大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(302)
(276)
(158)
(121)
(97)
(87)
(60)
(55)
(54)
(41)
(41)
(31)
(31)
(31)
(27)
(23)
(23)
(15)
(15)
(11)

最新のコメント

kiyochanさま 大..
by tanpopo-jyo at 15:42
このカフェは大阪 玉造..
by kiyochan at 11:18
雪見ちゃん うん、そうす..
by tanpopo-jyo at 21:37
じゅんちゃん!ぶうちゃん..
by 雪見うさぎ at 22:24
ぶうちゃんさま お元気で..
by tanpopo-jyo at 21:13
雪見様にも悟られてしまっ..
by ぶうちゃん at 08:44
Uさま 公園の南口を出て..
by tanpopo-jyo at 14:47
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:06
雪見ちゃん 17時前から..
by tanpopo-jyo at 16:52
外には何時間くらいいたの..
by 雪見うさぎ at 10:29
ぶうちゃんさま 恥ずかし..
by tanpopo-jyo at 12:01
「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45

記事ランキング

検索

タスマニアの旅⑦ Bay of Fires & Bicheno

2015年1月1日(木)

ランチをしたセントヘレンズから車で10分ほどの所にある Bay of Fires は、
b0112909_17593976.jpg


白い砂浜が延々と続くビーチ。1773年、航海中のTobias Furneaux 船長が、
アボリジニの焚き火で煌々と燃えるこの浜を見て、名付けたそうです。
b0112909_184487.jpg


タスマニアには、豊かな自然がそのままに残されたビーチがたくさんありますが、
中でもその砂浜の美しさと透明度、周りを取り囲む自然が素晴らしいとして
知られるのがベイ・オブ・ファイヤーズだそうです。
ゴミはもちろん、海藻も打ち上げられておらず、何より人がいないのが不思議。
b0112909_1843975.jpg


小枝を投げてもらって取りに行くのが大好きなレトリバーや
b0112909_18214799.jpg


お兄ちゃんに負けじと
b0112909_18225428.jpg


海に入って行き
b0112909_18265297.jpg


波を待つ弟くんの真剣な目が可愛らしくて見飽きませんでした。
b0112909_18263959.jpg


この海岸沿いを散策していると、赤い岩が点在している場所に出ます。
b0112909_18302523.jpg


ここは、タスマニア観光冊子の表紙にもなっているそうで
b0112909_18303846.jpg


この海域に生息するユニークな苔によってこのように赤い色がつくとのこと。
b0112909_1831313.jpg


ベイ・オブ・ファイヤーズからは1時間足らずで今日の宿泊地ビチェノに到着。
b0112909_18361088.jpg


ビチェノ Bicheno はとても小さな港町ですが、タスマニアの代表的な国立公園
フレシネ半島に隣接しているために東部の旅の宿泊拠点には便利。
水揚げされる水産物の代表はCray Fish(伊勢海老)だそうです。
b0112909_18371853.jpg


船着場から海岸に沿って南に数分歩いた所にあるのがブローホールと
重さ80t と言われるロッキングロック。この付近の海岸は浸食されて丸みのある
ピンクの花崗岩に覆われ、タスマン海の荒波が常時吹き寄せている場所。
「潮吹き穴」というにはちょっとショボい? (笑)
b0112909_1846128.jpg


ビチェノではここのレストランが美味しいと教えてもらったので
b0112909_1851055.jpg


夕食はこちらで。
元日で休業のお店が多く選択の余地がなかったというのが正直なところですが。
b0112909_18513319.jpg


シーフードカレーを頼んだら丼に入ったカレーとお茶碗にはジャスミンライス。
しばし悩みましたがご飯を少しづつカレーの中に入れて食べました^^
見た目はともかく新鮮な車海老、ホタテ、ムール貝、白身魚どっさりのカレーは
かなり美味しかったです!(たしか$30 くらい)
b0112909_18571051.jpg


夜のイベントはペンギンツアー♪
21時半(季節により変動) にココに集合して、フェアリーペンギンのコロニーがある
Diamond Island の対岸までマイクロバスで移動。
出発前に、一切の撮影行為は禁止、ツアー中の食べ物、飲み物の携帯は禁止と
注意事項が言い渡されます。 ※ペンギンの写真はツアー会社HPより転載
b0112909_1943492.jpg


ビーチにはボードウォークが設置されていて、ツアー客はその上を歩きます。
フェアリーペンギンは身長約30㎝、体重1㎏の世界で最も小さなペンギンで、
海岸線のヤブの中や岩の下、倒木の下などに巣を作っていました。
早朝夜明けとともに巣穴を出て、遠くは20㎞も沖まで小イカやイワシのような
エサを求めて泳いで行き、 毎日少なくとも体重の25%程度のエサを食べ、
日暮れとともにコロニーに戻って来るそうです。
b0112909_2019977.jpg


海からあがったペンギンたちは1グループ10~20羽程度で、まず近くの岩の上
などで仲間が集まるのを待ち、注意深く辺りを窺ったあと先頭のリーダーが
コロニーに向って歩き始めると みな後に続くといった感じでした。
事前の説明では非常に警戒心が強いと聞いていましたが、中には足下まで
ヨチヨチ歩いて来るペンギンもいて、薄暗がりのなか 蹴飛ばしはしないかと
心配になるほど。あっちこっちからぞくぞくとペンギンが現れるのです!
b0112909_20191967.jpg


ペンギンパレードを見るベストシーズンは子育て中の12~1月だそうで
ビーチのあちこちからエサを求めるヒナの呼び声が遠く近く聞こえてきます。
ちょっとネコの鳴き声に似ているかもしれません。
親ペンギンが帰巣する前に産毛がまだ半分ほど残るヒナ鳥を見せてくれました。
b0112909_2019483.jpg


サメやアザラシ、海ワシや大型のカモメなどの外敵から身を守るのが保護色。
背中を覆うダークブルーの羽の色は、空中からエサを探しまわる猛禽類から、
お腹の白い色は海の底から襲ってくる外敵から身を隠すために有効なのです。 
b0112909_20192939.jpg


現在タスマニアの本島でペンギンを観察するツアーが行われているのは、
東海岸のビチェノとロンセストン北部のロウヘッドですが、その他にもスタンレー、
ブルーニー島、西海岸のオーシャンビーチ、タスマン半島で観察できるそうです。
ペンギンパレードはA$30、所要1時間15分でした。
b0112909_20193881.jpg

今日は夕方から急激に気温が下がり寒くなりました。
昼間はクーラーを入れていたのですが・・・。
ペンギンパレードに来る前にベッドの電気シーツONにしておいて良かった!

< タスマニアの旅日記 目次 >
タスマニアの旅① 州都ホバート到着
タスマニアの旅② ホバートからストローンへ
タスマニアの旅③ ゴードン川のリバークルーズ
タスマニアの旅④ クレイドル山国立公園
タスマニアの旅⑤ 壁画の町シェフィールド
タスマニアの旅⑥ カタラクト渓谷
タスマニアの旅⑦ Bay of Fires & Bicheno
タスマニアの旅⑧ フレシネ国立公園
タスマニアの旅⑨ タスマニアデビルに会う
タスマニアの旅⑩ リッチモンドの町
タスマニアの旅⑪ ポートアーサー流刑場跡
タスマニアの旅⑫ タスマン国立公園
タスマニアの旅⑬ ホバート町歩き~帰国まで
by tanpopo-jyo | 2015-01-08 19:08 | タスマニア(豪州) | Comments(0)