大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(292)
(276)
(151)
(121)
(97)
(87)
(58)
(55)
(51)
(41)
(41)
(31)
(30)
(30)
(26)
(23)
(23)
(15)
(13)
(11)

最新のコメント

「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45
kiyochanさま マ..
by tanpopo-jyo at 21:56
ぶうちゃんさま 私はぶう..
by tanpopo-jyo at 21:34
ジョニデさま 「小林さん..
by tanpopo-jyo at 21:28
フレーゴラは7月のスプマ..
by ぶうちゃん at 08:57
純ちゃんの写真見て行っ..
by kiyochan at 18:04
高原リゾートの最高の形と..
by ジョニデ at 11:32
雪見ちゃん 「空とぶウミ..
by tanpopo-jyo at 21:07
カウアイ島でのんびりしな..
by 雪見うさぎ at 08:20
ぶうちゃんさま 番組のH..
by tanpopo-jyo at 14:10
雪見ちゃん うーーん、対..
by tanpopo-jyo at 14:06
Uさま 帰国報告第一弾!..
by tanpopo-jyo at 14:00

記事ランキング

検索

カテゴリ:長野県( 42 )

軽井沢で小林シェフの還暦祝い

2018年9月17日(月)

いつもの夫婦4組で軽井沢へ行き、小林さんの還暦をお祝いしようと計画していたのに
昨夜、ジョニデさまからこんな写真が届いて ガーン w(☆o◎)w
残念、先を越された・・・と思ったら、赤のコックコートは
小林さんのお仲間やお弟子さんたちからのプレゼントとわかってヤレヤレ105.png
b0112909_22204667.jpg


今日の軽井沢は朝のうち曇っていたようですがパーティが始まる頃には気持ちよく晴れて
半袖でちょうどの暖かさに。
b0112909_22460382.jpg


4組8名が揃うのは久しぶりだったので、スプマンテなど飲みながら
b0112909_22340936.jpg


お料理ができるまで歓談。
b0112909_22303000.jpg


ぶうちゃんさんは、冬の軽井沢用にとぶうちゃん号の・・・
b0112909_22371704.jpg


弟分を購入されていたので、今日はそのお披露目も。
「これは四駆じゃない」とか 「冬の軽井沢はこれじゃ無理」とか辛口批評? もチラホラ (笑)
b0112909_22404727.jpg


前菜はおなじみの2皿。
b0112909_22452269.jpg

b0112909_22453514.jpg


さらに生ハムやサラミの盛り合わせも。
今日のパルミジャーノ・レッジャーノは特別美味しかったですが 変えられました?
b0112909_22482154.jpg


ローズマリーのパンにもついつい手が伸びます。
ここでおなかをいっぱいにしてはダメなのに。
b0112909_22535303.jpg


モンサンミッシェルのムール貝と、サルディーニャのボッタルガのフレーゴラ。
ボッタルガがフレーゴラによくからんで非常に美味しくいただきました
b0112909_22504993.jpg


ピーマンや、
b0112909_22560203.jpg


お肉を炭火で焼いて・・・
b0112909_22563313.jpg


本日のメインの出来上がり♪
塩気はサーディンやゴルゴンゾーラで。美味しいのなんの!
b0112909_22572887.jpg


合わせたワインはこちら。
b0112909_23025834.jpg


ドルチェは、お米とココナッツとグリーンペッパーのジェラート。
b0112909_23021706.jpg


食後は小林さんと葉子さんも加わってリモンチェッロなど飲みながらワイワイと。
b0112909_23080510.jpg


次回、フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナに集合する日も決まりました^^
b0112909_23094247.jpg


12時に集まって、17時過ぎまで。
b0112909_23112989.jpg


記念の集合写真を撮ってお開き。
好天にも恵まれ楽しいひとときでした。皆さま有り難うございました。
b0112909_23115799.jpg


全員から小林さんへのプレゼントは赤のポロシャツ169.png
b0112909_23171423.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます



by tanpopo-jyo | 2018-09-17 23:24 | 長野県 | Comments(4)

紅葉の軽井沢へ

2017年10月22日(日)

U教授ご夫妻と軽井沢でランチの約束をした今日は大型の台風が接近中。
1日1組のレストランなので台風ごときで(!?)予定は変えられませんよ^^
予約は13時でしたが先に紅葉を見てからと思って9時32分発の新幹線に乗車。
b0112909_12310039.jpg


