112909_200240.jpg


コンツェルトハウス Konzerthaus へ。
1913年に完成したウィーン交響楽団の本拠地です。
皇帝フランツ・ヨーゼフI世の臨席によるこけら落としのコンサートでは、
当時の現代作曲家リヒャルト・シュトラウス作品が紹介され、続いて第九が演奏されました。
現代作品と古典の組み合わせは伝統として今日まで続いているそうです。
b0112909_223225.jpg


本日のお目当ては20:00 ~の「第九」。指揮は若き俊英ウルバンスキ。
b0112909_22321845.jpg


開演1時間ほど前に到着してロビーでウロウロしていたら
「今朝シェーンブルン宮殿でお会いしましたよね?」と声をかけられでびっくり!ウィーンは狭い?(笑)
b0112909_22324846.jpg


皆さま、ロビーにあるベートーベンの胸像が見下ろすバーや、
b0112909_22323582.jpg


もう1ケ所あるバーでシャンペンなどを楽しみながら開演を待っていらっしゃいます。
b0112909_22330100.jpg


演奏は、1楽章、2楽章、3楽章と淡々と進んで、ちょっと物足りない気もあったのですが、
合唱も加わったあとの4楽章の迫力ある展開と追い込みは感動的でした。
完璧に合わせてハモるというより、100何人? かの歌手ひとりひとりが
感情をぶつけるようにして歌って、かつバランスが保たれているとでも言うような歌い方。
b0112909_2233113.jpg


コンツェルトハウスからグランドホテルまでは歩いて5分くらい。
場所によるのかもしれませんが、夜歩いていても危険な感じはなく良い町です♪
ウィーン一日目はつつがなく終了。
b0112909_2233237.jpg


ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-13 19:16 | オーストリア | Comments(0)

④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ

2016年12月31日(土)

ホテルのレストランで朝食を。
b0112909_18193768.jpg


ビュッフェスタイルですが温かいお料理だけは注文で。私はコーンドビーフ。
グランドホテルのブラッセリーはお料理もパンも美味しく、
また程よい距離感のあるスタッフもプロフェッショナルで、朝食が2回目の今日は
「昨日と同じ場所のテーブルにしますか?」 「今朝もコーヒーでよろしいですか?」と訊かれました。
b0112909_1821144.jpg


ホテルとオペラ座の間にあるケルントナー通り (終日歩行者天国) を歩いて
b0112909_1951933.jpg


シュテファン大聖堂へ。
周りに建物が密集しているため、巨大な聖堂全体をカメラに収めることは難しく、
しかも電線が写り込んでしまうのが残念 (>o<#)
シュテファン大聖堂は、12世紀半ばにロマネスク様式の教会として建設されたことに始まり、
13世紀から14世紀にかけてハプスブルク家のルドルフ4世の命により、
建物主要部分がゴシック様式に建て替えられました。シュテファン大聖堂には4本の塔が建ち、
b0112909_1975563.jpg


最も高い南塔の高さは137m。当初、この南塔と高さを揃えることになっていた・・・
b0112909_1984547.jpg


北塔(写真左端の塔)は、財政難のため工事は中断、丸屋根がつけられて現在の姿となりました。
エレベーターで北塔の上に上がると・・・
b0112909_19454427.jpg


ウィーン市内を一望することができます。建物の高さが揃っていキレイですね
矢印は、「岸辺のマリア教会」、奥に黒々と広がっているのが 「ウィーンの森」 です。
b0112909_2335204.jpg


モザイクが美しい瓦屋根。
b0112909_19585057.jpg


北面の屋根にはウィーン市の 「鷲の紋章」 を見ることができます
b0112909_195927.jpg


全長107mに及ぶ内陣身廊の、フェンスより奥に入るには₠5.5 (イヤホンガイド付き。日本語有り)
b0112909_2231119.jpg


主祭壇に向かって・・・
b0112909_223412.jpg


左の壁面(北塔側)には聖母マリアの生涯を描いた、「ノイシュタットの祭壇」。
b0112909_22502089.jpg


右の壁面(南塔側)にはパイプオルガン。教会の側面にパイプオルガンって珍しくありませんか?
b0112909_22144066.jpg


パイプオルガン隣には「召使い女のマドンナ像」
願いが叶うマリア像として有名なのだそうです。
b0112909_23375384.jpg


シュテファン大聖堂の身廊部分の中ほど主祭壇に向かって左側にある説教壇は、
1510~1515年にかけて石灰砂岩で作られました。一番目立つ説教壇の上部には、
アンブロジウス、ヒエロニムス、グレゴリウス、アウグスティヌスの 4人の教会博士。
b0112909_2345855.jpg


