大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(264)
(219)
(112)
(98)
(92)
(74)
(55)
(46)
(46)
(41)
(40)
(29)
(25)
(23)
(20)
(19)
(14)
(12)
(11)
(7)

最新のコメント

Uさま おお!ダウントン..
by tanpopo-jyo at 10:19
Uです。 「野獣」はマ..
by EMMANNIE at 09:15
ジョニデさま 写真で見る..
by tanpopo-jyo at 15:32
なんとお痩せに! 痩せた..
by ジョニデ at 23:13
kiyochanさま は..
by tanpopo-jyo at 14:38
昨夜は楽しくお食事できて..
by kiyochan at 12:50
ジョニデさま オットの痩..
by tanpopo-jyo at 12:39
Fですね。招集くだされば..
by ジョニデ at 11:07
ぶうちゃんさま 片道2時..
by tanpopo-jyo at 09:20
見事な桜!!遠出して大正..
by ぶうちゃん at 08:23
Uさま ご心配いただき有..
by tanpopo-jyo at 17:04
傾いたベッドで眠れるもの..
by EMMANNIE at 15:19
Uさま 木曜の夕方、シモ..
by tanpopo-jyo at 14:10
ジョニデさま 木曜夜に帰..
by tanpopo-jyo at 14:06
糖質ダイエットですと、飲..
by ジョニデ at 22:08
Uです。シモンズちゃんの..
by EMMANNIE at 16:12
雪見ちゃん お気遣い有り..
by tanpopo-jyo at 12:59
なに?! シモンズベッ..
by 雪見うさぎ at 12:37
> ジョニデさま 安心い..
by tanpopo-jyo at 12:28
失礼いたしました。靖国神..
by ジョニデ at 22:44

記事ランキング

検索

タグ:美術館・博物館・展示施設 ( 98 ) タグの人気記事

福ねこ at 百段階段 へ

2017年4月26日(水)

今日は目黒雅叙園の・・・
b0112909_21121060.jpg


百段階段を会場にして始まった、
b0112909_21132743.jpg


「福ねこ at 百段階段 ~和室で楽しむねこアート~」へ行って来ました。
現代作家による絵画、立体、陶芸、人形、彫刻、写真の作品約1,000点が出品されています。
b0112909_21141918.jpg


頂上の間には人間と等身大の五行観音猫のほか
b0112909_22371166.jpg


何点か購入可能な作品も。「大大大ねむり」は ン十万円でしたが、
b0112909_21202187.jpg


マグカップや小皿、箸置きなど手頃な価格のものも。
b0112909_21215317.jpg


清方の間は、
b0112909_21231529.jpg


切り絵の世界。
b0112909_21225422.jpg


静水の間には江戸縮緬小裂の衣装を着た猫人形たち。正面で出迎えてくれる「笑い大吉」のほか、
b0112909_21261031.jpg


「宴のあとに」
b0112909_21274817.jpg


「花の色はうつりにけりな」
b0112909_21283602.jpg


「陰陽師」等々。
b0112909_21291943.jpg


「異界の生き物 門番」や
b0112909_21322624.jpg


「異界の生き物 猫又奏者」は夜、ひとりで見たら怖いでしょうね?
b0112909_21332619.jpg


"必殺シリーズ" より 錺職人の秀 !
b0112909_21354875.jpg


”猫侍” の玉之丞 などユニークな題材の作品もありました。
b0112909_22435394.jpg


星光の間は、毒をもって毒を制する?「毒猫神」を中心にした・・・
b0112909_21415950.jpg


神仏猫百覧会。
b0112909_21424402.jpg


草丘の間は、絢爛耽美な日本画の世界。
ところで、ここまでの写真に人物が写っていないのにお気づきでしょうか?
私がホテルに着いたのは16時頃でしたが、ほぼ貸し切り状態。
b0112909_21464595.jpg


係の方同士で「初日からこんなに混んだ催しは今までにない。やっと落ち着いた」と
話しておられたので昼間は相当な混雑だったようです。
マジメな主婦は出かけにくい 時間ですが狙い目かも?
b0112909_21471152.jpg


漁樵の間は平安~江戸の猫たちの世界。
中国の漁樵問答の一場面が施された檜の床柱の間には・・・
b0112909_21582106.jpg


「この魚は海のものか、山のものか」と「木魚問答」をしている猫が2匹。
b0112909_22174708.jpg


部屋の中央には歌川国芳の「猫飼好五十三疋」を立体化した作品群。
日本橋 → にほんだし(2本の鰹節)等、宿場名が猫にちなんだ洒落になっています。たとえば・・・
b0112909_22211624.jpg


ネズミが「ぎゃう」と叫んで「京」とか www
b0112909_22240493.jpg


十畝の間には巨大なショートケーキの上に座る誕生日猫
b0112909_22294131.jpg


部屋の周りには1月1日~12月31日まで366体の誕生日猫がずらりと。
b0112909_22311439.jpg


床の間には 4本の手(「福を招く手」「願いを叶える手」「魔よけの手」「祈りの手」)を持つ金猫神。
b0112909_22335460.jpg


「福ねこ at 百段階段」は5月14日(日)までです。
b0112909_22521584.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-04-26 22:53 | 白金・目黒・恵比寿エリア | Comments(0)

エルメスの手しごと展へ

2017年3月14日(火)

今日は表参道ヒルズで開催中のエルメスの手しごと展へ行って来ました。表参道ヒルズは・・・
b0112909_21022741.jpg


外も
b0112909_21045176.jpg


中もエルメス一色。中央階段には・・・
b0112909_21074926.jpg


職人が使う様々な道具が描かれています。
緑色の櫛のような形の道具は菱目打ち。革に縫い目の印をつける道具です。
その下のピンクのパレットナイフは磁器絵付け職人が色を調合する時に使う道具。
左端の糸鋸は、石留め職人が金属に浅い溝を彫るときに使います。
b0112909_21083356.jpg


