大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(272)
(264)
(132)
(116)
(97)
(77)
(58)
(51)
(49)
(41)
(40)
(31)
(29)
(25)
(23)
(22)
(14)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

Uさま 私にも初々しい時..
by tanpopo-jyo at 20:54
Uです。初々しい!なんと..
by EMMANNIE at 18:18
ジョニデさま あ、いや、..
by tanpopo-jyo at 01:18
「今、なぜイランか?」私..
by ジョニデ at 16:48
Uさま あ!ご存じでした..
by tanpopo-jyo at 20:40
Uです。ここ!イラン料理..
by EMMANNIE at 13:21
ぶうちゃんさま メール..
by tanpopo-jyo at 14:24
チューリップ見事ですね!..
by ぶうちゃん at 09:47
kiyochanさま や..
by tanpopo-jyo at 13:46
谷川俊太郎 懐かしいで..
by kiyochan at 17:54
Uさま おお!いらしたの..
by tanpopo-jyo at 16:25
ぶうちゃんさま 38℃!..
by tanpopo-jyo at 16:20
Uです。明けましておめで..
by EMMANNIE at 10:33
100%マンゴーシャーベ..
by ぶうちゃん at 00:21
ジョニデさま 桜の咲く頃..
by tanpopo-jyo at 16:19
みなさまお誘いいただきあ..
by ジョニデ at 14:05
Uさま こちらこそお世話..
by tanpopo-jyo at 13:34
昨夜はありがとうございま..
by U at 12:11
ジョニデさま アントレは..
by tanpopo-jyo at 11:19
まさにベル・エポックなデ..
by ジョニデ at 08:39

記事ランキング

検索

タグ:小林幸司シェフ ( 29 ) タグの人気記事

銀座エッフェで閉店前の食べ納め

2018年4月4日(水)

2015年7月末にプレオープン、8月に開店した銀座エッフェが4月12日(木)に閉店します。
そこで今夜はU教授ご夫妻とジョニデさまご夫妻、我が家の6名で食べ納めに行きました。
b0112909_01504573.jpg


今夜もエッフェは満席でしたから勿体ない気もしますが、
毎日軽井沢から通うのは大変だったと思います。小林さんお疲れさまでした。
b0112909_01530389.jpg


1皿目は、花ズッキーニのビニエの中に、
リコッタチーズと赤ワインのバローロに漬け込んだサラミと天然シードを詰めたお料理。
b0112909_01560403.jpg


2皿目はイイダコのスパイス煮込み。
クミン、ターメリック、野菜のスープで煮込んだイイダコと芽キャベツを合わせたお料理です。
上には西洋タンポポのサラダと細かく刻んだオリープを添えて。
「タコの味が濃いので芽キャベツをフォークの裏でつぶしてソース代わりにタコと一緒にお召し上がり下さい」
と、安藤君の解説。エッフェ閉店後、桶谷君と安藤君はご実家に帰るそうです。
b0112909_02004233.jpg


3皿目は春の味覚、ホワイトアスパラのスープ、サフラン風味です。
菜の花とグアンチャーレ(豚ホホ肉の塩漬け) のスフォルマートの上には
軽く炙ったホワイトアスパラの穂先が添えてあります。
苦みと甘みのバランスが絶妙で、春満喫の一品!本日一番のお気に入り162.png
b0112909_02060284.jpg


2皿目のイイダコと、3皿目ホワイトアスパラのスープに合わせたワインはこちら。
b0112909_02072998.jpg


4皿目はホロホロ鳥の卵で作ったタリオリーニ。
ニンニク、ドライトマトを炒めたところにタリオリーニと、麺に合わせて細切りにしたグリーンアスパラ
を合わせたパスタです。ペコリーノチーズを添えて。
b0112909_02113169.jpg


メインは鴨の胸肉のロースト。
グアンチャーレとイタリア産グリーンピースを野菜のスープで煮込んだもの、
そしてアーティチョークのフリットが添えてあります。
グリーンピースの甘さとグアンチャーレの塩気が口の中でマリアージュ♪
手前のソースは、甘口の白ワイン、ソアーヴェと、柑橘系の香りがする幻の胡椒 マニゲット。
b0112909_02153929.jpg


タリオリーニと鴨のローストに合わせたワインはこちら。
b0112909_02231325.jpg


6皿目はタレッジョチーズとカラスミのパイ。
b0112909_02222354.jpg


ドルチェは、先週還暦を迎えたU教授のために・・・
b0112909_02302020.jpg


小林さんからバースデーケーキのプレゼント181.png
ご相伴にあずかり、大変美味しくいただきました^^
最後に軽井沢フォリオリーナへ伺ったのは昨年10月。今度はいつ行けるでしょうか?
小林さん & 葉子さん、みんなで行くから待っててね~102.png
b0112909_02331304.jpg