説教壇の下の のぞき窓から身を乗り出している姿は作者本人だと言われています。
b0112909_23481756.jpg


ウィーンの伝統的菓子、ウェハースのマンナーは・・・
b0112909_23505935.jpg


シュテファン大聖堂のすぐ前。(写真右に大聖堂が写っていますよね?)
b0112909_23504184.jpg


よく流行っていてレジは長蛇の列!
b0112909_23511130.jpg


今日は午後からオペレッタ「こうもり」をハシゴするのでそろそろホテルに戻って着替えないと。
ケルントナー通りをオペラ座の方へ歩いていて小さなブタを売る露店を見つけました。
オーストリアでは、ブタ、赤いきのこ、四葉のクローバーが新年のお祝いのシンボルだそうです♪
b0112909_015479.jpg


四葉のクローバーを持ったマジパン細工のブタも(笑)
b0112909_045395.jpg


ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-12 18:32 | オーストリア | Comments(0)

⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く

2017年1月2日(月)

シェーンブルン宮殿の前の街路樹が雪でも降ったかのように真っ白。
それは郊外へ出るほど素晴らしい景色になり・・・
b0112909_1783175.jpg


ドライバーのイデーさん、車を停めて下さいました。
今朝の最低気温はマイナス6℃
b0112909_17104734.jpg


シ・バ・レ・ル {{{{(+_+)}}}}
b0112909_1710589.jpg


今日はウィーンから南西に216㎞、ザルツカンマーグートSalzkammergut 地方へ日帰り旅です。
ザルツカンマーグートは、オーストリアの宝石箱とも言われ、
氷河で形成された大小70以上の湖が点在したオーストリアアルプスの北側に位置する景勝地です。
ザルツカンマーグートとは「塩の宝庫」という意味で岩塩を産出する地方であったことから
この名があります。中世には塩は「白い黄金」と称されるほど高値で取引されてきたため、
この地方はハプスブルク家直轄の御料地として帝国の財政を支え続けてきました。
b0112909_17224524.gif


ウィーンから約3時間でハルシュタットHallstatt に到着。
Hallはケルト語で「塩」、Stattはドイツ語で「場所」を意味するそうで、
町の外れには、古代ローマ以前にまで遡る世界最古の岩塩坑があります。
ハルシュタット トンネル前には昔のスタイルの坑夫像も。像の前には・・・
b0112909_1844158.jpg


船着場。
b0112909_18342214.jpg


船着場から目指す町の方角をパチリ。
ダッハシュタイン山塊の麓、ハルシュタット湖畔にある小さなこの町は、
その完璧ともいえる美しい景観から、世界で最も美しい湖畔の町のひとつに数えられています。
1997年には、「ハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」として、ユネスコ世界遺産に登録。
しかーし!2000m級の山々に囲まれているのに雪が積もっていないのは何故?
b0112909_18353519.jpg


メインストリートであるゼー通りを町の中心部目指して歩き始めます
b0112909_18431933.jpg


氷点下の寒さでも・・・
b0112909_20114276.jpg


それなりに観光客は歩いていました。
韓国人団体客を乗せた大型観光バスも停まっていましたし、欧米系の旅行者も多数。
歩き始めて7~8分、ゼー通りはさらに細くなり、ルーテル(プロテスタント)教会が見えてきました。
(しつこいですがゼー通りが町のメインストリート!)
b0112909_18462182.jpg