道具って美しい♪
b0112909_12450513.jpg


エルメスを支える職人たちに、受け継がれてきた技を披露する「エルメスの手しごと」展は、
2011年以来、世界各都市で開催されてきましたが、東京開催は今回が初めて。
b0112909_21295701.jpg


会場には、メゾンに受け継がれる10種の手しごとのコーナーが並んでいます。
シルクスクリーン製版職人は、グラフィックデザイナーが描いたスカーフの原画をデジタル化し、
シルクスクリーンの型を作るためにデザインを色別に分解、色と同じ数のトレースを作る人。
このスカーフは48色使われているので作業に約1年かかるそう005.gif
b0112909_21393166.jpg


シルクスクリーン職人は1930年にリヨンで始まった「フラットフレーム」という技法を用います。
真っ白なシルクツイル地をプリント台に張ったあと、ステンレススティール製のフレームをその上にのせて
b0112909_14405271.jpg


色の調合師が作った特別なインクを流し込み、ゴム製のスクイージーで広げていきます。
b0112909_14470769.jpg


1色ごとにフレームを差し替えながら、布に色を塗り重ねる作業。
人物のような複雑なデザインは、1箇所の表現に15枚のフレームを使うこともあるそうです。
b0112909_14413284.jpg


プリントが終わったら乾かし、300℃の蒸気を1時間あてて色止めをし、井戸水と特殊な洗剤で洗浄。
スカーフになる準備が整ったところで検査室に運ばれ、滲みやシミがないかのチェック。
不合格になったものは裁断してクッションの中に入れるなどリサイクル使用するほか、
一部は縁かがり職人の練習用に回されるそうです。
「ラグジュアリーブランドである前にクオリティブランドであれ」というエルメスの心意気066.gif
b0112909_14542176.jpg


検査を通ったスカーフは「縁かがり職人」により最後の仕上げが施されます。
裏から表へ巻き込んで縫う “ルロタージュ”というフランス特有の技法ですべて手縫い。
表から裏へ巻き込むのは "イタリア式" というのだそうです。
b0112909_15094867.jpg


エルメスのネクタイは裏地に加え、内側にウールと綿の芯地が張られます。
ふんわりとボリュームが出るように布地を折り畳んで芯地を包み、
ロゴが中心線にきていることを確認したら・・・
b0112909_15133923.jpg


理想的なしなやかさを保つため、1本の糸で縫い上げるのが最大の特徴。
縫い始めの糸留めはこの生地の場合は針に糸を15回巻くのが決まり。
分銅でネクタイをピンと張って、糸を滑らせるように縫っていき・・・
b0112909_15142762.jpg


縫い終わりの糸留めは10回。
b0112909_15145319.jpg


こうして仕上げたエルメスのネクタイは「決してアイロンをかけないで」と。
使用しているうちに出てくる変形は、ネクタイの中にある1本の糸をそっと引っ張り、
一度ネクタイをクシャっと縮めたあと、もう一度生地を伸ばせば元通りになるって初めて知りました。
職人がネクタイの仕上げに行っている方法で、誰にでもできるよう糸の端は輪になっています。
帰宅して試したら本当に直った!!
もし糸が切れても私のじゃないし と思って始めたことはオットにナイショ^^
b0112909_15152760.jpg


この他にも時計職人、鞍職人、クリスタル職人、石留め職人、手袋職人、磁器絵付職人、皮革職人の
技を見ることができます。
肌そのもののようにしなやかなエルメスの手袋が出来上がるまでの驚くべき手間や
バッグの持ち手の糸が摩耗しないように、仕上げにハンマーで縫い目を叩いたあと、縁に蝋止めをして
革の断面を滑らかに艶やかに仕上げる皮革職人の技。
素材が形になっていく過程を見るのは楽しいです♪
b0112909_15520104.jpg


表参道ヒルズのエルメスの手しごと展は3月19日(日)まで。
銀座メゾンエルメスでも同時開催中で、こちらは26日(日)まで。会期中無休です。
b0112909_12551053.jpg


カフェでお茶でもして帰ろう・・・と思っていたのに「まい泉」の看板を見つけて
トンカツ食べてしまいました。ごめん エルメス!!
b0112909_13001264.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-03-14 16:36 | 原宿・表参道・青山エリア | Comments(0)

FLOWERS by NAKED 2017 —立春—

2017年2月6日(月)

今日は日本橋三井ホールで開催中の 「FLOWERS by NAKED 2017 —立春—」へ行って来ました。
プロジェクションマッピングで彩られた約2m×3mの本型オブジェ Big Book と
それを取り巻く花のオブジェ Big Flowers が来場者を迎えます。
b0112909_23135331.jpg


2017年の FLOWERS by NAKED は立春から春一番が吹くまでのストーリー。
b0112909_23145261.jpg


花占いをしてくれる「モザイクフラワーズ」は、壁の前に立つと・・・
b0112909_23201264.jpg


バラ・パンジー・カーネーションなど27種類の花の中から、自分の花が咲いて花言葉を教えてくれます。
b0112909_23204118.jpg


タンポポに息を吹きかけるとプロジェクションマッピングにより綿毛が舞い上がる仕掛け。
ここまで去年と同じ内容なんですけど? (2016年1月の「FLOWERS by NAKED 」の記事はコチラ)
b0112909_23365925.jpg


