大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(292)
(276)
(151)
(121)
(97)
(87)
(58)
(55)
(51)
(41)
(41)
(31)
(30)
(30)
(26)
(23)
(23)
(15)
(13)
(11)

最新のコメント

「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45
kiyochanさま マ..
by tanpopo-jyo at 21:56
ぶうちゃんさま 私はぶう..
by tanpopo-jyo at 21:34
ジョニデさま 「小林さん..
by tanpopo-jyo at 21:28
フレーゴラは7月のスプマ..
by ぶうちゃん at 08:57
純ちゃんの写真見て行っ..
by kiyochan at 18:04
高原リゾートの最高の形と..
by ジョニデ at 11:32
雪見ちゃん 「空とぶウミ..
by tanpopo-jyo at 21:07
カウアイ島でのんびりしな..
by 雪見うさぎ at 08:20
ぶうちゃんさま 番組のH..
by tanpopo-jyo at 14:10
雪見ちゃん うーーん、対..
by tanpopo-jyo at 14:06
Uさま 帰国報告第一弾!..
by tanpopo-jyo at 14:00

記事ランキング

検索

⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー

2017年1月1日(日)

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートが終わったあとはホテルに戻り、
ラフな洋服に着替えてから国立オペラ座 Wiener Staatsoper へ。

オペラ座の設計は、コンペの結果、ニルとジッカルツブルクのネオルネサンス様式の設計案が
採用されましたが非常に評判が悪く、酷評に耐えかねて1868年にニルは自殺、
ジッカルツブルクも病死してしまったため、1869(明治2)年、皇帝フランツ・ヨーゼフI世臨席のもと
「ドン・ジョヴァンニ」の上演によって行われたこけら落としの際は設計者2人共が故人だったそうです。
第2次世界大戦で爆撃を受け崩壊したのち、1955年11月、ベーム指揮の「フィデリオ」上演で再開、
現在に至っています。
b0112909_23123192.jpg


日本語のガイドツアーは15時から。
ガイドツアーのチケットを購入して、希望言語のプラカードのところで待ちます
b0112909_23214381.jpg


この日は英語、ドイツ語、スペイン語ツアーも同時に行われていました。
b0112909_23153116.jpg


ガイドはオペラ座で舞台美術の仕事をしている男性で、流暢な日本語で案内して下さいました。
正面階段を上った踊り場の壁(写真左側)には、
b0112909_23242196.jpg


二人の設計者のレリーフが飾られています。向かって左がニル。
b0112909_23284010.jpg


正面玄関上のホールはテラスもあるシュヴィント・ホワイエ。
幕間に飲み物や軽い食事を楽しめる場所で、壁面には・・・
b0112909_23312555.jpg


モーツァルト、ロッシーニ、ベートーベン・・・・などの胸像。
それぞれの作曲家の上には代表作品 (モーツァルトは「魔笛」、ベートーベンは「フィデリオ」) の
の壁画も描かれていましたが暗くて撮れませんでした。
b0112909_23375017.jpg


色大理石でオペラ上演の様子を描いた
b0112909_23431020.jpg


大理石の間は幕間の休憩用のほか、
デビュタントのバレエダンサーを選ぶオーディションの時にも利用するそうです。
b0112909_2341165.jpg


「魔笛」などの図柄が織られたゴブラン織りの部屋は出演者待合室。
オペラ座の演奏はウィーンフィルが担当していますが、その入団試験もここで行われるとのこと。
試験に受かっても その後 「3年間の試用期間」 があるそうです
b0112909_23453999.jpg


またこの部屋の片隅にはマーラーの携行用ピアノが置いてありました。
b0112909_23514781.jpg


元々は、皇帝用待合室として造られた特別席用待合室は、戦争で焼失しなかった数少ない場所で
ドアノブは象牙だそうです。
今は20分 ₠500 (約60,000円) で誰でも使うことができます(誕生日パーティもOKですって!)。
b0112909_022130.jpg


舞台の真正面、エンジ色の壁紙のバルコニーが皇帝席。
その真上のバルコニーはなんと立ち見席で ₠3(360円位)。
舞台は遠いでしょうが、音響は良い場所ですよね!「皇帝の上」ですし。
立ち見席は567人分 あるそうですが、もちろん人気で、夜の公演のために早朝から並ぶそうです。
でも「門戸」 が広いのは良いことだと思います。
b0112909_05264.jpg