ルーテル教会の主祭壇です。この教会の前が町の中心である・・・
b0112909_1856233.jpg


マルクト広場。広場の真ん中には・・・
b0112909_1981391.jpg


クリスマス飾りがまだ残されています。
b0112909_19165677.jpg


マルクト広場前の船着場に小型の船が到着。対岸にある鉄道駅と町を結んでいるのです。
b0112909_1917453.jpg


ハルシュタット湖の透明度、素晴らしいです!
b0112909_1918012.jpg


船着場の前の道をカトリック教会の方へ・・・
b0112909_19311667.jpg


どんどん歩いて行くと! 緑のベランダの家がありましたー!!
b0112909_19334644.jpg


「春のワルツ」ではジェハがこのベランダから湖を眺めていたのです♪ どんな景色かというと・・・
b0112909_1934562.jpg


ハルシュタットで一番の撮影ポイントと言われるこの風景。
これを撮影したのは12時頃で、太陽が山の端に隠れる直前でした。
つまり緑のベランダの家を冬に順光で撮るには10時~12時頃限定となります。
b0112909_19383952.jpg


緑のベランダの家からカソリック教会を目指して戻っている時、
b0112909_1948235.jpg


船着場から12時15分発の船が出て行くのが見えました。
b0112909_1952321.jpg


創設は15世紀末というカソリック教会の
b0112909_2024510.jpg


主祭壇です。
b0112909_1955913.jpg


教会の裏手には・・・
b0112909_2012470.jpg


小さな納骨堂があり、故人の生没年と花模様などが描かれた頭蓋骨が安置されています。
b0112909_2011268.jpg


ハルシュタットはとても急峻な狭い土地に、
b0112909_20889.jpg


張り付くように家々が建っており、墓地が充分にとれなかったため
埋葬後10~20年経つと遺骨を掘り出し、次の遺体を埋めるという風習があったのだそうです。
b0112909_2011855.jpg


ランチはマルクト広場の奥にある小さなホテル ゼーヴィルト・ツァウナー Seewirt Zauner で。
b0112909_20251650.jpg


1階はホテルのフロント、2階がレストランでした。
b0112909_20281915.jpg


オットはハルシュタット湖特産の魚「ライナンケ」のグリル。
1/4カットのレモンが添えてあるので想像できるかも? ですが、かなり大きな魚です(小顔ですが)。
全くクセはなく、淡白。そのためかオリーブオイルが添えられていました。
₠38.35 (約4600円) となかなかの高級魚です。
b0112909_20292862.jpg


私のほうれん草のシュトルーデルは ₠13.70 (約1600円) と"普通" のお値段^^
ドライバーのイデーさんには 「2時間ほどで戻りますね」 と言ったのに、
ゆっくりランチをいただいたのでハルシュタット滞在は2時間半。
今の季節16時半には暗くなるので、次の目的地バート・イシュルへ向けて出発です。
b0112909_20294359.jpg


ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-09 17:24 | オーストリア | Comments(0)

⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

2017年1月3日(火)

ランチのあとはシュテファン大聖堂前から続く、
ウィーンで最も美しい歩行者天国のグラーベン通りを歩くことにしました。
b0112909_19361168.jpg


大聖堂から150mほど歩いた所にあるのがペスト記念柱。
17世紀後半、レオポルド1世がペスト流行の終焉を神に感謝して製作したもので・・・
b0112909_19473878.jpg


台座部の天使が突き落としている老婆がペストを象徴しているそうです。リアルで怖いんですけど !
そのまま少し行った右側の引っ込んだ所に・・・
b0112909_19475070.jpg


バロック様式のペーター教会Peterskirche が2本の塔を見せて建っています。
この教会の起源は4世紀の後半に、長屋を教会に改築したことから始まったとされ、
ウィーンで最も古い教会だそうです。
その後ロマネスク様式やゴシック様式に改築されたりしていますが、
12世紀の終わりにショッテン修道会の管轄に入り、1661年には火災により焼失。
皇帝レオポルド1世の提唱により新しい教会にすることが決まり、ベルヴェデーレ宮殿を手掛ける
建築家ルーカス・フォン・ヒルデブラントの設計で現在の姿になり1701年~33年の間に完成しました。
b0112909_2011392.jpg


教会内部は素晴らしいバロック空間。 正面奥の主祭壇には、
b0112909_20122982.jpg


Martino Altmonteによる祭壇画。 上には聖三位一体が描かれ、
エルサレム神殿前にいる12使徒のペテロとヨハネが身体障害者を治しています。
手前にはだまし絵的ドームが見えます。この主祭壇の真向かい、つまり・・・
b0112909_20124618.jpg