闇に浮かぶ冬の花園 Frozen Flowers は、プリザーブドフラワーやガラスのオブジェでできています
b0112909_14554953.jpg


今回のテーマでもある「立春」と名付けられたコーナーは、
草月流家元・勅使河原茜氏とのコラボレーションによる空間。
b0112909_15041380.jpg


「草月流の象徴」という竹を130本使い、
そのうちの90本は16分割した1440枚の割竹として使用しているため、
b0112909_15063589.jpg


中央にそびえ立つ "竹火山" も・・・
b0112909_15114808.jpg


しなやかな表情が生まれていると説明書きにありましたが、心得のない私には生け花とは思えず028.gif
竹火山の周りにはスツールが何脚か置いてあり、座っているとどこからか温かな風が吹いてきて、
少し早い春の訪れを感じさせてくれるエリアです。
b0112909_15105838.jpg


幻想的な映像と奔放にうねる竹。去年は藤ヅルがうねっていましたけども・・・。
b0112909_15121318.jpg


最後は、桜をモチーフとしたアート空間「桜彩」。朧月が浮かぶ空間には、本物の桜と頭上には・・・
b0112909_16235735.jpg


和紙を桜の花に型抜きした巨大な桜のオブジェ。
b0112909_16355679.jpg


桜の花びらが舞うなか、
b0112909_16422510.jpg


「春の精霊」たちもゆるやかに舞い、
b0112909_16400855.jpg


会場は様々な表情を見せていました。
b0112909_16411362.jpg

b0112909_16415122.jpg


丸山敬太氏デザインのシフォンをふんだんに使ったドレスには、
b0112909_17533455.jpg


桜の花びらが散りばめられ、
b0112909_17525749.jpg


帯のようなサッシュは帯締め風の紐で留めて。
b0112909_17490405.jpg


このエリアにはバーカウンターが併設され、
紀州梅のソーダや桜のサングリア、甘酒宇治抹茶のほか、サクラマカロンやショコラマカロンも。
b0112909_21572646.jpg


フラスコや試験管が並ぶ実験室のようなコーナーは、花のアロマや精油など香りも楽しめる場所。
これも前回ありました。
b0112909_18442396.jpg


「FLOWERS by NAKED 」は過去のイベントで通算15万人を動員したそうですが、
同じ会場で1年前とほぼ同じ内容というのはいかがなものでしょうか?
今回が初めての来場という方にとってはじゅうぶん満足される内容だと思いますが。
「FLOWERS by NAKED 2017 -立春-」は3月20日(月)まで。会期中無休です。
b0112909_21580008.jpg


昨日、雪見ちゃんに東急プラザ銀座(数寄屋橋阪急の跡地にできたビル)の地下2階にある
銀座茶房のことを教えてもらったので銀座へ移動。
パフェグラスではなく「枡」に入った庭園風茶房パフェが美味しいらしく♪
b0112909_18454099.jpg


が!16時過ぎだったので売り切れ007.gif あんみつを注文して・・・
b0112909_18461151.jpg


黒蜜た~っぷりかけてパクっと。黒蜜がむせるほど甘くて残念でした。
半生あんずではなく、金柑の薄切りが添えてあったのは良かったんですけどね。
銀座であんみつを食べるならつぶ餡が選べる「鹿乃子」か「とらや」が好き!
今度はもう少し早い時間に行って茶房パフェをリベンジして来ます049.gif
b0112909_18464703.jpg



by tanpopo-jyo | 2017-02-06 23:40 | 皇居・東京・日本橋エリア | Comments(0)

テーブルウェア展とムーミンカフェ

2017年1月31日(火)

2日続きで外出すると写真の整理が大変なのに(文句を言う筋合いではないけれど^^)
数日前、ブログの記事作成画面の仕様が強制的に変更になって少々パニック中。
ほとんどのブロガーさんにとって便利なことも、新しいことへの適応能力がない私には大変なのです007.gif

さて今日は後楽園ドームで開催中のテーブルウェア展へ行って来ました。
b0112909_18071061.jpg


家族で祝う銀婚式のテーブル。
b0112909_18000064.jpg


銀色の器が主役というのは珍しいですが落ち着いていて良いですね!
b0112909_18002977.jpg


伊勢物語「東下り」の景色をイメージしたテーブルは流水紋の京唐紙をテーブルクロスに、
お弁当籠は亀甲つなぎ文様の布地で留めてあります。
b0112909_17490385.jpg


改装で不要になった障子の枠をテーブルに載せたというアイデアがお洒落です。
b0112909_17554835.jpg


お花見ランチのテーブルは、
b0112909_18034770.jpg


淡い桜色のランナーに朱の器が良く映えて。
b0112909_18031751.jpg


タイトルは「博士の愛したディナー」で、小川洋子さんの小説風ですが、
科学者であるご主人の還暦祝いのテーブルだそうです。
分子構造に見立てた六角形のお皿、
熱々の茶碗蒸しはビーカーのようなグラスにベージュのフェルトを巻いて。
シャーベット(左端)は試験管に入れて氷で冷やしてサーブだそうです。面白い!
b0112909_18313879.jpg


出産を控えたお友達を招いてのベビーシャワー
写真ではわかりづらいですが、右上には白い包みをくわえたコウノトリが飛んでいます
b0112909_18500080.jpg


卵型の器で赤ちゃんの成長を表現、中にはメッセージカードが入っているそうです。
トレイにも赤ちゃんの健やかな成長を願って麻の葉模様の和紙。
b0112909_18503169.jpg