19時にエッフェに伺い、お店を出たのは23時前。
今夜も美味しく、楽しいひとときを皆さまと共有できて幸せでした。
帰りにちょっと寄り道をして、先日オープンした東京ミッドタウン 日比谷へも。ゴジラは・・・
b0112909_02433436.jpg


開業30周年を迎えた日比谷シャンテのリニューアルに合わせて設置したもので、
「シン・ゴジラ」(2016年)に登場したゴジラがモチーフだそうです。
b0112909_02435052.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2018-04-05 03:03 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(0)

フォリオリーナ・ デッラ・ポルタ・ フォルトゥーナ 15周年

2017年12月3日(日)

「12月3日」は、小林幸司シェフが中目黒にFogliolina della Porta Fortuna を開店した記念日。
お店は2010年暮れに軽井沢へ移転しましたが、2015年夏に銀座 エッフェを開店されて以降は
エッフェに「いつものメンバー」が集まります。
b0112909_21274362.jpg


今年はジョニデ家、ぶうちゃん家が欠席だったので13名で。
b0112909_21282590.jpg


ボルトロッティにアペロールを注いだもので乾杯!
b0112909_21295784.jpg


飲めない私はドユク・ドゥ・モンターニュを。
b0112909_21304917.jpg


1皿目はカモのフォアグラ。
フォアグラは丸ごと炭火で焼いて休ませたあと薄切りにし、もう一度バーナーで炙って
脂を浮かせたもの。添えてあるのは野生のキノコシャントレルとレンズ豆で・・・
b0112909_21333200.jpg


フォアグラの下にはレモンの皮を練り込んで焼いた天然酵母のパンが敷かれています。
食前酒と共に。
b0112909_21345199.jpg


パンは天然酵母のパンをバーナーで炙って香りをたたせたもの。
b0112909_21360452.jpg


2皿目はカーボロネロのスープ。
刻んだ豚ホホ肉と茹でこぼしたイタリア産ニンニク、エシャロット、カーボロネロを炒め
野菜スープを加えてひと煮たちさせたあとミキサーにかけて漉したスープです。
スフォルマートはアーモンドとボッタルガで作ったピュレに
ホロホロ鳥の卵と野菜スープを加えてオーブンで焼いたものに赤エビをのせて。
すりおろしたペコリーノ・ロマーノを「雪が降ったように」散らしてあります。
b0112909_21404106.jpg


合わせたワインはこちら。
b0112909_21424504.jpg


3皿目はトマトソースのパスタ。ゆで上がったパスタをオリーブオイルで混ぜ、
トマト、白たまねぎ、ローズマリー、ニンニクをクロカンテしたソースで和えています。
上にのっているのは細切りのエシャロットと、コクと塩味を加えるためのキャビア。
b0112909_21481915.jpg


合わせたワインはブランド・モルジェー
小粒の白ブドウで作られたワインで、力強いらしいです。
b0112909_21505161.jpg


メインはカモ肉。
ジビエのシーズンは始まっているのに今日はジビエはなし。
小林さんにしては(?)非常に「わかりやすい」お料理をいただきました。
「クリスマスコースはこれでいく予定」とのこと。
b0112909_21525550.jpg


合わせたワインはこちら。
b0112909_22011861.jpg


ドルチェは右がチョコレートのトルタで、ラム酒とレモンの花の蜂蜜で味付けされた柿入り。
左はラム酒と栗の蜂蜜で煮込んだ栗が入っているマスカルポーネのババロアに、
赤粒胡椒が効いたラズベリーソースをかけたもの。
b0112909_22053830.jpg


デザートワインはこちら。
本日のお会計は2人で税込27,000円(ワイン付き15,000円、ワインなし12,000円)。
先日の軽井沢ランチが75,600円也だったので、「うっかり」安い!と思ってしまいました105.png
最後にMさんがスタッフの皆さんに「あなたにとって小林さんとは?」という質問をされたのですが
安藤君が「海に突き落としてから泳ぎ方を教えてくれる人」と答えていたのが印象的でした。
b0112909_22061148.jpg