教会入り口の真上にはロココ様式のパイプオルガン。
b0112909_20131980.jpg


なんと!15:00~オルガンコンサートがあるではありませんか!!
8曲目は「トッカータとフーガ ニ短調」ですし 逃すテはありませんよね^^
素晴らしいコンサートは無料ですが、感謝の気持ちは献金箱へ。
b0112909_20424580.png


歩行者天国のグラーベン通りは1862年創業の老舗高級スーパー、ユリウス・マインルで突き当たり。
この辺りはブランド街らしくスーパーの右にはシャネルやヴィトン、向かいはカルティエやアルマーニなど。
b0112909_20531842.jpg


元々焙煎コーヒー店としてスタートしたユリウス・マインルのコーヒーは格別で、
ウィーンのカフェはほとんどここのコーヒーを使っているそうなのでいくつか購入。
正直なところ 私はコーヒーの味なんてわからないんですけどね (*^.^*)
b0112909_2054475.jpg


マインルのロゴに使われている赤いトルコ帽 の男の子、マインルのムーア人 Meinl Mohr は、
階段の手摺りに腰掛けていました。
b0112909_2055746.jpg


2階の一角にはコーヒー売り場より広い紅茶売り場。さらに・・・
b0112909_2183846.jpg


「Michiko Tea」のコーナーもあったので誰? と思い 帰国後調べてみると
1930年に渡航、ウィーン国立音楽大学声楽科に入学した田中路子さんは
1931年に40歳年上のユリウス・マインル2世(2代目)と出会い、結婚、夫の支援を得て、
ウィーンを中心に歌手・女優としても活躍。
しかし、ドイツ人のシャンソン歌手で俳優・演出家ヴィクター・デ・コーヴァと運命的な出逢いをして
1939年にマインル2世と離婚、同年、マインル2世を仲人に迎えデ・コーヴァと再婚した方のようです。

小澤征爾が巨匠カラヤンの弟子入りを果たせたのも彼女の引きがあったからだそうで、
1987年のサントリーホールにおける杮落とし公演が最後の舞台、翌年には亡くなっています。
ユリウス・マインルのHPによれば「Michiko Tea」が出たのは2003年。
離婚後64年、亡くなってから15年も経ってから2代目元妻の名前と写真を使いますかね?
元夫が仲人というのもスゴイので、この「勝負」は引き分け? ^^
b0112909_2185253.jpg


ユリウス・マインルの店内にはカフェやデリカも併設されています。
b0112909_219239.jpg


ユリウス・マインルを出て右へ。この通りも終日歩行者天国のコールマルクト通り。
かつてここで木炭(コール)の市場が開かれていたことに由来する名前だそうです。
正面は12月30日に見学した王宮のミヒャエル門。
b0112909_23285441.jpg


日本でもお馴染み、200年を超える歴史がある老舗カフェの デーメルがあったので
b0112909_2341569.jpg


ここで ひと休み。1階席はやや窮屈な感じなので、2階席へ。
かつてはハプスブルク家専門のベーカリーで、フランツ・ヨーゼフ1世とシシィも通っていたそうです。
b0112909_23423469.jpg


店内でケーキをいただく場合、ショーケース前で指さしオーダーするとケーキ名を書いた紙片をくれるので、
それをテーブル担当のスタッフに渡すと席まで運んでくれます。
私はマローニブリューテ Maroniblüte、オットはザッハートルテの生クリーム添え。
言葉ができない身には便利なシステムです。ケーキはどちらも₠4.5(約540円)
b0112909_23455436.jpg


コーヒーの種類はたくさんあるので迷いますが、単にコーヒーを頼めば、ホイップされたクリームと
ピッチャーに入ったコーヒーが別々に提供されます。入れるクリームの量はお好みで。
b0112909_2346912.jpg


ウィーン最後の夜の晩餐は「ウィーンの3大名物料理」のひとつターフェルシュピッツ Tafelspitzを。
皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が好んで食べたという牛肉の煮込み料理ですが、
何を見ても 「ターフェルシュピッツを食べるならココ!」とか「予約なしだと数時間待ちも」とか
書いてあったので日本からメールで予約を入れておきました。
b0112909_0135735.jpg
 