軽井沢もやっぱり雨で浅間山は霧のなか。
ただこの季節の軽井沢にしては暖かめで気温は東京と同じくらいでした
b0112909_12330892.jpg


11月半ばまでの期間限定、青空図書館もこの雨ではね。
トンボの湯の前を歩いて・・・
b0112909_12344978.jpg


さらに奥へ。
突き当たりの二股に分かれる所、右手にある小さな階段を上がったところに、
b0112909_12353586.jpg


2016年夏に完成したカフェ イカルがあります。ピッキオのビジターセンターも今はここに移り、
以前のビジターセンターは別荘地の販売事務所(?)になっていました。
b0112909_12411156.jpg


が、こんなお天気ですから店内は他に誰もおらず貸し切り^^
ムササビのライブモニターもありましたが、ピクっとも動きませんZzz...
b0112909_12451199.jpg


コーヒーを飲みながら何もしないゼイタクな時を過ごしました。
グラスに描いてあるのは・・・
b0112909_12474745.jpg


店名にもなっている「イカル」
お店の方の話によるとスズメとハトの中間ぐらいの大きさで丸々しているから存在感があると。
コーヒーを注文する際に「コーヒー一杯プリーズ」と言うと
ちょっぴり良いことがあるかも? と書いてあったので試してみたら、
b0112909_12484863.jpg


イカルの啼き声を聞かせてくれて、イカルをかたどったクッキーもプレゼント。
コーヒー一杯プリーズ169.png コーヒー一杯プリーズ169.pngと啼いてるように聞こえます
先入観もありますけども。
b0112909_12560293.jpg


ケラ池に面しているカフェは、
b0112909_13040144.jpg


夏はガラス窓を開けてオープンカフェになり、さらに・・・
b0112909_13055023.jpg


池の中央、囲いの内側には -9℃ の冷却装置が埋め込まれているので
b0112909_13051254.jpg


11月から春まではスケートリンクとして利用できるそうです。
※画像は軽井沢ウェブHPより
b0112909_14462471.jpg


この辺りには紅葉するモミジやツタウルシ、黄色く染まるカラマツがたくさんありますが
今年の軽井沢は雨が多く、寒暖差も少ないことから紅葉は今ひとつとおっしゃっていました。
色づく前に散り始めているようです。
b0112909_13041716.jpg


池のほとりの高台は、浅間山がよく見える絶景スポットですし、
紅葉が美しい年ならば池に映り込んできれいでしょうね。
ここからレストランまでは歩いても行ける距離ですが、この雨なのでカフェでタクシーを呼んでもらい
U家と待ち合わせをしたお店へ。
「お店の事情」でレストランでのお食事の数々は限定公開といたします。ごめんなさい。。。
b0112909_13052687.jpg



by tanpopo-jyo | 2017-10-23 14:00 | 長野県 | Comments(0)

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナでランチ

2017年10月22日(日)

銀座エッフェ開店のため、無期限休業中の軽井沢フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ。
いつまで待っても再開しそうにないのでU教授ご夫妻と勝手に押しかけました。
「来るのはいいけどまだ公にしていないからブログに載せないで」と小林さん。ハイハイ。
というわけで記事は限定公開です。(※2018年3月、公開にしました)
b0112909_01575101.jpg


軽井沢のフォリオリーナへは2014年11月16日にU家、ぶうちゃん家と伺って以来ですが
今日はジビエのオンパレードですよー113.png
b0112909_01581931.jpg


1皿目はライチョウ。
一番下には傘が開く前のOVULO(タマゴダケ)を炭火で炙って香りをたてたあとマリネしたもの。
その上にライチョウのムネ肉を塩とオリーブオイルで軽く焼いて薄切りにしたもの。
上にブツブツ散らしてあるのはライチョウのモモ肉と内臓を軽く炒めたもの。
そしてスカローニョ(イタリアのエシャロット)の細切りとロンバルディアのキャビアを
合わせたサラダが添えられています
b0112909_01584683.jpg


2皿目はカモのフォアグラを強火で焼いたものにアーティチョークを薄切りにして
カリカリに焼いたものが添えられています。ピュレはニンニクとエシャロットを加えた赤カブ。
b0112909_02003243.jpg


3皿目はチーマディラーパのスープ
甘鯛にアオケシの実をまぶして塩だけ振ってオリーブオイルで焼いたものが
入っています。カリカリにローストしたアーモンドを散らして。
b0112909_02010153.jpg