帰りに買いたいものがあったので帝国ホテルへ行ったら・・・
b0112909_22135849.jpg


ちょうどスィーツアート展を開催していました \(^o^)/
この全て砂糖で出来ている「美女と野獣」は、
ブロードウェイをテーマとするニューヨークケーキショーのNon-Cake 部門で優勝した作品。
話の中に出てくる魔法のバラを表現しているそうです。右下の・・・
b0112909_22155332.jpg


本の質感、すごいですよね!!
b0112909_22223692.jpg


その他にも素晴らしい作品がいっぱい♪
b0112909_22253395.jpg

b0112909_22255347.jpg


スィーツアート展は2017年12月25日(月)まで帝国ホテル本館アーケード階で、
b0112909_22263079.jpg


スィーツアートコンペティション参加の31作品を見ることができます。
b0112909_22261146.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます



by tanpopo-jyo | 2017-12-03 22:44 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(4)

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナでランチ

2017年10月22日(日)

銀座エッフェ開店のため、無期限休業中の軽井沢フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ。
いつまで待っても再開しそうにないのでU教授ご夫妻と勝手に押しかけました。
「来るのはいいけどまだ公にしていないからブログに載せないで」と小林さん。ハイハイ。
というわけで記事は限定公開です。(※2018年3月、公開にしました)
b0112909_01575101.jpg


軽井沢のフォリオリーナへは2014年11月16日にU家、ぶうちゃん家と伺って以来ですが
今日はジビエのオンパレードですよー113.png
b0112909_01581931.jpg


1皿目はライチョウ。
一番下には傘が開く前のOVULO(タマゴダケ)を炭火で炙って香りをたてたあとマリネしたもの。
その上にライチョウのムネ肉を塩とオリーブオイルで軽く焼いて薄切りにしたもの。
上にブツブツ散らしてあるのはライチョウのモモ肉と内臓を軽く炒めたもの。
そしてスカローニョ(イタリアのエシャロット)の細切りとロンバルディアのキャビアを
合わせたサラダが添えられています
b0112909_01584683.jpg


2皿目はカモのフォアグラを強火で焼いたものにアーティチョークを薄切りにして
カリカリに焼いたものが添えられています。ピュレはニンニクとエシャロットを加えた赤カブ。
b0112909_02003243.jpg


3皿目はチーマディラーパのスープ
甘鯛にアオケシの実をまぶして塩だけ振ってオリーブオイルで焼いたものが
入っています。カリカリにローストしたアーモンドを散らして。
b0112909_02010153.jpg


フォアグラとスープに合わせた白ワイン
b0112909_02183062.jpg


4皿目はゴルフボール大のパニーノ
黒粒胡椒を粗く刻んで練り込んで焼いた天然酵母のパンに挟んであるのは
標高の低い所にいる野生の山ウズラ、ペルニーチェロッサ。
ニンニク、玉葱、ウズラの内蔵(砂肝、心臓、レバー)に丁子とネズの実、
丸ごと焼いたウズラを入れて赤ワインビネガーと白ワインを加えてストゥファートしたもの。
さらに薄切りのカラスミとピエモンテの白カビタイプのチーズ、トミーノも。
手で軽くつぶしていただきます。パンの表面が軽く炙ってあって香ばしいです
b0112909_02014017.jpg


5皿目は白エビのパスタですが、U教授とテラスで「休憩」している間にお料理が出て
小林さんの説明も終わっていました105.png
チーズはアマローネの搾りかすに漬け込んだウブリアーコの薄切りをバーナーで炙って
香りをたてたもの。コロンとしているのはお庭の山栗。
とても小さな栗ですが味は甘く濃厚で小林家ではこれで栗ごはんを作るそう。パスタにも合います。
b0112909_02024634.jpg


パニーノとパスタに合わせた赤ワイン
b0112909_02191670.jpg

6皿目はメインのウズラです。塩とオリーブオイルだけで焼いたムネ肉、
モモは蒸し焼きになるように皮を内側にしてチューリップ状にしてから表面を強火で焼いたもの。
添えてあるのは砂肝・心臓・レバーのスフォルマートと、野生のキノコ カルドンチェッロ。
左奥に小さく写っているのは・・・
b0112909_12105976.jpg


ドライトマトを練り込んだ天然酵母のパンです。
b0112909_12112650.jpg


7皿目のチーズ料理はチーズ(何の?) と、シャントレ(野生のキノコ)をローストしたものを
生ハムで巻いて衣をつけて揚げたお料理。
b0112909_02033811.jpg


ナイフをいれると・・・。
b0112909_02041407.jpg


メインとチーズ料理に合わせた赤ワイン
b0112909_02200973.jpg


ドルチェは黒イチジクを合わせたチョコレートのトルタ
13時に食事を始めてこの時点で16時15分。
台風が心配で帰りの新幹線を早めた我が家はここで時間切れ145.png
b0112909_02061798.jpg