黒柳徹子さんのコーナーで使われていた椅子の背もたれにはビーズを刺した布が張られていました!
b0112909_20435194.jpg


後楽園ドームへ行った帰りに寄ることが多いムーミンカフェは珍しく空いていて、
b0112909_20483499.jpg


スナフキンや
b0112909_20495950.jpg


ムーミンパパ、
b0112909_20511949.jpg


レアな(?) "ご先祖さま" をスタッフの方が次々運んできて下さるのでお茶そっちのけで撮影会^^
b0112909_20520387.jpg


スタッフの方によれば "ご先祖さま" は、「ムーミン谷の冬」に登場するキャラクターで
ムーミンハウスのストーブの裏でひっそり暮らしているんですって。
でもムーミンのご先祖さまではないようです。こんなに毛むくじゃらですし
b0112909_20530177.jpg


最後は、隣のテーブルまで使って撮影会。こんな日もあるんですねー
b0112909_21103129.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-01-31 23:50 | その他の東京23区 | Comments(2)

スーパー浮世絵 江戸の秘密展

2017年1月30日(月)

今日は日本橋茅場町で開催中の「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」へ行って来ました。
東京メトロ「茅場町駅」から徒歩1分、永代通りに面した9階建ての空きビルを1棟丸ごと使った展覧会で
「食神さまの不思議なレストラン展」も同時開催しています。
b0112909_00173807.jpg


「スーパー浮世絵展」は、ボストン美術館が所蔵する浮世絵約2万点をデジタル化し
その中から選りすぐりの作品を巨大化させ、最新の映像技術で動かし、立体空間として再現したもの。
浮世絵を通して時代の空気や流行を知った江戸の人々。
江戸の人々はどんな暮らしをして、何に胸をときめかせていたのでしょうか?
b0112909_17485832.jpg


歌舞伎スターや花魁といった芸能人の存在、着こなしや食のトレンド。
絵師がこっそり絵の中に忍ばせたゴシップや風刺。
「浮世絵を見る」のではなく、デジタルアートで蘇った江戸の街に紛れ込んで歩くという展覧会です。
b0112909_17540645.jpg


日本橋ゾーン は、「七ツ (日の出前の時間)」の日本橋を表現した部屋。
b0112909_18021561.jpg


江戸ツアーに出発です!
b0112909_18084258.jpg


ナビゲーターは片岡愛之助さん。要所要所でテンポのよい説明をしてくれますよ
b0112909_18095291.jpg


江戸市中街角ゾーン は、朝の江戸の街角。
b0112909_18153250.jpg


江戸っ子たちはどんな着物を着て、どんな流行りを追いかけていたのでしょうか?
b0112909_18162334.jpg


混浴もイヤだけど、入浴中もお化粧を落とさないなんて信じられません!
b0112909_18174153.jpg


派手な物を纏い絢爛にするのが良いとされる上方に対して、「省略」していくのが江戸っ子。
「あか抜ける」の由来は「赤抜ける」(派手な色を着ない)だって初めて知りました^^
b0112909_18183166.jpg


イケメン役者に、泣けるストーリー、
b0112909_19011972.jpg


江戸の庶民を熱狂させた芝居小屋を覗ける歌舞伎小屋ゾーン へ。
b0112909_18574336.jpg


芝居を見れば楽屋裏の様子も気になるってぇもんです。人々のリクエストに応じて描いたのがこちら。
右手で見得の稽古をしているのは初代中村福助と3代目嵐吉三郎。
左下で衣装を着付けてもらっているのは7代目市川海老蔵だそうです
b0112909_19232686.jpg


浮世絵は絵を描く「絵師」、木版を彫る「彫師」、紙に刷る「摺師」の分業制。
一番上の版は黒い輪郭線、2番目は緑、3番目は赤というように同じ色は同じ版で刷られていますが
グラデーション加減などは摺師に一任されていたそうです。
b0112909_19282039.jpg


次は 江戸湾・魚河岸ゾーン
房総半島千葉県側から見た江戸湾の海。
「神奈川宿」の沖と言われ、そこから100㎞離れた富士山を描いています。
b0112909_19535723.jpg


江戸の胃袋を支えた魚河岸と、
b0112909_19514900.jpg


新鮮で豊富な海産物をもたらしてくれた江戸湾。
関東大震災がきっかけで築地市場への移転が決まった魚河岸は反対の声も多く、移転完了まで10年!
歴史は繰り返す(?)
b0112909_19543529.jpg


海に浮かぶ舟は当時の超高速運搬船「押送船(おしおくりぶね)」
獲れた鮮魚をどれだけ早く魚河岸に運ぶかにかけている8人の決死の漕ぎ手。
効果音もあって大迫力!!
b0112909_19555101.jpg


7階は 日暮れ時の裏長屋、お化けゾーン です。
私たちの知っているお化けは江戸時代、浮世絵で描かれて初めて一般化され、
b0112909_20232612.jpg


"出る" のが「丑三つ時」や「柳の下」という設定が広まったのも浮世絵を通してだそうです。
b0112909_20245455.jpg

b0112909_20253196.jpg


江戸巡りツアーの最後は、江戸で一番お金がかかると言われた吉原遊廓 花街ゾーン
b0112909_21171838.jpg


格式が高い「一握りのイ~イ女」 は上座、客は下座に。
高級な紅を何度も塗り重ねて玉虫色に光らせた口元お洒落がトレンドでありんす~
高い紅は使えない庶民は、下地に墨を塗り、その上に紅を塗って唇を光らせる工夫をしていたそうです。
b0112909_21254371.jpg


1回目(「初会」) は離れた所から見るだけで花魁は目も合わせず
2回目(「裏」) も名前すら呼んでもらえず
3回目(「馴染み」) になると専用の箸や膳が用意されて遊女の部屋へ通されるそうです。
名前も呼んでもらえない「次」が、いきなり部屋へ通されるっていうのもねー(笑)
b0112909_21310907.jpg