フォアグラとスープに合わせた白ワイン
b0112909_02183062.jpg


4皿目はゴルフボール大のパニーノ
黒粒胡椒を粗く刻んで練り込んで焼いた天然酵母のパンに挟んであるのは
標高の低い所にいる野生の山ウズラ、ペルニーチェロッサ。
ニンニク、玉葱、ウズラの内蔵(砂肝、心臓、レバー)に丁子とネズの実、
丸ごと焼いたウズラを入れて赤ワインビネガーと白ワインを加えてストゥファートしたもの。
さらに薄切りのカラスミとピエモンテの白カビタイプのチーズ、トミーノも。
手で軽くつぶしていただきます。パンの表面が軽く炙ってあって香ばしいです
b0112909_02014017.jpg


5皿目は白エビのパスタですが、U教授とテラスで「休憩」している間にお料理が出て
小林さんの説明も終わっていました105.png
チーズはアマローネの搾りかすに漬け込んだウブリアーコの薄切りをバーナーで炙って
香りをたてたもの。コロンとしているのはお庭の山栗。
とても小さな栗ですが味は甘く濃厚で小林家ではこれで栗ごはんを作るそう。パスタにも合います。
b0112909_02024634.jpg


パニーノとパスタに合わせた赤ワイン
b0112909_02191670.jpg

6皿目はメインのウズラです。塩とオリーブオイルだけで焼いたムネ肉、
モモは蒸し焼きになるように皮を内側にしてチューリップ状にしてから表面を強火で焼いたもの。
添えてあるのは砂肝・心臓・レバーのスフォルマートと、野生のキノコ カルドンチェッロ。
左奥に小さく写っているのは・・・
b0112909_12105976.jpg


ドライトマトを練り込んだ天然酵母のパンです。
b0112909_12112650.jpg


7皿目のチーズ料理はチーズ(何の?) と、シャントレ(野生のキノコ)をローストしたものを
生ハムで巻いて衣をつけて揚げたお料理。
b0112909_02033811.jpg


ナイフをいれると・・・。
b0112909_02041407.jpg


メインとチーズ料理に合わせた赤ワイン
b0112909_02200973.jpg


ドルチェは黒イチジクを合わせたチョコレートのトルタ
13時に食事を始めてこの時点で16時15分。
台風が心配で帰りの新幹線を早めた我が家はここで時間切れ145.png
b0112909_02061798.jpg


小菓子を口に放り込みつつ、お支払いを済ませたのでありました。
ドルチェに合わせたデザートワインは何だったでしょう?
Uさま、慌ただしくしちゃってごめんなさい <(_ _)>
b0112909_02063999.jpg


久々に小林さんの早口解説を伺いながらのお料理の数々、大変美味しゅうございました。
お値段のわりにひじょーにサッパリしたお勘定書でしたが(^^;
b0112909_02065537.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2017-10-23 13:59 | 長野県 | Comments(2)

高遠城址公園の桜

2016年4月12日(火)

今日は、3年ぶりに高遠城址公園の桜を見に出かけました。
(前回の記事はコチラ)
b0112909_16455142.jpg


9時半に都心を出発、中央自動車道の長坂インターを下りた辺りは
ソメイヨシノが満開でしたが、八ヶ岳倶楽部方面へ標高があがるに従って
冬枯れの景色となります。
ランチに立ち寄った清里高原ホテルでもストーブに薪がくべられていました。
b0112909_1414767.jpg


ランチのあとにホテルの庭を散策。
2899mの赤岳をはじめ、八ヶ岳連峰がクッキリ。
b0112909_1421466.jpg


中央自動車道の諏訪インターから約50分、
16時前に高遠城址公園に到着しましたが、グランドゲート前には・・・
b0112909_14164514.jpg


大型観光バスが2台停まっていただけ。ラッキーです!
b0112909_14173712.jpg


馬の姿が桜の花に埋もれて隠れたという高遠藩の桜の馬場。
明治8年、荒れたままになっていた高遠城址を何とかしようと、
旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが公園の桜の始まりで、
b0112909_14212799.jpg


