大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(287)
(275)
(148)
(120)
(97)
(87)
(58)
(54)
(51)
(41)
(41)
(31)
(30)
(25)
(23)
(23)
(15)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

kiyochanさま マ..
by tanpopo-jyo at 21:56
ぶうちゃんさま 私はぶう..
by tanpopo-jyo at 21:34
ジョニデさま 「小林さん..
by tanpopo-jyo at 21:28
フレーゴラは7月のスプマ..
by ぶうちゃん at 08:57
純ちゃんの写真見て行っ..
by kiyochan at 18:04
高原リゾートの最高の形と..
by ジョニデ at 11:32
雪見ちゃん 「空とぶウミ..
by tanpopo-jyo at 21:07
カウアイ島でのんびりしな..
by 雪見うさぎ at 08:20
ぶうちゃんさま 番組のH..
by tanpopo-jyo at 14:10
雪見ちゃん うーーん、対..
by tanpopo-jyo at 14:06
Uさま 帰国報告第一弾!..
by tanpopo-jyo at 14:00
ジョニデさま ジョニデ家..
by tanpopo-jyo at 13:55
旅行記、いつも以上に楽し..
by ぶうちゃん at 09:17
おかえりんこ!(死語)
by 雪見うさぎ at 21:44
Uです。「Tanpopo..
by EMMANNIE at 09:21
リゾートと言われるところ..
by ジョニデ at 07:09
ぶうちゃんさま 有り難う..
by tanpopo-jyo at 19:48
ご無沙汰しております。 ..
by ぶうちゃん at 09:19
ジョニデさま 当時、知っ..
by tanpopo-jyo at 12:26
Uさま おお!崎陽軒の力..
by tanpopo-jyo at 12:25

記事ランキング

検索

イランの旅 ⑰オアシス都市カーシャンと聖地ゴム、そして帰国

2018年5月2日(水)

今日はイランの旅 最終日。
イスファハンからオアシス都市カーシャン、聖地ゴムを経由してテヘランに戻ります。
b0112909_12381521.jpg


イスファハンからカーシャンまでは 200㎞余り。9時半にホテルを出発しました。
今日はニーメイエ・シャアバーン というイスラム教のお祭りで祝日、明日明後日は木・金のため
3連休の方が多いと聞いて渋滞を心配しましたが順調な滑り出しです。
b0112909_12400064.jpg


が、カーシャンが近づくと車の数が増えてきました。
ちょうど写真にプジョーが写っていたので、ここで車の話を。
1週間前、私たちがイランに到着した日とその翌日、テヘランでチャーターした車もプジョーでしたし
何故こんなにプジョーが多いの? とハミッドさんに訊いたところ、
プジョーはイランのホドロ社との間で、折半出資の合弁新会社を設立、
5年間で、最大4億ユーロの投資を行うと2年くらい前に決まったのだそうです。
去年はルノーもイランと合弁会社を設立、イランって自動車生産国だったのね!
b0112909_12494518.jpg


カーシャンに入ったところで、交通整理の人に車を停められ、ここからは公共のバスで行けと!
3連休の影響で町が混んでいる様子です。ハミッドさん、車を下りて交渉中。
「日本からの観光客を乗せているんだ!!」(ジャポネと聞こえたのでたぶんそんなことを言った? )
粘り勝ち166.png
b0112909_13330666.jpg


カーシャンは紀元前7000年頃から存在した古い街で、12~14世紀にはタイル生産の中心地として
知られていたそうです。カーシャンとは「美しいタイル」という意味とのこと。
お目当てのフィン庭園 (世界遺産) 前はすごい人!
b0112909_13405878.jpg


フィン庭園は、サファヴィー朝(1501~1736年)の第5代皇帝アッバース1世(在位1588~1629年)
の命によって建設され、その後何度か拡張工事が行われて、現在のような姿となりました。
庭園に入ると、正面中央に離宮があり、離宮へ続く水路の両脇には糸杉の並木が立っています。
この離宮を中心に水路が4方向に延びており、典型的なペルシャ式庭園となっていますが・・・
b0112909_13442589.jpg


とにかくすごい人!
おまけにあちこちから 「一緒に写真撮って~」と言われるので、
b0112909_13462200.jpg


こんな写真や、
b0112909_13494621.jpg


こんな写真を撮ったのですが、はたしてこれが何だったのか? は記憶にありません105.png
b0112909_13500083.jpg


またフィン庭園は、カジャール朝(1796~1925年)時代の宰相アミーレ・キャビールが暗殺された場所。
キャビールは王権の強化に貢献、さらに軍事力の部族依存から脱し、近代化・西欧化をはかる
などしましたが、既得権益を持つ宮廷関係者や高位聖職者は改革に反発、
宰相の任を解いてカーシャンに流したあと、王命によりフィン庭園浴室で暗殺されました。
b0112909_14043046.jpg


どうやら手首を切られた?
b0112909_14062100.jpg


庭園を出たところにはお土産屋さんが連なっています。
b0112909_14085152.jpg


カーシャン土産といえばバラ水。
カーシャーン近郊では、毎年4月下旬頃からバラの花を摘み取って煎じ、蒸留水を取り出すという
作業が行われますが、特にバルゾク村のバラ畑は、広さ400ヘクタールと
全体の生産量の70%を占めているとのことです。
バラ水を作るのに使われるのは、ゴレモハンマディーと呼ばれる、ピンク色の小さなバラ。
大量生産されたバラ水と、伝統的な方式で作られるバラ水は品質・値段共に同じはずもなく・・・
b0112909_14090573.jpg