小菓子を口に放り込みつつ、お支払いを済ませたのでありました。
ドルチェに合わせたデザートワインは何だったでしょう?
Uさま、慌ただしくしちゃってごめんなさい <(_ _)>
b0112909_02063999.jpg


久々に小林さんの早口解説を伺いながらのお料理の数々、大変美味しゅうございました。
お値段のわりにひじょーにサッパリしたお勘定書でしたが(^^;
b0112909_02065537.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2017-10-23 13:59 | 長野県 | Comments(2)

エッフェのお料理 変わりました?

2017年6月4日(日)

今日は夕方から銀座へ。
b0112909_17485212.jpg


土日に銀座へ行くことはあまりないので、中央通りの歩行者天国が新鮮です^^
b0112909_17525078.jpg


ミキモト本店もグランドオープンしていましたよ!
明るく開放的なビルに建て替わりましたが、名物のクリスマスツリーを飾る場所はどこ?
b0112909_17535667.jpg


エッフェでの夕食はお料理もワインも小林さん「おまかせ」で。
最初はいつものとおりカラサウと、その下に・・・
b0112909_18001815.jpg


天然酵母のパン。
b0112909_18010399.jpg


1皿目は夏野菜のカポナータ。とても甘いトマトです
b0112909_18020809.jpg


2皿目は徳島産のイシダイにイタリアンパセリのサルサ・ヴェルデで風味をつけたお料理。
上に添えてあるのはシェリービネガーで和えたイタリア野菜。
b0112909_18042276.jpg


合わせたのはサルディーニャのワイン。
b0112909_18065597.jpg


3皿目は同じく徳島産のアジ。小林さんの魚料理って珍しいのに2皿続けて魚!!
3枚におろしたアジは、オリーブオイルで揚げ、トマトソースで仕上げてあります。
自家製パン粉とマルサラ酒に漬けたレーズン、カシューナッツなどを散らして。
魚全般苦手な私には、ニオイが気になる一品でした。
b0112909_18104922.jpg


合わせたワインはこちら。
b0112909_18491949.jpg


4皿目はフォンティナチーズのパスタ
ジョニデさまによるとこのチーズはイタリア版チーズフォンデュには欠かせないそうです。
香ばしい風味が特徴的なコクのあるチーズで大変美味しくいただきました。
で!匂いにつられて写真を撮る前に完食しちゃいました105.png

5皿目は豚肉の盛り合わせ。
左が沖縄産の皮つき豚をミルト酒で煮込んだもの、
右はスペイン産の豚(イベリコ?)のセクレタ を塩とオリーブオイルを振りながら焼いたもので
ヒヨコ豆とレンズ豆が添えてあります。
セクレタ(スペイン語で"秘密")とは、肩ロースとバラ肉に挟まれた肩バラ肉の一部で
一頭から限られた量しかとれない貴重な部位らしいです。柔らかいこと!!
b0112909_18294348.jpg


合わせたワインです
b0112909_18483774.jpg


ドルチェは、イチゴを添えたカ・デル・ボスコのゼリーと、
ホロホロ鳥の卵で作ったメレンゲにリコッタチーズ、ナッツ、マルサラ酒に漬けたレーズンを加えて
冷し固めたカッサータ
b0112909_18385572.jpg


エッフェに夫婦4組が集合したのは昨年末以来で話は尽きません。
教授は下旬に中学の同窓会があるそうで、アヤシイ人に見られないよう髪を切ろうかとお悩み中(笑)。
それにしても今日のお料理は今までと全然違っていましたよ。
何よりも!素材のカタチが残っていましたもの146.png
小林さんはいつも食事が終わると「楽しんでいただけましたか?」と訊きますが
その意味では「?」かも。美味しかったけど。
20数年のおつきあいの中でこのように感じたのは初めてかもしれません。

小林さんのお話では、ワイン選びはソムリエのHさんがお辞めになったあと「元に戻した」そうです。
私は飲めないのでわかりませんが、小林さんが選ぶワインは単独で味わうと何かが足りないのに
合わせたお料理がその足りない部分を補うので、一緒に味わうと深みが増す・・・というようなことを
ジョニデさまがおっしゃっていました。なるほど~
b0112909_21371258.jpg


そろそろ軽井沢のフォリオリーナ復活の気配??? 7月のガーデンパーティが楽しみです169.png
先日、小林さんと一緒にテレビに出ていた安藤くん。
フラッシュ持っていなくてブレブレ写真でごめんねー
b0112909_21544050.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2017-06-05 22:07 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(2)