浮世絵に登場する花魁のかんざしは相当誇張されているそうです。
そんなこと考えたこともありませんでしたが、たしかにこんなにたくさんは刺せませんね。
「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」は へぇ~ がいっぱいでとても楽しめました!
同時開催の「食神さまの不思議なレストラン展」に続きます。。。
b0112909_21322080.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-01-31 18:21 | その他の東京23区 | Comments(0)

食神さまの不思議なレストラン展

2017年1月30日(月)

「スーパー浮世絵展」があまりに面白かったので気分上々で「食神さまの不思議なレストラン展」へ。
「四季の変化と育まれる食材を表現したインスタレーション。
日本人が大切にしてきた季節と旬、自然への敬意、自然との調和という精神性をテーマにしています」

との説明書きがありましたが「???」 よくわからないまま順路に従って次へ・・・
b0112909_22455509.jpg


半円上に設置されたスクリーンが「発酵」「道具」「酒」「出汁」という要素を映し出している部屋で、
b0112909_22502457.jpg


出汁のうまみとは? のスクリーン前で
器の周りの4つのエレメンツから1つを選び器の中に入れる動作をすると・・・
b0112909_22531816.jpg


シイタケや
b0112909_22551080.jpg


煮干しが現れます。
b0112909_22553316.jpg


「和食を完成させるのに大切なもの」のスクリーン前で同じような動作をしたら
b0112909_23115434.jpg


土鍋が。うーん。。。
b0112909_23122029.jpg


お米をテーマにしたインスタレーションは、
お米が大地で育ち、ごはんとして食べられるまでを表現したものだそうですよ?
b0112909_23151079.jpg


結局、訳がわからないまま4階のレストランに着いてしまいました008.gif
b0112909_23200027.jpg


神様のおいなりさん(1個)はチケット代に含まれています。
宗田鰹・鰯・鯖の枯れ節を配合した出汁で炊きあげたお揚げ、
干し椎茸の旨味を効かせた酢飯に細かく刻んだ蓮根。風味も食感もよく美味しくいただきました。
b0112909_23223345.jpg


別料金で下記4品もメニューにありました。
レストランフロアに入ったとたん、と~っても良い出汁の匂いがしていましたから
展示はともかく食事は美味しいかもしれませんね!「立ち食い」ですけど。。。
実山椒をきかせた 親子出汁巻(600円)
播州赤鶏のもも肉と実山椒を合わせた有馬煮を、鶏ガラスープで溶いた卵で巻きあげた出汁巻。

野菜の旨味感じる 筑前煮(500円)
加賀蓮根、干し椎茸、牛蒡、人参、コンニャク、筍、鶏肉を淡い香りの胡麻油で風味付けしたお惣菜

出汁香る 稲庭うどん(1,000円)
北海道産昆布を使用し、本鰹・宗田鰹・鰯の風味を効かせた出汁の稲庭うどんです。

味噌と出汁の相性を考える 3種の味噌汁(500円)
白味噌と昆布出汁・田舎味噌とイリコ出汁・赤味噌と鰹だし。小さなカップで3種類提供されるようです

この展覧会、よくよくタイトルを見たら「食神さまの不思議なレストラン」。
とっても「不思議」でした!!
b0112909_00050633.jpg


入場料は「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」が2,000円、「食神さまの不思議なレストラン」が1,600円で
セット券は3,400円。2017年5月21日(日)まで。
浮世絵展はオススメですが、「食神さまの不思議なレストラン展」は私にはイマイチ
b0112909_00173807.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-01-30 23:22 | その他の東京23区 | Comments(0)

③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク

2016年12月30日(金)

ハプスブルク家歴代皇帝の居城として発展し続けてきたホーフブルク(王宮)。
「都市の中の都市」と形容されるように広大な敷地の中には
新旧の王宮をはじめとする宮殿群と王宮に付属する教会や図書館などがあり、
全てを見学するには最低でも1週間かかるらしいので「必見スポット」だけ駆け足で。

フランツ2世像の立つ中庭から見た・・・
b0112909_1853128.jpg


旧王宮。
ハプスブルク家が13世紀後半から1918年まで600年以上にわたって住居としてきた王宮は
増改築が繰り返され、18の棟が複雑に入り組み、2500以上の部屋があるそうで・・・
b0112909_1874558.jpg


ハプスブルク家の暮らしぶりを見せてくれる銀器コレクションのほか、
b0112909_181455100.jpg

b0112909_1815749.jpg


エリザベートが婚礼前夜に着用したドレスや、ハンガリー女王としての戴冠式用ドレス(ウェスト51㎝!)、
旅行に愛用した豪華なサロン列車のレプリカ、
レマン湖畔でアナキストに襲われたあと宿泊先のホテル「ボー・リヴァージュ」へ運ばれた際に
彼女を覆っていた襟と縁取りをサギの羽根で飾った黒いマントetc が展示されているシシィ博物館や
家族の肖像画が飾られた皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の執務室や居室をまず見学しました。
b0112909_18275818.jpg


英雄広場から見た新王宮。
現在は古楽器博物館、武器・鎧博物館、エフェソス博物館が入っています。
1938年3月、ナチスがオーストリア併合を強行、ヒトラーは5月にこの中央バルコニーで演説をしました。
b0112909_1803038.jpg


王宮礼拝堂では、9月中旬~6月中旬の日曜日のミサで
ウィーン少年合唱団(1498年に皇帝マクシミリアン1世により王宮礼拝堂少年聖歌隊として結成)の
歌声を聴くことができるそうです
b0112909_18371235.jpg


王宮の一角、ヨーゼフ広場に面した所にオーストリア国立図書館に属するプルンクザール Prunksaal
という、世界で最も美しいと言われる図書館があります。
b0112909_1852579.jpg


