大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(293)
(276)
(151)
(121)
(97)
(87)
(58)
(55)
(52)
(41)
(41)
(31)
(30)
(30)
(26)
(23)
(23)
(15)
(13)
(11)

最新のコメント

ぶうちゃんさま 恥ずかし..
by tanpopo-jyo at 12:01
「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45
kiyochanさま マ..
by tanpopo-jyo at 21:56
ぶうちゃんさま 私はぶう..
by tanpopo-jyo at 21:34
ジョニデさま 「小林さん..
by tanpopo-jyo at 21:28
フレーゴラは7月のスプマ..
by ぶうちゃん at 08:57
純ちゃんの写真見て行っ..
by kiyochan at 18:04
高原リゾートの最高の形と..
by ジョニデ at 11:32
雪見ちゃん 「空とぶウミ..
by tanpopo-jyo at 21:07
カウアイ島でのんびりしな..
by 雪見うさぎ at 08:20
ぶうちゃんさま 番組のH..
by tanpopo-jyo at 14:10
雪見ちゃん うーーん、対..
by tanpopo-jyo at 14:06

記事ランキング

検索

モンテベルデ自然保護区へ

2012年7月1日(日)

7時にホテルを出発、10分ほどでモンテベルデ自然保護区に到着
国立公園ではなく、民間団体によって管理運営されている自然保護区で、
1951年に朝鮮戦争の徴兵を避ける為アメリカ合衆国からやって来たクエーカー教徒
41人がこの森を購入して住み着き、自分達の所有する土地の3分の1を開発せずに
保護区としたのが始まり。現在は広さ1万ヘクタール余りにまで増えているとのこと。
b0112909_2031182.jpg


レセプション内には保護区内で出会える鳥たちの写真などが展示されていました
コスタリカは地理的には熱帯に属しますが標高1300mのモンテベルデの気候は常春
日中は20度前後となりますが朝晩は12~13度のため半袖では寒いです
b0112909_20323961.jpg


今日のツアーメンバーはブラジル、ドイツ、北米(カリフォルニア、ニューメキシコ、
コロラド)から参加の10名+私たちの総勢12名。
この辺りの森は牛などを飼っていた牧草地を自然に返そうと約40年前に森に戻した
セカンダリーフォレスト secondary forest のため細い樹木が目立ちますが、
b0112909_2037012.jpg


もう少し歩くと元々、森だったプライマリーフォレスト primary forest となり、木々は
より太く、背も高くなる・・・と、いうような話しをガイドさんが話していたその時!!
b0112909_21384888.jpg


ケツァール Quetzal (カザリキヌバネドリ)が現れました。世界一美しい鳥と言われ
古代マヤ文明では神の鳥として崇められていたケツァールは・・・
b0112909_212851.jpg


手塚治虫「火の鳥」のモデルにもなった鳥で大きさはハトくらい。
現れたのは、地味なメスで飾り尾もありませんでしたが、オスの胸は真っ赤で
60センチ程度の飾り尾があり、そのため羽根飾り用の乱獲にあって絶滅の危機に
瀕しているという希少な鳥。主食は限られた種類のアボカドだそうです
b0112909_21343977.jpg


いつも霧に覆われているという熱帯雲霧林ですが、この日は珍しく晴れ。それでも・・・
b0112909_22433253.jpg


たった今、雨があがった時のように湿潤な森です
b0112909_22483983.jpg


3時間近い散策の中で、ケツァールと並んで綺麗なオレンジキヌバネドリ
Orange Bellied Trogon をはじめ多くの美しい鳥たちに出会うことができましたが
森の中は想像以上に暗くて私には撮れませんでした。
森を出たあとはモンテベルデ保護区入り口にあるカフェへ
b0112909_1565875.jpg


このカフェの奥には・・・
b0112909_1571175.jpg


ハチドリ用の餌台が並びハミングバードギャラリーとなっています
b0112909_15101293.jpg


空飛ぶ宝石とも呼ばれるハチドリは中南米で300種類生息するといわれ
b0112909_1510342.jpg


体長は10センチ足らずの世界一小さな鳥。
b0112909_15104439.jpg


1秒間に80回も羽ばたくことができるので
ホバリングしながら上手に蜜を吸い上げます
b0112909_15105685.jpg


嘴は、吸う花の種類によって長さや角度が違うように進化しているそうです
b0112909_15111984.jpg


イタリア人オーナーのレストランでピザ&サラダのランチを済ませたあとは・・・
b0112909_22385698.jpg


タクシーでバタフライガーデン
スペイン語 or 英語のガイド付きまたは自由散策のどちらでも入園料は1人$12
b0112909_2239293.jpg


広い森の中に網が張りめぐらされ、それは生息地ごとに大小4つに
分けられています。二重扉の中に入れば色とりどりの蝶が舞っているというしくみ。
b0112909_22411735.jpg