2017年初エッフェ

2017年2月21日(火)

今年初めてのエッフェディナーは、初5800円コースと初めて尽くし。
カラサウの下には天然酵母のパンも隠れています
b0112909_13503910.jpg


小林さんおまかせの1皿目は、ホロホロ鶏のフリット。
ミルト酒に漬けたホロホロ鶏に、ニンニク・アンチョビ・クリッパのピュレも加えてフリットに。
サラダはトマトで少し炒めた白インゲン豆、ひよこ豆、レンズ豆とラディッキオ・ロッソ、
グリーンの香り野菜は何でしょう?
b0112909_13433753.jpg


ホロホロ鶏の下には、
パルメザンチーズ、オリーブオイル、粒胡椒で味付けしたウイキョウが添えられています
b0112909_13431825.jpg


2皿目はトマトのフォンデュ
クスクスと赤ワインで煮込んだ柔らかなマイアリーノ(イタリア産仔豚)添え
b0112909_13515442.jpg


3皿目はイタリア産牛背肉のタリアータ
季節の野菜はシェリービネガーで香り付けしたプンタレッラ。
お皿全体に自家製パン粉とマルサラ漬けのレーズンがかけられています。
このパン粉、本当に美味しいんですよね!年末にいただいたコロッケを思い出しました
b0112909_13574363.jpg


ドルチェは米粉とハチミツを使ったマチェドニアのジェラート添え
果物はアペロール漬けのリンゴと洋梨でオトナなお味です
b0112909_14070076.jpg


小林さん、ごちそうさまでした。
いつもの「もう食べられません」というくらい次々お料理が出てくるのに慣れている私には
5800円コースは量的に少々物足りないかも?
Manaさん、昨年8月に183㎝72㎏ から1ケ月で7㎏もダイエットしたんですって!
細身でもおなか周りだけメタボだったらしいのですが、オットにも是非と思って訊いたら
1ケ月で200㎞以上歩き、土日は休肝日、夕食は毎日魚肉なしの野菜鍋のみだったそうで。
無理っぽい002.gif
b0112909_15035984.jpg


そうそう!エッフェの書架に教授の本 みっけ049.gif
b0112909_15084240.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2017-02-22 15:16 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(10)

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ14周年

2016年12月3日(土)

今日は、小林さんが中目黒に Fogliolina della Porta Fortuna を
開店されて14回目の記念日。
2010年12月にフォリオリーナは軽井沢へ移転し、
銀座 エッフェ開店のため、2015年7月より軽井沢店は無期限休業中ですが
今年も銀座エッフェにいつものメンバーが揃いました。

全員が揃うまでに小林さん、すでにできあがっている?
b0112909_2335271.jpg


ウンベルト・ボルトロッティのスプマンテで乾杯したあと・・・
b0112909_2354611.jpg


少々ミルト酒も加えて。
b0112909_2434838.jpg


カラサウと天然酵母のパン
b0112909_2375039.jpg


1皿目は牛肉のタルタル
表面を強火で炙った短角和牛を細かく刻み、根セロリと赤粒胡椒を加え
オーブンでストゥファートしたもの。
これにニンニクをローストして中身だけ取り出してピュレにしたものを混ぜ合わせ
ピスタチオを刻んだものが散らしてあります
b0112909_2413974.jpg


2皿目はモンサンミッシェルのムール貝と赤海老が入ったフレーゴラ
少しニンニクがこすりつけてある天然酵母のパンを浸していただきます
b0112909_2485234.jpg


3皿目はハトのリガーリャ(心臓、砂肝、レバー)
ハトの骨を焼いてとったスープとカステルマーニョをおろしたものを混ぜて
仕上げにナッツ(ピスタッチオ、松の実、ノッチ)を散らしてあります
b0112909_2525536.jpg


合わせたのはジュゼッペ・マスカレッロ
b0112909_2494296.jpg


4皿目はポルチェット。ミルト酒を振りながら焼いた仔豚の半身は、
b0112909_2562572.jpg


葉子さんが切り分けて。
b0112909_257882.jpg


オットは腿の付け根、
b0112909_2575297.jpg


私は背肉のロースからアバラに向かったあたりのお肉を。
b0112909_2585659.jpg


合わせたワインはこちら。
b0112909_314858.jpg


更に取り皿が配られたので まだ出てくるの? と思ったら
5皿目にホロホロ鳥とハトのフリットが!(私はハトはパス)
b0112909_345026.jpg


6皿目は洋梨とタレッジョチーズ
b0112909_36131.jpg


もう無理!と思ったのに7皿目に出てきたトリッパのコロッケが美味しくて♪
衣は天然酵母のパンを砕いて作った自家製パン粉。
「コレ1皿目に食べたかった」とぶうちゃんさま。
b0112909_385867.jpg