園内には約1,500本もの桜があり、公園全体が薄紅色に染まっています。
b0112909_1422615.jpg


二の丸跡の・・・
b0112909_14273752.jpg


左側にある木造2階建、入母屋造の高遠閣は、
b0112909_14282794.jpg


公園のシンボル。お花見期間中は・・・
b0112909_14284257.jpg


休憩所などに使用されているので、
b0112909_1432748.jpg


高遠閣2階からの眺めも是非。
b0112909_14391288.jpg


この建物の後ろに残っている土塁は築城当時のものだそうで、
b0112909_14424951.jpg


戦国城郭の一部をうかがうことができます。
b0112909_14423480.jpg


桜の枝が欄干まで垂れる・・・
b0112909_14483565.jpg


桜雲橋。
b0112909_14492410.jpg

b0112909_1450325.jpg


二の丸から桜雲橋を渡って問屋門をくぐれば・・・
b0112909_14484759.jpg


本丸で、
b0112909_1554593.jpg


高松宮殿下、妃殿下お手植えの桜も。
b0112909_1561365.jpg


桜の向こうに連なるのは中央アルプスの山々。
b0112909_1593956.jpg


時を知らせた太鼓櫓の前を歩いて・・・
b0112909_15132939.jpg


南曲輪へ。
b0112909_15473926.jpg


ここから見える駐車場の枝垂れ桜もみごとでした。
b0112909_15552748.jpg


白兎橋を渡って法幢院曲輪へ出ればほぼ園内一周。
1時間~1時間半あればゆっくり散策できる公園です。
b0112909_1559844.jpg


天正10(1582)年、織田信長は信玄亡き後の武田氏の混乱に乗じて
5万の兵を伊那口へ送り、その進攻に恐れをなした諸将は逃亡または降伏、
織田軍は刃に血塗らずして高遠に迫ります。
時の高遠城主、仁科五郎盛信(信玄の5男)はわずか3千の手兵をもって
この大軍を迎え撃ちますが、大軍の前には如何ともしがたくことごとく討ち死。
盛信は切腹、武田勝頼も天目山で自害。
強大を誇った武田氏の最後を飾る戦いの場となった高遠城の桜は、
盛信が流した血の赤みなのだそうです。
b0112909_1633413.jpg

by tanpopo-jyo | 2016-04-13 15:14 | 長野県 | Comments(4)

軽井沢へ還暦記念旅行

2015年7月22日(水)

同級生6人で1泊2日の軽井沢、還暦記念旅行です。
あさま605号に乗車、10時19分 軽井沢駅着。
タクシーでムーゼの森「エルツおもちゃ博物館」へ。
b0112909_1947556.jpg


