大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(302)
(276)
(158)
(121)
(97)
(87)
(60)
(55)
(53)
(41)
(41)
(31)
(31)
(31)
(26)
(23)
(23)
(15)
(15)
(11)

最新のコメント

kiyochanさま 大..
by tanpopo-jyo at 15:42
このカフェは大阪 玉造..
by kiyochan at 11:18
雪見ちゃん うん、そうす..
by tanpopo-jyo at 21:37
じゅんちゃん!ぶうちゃん..
by 雪見うさぎ at 22:24
ぶうちゃんさま お元気で..
by tanpopo-jyo at 21:13
雪見様にも悟られてしまっ..
by ぶうちゃん at 08:44
Uさま 公園の南口を出て..
by tanpopo-jyo at 14:47
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:06
雪見ちゃん 17時前から..
by tanpopo-jyo at 16:52
外には何時間くらいいたの..
by 雪見うさぎ at 10:29
ぶうちゃんさま 恥ずかし..
by tanpopo-jyo at 12:01
「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45

記事ランキング

検索

生誕110年 東山魁夷展へ

2018年11月1日(木)

今日は六本木の国立新美術館で開催中の「生誕110年 東山魁夷展」へ行って来ました。
b0112909_21343756.jpg


若き日(42歳) の傑作 「道」 昭和25年(1950) 東京国立近代美術館蔵 や、
b0112909_21375692.jpg


「緑響く」 昭和57年(1982) 長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵 など、代表作約80点が大集結。
「緑響く」の構想を考えていた時、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番 第2楽章 アダージョが
聴こえてきたんですって!
「白い馬は、風景というオーケストラの中をピアノのメロディとなって歩くのです」 とイヤホンガイド113.png
b0112909_21400030.jpg


フェルメール・ブルーも良いですが、東山ブルーも素敵ですよね♪
b0112909_21425096.jpg


40歳から約50年間にわたる画業をほぼ制作年順にたどる本展の第1章は、
国民的風景画家と呼ばれるようになるまでの作品。
終戦前後に、両親と弟を相次いで亡くし、空襲によって自宅も失った東山魁夷は日本中を写生して回り、
平凡な景色のなかに見た 「生命」 に自分の心を重ねた風景画を描くようになります。
「秋翳」 昭和33年(1958)   東京国立近代美術館蔵
b0112909_21534833.jpg


第2章は、北欧を描く
昭和37(1962)、北欧の旅に出た東山魁夷は湖畔のシラカバを描いた「映象」 や、
b0112909_22164675.jpg


霧氷に覆われた大きな樹とその上で鈍く光る太陽を描いた作品
「冬華」 昭和39年(1964) 2点共、東京国立近代美術館蔵 などの連作を発表。
上下対象の構図は「映象」以降の作品に多く用いられるようになったそうです。
b0112909_22433805.jpg


第3章は古都を描く
京都は、北欧に旅立つ以前から、川端康成より、失われつつある姿を画面に描き止めるよう
勧められていた町。
古代紫の空の月を見上げる桜 「花明かり」 は還暦の年、昭和43年(1968) の作品。
b0112909_22510716.jpg


第4章は古都を描く・ドイツ、オーストリア。
そして本展の目玉となるのが、第5章 唐招提寺御影堂の障壁画でしょうか。
構想から完成までに10年を要した、襖絵と床の壁面全68面が再現展示されているのです!!
b0112909_23570897.jpg


5度の渡航失敗を経て失明するも、6度目にして漸く日本の地に辿りついた鑑真和上。
その鑑真が見たかったであろう日本の風景を描いた 「山雲」 を 上段の間 に、
b0112909_23594357.jpg


「濤声」を 宸殿の間 に。
これは鑑真の徳の高さを山で、精神の深さを海で表現したとの解説がありました。
この二部屋の障壁画には群青と緑青が多く使われていますが、
渋みのある色を出すため、火にかけて焼き、ニカワで溶いた絵の具を使ったそうです。
b0112909_00010286.jpg


また鑑真の御厨子がある 松の間 には、出身地である揚州の風景を描いた「揚州薫風」、
両隣の 桜の間 には、 中国の景勝地を代表する黄山の風景「黄山暁雲」、
梅の間 には、渡航に失敗した鑑真が1年間滞在した桂林の風景「桂林月宵」 を水墨画で。

平成27年(2015) に始まった唐招提寺御影堂の大修理はまだあと数年かかるとか。
修理が終わってもこんなに近くで障壁画が見られるかどうか? このチャンスをお見逃しなく!
※ 唐招提寺御影堂障壁画3点の写真は 美術手帖HPよりお借りしました
b0112909_00134024.jpg


第6章は、心を写す風景画。
晩年、写生に行けなくなった東山魁夷の作品は、心の中に形作られた風景を描いたものと
なっていきます。
画面いっぱいに金箔を施した 「行く秋」 平成2年(1990) 長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵
b0112909_01115944.jpg


絶筆、「夕星」 平成11年(1999) 長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵。 享年90歳。
b0112909_01185479.jpg


「生誕110年 東山魁夷展」は、六本木の新国立美術館で2018年12月3日(月)まで。
約80点の展示作品の中に、心と通い合う絵がきっとあるはずです。
b0112909_01202282.jpg


私は混雑を避けて16時少し前に美術館に入りましたが、出たのは閉館(18時)ギリギリ。
2時間ではちょっとキツイかもしれません。ミュージアムショップは寄れなかったですし。。。
b0112909_01320561.jpg




by tanpopo-jyo | 2018-11-02 01:57 | 赤坂・六本木・広尾エリア | Comments(0)