ターフェルシュピッツとは、牛のおしりと太ももの一番上との間のあたりの肉のこと(ランプ肉?) だそうで
かたまりで何時間も煮込んで、そのやわらかくなった肉をスライスしていただくのですが
テーブル中央に保温用プレートが敷かれたあと、その上に鍋ごとドンと提供されます。
b0112909_0213054.jpg


予め細切りにしたクレープが入っているスープボウルを持って来ると、その中にスープと野菜を
たっぷり注いでくれます。2杯目からは自分で。
b0112909_0282388.jpg


頃合いを見てポテトが届き、
b0112909_0294114.jpg


慣れた手つきでポテトとほうれん草のピュレ、お肉を盛りつけてくれます。
見た目は無骨ですが、この肉が溶けるように柔らかく、味がしみて絶妙の味わい!
料理の腕がイマイチの店で食べると、何の味気もない茹で牛肉が出てくるそうです。
最後に鍋に残ったのは、ダシをとるのに使った髄がごろんと2つ。
どろっとしていて脂身が多いので、パンに塗っていただくと美味しいようですがとてもパンは無理。
b0112909_0313917.jpg


おろしリンゴに西洋わさびが入ったソースと、Schnittlauchソース(クリームソース+チャイブ)
もあるので色々な味が楽しめて飽きません。
b0112909_0342545.jpg


パンは食べられないと言いつつもデザートは別で、
オットはチョコレートとココナッツのムース&カンパリ オレンジシャーベットの盛り合わせ。
b0112909_1134999.jpg


私はキャラメル アイスクリーム♪ 〆て ₠110.20 (13,000円くらい)
階下のトイレへ続く階段室にはプーチン大統領やゴア元副大統領を初めとする写真多数です。
結局ウィーン三大名物料理のうち、ヴィーナー・シュニッツェル Wiener Schnitzel 子牛のカツレツだけ
食べることができませんでした。また来る?
b0112909_1141072.jpg



2017年1月4日(水)
09:25 ウィーン発 LO224便だったので7時半前にホテルをチェックアウトしたのですが
ワルシャワ経由(EU)のため出国手続きはなく、早すぎました (;o;)
ポーランド航空のラウンジはとっても簡素。
b0112909_1372867.jpg


10:40 ワルシャワ着
14:40 ワルシャワ発 LO079
非常に簡単に出国手続きが終わったので3時間余りを過ごすことになったワルシャワのラウンジも簡素。
b0112909_141511.jpg


2017年1月5日(木)
機内に落ち着いてからゾクゾクし始めまして (>_<)
成田で発熱が引っかかったら面倒だなと思いましたが幸い無事にスルー。
オットとは品川で別れて、ひとり帰宅。体温計ったら39度超え~
ひょえ~インフル?と心配しましたが翌日午後には37度まで下がってヤレヤレです。

これでウィーンの旅日記は終わりです。最後までお付き合いいただき有り難うございました。

ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-07 20:29 | オーストリア | Comments(0)

富岡製糸場へ

2016年12月9日(金)

今日は「世界遺産の富岡製糸場」と「あしかがフラワーパーク」をハシゴです^^
名物「赤城おろし」はどこへ行った? というポカポカ陽気だったのが何より。
下の写真は富岡市のイメージキャラクター「お富ちゃん」
b0112909_20474957.jpg


2014年、世界遺産に登録されてしばらくは大変な混雑だったようですが今は一段落。
b0112909_20491419.jpg


13時半からのガイドツアーは、東置繭所からスタート。
解説員さんの話によると富岡に官営製糸場が建設されたのは、
①養蚕が盛んで原料繭が確保できる
②広い建設用地が確保できる
③南北を一級河川に挟まれているため、製糸に必要な水の確保が容易
④燃料の石炭が近くの高崎から採れるという理由からだそうです。
b0112909_20534879.jpg


明治5(1872)年10月、操業開始。
当初、設立指導者のブリュナをはじめ10名ほどのフランス人を雇い入れ
製糸技術の指導が行われたそうですが、フランス人が飲むワインを血と思い込み
「富岡製糸場へ行くと外国人に生き血がとられる」というデマが流れ、工女が集まらなかったとか。
b0112909_20541951.jpg


明治6(1873)年建築の検査人館は、生糸の検査などを担当したフランス人技術者の住居。
b0112909_2110997.jpg


明治6(1873)年建築の女工館は、
器械による糸取の技術を教えるために雇われたフランス人女性教師の住居として建設されたもので、
b0112909_21134067.jpg