遊びの中で子供たちの心を育む「ヨーロッパの知育玩具展」を見て、
b0112909_19464936.jpg


併設のカフェでランチを。
b0112909_19471640.jpg


軽井沢の森のなかに・・・
b0112909_1957426.jpg


展示室が点在する「絵本の森美術館」では、季節のガーデンを楽しみながら
b0112909_19583192.jpg


開館25周年記念のピーターラビットの世界展を見学しました。
b0112909_19565041.jpg


今日、宿泊するのは水辺のガーデンリゾート、ルゼヴィラ。
プライベートガーデンの中の隠れ家は全5室という贅沢さです。
b0112909_20193349.jpg


ラウンジでウェルカムドリンクをいただきながらチェックイン。
b0112909_20261413.jpg


カワコと私が泊まった201号室のリビングは
b0112909_20322980.jpg


廊下がある分、他の2部屋に比べて若干狭かったような?
b0112909_20324569.jpg


ベッドの上にはワンピース型のパジャマ、クローゼットにはガウンも。
ただマットと枕は私には固すぎ (^^;
b0112909_20362129.jpg


バスルームは広めで快適♪ バスローブの用意もありました。
b0112909_2040162.jpg


寝る前にベランダに出たのですが、ホタルが2階まで飛んできましたよ!
このベランダから見えるのが・・・
b0112909_20424621.jpg


みゆぼんぼん&雪見ちゃんの泊まった離れ風の101号室。
b0112909_2044327.jpg


家具や調度品は部屋ごとに違うようです。
b0112909_2050485.jpg


101号室の寝室。
b0112909_20493638.jpg


バスルームには予約を入れておいたバラのフットバスの用意も。
これは夜のお楽しみ♪
b0112909_20495845.jpg


うさこちゃん&キウイちゃんの泊まった102号室のリビング。
左手、ガラスのドアの向こうが・・・
b0112909_2153456.jpg


寝室です。荷物を置いてガーデンの散策に出ました。
b0112909_215482.jpg


バラのパーゴラが続く水辺のお庭、フレンチローズガーデンでは
クレマチスとバラがまだまだ元気に咲いています。
b0112909_219710.jpg


フレンチローズガーデンから眼鏡橋をのぞんで。
b0112909_2192643.jpg


160種、600株のバラが咲くイングリッシュローズガーデン。
b0112909_2110369.jpg


架け橋を渡って・・・
b0112909_2111084.jpg


対岸へ。湖面をびっしりと覆っているのは可愛らしいアサザです。
b0112909_21112033.jpg


朝晩は20℃以下になる軽井沢でも日中は30℃超え。
小1時間のお散歩で汗をかいたのでホテルに戻りシャワータイム。
ちょっぴりおめかしをしてディナーの予約をしてあるユカワタンへ向かいました。
(次のページに続きます。。。)
b0112909_2112384.jpg

今回の軽井沢旅行の記事は
①軽井沢へ還暦記念旅行
②ユカワタンでディナー
③軽井沢2日目の3本です
by tanpopo-jyo | 2015-07-25 21:51 | 長野県 | Comments(2)

ユカワタンでディナー

2015年7月22日(水)

この日のディナーはホテルブレストンコート内にあるユカワタンです。
ホテル本館とは別棟で、ウェディングラウンジの奥にひっそりと佇んでいます。
b0112909_2135366.jpg


浜田シェフは世界一のフレンチシェフを決めるコンクールと言われる
ボキューズ・ドールの日本大会で史上最年少で優勝、世界大会で3位になった方。
b0112909_21163587.jpg


昨年2度、ぶうちゃん様ご夫妻と訪れてファンになったレストランです。
b0112909_2117611.jpg


アヴァン・アミューズは自家製ビーフジャーキーと
b0112909_2117507.jpg


鯉の骨の周りの部位をスモークして軽く炙ったもの。
b0112909_211852100.jpg


ゴールデンキャビアとシナノユキマスの卵を添えた鯉のタルト
アクセントはピクルス。クセは全くなくてほんとにこれが鯉ですか!?
b0112909_21203334.jpg


アミューズ・ブーシュは懐石料理にヒントを得たという「6つの石」。
左から玉葱のピクルスを巻いた桜鱒、
ギンヒカリのタルタルを桂むきの大根で巻いたもの、
スープ仕立てのビーツ、チョウザメのムースをウワミズ桜の葉で巻いたもの、
マスタードの上に豚肉のコロッケ仕立て、アンズのチーズケーキ仕立て。
左から順にいただくとコース料理になっているというシェフのスペシャリテです。
b0112909_2124176.jpg


1皿目の前菜は、軽くマリネした桜鱒を炙ったお料理でソースはルバーブ
b0112909_2221941.jpg


2皿目の前菜は、皮のままヤングコーンを焼いて桜鱒の白子を添えたもの。
食感が楽しい一品です
b0112909_2235325.jpg


「岩」が運ばれて来て、サワガニがのった蓋をはずすと・・・
b0112909_2255646.jpg


春菊のスープ。
スープの下にはコンソメのジュレが敷かれているのでいただく前にかき混ぜて。
浜田シェフのお料理は美味しいだけでなく絵画のように目も楽しませて下さいます
b0112909_2261239.jpg


魚料理は鮎。
鮎のお腹にはブーダンノアール(豚肉の血と脂で作る黒ソーセージ)のペーストが
詰められており、梅のコンフィチュールと共にいただきます。
お皿が運ばれて来た時、ずいぶん太めの鮎!と思いましたが詰め物とは(驚)。
b0112909_22132080.jpg


牛肉に添えられているのはハナビラ茸。
なかなか手に入らない天然物が妙高で採れたのでとのことでした。
セージやルッコラのサラダ、熟成ニンニクも添えられています
b0112909_2215373.jpg


こんなフロマージュは初めて!
硬質なバッカスチーズと柚餅子を削ったものでした。おいしー
b0112909_22174524.jpg


キリシトールの香りがするカムシバという木の皮で作ったグラニテには
白すぐりと梅が添えられて。
b0112909_22194022.jpg


デセールはアンズのコンポート。
チョコレートで作られた器に、小さなフレンチトーストのようなものを敷き、
アンズのコンポート、緑茶のソルベ、ココナッツ風味のエスプーマが
重ねられています
b0112909_22231871.jpg


