大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(292)
(276)
(151)
(121)
(97)
(87)
(58)
(55)
(51)
(41)
(41)
(31)
(30)
(30)
(26)
(23)
(23)
(15)
(13)
(11)

最新のコメント

「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45
kiyochanさま マ..
by tanpopo-jyo at 21:56
ぶうちゃんさま 私はぶう..
by tanpopo-jyo at 21:34
ジョニデさま 「小林さん..
by tanpopo-jyo at 21:28
フレーゴラは7月のスプマ..
by ぶうちゃん at 08:57
純ちゃんの写真見て行っ..
by kiyochan at 18:04
高原リゾートの最高の形と..
by ジョニデ at 11:32
雪見ちゃん 「空とぶウミ..
by tanpopo-jyo at 21:07
カウアイ島でのんびりしな..
by 雪見うさぎ at 08:20
ぶうちゃんさま 番組のH..
by tanpopo-jyo at 14:10
雪見ちゃん うーーん、対..
by tanpopo-jyo at 14:06
Uさま 帰国報告第一弾!..
by tanpopo-jyo at 14:00

記事ランキング

検索

富岡製糸場へ

2016年12月9日(金)

今日は「世界遺産の富岡製糸場」と「あしかがフラワーパーク」をハシゴです^^
名物「赤城おろし」はどこへ行った? というポカポカ陽気だったのが何より。
下の写真は富岡市のイメージキャラクター「お富ちゃん」
b0112909_20474957.jpg


2014年、世界遺産に登録されてしばらくは大変な混雑だったようですが今は一段落。
b0112909_20491419.jpg


13時半からのガイドツアーは、東置繭所からスタート。
解説員さんの話によると富岡に官営製糸場が建設されたのは、
①養蚕が盛んで原料繭が確保できる
②広い建設用地が確保できる
③南北を一級河川に挟まれているため、製糸に必要な水の確保が容易
④燃料の石炭が近くの高崎から採れるという理由からだそうです。
b0112909_20534879.jpg


明治5(1872)年10月、操業開始。
当初、設立指導者のブリュナをはじめ10名ほどのフランス人を雇い入れ
製糸技術の指導が行われたそうですが、フランス人が飲むワインを血と思い込み
「富岡製糸場へ行くと外国人に生き血がとられる」というデマが流れ、工女が集まらなかったとか。
b0112909_20541951.jpg


明治6(1873)年建築の検査人館は、生糸の検査などを担当したフランス人技術者の住居。
b0112909_2110997.jpg


明治6(1873)年建築の女工館は、
器械による糸取の技術を教えるために雇われたフランス人女性教師の住居として建設されたもので、
b0112909_21134067.jpg


格子状に組まれたベランダの天井も、よろい戸も当時の日本の建築物には見られないそうです。
b0112909_2113536.jpg


長さ140m余の繰糸場は、繭から生糸を取る作業が行われていた場所。
屋根の上の小さな屋根は・・・
b0112909_2121488.jpg


蒸気抜きの越屋根。建物内部は・・・
b0112909_2122835.jpg


中央に柱のないトラス工法により広い空間が保たれています。
当初はフランス式の繰糸器300釜が設置され、世界最大規模の製糸工場でした。
設立当初の官営時代は1日7時間45分労働で、日曜は休み。盆暮れの長期休暇があるなど、
明治期の労働環境としては世界でも異例なほど恵まれ、女工さんの月給は衣・食・住付きで平均2円。
当時の米価を参考にすれば今の2万円程度のようです。

が、官営工場だったのは115年の歴史のうちのごく一部。
創業21年後の明治26(1893)年には、三井家に払い下げられ、明治35(1902)年に原合名会社、
昭和14(1939)年に片倉製糸紡績会社(現片倉工業)と経営母体が変わり、民営化されたことで
繁忙期には1日あたりの勤務時間が約12時間になるなど、労働環境は厳しくなったようです。
b0112909_212873.jpg