格子状に組まれたベランダの天井も、よろい戸も当時の日本の建築物には見られないそうです。
b0112909_2113536.jpg


長さ140m余の繰糸場は、繭から生糸を取る作業が行われていた場所。
屋根の上の小さな屋根は・・・
b0112909_2121488.jpg


蒸気抜きの越屋根。建物内部は・・・
b0112909_2122835.jpg


中央に柱のないトラス工法により広い空間が保たれています。
当初はフランス式の繰糸器300釜が設置され、世界最大規模の製糸工場でした。
設立当初の官営時代は1日7時間45分労働で、日曜は休み。盆暮れの長期休暇があるなど、
明治期の労働環境としては世界でも異例なほど恵まれ、女工さんの月給は衣・食・住付きで平均2円。
当時の米価を参考にすれば今の2万円程度のようです。

が、官営工場だったのは115年の歴史のうちのごく一部。
創業21年後の明治26(1893)年には、三井家に払い下げられ、明治35(1902)年に原合名会社、
昭和14(1939)年に片倉製糸紡績会社(現片倉工業)と経営母体が変わり、民営化されたことで
繁忙期には1日あたりの勤務時間が約12時間になるなど、労働環境は厳しくなったようです。
b0112909_212873.jpg


昭和15(1940)年建築の3代目診療所。
官営時代は治療費は工場負担、フランス人医師が診療にあたっていたそうです
b0112909_22184396.jpg


指導者として雇われたフランス人ポール・ブリュナに支給された住居は述べ床面積320坪。
日本人の平均月給が6円足らず、総理大臣が800円だった当時、彼の月給は750円と高額だったため、
大久保利通や伊藤博文が契約解除を進言するほどだったとか。
伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任したのは明治18年なのでガイドさんのお話とは
十数年時代が合わないのですが 「総理大臣クラス800円」 の意味かもしれません

結局、彼は5年間の契約満了後、翌明治9(1876)年に帰国しました。
b0112909_22211060.jpg


1室15畳、1棟16部屋の工女寄宿舎。
b0112909_2235677.jpg


大正7(1918)年、ブリュナ館西側に隣接して建てられたこの寄宿舎の壁や押し入れには
映画俳優などの古いブロマイドが貼り残されているそうです。
b0112909_22382226.jpg


45分ほどのガイドツアーが終わったあとは、繰糸の様子をビデオで見たり
b0112909_22442679.jpg


フランス式繰糸器の実演を見学したりできます。
b0112909_2244740.jpg


これは群馬県が育成した品種「ぐんま」と「黄繭種」との交配により作り出された「ぐんま黄金」
山吹色の繭があるなんて初めて知りました!
b0112909_2248588.jpg


昭和62(1987)年、2月26日に操業を停止。115年間の歴史に幕を下ろしたあと、
平成17(2005)年に全ての建造物を富岡市に寄贈(土地は売却)するまでの18年間、
片倉工業は毎年数千万~1億円の費用をかけてこれを維持管理してきたというお話でした。
b0112909_22584631.jpg


昭和62年といえばバブルの真っ只中ですが、その後の日本経済は右肩下がり。
その中で売らず貸さずに維持管理してきたなんて最後に良いお話を伺いました。
片倉工業の保存活動なくしては、世界遺産登録はなかったのですものね!
b0112909_2312052.jpg


で、、、ここからはオマケの話(笑)
富岡製糸場から車で10分ほどの場所に「こんにゃくパーク」がありまして、
全く期待していなかったのですがこれが結構面白かったのでついでに書いておきます。
( こんにゃくパークの方に失礼ですね (-_^)
b0112909_23155082.jpg


まずはゼリーやこんにゃく、白滝を製造している工場見学。
こんにゃく芋って結構大きいのねと思って見ていたら、
b0112909_23182073.jpg


こんなパネルが目に留まりました。春に種芋を植えつけし、秋にいったん収穫したあと
冬場は5℃以下にならないように室内貯蔵しておき春になったら再び植えつけをして、
これを2~3回繰り返してやっと出荷できるんですって。
b0112909_2325759.jpg


