大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
トルコ
南アフリカ共和国
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
都立の9庭園
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下

タグ

(328)
(279)
(181)
(122)
(102)
(99)
(60)
(56)
(55)
(44)
(42)
(38)
(32)
(32)
(27)
(24)
(24)
(19)
(18)
(11)

最新のコメント

Uさま いーえ!駅直結で..
by tanpopo-jyo at 20:00
ジョニデさま ジョニデさ..
by tanpopo-jyo at 19:58
駅直結、ではないのですか..
by U at 18:00
イワシは歯ごたえを楽しん..
by ジョニデ at 16:59
Uさま たしか 「迷わな..
by tanpopo-jyo at 15:54
いつもながらスピーディー..
by U at 13:57
kiyochanさま は..
by tanpopo-jyo at 20:38
おもしろーい。一度見に行..
by kiyochan at 17:08
キヨちゃん 初訪問のお店..
by tanpopo-jyo at 18:17
良いお店に、お誘いいた..
by キヨちゃん at 13:45
雪見ちゃん 「このコ(黒..
by tanpopo-jyo at 10:30
度々お世話になった湯島天..
by 雪見うさぎ at 09:14
雪見ちゃん 面白い展覧会..
by tanpopo-jyo at 13:58
なんたって、1960年代..
by 雪見うさぎ at 12:52
雪見ちゃん フィジーへ来..
by tanpopo-jyo at 11:55
今回は、食事に付けた両極..
by 雪見うさぎ at 11:10
雪見ちゃん 衆人環視の中..
by tanpopo-jyo at 13:30
で?tanpopo夫婦の..
by 雪見うさぎ at 20:10
雪見ちゃん ミッキーのぬ..
by tanpopo-jyo at 15:55
衣装が素敵ですね。大スタ..
by 雪見うさぎ at 14:13

記事ランキング

検索

カテゴリ:お台場エリア( 5 )

マンモス展へ

2019年6月10日(月)

土曜日に梅雨入りしてから肌寒い日が続く東京地方。
今日はお台場の日本科学未来館で開催中の 「マンモス展」 を見て来ました。
およそ500万年前からこの地球上に生き、約4000年前に絶滅してしまったマンモスの展覧会です。
b0112909_21181285.jpg


入り口から続く薄暗い通路の先には・・・
b0112909_21274129.jpg


永久凍土から発掘された4万年前の仔ケナガマンモス 「ディーマ」が 38年ぶりの再来日。
シベリアの泥池にはまりこんで、そのまま死んでしまった仔マンモスです。
短い期間に深く地中に埋もれ込み、永久凍土の中に残されたため 微生物による分解や
肉食獣の餌食にならず全身がきれいな状態で保たれています。 後ろ脚には・・・
b0112909_21312693.jpg


毛も残っています。
b0112909_21352498.jpg


最初のコーナーでは、マンモスはどんな環境でどんな暮らしを送っていたのか?
何故 絶滅したのか? を解説しています。
b0112909_21375723.jpg


熱帯ジャングルの中で暮らしていたと考えられる最初のマンモスは、
b0112909_21402054.jpg


100万年前に寒冷化が進んで 森が草原へと変わる中で進化し、シベリア北東部にも住み始めて
b0112909_21404067.jpg


約40万年前にケナガマンモスが出現したのだそうです。
b0112909_21410382.jpg


長いものだと4.5m、重さは100㎏超 というマンモスの牙。
一面が草原のシベリアには家の材料となるような木はなく、太古の人々はマンモスのホネや皮で
テントのような家を造り、牙は武器や生活道具、装飾品として利用していたと考えられています。
b0112909_21521860.jpg


一生の間に5回 生えかわるマンモスの歯。大きさはラグビーボールくらいだと思います。
繊維質の多いイネ科の硬い草もヒダのある歯ですりつぶして食べていたそうですが
洗濯板みたい!(笑)
b0112909_21545804.jpg


極寒の気候に対応するため、マンモスの全身は分厚い毛で覆われていましたが、
その体毛は1mほどの長く粗い外側の毛と30㎝くらいのアンダーコート の2種類。
毛を触れるコーナーもあったのですが 「毛」 というより 「ほぼ針金」
b0112909_21595574.jpg


マンモスと同じ頃 に共生していたのは こんな毛で全身を覆われた・・・
b0112909_22070947.jpg


ケサイ や、
b0112909_22065650.jpg


現在のライオンよりずっと大きいホラアナライオンなど。
ホラアナライオンのタテガミって首の下だけだったんですかね? ^^
b0112909_22081732.jpg


本展一番のみどころが2つめのコーナーで、世界初公開の冷凍標本がずらりと並ぶ冷凍展示室
上は 約3万1150年前のケナガマンモスの皮膚で、よく見ると毛穴まで残っています。
後ろ脚の付け根からお尻にかけての部分で、動く時にシワになるところです。下は・・・
b0112909_22272683.jpg