ミニャルディーズは、おなじみの「鳥の巣箱」^^ 組み立てて・・・
b0112909_22262969.jpg


これでひとり分。
持ち帰りのできないアイスクリームなどはその場でいただき、
b0112909_2226582.jpg


あとは箱詰めにして下さいます。
メートル・ドテルほかスタッフの皆さまにも大変良くしていただき、
楽しく美味しいひとときを過ごすことができました。
b0112909_22275063.jpg


ルゼヴィラに戻ったあとは・・・
b0112909_22461517.jpg


お庭でホタル鑑賞\(^o^)/
b0112909_22463159.jpg


バラのフットバスなどをしつつ、夜中まで話が弾んだ私たちです。
まだまだ体力あるのだわ~ (次のページに続きます。。。)
b0112909_22465046.jpg

今回の軽井沢旅行の記事は
①軽井沢へ還暦記念旅行
②ユカワタンでディナー
③軽井沢2日目の3本です
by tanpopo-jyo | 2015-07-24 21:25 | 長野県 | Comments(2)

軽井沢2日目

2015年7月23日(木)

小鳥のさえずりで爽やかに目覚め、お庭のテラスで朝食。メニューは・・・
b0112909_19522.jpg


フレッシュジュースとヨーグルト、
b0112909_1951515.jpg


ミネストローネ、
b0112909_1954018.jpg


オムレツと小海老のサラダ。
昨夜ユカワタンでしっかりディナーをいただいたにもかかわらず完食^^
ルゼヴィラをチェックアウトしたあとは・・・
b0112909_1955285.jpg


軽井沢ガラスギャラリーアームスでトンボ玉作り体験。
b0112909_19141732.jpg


鼻メガネで頑張るカワコや
b0112909_19144157.jpg


思いの外 熱いバーナーの火に額に汗しながらも真剣なみゆぼんぼん。
b0112909_19135542.jpg


カラーリーフガーデンが美しい千住博美術館では
b0112909_1923244.jpg


神秘的な The Fall room を堪能しました。
b0112909_19242979.jpg


午後はブレストンコートのラウンジでコース仕立てのデザート、ムニュ・デセールを。
b0112909_1940964.jpg


アヴァンデザートは「お庭で散歩」
ハーブが生けられたグラスにカシスのパイが添えられています
b0112909_19395777.jpg


1皿目のデザートは「軽井沢の空の下で」
ピクニック・ボックスがテーブルに運ばれて来ました♪ バスケットの中身は・・・
b0112909_19402157.jpg


上段左から「前菜」 パラ風味のベリーのコンポート
真ん中が「スープ」 パッションフルーツとアンズのジュレに菜の花の蜜のクリーム。
右が「メイン」でヨモギのムースにパッションフルーツのソース。
ココナッツのアワとコメハゼがのっています。
下段は「パン」で、サクラとヨモギのマドレーヌ。バターくさくなくて美味!
b0112909_19403418.jpg


2皿目のデザートは「ハーブのそよ風」
エルダーフラワーのムース入りサバランにアンズとパッションフルーツのソース。
生クリームはアンズとエルダーフラワー、周囲にアップルミントなどが添えられて。
b0112909_19412896.jpg


小指の先ほどの可愛らしいミニャルディーズは
b0112909_19422128.jpg


ひとり10種類ずつ。
b0112909_19415581.jpg


木の台にのせられて供されます \(^o^)/
ムニュ・デセールのお値段は3,500円(税・サ別、飲みもの別)。
b0112909_19414215.jpg


飲み物はメニューから選んでも良いのですが、それぞれのデザートに合わせた
全4品のノンアルコール・マリアージュ(1,200円)にしました。
この日いただいたのはエルダーフラワーのソーダをシロップで割ったもの、
ホワイトティのスパークリング(写真)、紅茶そしてコーヒーの4種類。
b0112909_20241981.jpg


食後はラウンジの前に広がる木々を抜けて
b0112909_20314551.jpg


石の教会や、
b0112909_2032951.jpg


高原教会の辺りをお散歩。
b0112909_20301665.jpg


ハルニレテラスでお土産などを買ったら陽が傾き始めてしまいました。
楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいますね (;_;)
b0112909_20453555.jpg


今回は、中・高の同級生6人で軽井沢への1泊2日の「還暦旅行」でしたが
幸いなことに(?)今年還暦になるのは3人。
残り3人のために来年も「還暦旅行 Part 2」決定なのです^^
b0112909_2046032.jpg