この釜にバラの花を30㎏と、湧き水を50ℓ入れて点火。
b0112909_14451179.jpg


所要4時間ほどで約80ℓ のバラ水が取れるそうです。
この時、蒸留水の表面に浮いているのがバラに含まれている脂分、ローズオイル。
蒸留水を取り出した後、もう1度水を加えて、さらに80ℓ の蒸留水を作ります。
つまり「一番出汁」「二番出汁」ね127.png 当然、香りも値段も違います。
b0112909_14455686.gif


ランチを済ませて14時半、カーシャンを出発、ゴムへ向かいました。
カーシャン~ゴムは約110㎞なので 1時間余りで到着。ゴムは、シーア派学問の中心地ですし、
今日はニーメイエ・シャアバーン というイスラム教の祝祭日なので
巡礼者の車で町は大変なことになっています。
町を循環するモノレールが完成したらずいぶん便利になるでしょうね。
b0112909_15094121.jpg


ようやくマアスーメ廟 の前に着くと、各国の旗を持った巡礼団があちこちに。
こちらはアゼルバイジャンの皆さま。
b0112909_15124125.jpg


異教徒は、モスクガイドの同行を条件に入場が許可されるそうで、
私たちのガイドをして下さったのはハディさん。
b0112909_15143906.jpg


ハディさんはバドミントンの国際審判の資格を持つ方で、今日はガイドのボランティア中。
2020年東京オリンピックにもいらっしゃるそうです。
「ではまた東京でお会いしましょう」と申し上げたら「インシャアッラー」^^
b0112909_15184206.jpg


ブルーシートの中は女性専用のボディチェックスペース。
ボディチェックのあと、備えつけのチャドルを着付けてもらったので、外に出ようとしたら
ウェットティシュを渡されて「口紅を落として」と。本当はメイクしてはいけないのね?
b0112909_15263183.jpg


マアスーメ廟は、第8代イマーム・レザーの妹ファティマの墓所で、
b0112909_19574606.jpg


ハズラテ・マアスーメの聖域と呼ばれる広場の中にあります。
b0112909_19582316.jpg


黄金に輝くドームが、8代目イマーム・レザーの妹ファティマの聖廟で、
b0112909_19584407.jpg


ドームとイーワンに使われた24金は、合計270㎏!!!
一切、国の援助は受けておらず全て寄付でまかなったとおっしゃっていました。
寄付といえば、イランはどの町でも募金箱が数十mおきくらいに設置されていました。
最初、小さめの郵便ポストか? と思ったくらいの大きさです。
で、道行く人がごく自然にその中へ喜捨する姿を何度も見て、すごいなーと。
b0112909_19592369.jpg


金ピカ イーワンの下、通常閉じられている聖廟入り口も、今日は特別にご開帳。
b0112909_19595656.jpg


さて続々と集まって来たこの方々は・・・
b0112909_20332765.jpg

b0112909_20334544.jpg

b0112909_20340427.jpg


20時からの礼拝を共にする人たち。まだ16時15分なんですけど!?
お祈りの時間は1日3回なので、おそらくこういう光景が3回繰り返されたのでしょう。
b0112909_20380775.jpg


17時にゴムを出発、テヘランまでは130㎞余りなので1時間ちょっとで到着。
23:40 テヘラン発 QR499便 に搭乗。
カタール航空だったので機内に入ってすぐスカーフをはずし、あ~スッキリ!!

2018年5月3日(木) 00:15 ドーハ着 (所要2時間5分)、
02:20 ドーハ発QR806便に搭乗、所要10時間20分で、18:40 成田着。
ターンテーブルで荷物を受け取り、税関へ行くと申告書を見た係官が、
「イランからお帰りで?」「観光ですか?」「ツアーではなく、お二人で?」と。
成田空港勤務の方でもイラン帰りはそんなに珍しいのでしょうか?
「イラン=怖い国」は、風評被害だと思うんですけど!
思い込みや偏見をなくすのって難しいですね。

帰宅して、スーツケースを片づけ、洗濯機を回し、時計を見たら22時ちょっと前。
「なんかおなか空いちゃったねー」と西麻布の 叙々苑 游玄亭へ食べに出かけた私たちは元気!

最後までお読みいただき有り難うございました。

イランの旅の目次は下記のとおりです
行ってきます(準備編)
①イランの旅 成田出発からテヘラン到着まで
②イランの旅 ゴレスタン宮殿 
③イランの旅 考古学博物館と絨毯博物館
④イランの旅 ナシル・アル・モスク(ローズモスク)
⑤イランの旅 ペルセポリスとナグシェ・ロスタム
⑥イランの旅 サーディ廟・ハーフェズ廟とエラム庭園
⑦イランの旅 シラーズ街歩き
⑧イランの旅 シラーズからヤズドへ
⑨イランの旅 沈黙の塔とゾロアスター寺院
⑩イランの旅 アミール・チャフマーグのタキイエとマスジェデ・ジャーメ
⑪イランの旅 ヤズドからイスファハンへ
⑫イランの旅 ヴァーンク教会
⑬イランの旅 イスファハンの街歩き
⑭イランの旅 イマーム広場とマスジェデ・イマーム
⑮イランの旅 シェイフ・ロトゥフォッラー・モスクとアリカプ宮殿
⑯イランの旅 イスファハンの街歩き(その2)
⑰イランの旅 オアシス都市カーシャンと聖地ゴム、そして帰国


by tanpopo-jyo | 2018-05-11 01:15 | イラン | Comments(0)