1723年、マリア・テレジア女帝の父、カール6世の命により建設された図書館で
ハプスブルク家歴代皇帝などの蔵書から成る書籍は約20万冊。
館内はプルンクザール(=豪華なホール)とよばれるメインホールが最大の見どころです。
b0112909_18552016.jpg


左右の本棚には、1730年から19世紀に至るまでの手書きや印刷された本や地図、
b0112909_18565559.jpg


楽譜など、王宮図書館所有の書物や地球儀が置かれています。
b0112909_18573779.jpg


中央にカール6世像が置かれたバロック特有の楕円ドームがあり、
b0112909_1984132.jpg


天井フレスコ画が施されています。
フレスコ画の中央には右手に長細いピラミッドを手にした栄誉を表す人物像、
その下にはヘラクレスとアポロがカール6世のメダルを持って描かれています。
b0112909_19315243.jpg


国立図書館と同じく、ヨーゼフ広場に面した場所に入り口があるアウグスティーナ教会は、
宮廷付属の教会として14世紀前半に建造されました。
最初は、フリードリヒ美王(1286~1330年)によって、靴を履いてよいアウグスティヌス修道会が呼ばれ、
教会と修道院が作られたのですが、1631年に皇帝フェルディナント2世が、
戒律が厳しい靴を履いてはいけないアウグスティヌス修道会をプラハから呼び寄せたため、
昔からここにいた靴を履いてよいアウグスティヌス修道会は追い出されます。
その後この教会はバロック化されますが、1785年フェルディナント・ホーエンベルクによって
バロック様式が取り除かれ、ゴシックをベースにした現在の姿になったということです。

1634年から1918年まで宮廷付属の教会だったので、マリア・テレジアとフランツ・シュテファン、
マリーアントワネットとルイ16世の代理人、フランツ・ヨーゼフとエリザベートなど
ハプスブルク家の結婚式が執り行なわれた教会としても知られています。
b0112909_19351865.jpg


金装飾のパイプオルガンもみごとです。
b0112909_19354499.jpg


アルベルティーナ Albertina は、17世紀後半に宮廷役所として建てられ、
1742~1745年のマリア・テレジア時代に宮殿に改築されます。
その後マリア・テレジアの娘クリスティーナと結婚したザクセンのアルベルト公の所有となり、
彼の膨大なコレクションを収めるため1795年に改築、現在美術館として公開されています。
b0112909_1956846.jpg


美術館の入口に通じる階段は、一種のアートになっていて、絵は展示内容によって変わるとのこと。
2017年1月8日までは「ゴッホ展」のため、階段は「種をまく人」になっています。
旧王宮をスタートして、ここまでで4時間余りが経過。
まだスイス宮やスペイン乗馬学校もありますが本日は時間切れ!ホテルに戻って着替えたら・・・
b0112909_200240.jpg


コンツェルトハウス Konzerthaus へ。
1913年に完成したウィーン交響楽団の本拠地です。
皇帝フランツ・ヨーゼフI世の臨席によるこけら落としのコンサートでは、
当時の現代作曲家リヒャルト・シュトラウス作品が紹介され、続いて第九が演奏されました。
現代作品と古典の組み合わせは伝統として今日まで続いているそうです。
b0112909_223225.jpg


本日のお目当ては20:00 ~の「第九」。指揮は若き俊英ウルバンスキ。
b0112909_22321845.jpg


開演1時間ほど前に到着してロビーでウロウロしていたら
「今朝シェーンブルン宮殿でお会いしましたよね?」と声をかけられでびっくり!ウィーンは狭い?(笑)
b0112909_22324846.jpg


皆さま、ロビーにあるベートーベンの胸像が見下ろすバーや、
b0112909_22323582.jpg


もう1ケ所あるバーでシャンペンなどを楽しみながら開演を待っていらっしゃいます。
b0112909_22330100.jpg


演奏は、1楽章、2楽章、3楽章と淡々と進んで、ちょっと物足りない気もあったのですが、
合唱も加わったあとの4楽章の迫力ある展開と追い込みは感動的でした。
完璧に合わせてハモるというより、100何人? かの歌手ひとりひとりが
感情をぶつけるようにして歌って、かつバランスが保たれているとでも言うような歌い方。
b0112909_2233113.jpg


コンツェルトハウスからグランドホテルまでは歩いて5分くらい。
場所によるのかもしれませんが、夜歩いていても危険な感じはなく良い町です♪
ウィーン一日目はつつがなく終了。
b0112909_2233237.jpg


ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-13 19:16 | オーストリア | Comments(0)

⑩名画の宝庫 美術史美術館へ

2017年1月3日(火)

朝食後、ホテルからすぐの美術史美術館へ。
ハプスブルク家が収集した膨大なコレクションを収蔵しており
「ウィーンで美術館をひとつだけ観るなら迷わずここへ」らしいので。
b0112909_1059726.jpg


正面玄関前に立つと向かい側には・・・
b0112909_10584061.jpg


同じかたちの双子の建物、自然史博物館があります。
こちらはマリア・テレジアの夫、フランツ1世のコレクションが基礎になっているそうですが
今回は時間がないので また今度(って来るつもり? ^^)。
b0112909_1111823.jpg


入館料 ₠14、オーディオガイド(日本語あり)₠4
中央大階段より左ウィングにオランダ・フランドル・ドイツ絵画、
右ウィングにはイタリア・スペイン・フランス絵画のコレクションとなっていました。
踊り場の「ミノタウロスを殺すテセウス」前で振り返ると・・・
b0112909_11172797.jpg