今回の軽井沢旅行の記事は
①軽井沢へ還暦記念旅行
②ユカワタンでディナー
③軽井沢2日目の3本です
by tanpopo-jyo | 2015-07-24 20:11 | 長野県 | Comments(4)

千住博美術館へ

2014年11月16日(日)

今日も快晴の軽井沢
b0112909_191812100.jpg


昨夜は23時近くまでユカワタンで食事を楽しんだのに
朝にはちゃんと(?)おなかが空いているというワタクシ (^^;
ぶうちゃん様家は朝食抜きだったそうですが
我が家は東雲交差点近くのカフェイーナでアサイーボウルを食べ
b0112909_19215251.jpg


千住博美術館へ。
b0112909_19222782.jpg


美術館の周囲には150種類以上のカラーリーフプランツが植栽されています。
b0112909_19225217.jpg


色とりどりの葉を持った樹木や草花は、美術館の中からも眺められ、
b0112909_1923643.jpg


さらに建物の天井が何ケ所か丸く切られているので、
b0112909_19231920.jpg


そこから自然光がふりそそぐ明るく開放的な美術館です。
館内の床の緩やかな傾斜はかつての土地の起伏そのままだそうですよ。
b0112909_19224013.jpg


浅間山を眺めてからフォリオリーナ・デッラポルタ・フォルトゥーナへ(次のページ)。
b0112909_19345391.jpg

by tanpopo-jyo | 2014-11-17 19:34 | 長野県 | Comments(0)

フォリオリーナ・デッラポルタ・フォルトゥーナ

2014年11月16日(日)

7月下旬のスプマンテパーティに伺って以来、3ケ月半ぶりのフォリオリーナ。
今日はUご夫妻も合流されたので、ぶうちゃん様家と我が家、夫婦3組です。
b0112909_1881356.jpg


1皿目の前菜は野生のアナトロッコ(コガモ)のムネ肉を強火で焼いたものです。
ムネ肉の下に少し見えているのはコガモの内臓(砂肝と心臓)とモモ肉で、
砂肝、心臓、モモ肉を小さく切ったものと南イタリアでとれる紫色のタマネギ、
野生のローズマリーを炒め煮にしたもの。
上にはこの季節イタリアから入るチポロット(葉たまねぎ)を櫛形に割き
直火であぶったものが添えられていました。
b0112909_189283.jpg


2皿目の前菜はフォアグラに塩だけを振りながら強火で焼いたもので、
室温にもどしたバターにナイフが入るくらいの状態に焼き上げてあるとのこと。
下はチーマデラーパ(カブの一種)を茹でて切ったものにニンニクと
ペペロンチーノを加えて炒めたもの。
上は野生のカルカテッペ(仏名クルメル、和名カラカサ茸) を櫛形に切って
オーブンでローストしたあと細かく刻んでニンニクとアンチョビ、オリーブオイルを
使って炒め、最後に肉を使った濃いスープを加えて煮込んだものです。
カルカテッペは初めて食べましたがポルチーニと対極の歯ごたえで美味しいです。
b0112909_1891881.jpg


生ハムの皮と一緒に良く煮込んだヒヨコ豆とポロネギ、イタリア産の人参、ビエトラ、
カーボロネロ(黒キャベツ)、を角切りにしてオリーブオイルで良く炒め、
香りがたったところで、ジビエのホネ、スジを焼いてとった濃いスープを加えて
よく煮込んだら、全体量の半分だけ野菜を取り出してミキサーにかけピュレ状にし、
これを元のスープにもどして全体に火を入れたスープ。
白い筋はイタリア産ニンニクを皮つきのままストーブの灰の中に埋めて蒸し焼き
にしたあと中身を取り出してエシャロットと合わせて香りをたてるように炒め、
野菜のスープを加えひと煮立ちさせてミキサーにかけて漉したピュレ。
真ん中に置いてあるのはフランス産仔牛の腎臓を薄切りにして焼いたもの。
b0112909_18102661.jpg


タリアテッレのパスタ。
エスカルゴをオリーブオイルにつけ込んだもの、シチリア産紫色のカリフラワー、
キクイモを合わせてオーブンの中で煮込んだら茹でたパスタと
羊のミルクチーズを粗くおろしたものを合わせておく。
根セロリを細切りにして素揚げにしたものを ドームの内側に張り、
そこにパスタを詰めてオーブンで焼いてあります。
b0112909_18105722.jpg