4万1000年 ~ 4万2000年前の仔マンモス 「フジ」
体内から液体状態の血液と尿が採取できたそうです!
b0112909_22293475.jpg


9300年前のユカギルバイソンは自然に横たわった状態で見つかったそうですが
胃の中から毒草が検出されたので中毒死だったと考えられるとのこと。
下は左が1万2450年前の生後約3ケ月のイヌ、右はライチョウの幼鳥。
b0112909_22403899.jpg


3万2700年前のケナガマンモスの鼻も!!
通常、マンモスの鼻は死亡後すぐに肉食獣に食べられるか 腐敗するかのどちらかですが
死後すぐに凍りついたため、永久凍土で保存されたようです。
b0112909_22444435.jpg


何故、世界初公開の冷凍標本がこんなにたくさん並んでいるかというと、
マイナス20℃をキープし、窓ガラスがくもらない冷凍展示室の製作には
日本の会社の特別な技術が使われていて、その制作費は都心のマンション並みと超高価。
よってこれらの冷凍標本は ふだんはロシア北東部、サハ共和国のマンモスミュージアムで
ひっそり 「保管」 され、非公開なのだそうです。

さらに2005年 愛・地球博 で話題になった ユカギルマンモス も再来日しています。
こちらだけ撮影NG でしたので、写真は科学未来館 HPよりお借りしました。
b0112909_23025236.jpg


最終章は 近畿大学のマンモス復活プロジェクト など、冷凍標本を使ったさまざまな研究について。
今年の春先に 「永久凍土から発掘した2万8000年前のマンモスの細胞核が動き始めた」 と
近畿大学が発表したのは衝撃的でしたよね! 「衝撃的」 といえば・・・
b0112909_23101826.jpg


ミュージアムショップの品揃えも なかなかでしたよ。
マンモスの下顎の化石 (764,000円) なんて買う人 いるのかな? とか、
b0112909_23193227.jpg


鼻 → コーンスナック の発想って...とか 119.png
b0112909_23205444.jpg


マツコ・デラックスさんがイメージキャラクター というのも 「笑撃」でした
シンプルなポスターですが すごいインパクト!!
b0112909_23261109.jpg


今日は滞在3時間近く。面白くてわかりやすい展覧会でした。
「マンモス展」 は お台場の日本科学未来館で 2019年11月4日(月) まで。オススメです!
b0112909_23400533.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-06-10 23:49 | お台場エリア | Trackback | Comments(0)

チームラボ 踊る!アート展

2015年2月25日(水)

今、世界に起きていることを科学の視点から理解し、これからどんな未来を
つくっていくかを考え、語り合う場として作られた日本科学未来館。
館内は7階までの吹き抜けになっており、
b0112909_19535268.jpg


地球の周りをぐるりと回る螺旋階段もあります。
ロボットやアンドロイドと触れ合えたり、インターネットで情報が伝わる仕組みなど、
体験型の展示で、子供から大人まで楽しめるようになっている常設展も
素晴らしいのですが・・・
b0112909_19573016.jpg


現在は企画展『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』を開催中。
b0112909_19585152.jpg


まず入って前半部分はデジタルアート。東京で見られる花をモチーフにしており
1時間で1年間の花々が移り変わっていきます。
b0112909_20447100.jpg


花は鑑賞者の動作(激しく動いたり、立ち止まったり)によって一斉に散ったり
あるいは一斉に咲き誇ったり。
予めプログラムされた映像を再生しているわけではない一期一会の空間。
b0112909_20511100.jpg


「花と屍 剥落 十二幅対」は自然と文明の衝突、循環、共生をテーマにした絵巻物。
b0112909_20134076.jpg


「生命は生命の力で生きている」は、空間に書く書、「空書」。
b0112909_20142153.jpg


書の墨跡が持つ深さや速さ、力強さを空間に立体的に再構築している作品。
b0112909_2014436.jpg


ディスプレイに近づいて見ても映像は本当に美しいのです!
b0112909_2015135.jpg


「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」では、画面の上から次々と象形文字が
落ちてきます。
b0112909_2028841.jpg

b0112909_20282545.jpg


象形文字にタッチすると、その文字が持つ世界が表れ物語を創っていきます。
b0112909_20275070.jpg


例えば火に水がかかると火は消え、土に雨が降ると草が生え、
b0112909_20273366.jpg


馬は人が触れると逃げていきます。象形文字の組み合わせによって作用するもの、
b0112909_20414966.jpg


人のタッチで作用するものなどさまざまです
b0112909_20421647.jpg


そして後半はキッズ向け(?)の『未来の遊園地』というデジタルアトラクション。
「お絵かき水族館」では用意された海の生き物に
b0112909_20483385.jpg


クレヨンで自由に塗り絵をしてスタッフさんに渡すとスキャナーで取り込んでくれて
b0112909_20495011.jpg


スクリーンの水族館に反映されます。
自分が描いたものが他の子の魚と一緒になって動くってすごい体験なわけで
大興奮の子供たち。
b0112909_20531489.jpg


