大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(293)
(276)
(151)
(121)
(97)
(87)
(58)
(55)
(52)
(41)
(41)
(31)
(30)
(30)
(26)
(23)
(23)
(15)
(13)
(11)

最新のコメント

ぶうちゃんさま 恥ずかし..
by tanpopo-jyo at 12:01
「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45
kiyochanさま マ..
by tanpopo-jyo at 21:56
ぶうちゃんさま 私はぶう..
by tanpopo-jyo at 21:34
ジョニデさま 「小林さん..
by tanpopo-jyo at 21:28
フレーゴラは7月のスプマ..
by ぶうちゃん at 08:57
純ちゃんの写真見て行っ..
by kiyochan at 18:04
高原リゾートの最高の形と..
by ジョニデ at 11:32
雪見ちゃん 「空とぶウミ..
by tanpopo-jyo at 21:07
カウアイ島でのんびりしな..
by 雪見うさぎ at 08:20
ぶうちゃんさま 番組のH..
by tanpopo-jyo at 14:10
雪見ちゃん うーーん、対..
by tanpopo-jyo at 14:06

記事ランキング

検索

アンコール遺跡の旅 3日目(午前中)

2008年1月22日(火)

アンコールワットから昇る朝日を見るために早起き。5時半ホテル出発です
ホテルからアンコールワットまでは車で15分程の距離。
日の出は6時45分頃と聞いたので、出発早すぎない?と言ったのですが
夜明け前のアンコールワット、幻想的でした

( 欄干を三脚の代用にしたため、こんな構図になってしまいましたが )
b0112909_1372180.jpg


日中は30℃を超えますが夜明け前は肌寒く、羽織るものがあった方が良いかも。
春分の日と秋分の日には、アンコールワット中央の塔の真後ろから太陽が昇る
そうですが、この時期はまだかなり右手から太陽が顔を出しました
b0112909_13114778.jpg


7時過ぎにホテルに戻って朝食
再出発は午前9時で、シェムリアップの町から13㎞ほどに位置する
初期アンコール時代の遺跡ロリュオスへ向かいました。
ロリュオスにはロレイ寺院、プリアコー、バコン寺院がありますが、
まず訪れたのは893年ヤショーヴァルマン1世が祖先を祀るために建立した
ロレイ寺院

b0112909_13205354.jpg


4つの祠堂は焼きレンガを積んで造られたもので、いずれも頂きは崩れています
b0112909_13243346.jpg


4つの祠堂は十字型の溝で結ばれていますが、これはヒマラヤの
聖なる湖と、そこから流れ出る4つの聖なる川を表わしているそうです

b0112909_1330994.jpg


次に訪れたのは、879年インドラヴァルマン1世が先祖の霊を祀るために
たった2年で建てたというヒンズー教寺院プリアコーです
3つの祠堂が2列に並んでおり、3頭の聖なる牛の丸堀りが
それぞれ祠堂に向かって置かれています

b0112909_13375828.jpg


聖なる牛
b0112909_13394696.jpg


プリアコーでは遺跡の修復現場を見学することができました
b0112909_13433144.jpg


これは1960年代にフランス隊が修復を施した祠堂の柱部分です
古いレンガを下処理せずそのまま使い、間をセメントで埋めたものですが、
酸性雨によりセメントが溶けて既に傷みが出ています

b0112909_1346075.jpg


現在、ドイツ隊により修復中の柱部分
古いレンガの厚さをまずそろえ、接着面のデコボコをなくしたあと、
水(雨)を含むと強度を増す合成接着剤を使用しているそうです

b0112909_13532375.jpg


この合成接着剤には、シジミの殻を粉末状にしたものと、フルイにかけた
レンガの粉も混ぜる
そうです。シジミ貝の殻を使うのは、普通の石灰より
酸性雨に強いから。また世界遺産に指定されてからは、支柱に入れる鉄筋も
錆が出るため禁止され、ドイツ製の合成樹脂の棒で代用していると聞きました

b0112909_13585567.jpg


午前中、最後に訪れたのは881年、インドラヴァルマン1世により建てられた
パコン寺院。バコン寺院への参道です

b0112909_14125637.jpg


参道の欄干にある7つの頭を持つナーガ(蛇神)の胴体は直接地面を這っていて、
鎌首を持ち上げています。
胴体を直接地面に這わせるのは古い時代の特徴で、
アンコールワットの頃にはなくなるそうです

b0112909_1565983.jpg


バコン寺院全景
カンボジアで最初のピラミッド式配置の建築物で、
その後500年にわたるピラミッド型寺院の原型だそうです

b0112909_158040.jpg


第3基壇の四隅には1頭づつ丸堀りの象が置かれています
b0112909_14263293.jpg


第5基壇の南面には阿修羅の浮き彫りや
b0112909_1593553.jpg


瞑想する苦行僧の浮き彫りが残されています
b0112909_14324788.jpg


バコン寺院の頂上から振り返ったところです
b0112909_1434319.jpg


この日のランチは中華
メニューはマーボー豆腐、酢豚、マーボー茄子、イカとセロリの炒めもの

b0112909_15202367.jpg



アンコール遺跡の旅日記は
⑴はじめに
①ロイヤル・アンコール・リゾートのこと ②シェムリアップの様子 ③気候や通貨のこと

⑵2日目午前
アンコールトム観光(バイヨン寺院、パプーオン、象のテラス、ライ王のテラス)

⑶2日目午後
アンコールワット観光とバケン山

⑷3日目午前
①アンコールワットの日の出 ②ロリュオス遺跡(ロレイ寺院、プリアコー、バコン寺院)

⑸3日目午後
①タプローム寺院 ②バンテアイ・クディ ③スラ・スラン

⑹4日目午前
東洋のモナリザがあるバンテアイ・スレイ

⑺4日目午後
①クバールスビアン ②アンコール国立博物館 ③ガイドさんから聞いたあれこれ
となっております。
ご興味のあるページをお読みいただければと思います。
by tanpopo-jyo | 2008-02-01 14:35 | カンボジア王国 | Comments(0)