ナイフを入れると香りがたって それはそれは美味しいのです。
小林さんのパスタはいつも大好き!
b0112909_18111677.jpg


このメインを頂くためだけに軽井沢へ行ってもよい!という一品。
ペルドローグリ(ペルドロールージュより標高が高い所にいる山ウズラでルージュよりこくと旨みがある)のムネ肉は薄切りにしたものを網で直火で炙ったものに
リコッタチーズをオーブンでローストし燻製にしてから薄切りにしたものと
アーティチョークを合わせたサラダが添えられています。
丸いのは、ヴィアローネ・ナノ(イタリア産の小粒の米)とペルドローグリのモモ肉と
内臓(砂肝、心臓、レバー)を炒め野菜のスープを加えて煮込んだリゾットに
ロビオラチーズを加えて作ったコロッケ。
ソースは黒オリープと生ハム、アルバの白トリュフ
b0112909_18114159.jpg


ロンバルディアの水牛のチーズを表面だけバーナーで炙ったもの。
上には黒無花果、ロンバルディアのキャビア、シャキシャキした食感がチーズに合う
プンタレッラが添えられています。
b0112909_1812630.jpg


私の緊張感(使命感?) はチーズを食べたところでプツンと切れました。。。
ドルチェ2品は写真を撮るのも忘れ、気がつけば完食(涙)
最初のドルチェは、カキを赤ワインと一緒にオーブンで煮込みミキサーにかけて
ピュレにし、マスカルポーネチーズを合わせて固めたババロアに
温かいチョコレートが添えられたものだったはず?

小林さん、いつも楽しい時間を有り難うございます。
Uさま、ぶうちゃんさま。12月3日に中目黒のお店でまたお会いいたしましょう♪

※左のタグ欄にある「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2014-11-17 18:59 | 長野県 | Comments(10)

初冬の軽井沢へ

2014年11月15日(土)

この時季にしては暖かく晴天に恵まれた軽井沢。
b0112909_15441024.jpg


水車の道をショーハウスの方へ向けてお散歩。
b0112909_15435488.jpg


ショーハウスの50mほど手前の三叉路を右折した所にある大宮橋から
上流方向の二手橋を臨んで。
b0112909_15502383.jpg


矢ケ崎川に架かる大宮橋を渡ったところを右折した・・・
b0112909_15513546.jpg


緩やかな下り坂が「お気持ちの道」。
b0112909_15515665.jpg


この辺りは上流で雨が降らないと地面に染み込んで流れが止まったり
また雨の後は勢い良く流れたりととても気まぐれだそう。
文字通り『お天道様の気持ち次第』といつしかこんなニックネームがついたようです。
b0112909_15524212.jpg


川沿いを200mほど下ると橋があり、橋を渡った先の三叉路を右に入った所が
b0112909_15522848.jpg


犀星の径。犀星の径を100mほど進むと
b0112909_1612725.jpg


右手に室生犀星の旧家があります。旧家の向かい側には・・・
b0112909_1631781.jpg


紅殻塗り・土管煙突の外観のカフェ涼の音。
改修工事の時に、襖の内側に張られていた明治30年代の新聞や明治時代の
硬貨が出てきたことから、建築は明治時代と言われています。
b0112909_1642243.jpg


ショーハウスによく似た間取りであることからも、
旅籠を再利用した別荘であった可能性が高いと考えられ、
b0112909_1644619.jpg


持ち主は松方ハル氏(ライシャワー駐日大使夫人)→ カナダ人貿易商の
サロモン氏と変わった後、売りに出てしまい、廃墟化していたところを
b0112909_1651296.jpg


現在のオーナーが買い取り、外観や間取りなどを変えずに
2012年、カフェとして再生。
b0112909_1643558.jpg


店内ではゆっくりとした時間が流れます。
b0112909_1645881.jpg


その後は旧軽銀座に出て少々お買物をし、
b0112909_1642160.jpg


ぶうちゃん号でハルニレテラスへ。
b0112909_16424986.jpg


夏には気づきませんでしたがこんなお店もありましたよ。
来るたびにいくつかのお店が入れ替わっているような気がします。
b0112909_16441216.jpg


今夜はホテル・ブレストンコート内のユカワタンでディナーです♪(次のページへ)
b0112909_16503088.jpg

by tanpopo-jyo | 2014-11-17 16:51 | 長野県 | Comments(2)