おまけに群馬県で約92%が収穫されているなんて全然知りませんでした。
b0112909_23253745.jpg


白こんにゃくと黒こんにゃくの地方別嗜好とか、雑学?に ホ、ホーとなりながら進んで行き、
製品になった袋詰めこんにゃくが流れてくる所で工場見学は終了
b0112909_0345681.jpg


そのあとは1階で珍しいこんにゃく製品(料理)の試食バイキングとショッピング。
一緒に行った方の話では「こんにゃく焼きそば」が美味しかったそうですよ?
b0112909_23415494.jpg


「こんにゃくポップコーン」とか「こんにゃくカステラ」、
b0112909_2344199.jpg


「こんにゃくラーメン」なんかも。
チャレンジャーではないので何も買いませんでしたがなかなか面白いパークでしたよ^^
このあとは 「あしかがフラワーパーク」へ(次のページへつづく)。
b0112909_23445227.jpg

by tanpopo-jyo | 2016-12-10 21:36 | 群馬県 | Comments(0)

5日目 日帰りツアーに参加して熱帯雨林へ

2016年5月2日(月)

昨夕、デインツリー国立公園へ行く1日ツアーのパンフレットをホテルで見つけ
レセプションでブッキング。
コースはポートダグラスからケープ・トリュブレーションまで北上したあと
観光をしつつ南下して、最後はモスマン渓谷で泳ぐという熱帯雨林ツアー。
ケアンズとケープ・トリュブレーションの中間がポートダグラスという位置関係です
b0112909_14212656.png


参加したツアーは少人数がウリ。
メルセデス・スプリンターかトヨタのランドクルーザーが迎えに来ます
b0112909_1429939.jpg


7時40分にホテルを出発、30分ほどでデインツリー川に到着。
デインツリー国立公園はこの川を挟んで南北に分かれ、南の中心がモスマン
北の中心がケープ・トリュブレーションとなっています。
この川には橋がないので、ケーブルで引っ張る・・・
b0112909_1433722.jpg


巨大なイカダのようなもので
b0112909_14414468.jpg


対岸へ。
b0112909_14443011.jpg


川を越えれば10分ほどでケープ・トリビュレーションへ向かう途中の高台にある・・・
b0112909_1454103.jpg


アレクサンドラ展望台 Alexandra Range lookout に到着します。
ここは2009年にも来ているのですが、昨日・一昨日と大雨が降ったそうで、
b0112909_14542886.jpg


景色はいま一つ。
先ほど渡ったデインツリー川の河口が見えるくらい。
b0112909_14544127.jpg


シダ類のほか原種に近いイチジク、世界最古のソテツなどが鬱蒼と茂る・・・
b0112909_156585.jpg


ジンダルバ・ウォークをツアーメンバーと散策。
途中の案内板に「200㎞/h の暴風雨で大木が倒れると・・・」とありました。
オーストラリアは風の強さを時速で表すのですね!
3600秒で割ると風速55.5m。 やはりこちらがシックリします
b0112909_1561834.jpg


デインツリーには茶畑もたくさんあり、
b0112909_15145019.jpg


デインツリーティとして売られています。
b0112909_1515924.jpg


Kulki ウォークをしばらく歩くと、突然視界が開けて・・・
b0112909_1518772.jpg


グレートバリアリーフ の海が目の前に。
b0112909_15194834.jpg


ケープ・トリュブレーションは、熱帯雨林が海岸まで続く珍しい地域で、
世界自然遺産であるサンゴ礁の海「グレートバリアリーフ」と、
「クイーンズランド州の湿潤熱帯地域」に登録されているジャングルという
二つの世界遺産が出会う場所とも言われています。
b0112909_15183655.jpg


この熱帯雨林が形成されたのは南米アマゾンよりも古い1億3,000万年前の
白亜紀にさかのぼるそうです。遠浅の美しい海なのに泳ぐ人がいないのは・・・
b0112909_15193472.jpg


時には人を死に至らしめるという猛毒のイルカンジクラゲが生息しているから。
警告標識の下には応急処置用に酢のボトルが置いてあります
b0112909_16211324.jpg


ビーチを散策して Kulki ウォークの駐車場に戻ると
ドライバーガイドのベンさんがマフィンや果物を用意しておいて下さいました
b0112909_16232038.jpg