アルコールが苦手な私のドルチェはココナッツのアイスクリーム、
b0112909_3112451.jpg


他の皆さまはこちらを。
b0112909_3121038.jpg


帰るのも億劫になるほど満腹状態になった17名に小林さんと葉子さんも加わり
b0112909_3261022.jpg


来年の15周年はどうする? と小林さん。
軽井沢でもどこでも参りますが、もう少し早めのご連絡を(心の声)。
ま、12月3日に予定を入れてしまう方はいらっしゃらないとは思いますが^^
b0112909_3262056.jpg


開宴から5時間、小林さんのパーティは体力勝負。
少々早めですが「よいお年を」とご挨拶してお開きです。
隣のミキモトもチームラボとのコラボレーションによるホリデーシーズンの
ディスプレイになっていました。
皆さま楽しいひとときを有り難うございました。また来年!
b0112909_3373443.jpg


※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2016-12-04 03:13 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(12)

銀座エッフェでサルディーニャ フェア

2016年9月10日(土)

今日はジョニデ様ご夫妻、ぶうちゃん様ご夫妻とエッフェで夕食です。
エッフェでは8月28日(日) と 9月11日(日) の2回、
サルディーニャフェアがありましたが私はいずれも先約があって欠席。
で、フェア時のお料理を再現していただいたのです。
ご配慮下さったジョニデ様、小林さん、有り難うございました。
b0112909_12465734.jpg


1皿目:コルクのお皿にのったサラミとペコリーノチーズ
b0112909_12311338.jpg


2皿目: カラサウ と天然酵母のパン
b0112909_12312981.jpg


3皿目:ドライトマト+オリーブ+松の実 のサラダ
ミルト酒で香りと甘みを少々
b0112909_1231479.jpg


4皿目:イイダコをトマトで煮込んだ冷製
きゅうり、ズッキーニ、パブリカなど夏の野菜もたっぷりです
b0112909_12321040.jpg


5皿目:レアに仕上げたホロホロ鶏のマリネ
b0112909_12322644.jpg


6皿目:鴨のフォアグラ
フォアグラを焼いて黒トリュフを刺し、出す直前にスライスしているので
舌の上でとろけるほどのレア感。添えてあるのはジロール茸とホウキ茸のソテー。
b0112909_12324887.jpg


7皿目:トリッパ ペコリーノチーズは別添えで
b0112909_1233493.jpg


8皿目:コラテッラ(仔羊の内臓)
b0112909_12332323.jpg


9皿目: レバーのムース
このまま食べても天然酵母のパンに付けても美味しいです
b0112909_12341672.jpg


10皿目:ズッパ・ガッルレーゼ
自家製パンとペコリーノチーズをミルフィーユ仕立てにしてウイキョウも少々。
ズッパ のない ズッパ? (笑)
b0112909_12334375.jpg


11皿目:カラスミのパスタ(マルテッリ)
b0112909_12345120.jpg


12皿目:タリアテッレ。パルミジャーノ・レッジャーノは別添えで。
焦がした小麦粉のパスタです。仔豚の足と根セロリのストゥファートと共に。
小林さんに「そろそろドルチェ?」とお訊きしたら 「これ、まだプリモ。折り返し」と。
無理! 取り皿とカトラリーが交換されて・・・
b0112909_12352233.jpg


13皿目:ポルチェット (仔豚の丸焼き)
まだ目も開いていない4㎏ の乳のみ仔豚に塩とオリーブオイルをすりこんで
ロースト。皮が半分くらいパリッとしたらミルト酒を振りながら
更にローストするので皮だけでなく肉も美味しく食べられるのだそう。
こちらの部位は背肉のロースからあばらに向かったあたりとのこと。
添えてあるのはローストした藻塩で大変まろやかです
ポルチェットは来週からメニューに載るそうですが焼き上がりは20時半限定。
b0112909_1236134.jpg


本日何度か登場しているミルト酒はこちら。
b0112909_12301341.jpg


14皿目:サルディーニャの伝統菓子、セアダス
サクサクした生地の中はリコッタチーズがとろ~り
たっぷりの栗のハチミツを付けながらいただきます。素朴な美味しさ♪
b0112909_12365710.jpg