昭和15(1940)年建築の3代目診療所。
官営時代は治療費は工場負担、フランス人医師が診療にあたっていたそうです
b0112909_22184396.jpg


指導者として雇われたフランス人ポール・ブリュナに支給された住居は述べ床面積320坪。
日本人の平均月給が6円足らず、総理大臣が800円だった当時、彼の月給は750円と高額だったため、
大久保利通や伊藤博文が契約解除を進言するほどだったとか。
伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任したのは明治18年なのでガイドさんのお話とは
十数年時代が合わないのですが 「総理大臣クラス800円」 の意味かもしれません

結局、彼は5年間の契約満了後、翌明治9(1876)年に帰国しました。
b0112909_22211060.jpg


1室15畳、1棟16部屋の工女寄宿舎。
b0112909_2235677.jpg


大正7(1918)年、ブリュナ館西側に隣接して建てられたこの寄宿舎の壁や押し入れには
映画俳優などの古いブロマイドが貼り残されているそうです。
b0112909_22382226.jpg


45分ほどのガイドツアーが終わったあとは、繰糸の様子をビデオで見たり
b0112909_22442679.jpg


フランス式繰糸器の実演を見学したりできます。
b0112909_2244740.jpg


これは群馬県が育成した品種「ぐんま」と「黄繭種」との交配により作り出された「ぐんま黄金」
山吹色の繭があるなんて初めて知りました!
b0112909_2248588.jpg


昭和62(1987)年、2月26日に操業を停止。115年間の歴史に幕を下ろしたあと、
平成17(2005)年に全ての建造物を富岡市に寄贈(土地は売却)するまでの18年間、
片倉工業は毎年数千万~1億円の費用をかけてこれを維持管理してきたというお話でした。
b0112909_22584631.jpg


昭和62年といえばバブルの真っ只中ですが、その後の日本経済は右肩下がり。
その中で売らず貸さずに維持管理してきたなんて最後に良いお話を伺いました。
片倉工業の保存活動なくしては、世界遺産登録はなかったのですものね!
b0112909_2312052.jpg


で、、、ここからはオマケの話(笑)
富岡製糸場から車で10分ほどの場所に「こんにゃくパーク」がありまして、
全く期待していなかったのですがこれが結構面白かったのでついでに書いておきます。
( こんにゃくパークの方に失礼ですね (-_^)
b0112909_23155082.jpg


まずはゼリーやこんにゃく、白滝を製造している工場見学。
こんにゃく芋って結構大きいのねと思って見ていたら、
b0112909_23182073.jpg


こんなパネルが目に留まりました。春に種芋を植えつけし、秋にいったん収穫したあと
冬場は5℃以下にならないように室内貯蔵しておき春になったら再び植えつけをして、
これを2~3回繰り返してやっと出荷できるんですって。
b0112909_2325759.jpg


おまけに群馬県で約92%が収穫されているなんて全然知りませんでした。
b0112909_23253745.jpg


白こんにゃくと黒こんにゃくの地方別嗜好とか、雑学?に ホ、ホーとなりながら進んで行き、
製品になった袋詰めこんにゃくが流れてくる所で工場見学は終了
b0112909_0345681.jpg


そのあとは1階で珍しいこんにゃく製品(料理)の試食バイキングとショッピング。
一緒に行った方の話では「こんにゃく焼きそば」が美味しかったそうですよ?
b0112909_23415494.jpg


「こんにゃくポップコーン」とか「こんにゃくカステラ」、
b0112909_2344199.jpg


「こんにゃくラーメン」なんかも。
チャレンジャーではないので何も買いませんでしたがなかなか面白いパークでしたよ^^
このあとは 「あしかがフラワーパーク」へ(次のページへつづく)。
b0112909_23445227.jpg

by tanpopo-jyo | 2016-12-10 21:36 | 群馬県 | Comments(0)