おまけに泳いでる魚にタッチするとびっくりして逃げる、みたいなリアクションも!
b0112909_20535317.jpg


隣には3Dお絵描きタウンもあって大盛況。
b0112909_2114482.jpg


英語やフランス語も飛び交ってインターナショナルな雰囲気でした
b0112909_2173252.jpg


「光のボールでオーケストラ」は、叩くと色が変わったり音が鳴る光のボール
b0112909_219453.jpg


大きいボールは他のボールと連動しているので、
ひとつ叩くと空間全体の色が変わります。
b0112909_2192894.jpg


「つながる積み木列車」は積み木と積み木の間に線路や道路が出来、
列車や車が走りだす不思議な積み木。同じ色の積み木はどんどん繋がっていく為、
b0112909_21153173.jpg


隣の積み木とも繋がってたくさんの列車や車が走り、
町はどんどん発展していきます。他の子との協力が大切ですね♪
b0112909_21151379.jpg


「小人が住まうテーブル」はにたくさんの”小人”がプロジェクションされている作品。
b0112909_2123059.jpg


テーブルに手などをかざすと、小人はそれを「物理的な障害」と認識して避けたり、
頑張って乗り越えようとして悶える可愛さ。萌え~~^^
b0112909_2121545.jpg


チームラボ「踊る!アート展と 学ぶ!未来の遊園地」は会期延長が決定。
2015年5月10日(日)までなので是非\(^o^)/
3月2日(月)~6日(金)は展示入れ替えのため休館です。ご注意下さい
b0112909_21451931.jpg

by tanpopo-jyo | 2015-02-25 21:34 | お台場エリア | Trackback | Comments(0)

機動戦士ガンダム現る!

2012年9月13日(木)

2年ぶりにお台場へパンパスグラスを撮りに出かけたら
b0112909_20281776.jpg


いつのまにか こんな方が立っていらっしゃいまして・・・。
b0112909_20384962.jpg


機動戦士ガンダムと書いてありましたがナニモノ? 何故ここに?
b0112909_20335554.jpg


巨大だし
b0112909_20382169.jpg


どこから見ても強そうだし、敵じゃなければいいなぁと思いつつ
b0112909_20374520.jpg


ココへ入ってわかりましたよ~。 ガンダム人形焼売ってましたもん。
悪役は人形焼にはならない!! (たぶん)
b0112909_20514791.jpg


今日も最高気温33度。でもお台場の風は涼しくて
b0112909_2124470.jpg


雲も何とな~く 秋っぽくなりましたよね?
b0112909_2144656.jpg


釣瓶落としぃ~~
b0112909_21101677.jpg

by tanpopo-jyo | 2012-09-13 21:19 | お台場エリア | Trackback | Comments(2)

お台場は秋の気配 sanpo

2010年8月23日(月)

秋を探しにお台場へ。でも今日の目的はキバナコスモスではなく、
b0112909_19424580.jpg


その後ろにワサワサと茂っている・・・
b0112909_19425598.jpg


パンパスグラスです。
b0112909_1951257.jpg


とーっても背高のっぽなのですが、
b0112909_19504214.jpg


比較できるモノがなくて困っていると、
b0112909_19462276.jpg


折よく女性カメラマンさん登場 (*^.^*)
後ろはフジTV湾岸スタジオのビルで、
b0112909_19463490.jpg


右はテレコムセンタービル、
b0112909_19464291.jpg


こちらは、ご存じフジテレビ本社ビルです
b0112909_2041712.jpg


ここまで来たので・・・
b0112909_20153032.jpg


ちょっと海辺にも行ってみましたが、人は少なかったですね。
b0112909_20174165.jpg


パンパスグラスの辺りには、赤トンボがたくさん飛んでいました。
ちゃんと秋はそこまで来ているみたいですよ?
b0112909_20131533.jpg

by tanpopo-jyo | 2010-08-23 20:25 | お台場エリア | Trackback | Comments(2)

秋風に揺れるパンパスグラス

2009年9月13日(日)

もう、すっかり秋の空ですね~♪
b0112909_1764644.jpg


空を見ているだけで・・・
b0112909_177510.jpg


癒されます。
b0112909_1773248.jpg


お台場のパンパスグラスが見頃です
b0112909_17141093.jpg


秋の夕暮れ時、風に揺られるススキは頼りなげで風情がありますが、
存在感のあるパンパスグラスだって、それなりに秋の気配を忍ばせています
b0112909_17191616.jpg


パンパスグラスの周りのお花畑ではキバナコスモスも満開
b0112909_17273319.jpg
b0112909_1727425.jpg


自由の女神像までテクテク歩いて
b0112909_17303357.jpg


ホテル日航東京でお茶をして・・・
ダンナサマが留守の私の日曜日(´▽`;)
b0112909_17312283.jpg


パンパスグラスもキバナコスモスも月末までは充分楽しめそうですよ~
場所は、ゆりかもめ「船の科学館」下車、東京国際交流館前辺りです。
b0112909_17372117.jpg

by tanpopo-jyo | 2009-09-13 17:47 | お台場エリア | Trackback | Comments(0)