本日いただいた14品の中で赤字で書いたズッパ・ガッルレーゼ
ポルチェットはサルディーニャの郷土料理の中で
絶対に欠かせない2品らしいです。
皆さま、今夜も楽しいひとときを有り難うございました。
サルディーニャの香り、満喫です \(^o^)/

帰り際に小林さんと立ち話。
「明日のフジTVザ・ノンフィクションのHPに "銀座が俺を呼んでいる" って
書いてあった」 と言うと 「え~益々イメージ悪くなるし・・・」
オンエア、楽しみに拝見いたします^^

ついでに・・・
①家庭画報10月号の 「銀座 最新"美味"巡り」特集の中でP89に紹介記事
②料理王国10月号の「「店を持つ覚悟 ~料理人の"独立" とは」特集の中で
P44~47は小林さんのお話。
「泳いでいないと死んでしまう鮫みたいなものなんです」
なるほど・・・。つまり "小判鮫" も泳ぎ続けなければいけないのね? ^^

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2016-09-11 02:01 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(2)

銀座エッフェでランチ

2016年9月4日(日)

今日は上京したきよこちゃんとエッフェで12時に待ち合わせ。
私は4日前にブータンから帰国したばかりで、
小林さんに 「旅行中の食事は トウガラシとヤクのチーズとバターと山椒味だった」
とボヤいたら 「それキツイねー!お任せにする?」 と。うれし。

・・・で、お料理写真に入る前にテレビ放映のお知らせを。
1年以上、小林さんを撮り続けていた番組がいよいよ週末オンエア(予定)です。
2016年9月11日(日) 14:00 ~14:55 フジテレビ 「ザ・ノンフィクション」
番組詳細はコチラをご覧下さい。



最初に出てきたのはパリッパリのカラサウ
オリーブオイル少々とローズマリーがのっていて "止められない止まらない"
b0112909_161139100.jpg


2皿目はイタリア米とモンサンミッシェルのムール貝のサラダ カラスミ風味
b0112909_1612452.jpg


3皿目はパンツァネッラ
b0112909_16133648.jpg


4皿目はイイダコの煮込み
b0112909_1614214.jpg


5皿目はジロール茸のトスカーナ煮込み タレッジョチーズの炙り焼き
b0112909_16151827.jpg


6皿目はホロホロ鶏胸肉のマリネ ひよこ豆とオリーブ添え
7月にもいただきましたが やっぱり美味しい♪
b0112909_16162669.jpg


きよこちゃんはスプマンテを召し上がっていましたが、途中でコレを加えると・・・
b0112909_16172432.jpg


明るい琥珀色に。ほんのり甘くなったそうです
b0112909_16174017.jpg


7皿目はカラスミのパスタ。たぶんマルテッリ?
b0112909_162232100.jpg


8皿目は、やや細めのパスタにスカンピエビのソースがよくからんだ蟹肉パスタ
b0112909_1624209.jpg


「どう? まだいける?」 と小林さん。いえいえ、もう充分いただきました^^
ドルチェは、いちじくのジェラードとクレミーノのチョコレートソースがけ
計10品で @3000円(飲み物別)。
b0112909_16403042.jpg


ごちそうさまでした!! また週末に伺いますね♪
b0112909_20161953.jpg



※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2016-09-06 16:26 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(0)

新生!エッフェ

2016年7月16日(土)

小林幸司シェフのリストランテ、エッフェにアンティパスト・バーが出来たと
聞いてジョニデ様ご夫妻、ぶうちゃん様ご夫妻と伺いました。
以前のディナーコースはおまかせで13,000円の1種類だけでしたが・・・
b0112909_148101.jpg


5品のアンティパストから2種類選べる5800円コースと
b0112909_1471750.jpg


10000円コースの2種類に。メニューをクリックすると拡大します
b0112909_1473485.jpg


コース料理にするかアンティパスト・バーにするか検討中のぶうちゃん様ご夫妻。
結局、ぶうちゃんさま家は1万円コース1人分+アンティパスト・バー
ジョニデさま家と我が家はアンティパスト・バーのみ、それぞれ夫婦でシェアする
ことに。3組別々に注文をとることになったHさんは大変だったかと <(_ _)>
b0112909_1483845.jpg


アンティパスト・バーは、全部で21種類。
b0112909_1461887.jpg


最後の3つはデザートなのでお料理品は18種類となります。
b0112909_1463285.jpg


既に「体験」されたUさまよりメニューをいただいていたので、
絶対に食べたい5品は昨晩のうちに決めていた我が家。
1皿目 イタリア米とムール貝のサラダ カラスミ風味
b0112909_1402398.jpg