コーヒータイムのあとは・・・
b0112909_162414.jpg


11時半発のリバークルーズ。
b0112909_16253415.jpg


両岸にマングローブが茂るディンツリー川で
鳥や、世界最大級という凶暴なイリエワニを探しながら1時間のクルーズ。
b0112909_16321249.jpg


今更ですが、ワニの口の中って、きれいな色なんだわと^^
b0112909_1633829.jpg


ガイドさんによるとこの辺りではマッドクラブやBlack Kingfich(スギ?)のほか
オーストラリアではたいていのメニューに載っているバラマンディも釣れるそう。
b0112909_16263261.jpg


河口が見えてきたらクルーズも終わり。
b0112909_16264751.jpg


いよいよランチだーとレストランに入ったら・・・
b0112909_16542835.jpg


ぶうちゃんご夫妻がお食事中!明日までデインツリーに滞在されることは
知っていましたが、ここでお会いするとは (@_@)
何度もデインツリーを訪れているぶうちゃんご夫妻ですが、
ここでランチをするのは初めてだそう。偶然ってあるものですね!
b0112909_1715435.jpg


私たちはツアーメンバーと。
ランチはステーキ、フィッシュ&チップス、パスタから選択でした。
食事中の話題は物価の高さ。
メンバーによれば一番物価が高いのはスイスで次がオーストラリアだと。
シドニーのような都会ならともかく、ポートダグラスのような町でも都心並。
「こんな家が8000万円?」と驚いたら8億の間違いで不動産屋さんの前で
びっくりしたことも。
b0112909_16554367.jpg


デザートはデインツリーアイスクリームに場所を移して
b0112909_18441740.jpg


各自好きなものを。これはA$6.50のオススメ4種盛り合わせで、
パッションフルーツが特に美味しかったです♪
お店の前の果樹園で収穫した果物を使っているので安心、安全^^
b0112909_18443245.jpg


モスマン渓谷まで戻ってくればポートダグラスまであと20㎞ほど。
2009年に訪れた時はこの渓谷近くに駐車場があり
そこから森の中を歩いたのですが、今は約2㎞手前でシャトルバスに乗り換え、
道もボードウォークに変わっていました。
b0112909_1901746.jpg


クロコダイルはいないので泳げますが、
水は冷たく川底の石には苔が生えているので滑ります
b0112909_1903031.jpg


ジャックは気持ちよさそうでしたが、女性陣は岸でおしゃべり。
ホテルに帰着したのは16時半。
9時間のツアー代金はアイスクリーム代以外は全て込みで@A$190
(15,000円強)でした。TROPICAL JOURNEYS のツアーは他社ツアーより
若干高めですが、中高年にはオススメ。少人数制なのでまとまりも良いです。
b0112909_190546.jpg


ツアーで疲れたから夕食はホテルにする? とオットに訊いたら
「町まで行こうよ」と。アクティブ!
というわけでディクソン湾に面した Tin Shed へ。
昨年リニューアルしたことはぶうちゃんさまから聞いていましたが、入店時に
ひとりずつタブレットに名前と住所(ホテルではなく日本の!)を入力しなければ
ならないのがちょっと面倒かも。
b0112909_11135075.jpg


とはいえディクソン湾に面した席で夕景を眺めながらのディナーは捨て難く。
b0112909_1114393.jpg


初日にOn the Inlet で食べたバケツ海老が美味しかったので
オットは今日もこれでビール。
b0112909_11155217.jpg


BBQポークの下は軽く握ったもち米!
ソースとの相性抜群で美味しいのなんの^^
b0112909_1116518.jpg


スパイシーなイカは脂っこくなく、オットはビールをお代わり♪
飲み物別でA$69(約5500円)。飲み物はバーへ買いに行くシステムなのです。
b0112909_11161550.jpg

2016年4月27日~5月6日のポートダグラス滞在記の目次は下記のとおりです
1日目 ポートダグラスに到着
2日目 隣室は新婚さん
3日目 ハビタットで鳥と一緒に朝食を
4日目 サンデーマーケット
5日目 日帰りツアーに参加して熱帯雨林へ
6日目 ゴルフのあとはサンセットクルーズ
7日目 ポートダグラス町歩き
8日目 早朝ゴルフ そして帰国日
by tanpopo-jyo | 2016-05-11 15:42 | ポートダグラス2016年5月 | Comments(2)