豪華絢爛な「ルネッサンス賛歌」が迫ってきます。中央柱の間の壁画は・・・
b0112909_11175888.jpg


若き日のクリムトの作。左は「古代ギリシャ美術の女神」、右は「古代エジプト美術の女神」
b0112909_11174058.jpg


この美術館の中で特に有名なのは世界最多の点数を誇るブリューゲルのコレクション。
ブリューゲル室があるのです!たとえば・・・
b0112909_1294490.jpg


旧約聖書の創世記に記されている伝説の塔をモチーフにした作品「バベルの塔」(1563年)。
この翌年に再び描かれた「バベルの塔」(ボイマンス美術館蔵)は東京都美術館に来日が決定しています
b0112909_12141243.jpg


フランドル地方の婚礼の様子が描かれている「農家の婚礼」(1568~69年頃)をはじめ、
b0112909_12162471.jpg


80種類以上の遊戯を描いた「子供の遊び」(1560年)や
b0112909_12204155.jpg


「雪中の狩人」(1565年)など 神でもなく、風景でもなく 「人」を描いた作品多数。
b0112909_12213466.jpg


ブリューゲル室では模写をしている方が何人か。
b0112909_12215023.jpg


その他にもフェルメールや、
b0112909_12222272.jpg


テニエルスなどの傑作が目白押し!
「ブリュッセルにおけるレオポルト・ウィルヘルム大公のギャラリー」(1651年頃)
ネーデルラントの総督でもあったウィルヘルム大公はハプスブルク家のなかでも
とりわけ熱心な絵画の収集家だったようです。
b0112909_12225065.jpg


とってもゼイタクな空間ですよね♪
b0112909_12351993.jpg


ぜ~んぶルーベンス。
b0112909_1235321.jpg


この中の1枚でも上野に来たらすごい行列になって、他の人の肩ごしに鑑賞するのでしょうけれど。
b0112909_12354340.jpg


ベラスケス 「青いドレスのマルガリータ王女」(1659年)
美術史美術館はルーブル、プラドと共にヨーロッパ三大美術館だそうです。
両者と規模の違いはありますが、ハプスブルク家のお眼鏡にかなった15~18世紀にかけての
絵画だけを収蔵しているので非常に鑑賞しやすいと思いました。それでもちょっと疲れたら・・・
b0112909_13313528.jpg


ドームの下のカフェで、
b0112909_1791910.jpg


お茶やランチをいただくことができます。
今日はウィーン最終日。まだ「やり残したこと」もあるので美術館はここまでにして・・・
b0112909_17911100.jpg


旧市街の一角、シュテファン大聖堂近くにあるカフェ フラウエンフーバー FRAUENHUBER へ。
b0112909_1891166.jpg


カフェの入口横にある記念プレートによると、
1788年にここで、マリア・テレジアの料理人 Franz Jahnがレストランを開き、
モーツァルトは1788年、ベートーヴェンは1797年に演奏したと記されています。
b0112909_181244100.jpg


Franz Jahnは1812年にこの場所を売り、その後所有者が数回変わって、
最終的に1891年に現在の名前Frauenhuberとなったそうで、
営業中のカフェとしてはウィーンで 一番古いカフェ。ほぼ満席なのにとても静かな時間が流れています。
ウィーン三大名物料理のひとつ、ヴィーナーシュニッツェル(ウィーン風カツレツ)が秀逸だというので
食べたいと思ったのです。もうひとつの名物料理は夜のお楽しみ♪
メニューを見ていたオットが「あった!」と言うので それを2つ注文。ところが・・・
b0112909_18221655.jpg


運ばれてきたコレは何!?たしかに牛肉ではありますが?
帰国後調べてわかったのですが三大名物料理のひとつ ツヴィーベル・ローストブラーテンでした。
Zwiebel (玉ねぎ) と Rostbraten (ローストビーフを焼いたもの)ということで、
ウィーン風ビーフステーキです。
ブツブツ言いながら食べていると隣のテーブルにキツネ色に揚がったヴィーナーシュニッツェルが(悲)。
さらに悪いことに私のお肉の中から爪楊枝の先くらいの金属片が!
b0112909_18314466.jpg


シェフからのお詫びのデザートです(^^;
気を取り直して午後の部、頑張りまっす
b0112909_18504470.jpg


ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-08 11:39 | オーストリア | Comments(0)

デジタルスィーツアート展 SWEETS by NAKED

2016年12月14日(水)

今日も2ケ所ハシゴです。さすが師走!( って忙しさの「質」が違う気も^^ )
11時半に表参道ヒルズで雪見ちゃん & キウイちゃんと待ち合わせをして・・・
b0112909_2355072.jpg


地下3階スペースオーにて開催中の SWEETS by NAKED へ。
b0112909_237117.jpg


クリエイティブ集団 NAKED の最新作はスィーツがテーマです。
b0112909_239654.jpg


ネオン看板がキャンディでできているニューヨークをイメージした街並みを抜けると
会場の中央には本物のチョコレートでコーティングされたマンホール「Sweets Time」が。
b0112909_23162932.jpg


このマンホールから溢れ出す様々なスイーツによって不思議なスィーツの世界は作られています。
b0112909_23164357.jpg


オブジェのモチーフはエッフェル塔。
エッフェル塔が刺さっている地面は石畳の道をイメージした・・・
b0112909_23233417.jpg


「cote cour」の本物ブラウニー。
b0112909_23283370.jpg


「Sweets Universe」 はスィーツでできた宇宙空間。中央には太陽のオブジェがあり、
b0112909_23312093.jpg


コットンキャンディのうちわでメラメラ燃える太陽に風をおこすと・・・
b0112909_23314423.jpg


カップケーキの火山がこんがり焼けて香ばしい匂いが広がります。
惑星・隕石は、「Chocolat Boutique du ROYAL L’eclat」 のチョコレート、
火山は 「MAGNOLIA BAKERY」のケーキ、星屑は「KuKuRuZa」 のポップコーンです。
b0112909_2331329.jpg