上演中の翻訳はフォルクスオーパーは舞台上でしたが、オペラ座は前の座席に設置されています。
ボタン1回押しでドイツ語、2回押すと英語。
ジェネラルスポンサーがレクサス(トヨタ)なので、そのうち3回押すと日本語になるかも?! とガイド氏(笑)。
b0112909_048440.jpg


最後は舞台裏。
舞台裏は舞台の2.5倍の広さがあって300人の裏方さんが3交代制で働いているそうです。
オペラ座では年間300日のシーズン中、毎日演目が変わる上に、別の出し物のリハーサルもあるため
朝7時から前夜の片づけをしてリハーサル用のセットを組み、
それが終わるとすぐ撤去して夜の演目用のセットを組むという繰り返しなのだそうです。
b0112909_0263719.jpg


オペラ座ではシーズン中に、オペラ50作品と、バレエを25作品を日替わりで上演していますが
12月31日と1月1日だけは例外的にオペレッタ「こうもり」を2夜連続上演するため
(バレエとオペラ専用劇場なので、オペレッタを上演するのも 2夜連続も この日だけだそうです)
舞台の入れ替えがなく、このように舞台裏を見学できるのだとおっしゃっていました。
入れ替え作業中は危険なので、通常は状況を見ながらになるそうです。

また、舞台下も奈落があって、幕間にセットを地下に落として後ろに回しセットの入れ替えを行うそう。
そのため、舞台は6分割されていて自由に高さを変えられるという説明でした。
さらに大道具の倉庫はオペラ座から車で20分の距離にあるというのですから大変です。
約45分のガイドツアー、大変面白く有意義でした。
b0112909_053120.jpg


ホテルに戻る前にホテルザッハーでトルテでも と思いましたが、この行列!
氷点下の寒さの中で根性ありますw カフェ文化は一日にして成らず。。。
b0112909_059447.jpg


元旦のディナーは、 Grand Hotel Wien “Le Ciel” で。
日本を発つ前にメールで予約を済ませてあるので安心です
b0112909_12124451.jpg


初めてのレストランで、写真を撮っても大丈夫か(ルールというより周囲の雰囲気が)というのは
気になりますよね。で、様子を窺っていたので アヴァン・アミューズ3品 の写真はなし^^
前菜はツナ。ローズヒップのソースと アボカド&ライム のオイルでいただきます。
b0112909_1233345.jpg


2皿目は蒸したレタスとロマネスコ にコリアンダーの芽が散らしてあります
歯応えがあって美味しいこと!
b0112909_12353381.jpg


メインは仔牛のリード・ヴォー&テンダーロイン をグリンピースソースで。
コールラビがくるりん♪
今まで食べたテンダーロインの中でも1、2 という感動の美味しさでした。
たかがステーキ、されどステーキ。上品な味わい、舌触りの繊細さ 全て完璧です。
テンダーロインの中でも最上の部分だけを使ったに違いない!
(前菜メニューにテンダーロインのホースラディッシュ&エシャロット マリネがあったんですもの)
b0112909_12393552.jpg


デセールはアルマニャックで香り付けをしたプラム と 柚子シャーベット
b0112909_1382290.jpg


ミニャルディーズの出し方もおしゃれです
「出発前にメール予約をした」と書きましたが、帰国してPCメールを開くと レストランからのお礼メールが。
予約の確認メールは届いても お礼メールは珍しいと思います。
「ちょっとしたこと」ってなかなかできないのですよね。
明日は日帰りでザルツカンマーグートです。大雪になぁれ \(^o^)/
b0112909_13134982.jpg


ウィーンの旅の目次は、下記のとおりです
ウィーンの旅①年末年始をウィーンで
ウィーンの旅②ハプスブルク家、夏の離宮 シェーンブルン宮殿
ウィーンの旅③歴代皇帝が住んだ宮殿、ホーフブルク
ウィーンの旅④ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ
ウィーンの旅⑤オペレッタ「こうもり」をハシゴした大晦日
ウィーンの旅⑥ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2017
ウィーンの旅⑦国立オペラ座の日本語ガイドツアー
ウィーンの旅⑧ウィーンで霧氷ができた朝 ハルシュタットへ行く
ウィーンの旅⑨シシィも愛した温泉リゾート バート・イシュル
ウィーンの旅⑩名画の宝庫 美術史美術館へ
ウィーンの旅⑪ペーター教会でパイプオルガンの演奏を聴く

by tanpopo-jyo | 2017-01-09 23:53 | オーストリア | Comments(0)