お目当ては世界一美しいと言われる大型の蝶 モルフォ
オーストラリアにもユリシス(オオルリアゲハ)というブルーの蝶がいますが
モルフォはユリシスよりさらに大きく、ブルーもより金属的なコバルトブルーです
b0112909_22505686.jpg


止まっている時は裏面が出るので ずいぶん違う印象
表・裏の色の変化で天敵を驚かせるように進化したそうです
b0112909_22541646.jpg


ガイドさんがつかまえてくれたのはSilver Wing
b0112909_21164077.jpg


こちらはTiger Long-Wing Butterfly
b0112909_21173335.jpg


キジマドクチョウ Zebra Longwing Butterfly
毒があるため鳥に食べられることはないそうです
b0112909_21175664.jpg


ギョッとしたのがフクロウチョウ Under Wing (Owl Butterfly )
羽を開いた状態で頭を下にして見るとフクロウの顔そのものになります
眼状紋は鳥などを威嚇するのに有効で、好物は腐った果物とのこと
b0112909_21182252.jpg


バタフライガーデンではサナギから蝶になる様子も展示しており、
羽化したばかりの蝶をひとりづつ容器に入れて持たせてくれるので、
それを網の中で放してやる体験も。

私たちを案内してくれた女性は本当に昆虫が好きなようで、蝶の他にも飼育している
タランチュラ巨大ゴキブリヘラクレス(カブトムシ)などを手の平に乗せていました
ヘラクレスの体はツノを除いても携帯電話くらいの大きさです {{(>_<)}}
b0112909_22304788.jpg


この後、バタフライガーデンでタクシーを呼んでもらいカエル園へ行ったのですが
まだ夕方4時前でカエルは寝てました _(^^;) カエル園の入場料は@$12
入園券の半券があれば同日中ならまた来ていいよーと言われましたが・・・。
アクティブなカエルを見たい場合は夕方遅くからが良いみたいですね!

写真のカエルはロッジ周辺でもたくさん見かけたオオヒキガエルGiant Toad
ウシガエルより大きく あまりに身が重いせいか飛ばず にヨタヨタ歩いていますが
毒ガエルです
b0112909_22435120.jpg

夕方になると気温はどんどん下がり、吐く息も白くなるほど。
昨夜、ホテルのレストランに暖炉があるのを見付けたので
今夜は暖炉前のテーブルを予約しなくちゃ!

コスタリカ旅行記は下記のとおりです。
各ページ記事下の「次のページへ」でも順番にお読みいただけますが
ご興味ある記事をご覧いただく場合にはご利用下さい


1.動植物の楽園コスタリカへ の記事はコチラ

2.モンテベルデ自然保護区へ の記事はコチラ

3.モンテベルデで空中散歩 の記事はコチラ

4.アレナル火山へ の記事はコチラ

5.川がまるごと全部温泉!のタバコン温泉 の記事はコチラ

6.亀の来る村 トルトゥゲーロ の記事はコチラ

7.トルトゥゲーロからサラピキへ の記事はコチラ

8.野生動物の宝庫 サラピキ~帰国 の記事はコチラ
by tanpopo-jyo | 2012-07-17 22:55 | コスタリカ | Comments(2)
Commented by ぶうちゃん at 2012-07-21 21:11 x
Quetzal は凄く貴重で綺麗な鳥なんですね!!
メスでも見れたのは凄いんじゃないですか!?
しかも写真に収めることができたなんて!!

ハチドリは色んな色があるんですね!中南米で300種って驚きです。

カブトムシは昔は平気で触れたんですが(汗)

Commented by tanpopo-jyo at 2012-07-21 22:04
ぶうちゃんさま ケツァールはメキシコからパナマの高地熱帯雲霧林に
生息していて この辺りで見られるのは12月から4月頃までと聞いていたので
今回は半ば諦めていたのです。
帰宅してから旅行のアレンジをお願いした在コスタリカの旅行社へ
お礼のメールをし、その返信でわかったのですが モンテベルデで
最も優秀なガイドさんを選んでくれたそうなのです。
かなり年配の方でしたが、彼はたくさんの鳥の鳴き声を口笛で吹くことが
できます。
口笛を吹くとそれに反応して鳥が現れるし、枝が邪魔して姿が見えにくい時も
その口笛で鳥が動くので見えるようになりました。不思議!