不思議な街角 「Sweets Interaction」には、ハチミツの街灯が灯り、
b0112909_23531491.jpg


その下にあるベンチにうっかり座るとハチミツがとろ~り。
b0112909_23545294.jpg


この電話はどこへ繋がるの?
b0112909_2357487.jpg


やけに楽しそうですが。
b0112909_23572168.jpg


カラフルなジェリービーンズの雨が降りそそぐ街角に立って動いてみると、
b0112909_2343451.jpg


ジェリービーンズも動きに合わせて飛び跳ねます♪
b0112909_23431670.jpg


ジェリービーンズの代わりにマカロンが降ってくることも。
b0112909_23442369.jpg


ショーウィンドーにチョコレートのドレスが飾られた 「Chocolate Tailor」 は、
b0112909_0171018.jpg


自分に似合うチョコレートを仕立ててくれる“チョコレートの仕立て屋さん”
b0112909_0231525.jpg


試着室に入って鏡の前に立つと、妖精? が現れて
その人の雰囲気に合わせて8種類のチョコレートの中からピッタリのものを選んでくれるのです
b0112909_018329.jpg


カウンターで渡されるのは・・・
b0112909_0173380.jpg


指輪に仕立てられた「HUGO&VICTOR」のチョコレート。
丸い指輪は雪見ちゃんのライムチョコ、四角いのはキウイちゃんのガナッシュプラリネ。私は・・・
b0112909_0285631.jpg


コロンとしたキャラメルチョコレートだったのに持ち歩く間に潰してしまい残ったのは台だけ。かなしー
b0112909_1151322.jpg


「Ice cream Florist」は、
b0112909_11112413.jpg


壁一面に大きな花時計がある・・・
b0112909_1114124.jpg


アイスクリームのお花屋さん。
「Ben&Jerry’s」の 「バニラ」「ストロベアリー」「サティスファイ・マイ・ボウル」の3種類の
アイスクリームの中から好きなフレーバーを選んで食べることもできます。
そしてテーブル上のアイススタンドにアイスクリームを置くと、
お花のようなプロジェクションマッピングが投影されて、アイスクリームが歌い始めます♪
b0112909_11171357.jpg


アイスクリームが並ぶショーケースにもプロジェクションマッピング
美味しくて楽しいイベントでした。ただ・・・
b0112909_1124273.jpg


表参道ヒルズのイベント会場 「スペースオー」 は448㎡(約135坪)と決して広くありません。
鑑賞エリア(黄色部分)1400円+Wスィーツエリア(ピンク部分)2000円という入場料は少し高い気が。
b0112909_11512980.jpg


デジタルアートのSWEETS な体験 「SWEETS by NAKED」 は、2017年1月7日(月・祝)までの
11時~21時(12/22 ~ 12/24 のみ22時まで)です。
このあとは銀座へ移動してアフタヌーンティを(次のページに続きます)。
b0112909_11591480.jpg

by tanpopo-jyo | 2016-12-14 23:59 | 原宿・表参道・青山エリア | Comments(0)

星空のイルミネーション

2016年11月30日(水)

今日は六本木ヒルズ52階の展望台「東京シティビュー」で開催中の
STARRYSKY ILLUMINATION 星空のイルミネーションを見て来ました。
b0112909_2047229.jpg


都心の夜景を一望できる展望台の窓16面が、
プロジェクションマッピングを映し出す巨大なスクリーンに変身。
一番下の窓からは・・・
b0112909_20475614.jpg


ホンモノの夜景が見えるという趣向です
b0112909_20561096.jpg


今年は「君の名は」とのスペシャルコラボが実現、
b0112909_20542732.jpg


映画のワンシーンを
b0112909_20543680.jpg


夜空のシアターでもう一度楽しむことが出来るという仕様になっています。
b0112909_20544643.jpg


スマホを使った体験型プロジェクションマッピングでは
b0112909_214873.jpg


星の輝きや、
b0112909_2151491.jpg


月の満ち欠けを自在に繰ることができるほか、
b0112909_215308.jpg


名前を流れ星にしたり
b0112909_2175411.jpg


宇宙船?を飛ばしたり、
b0112909_2174217.jpg


「心の叫び」も ( ̄□ ̄;)!!
b0112909_2173167.jpg


タイミング悪く良く出てきたオットの名前^^
b0112909_21182070.jpg


スペース2では、90分で地球を1周する宇宙ステーションに乗って
b0112909_21211046.jpg


「137億光年宇宙の旅」を体験。
b0112909_21221946.jpg


靴を脱いで入る鏡の床の部屋 「空宙プラネタリウム by MEGASTAR」では
b0112909_2124464.jpg


360°満天の星に取り囲まれ、まるで宇宙空間に降り立ったかのよう。
b0112909_21241665.jpg


さらに宇宙を散歩しているかのような錯覚に陥る
b0112909_21284098.jpg


ウォークスルー型「3D SKY WALK」も。
b0112909_21285275.jpg


「星空のイルミネーション」は2017年1月29日(日)まで。
空いている平日の夜がオススメです。
b0112909_21342053.jpg


六本木ヒルズ大屋根プラザでは恒例のクリスマスマーケットも始まっていました。
b0112909_2135424.jpg


明日から師走。。。
b0112909_21355320.jpg

by tanpopo-jyo | 2016-11-30 21:40 | 赤坂・六本木・広尾エリア | Comments(2)