2皿目 ホロホロ鶏胸肉のマリネ クスクスのサラダ添え
絶品!!我が家の本日イチオシです
b0112909_1403929.jpg


3皿目 キノコのトスカーナ煮込み タレッジョチーズのあぶり焼き
b0112909_1405750.jpg


4皿目 トマト、キャビア・カラスミのブルスケッタと仔羊レバーパテのクロスティーニ
Uさまより美味しかったとの情報をいただいていたので^^
b0112909_1411151.jpg


5皿目 鴨のフォアグラのフライパン焼き
メニューは「パテ」でしたが焼いていただきました。
リンゴのママレードをつけていただきます。添えられたキノコはムースロン。
b0112909_1415494.jpg


アンティパストだけに少々せわしいほどのスピードでお料理が提供されるので
あっという間に5種類完食。
ジョニデさまが注文されていたカポナータが気になったので、
6皿目 カポナータ 野菜のオーブン煮込み焼き トマトと松の実風味 を追加。
b0112909_1412766.jpg


ぶうちゃん家の生ハムも美味しい♪ と聞いて
7皿目 生ハムとレモンのマルメッラータであえたフルーツ添え を追加。
アンチョビ少々のマルメッラータ(ジャム)で和えた果物はプラム、桃、パイナップル。
特に ほどよい固さのプラムと生ハムの相性は抜群でした。
b0112909_1424033.jpg


8皿目 ホロホロ鶏手羽先のサルミ仕立て も追加。
ジョニデさまもぶうちゃんさまも注文していたので^^
サルミ仕立てなのでウェルダン。個人的にはホロホロ鶏は胸肉の方が好き。
b0112909_1431550.jpg


ここで小林さん登場。パスタは? と訊かれ 「ウニのパスタしかないので・・・」と
答えると 「カラスミは食べられる?」とおっしゃって
9皿目 カラスミのパスタ ローストしたニンニクとパセリ添え (メニューにないです)
この太い麺は、稲垣商店さんのマルテッリだそうです
ソースがよくからんで美味しくいただきました。
b0112909_1435039.jpg


今日オットが飲んだ白ワインはこちら (赤ワインは撮るの忘れました)。
b0112909_1441098.jpg


オットが注文したデザートはメニューにない イチジクのスープ
スープの上にアマレーナとヴァローナチョコレートのスプモーネ。大人のお味♪
b0112909_1444232.jpg


私は、 パイナップルのカルパッチョ仕立て ココナッツのジェラード添え
手前のジェラードはイチジク。
b0112909_145498.jpg


食後はいつもハーブティなのですが、今日はA君が淹れてくれたそうで^^
水色がいつもより濃いという話から 「水」 の話になったのですが
軽井沢のフォリオリーナは 「水系が硬水だからあの場所にした」 と。
ただ食洗機を通したグラスが白濁するので、浄水器の水ですすぎ直しが必要
だそうです。お料理のためとはいえ、ひと手間ですね
b0112909_1454368.jpg

夫婦ふたりでアンティパスト 9品+デザート2品。
オットはスプマンテ、赤ワイン、白ワインを各1杯ずついただいたので
合計25,000円弱でした。
小林さんのお料理を気軽に楽しめるのは嬉しいかぎりです。

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2016-07-17 01:31 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(8)

銀座エッフェでランチ

2016年4月16日(土)

今日のランチは、今年初めてのリストランテ・エッフェ。
Uさま、ぶうちゃんさまご夫妻、我が家の5人で伺いました。
b0112909_21521970.jpg


なんと!メニューが小林さんの手書きからタイプされたものに変わり
日本語付きになっています
b0112909_2344671.jpg


スプマンテと共に、カシューナッツをまぶしたグリッシーニと全粒粉のパン、
そしてリンゴのピュレ入りの天然酵母のパン。
b0112909_21541929.jpg


グリッシーニを食べ終わったところで、
アンチョビを練り込んだパンも追加されたのでパンが4つも。
b0112909_2156034.jpg


アンティパストはヒメジのグリル。グリルの下には、ヒメジを焼いて裏ごししたものに
カリフラワーとホロホロ鳥の卵を加えて蒸したスフォルマート。
ブルターニュ産アワビの蒸し焼きとイタリアンタンポポ&マーシュのサラダ添え。
ソースは黒オリーブとアンチョビベースです。
b0112909_21565031.jpg


今日のワインはこちらと・・・
b0112909_22112258.jpg


こちら。
b0112909_2217453.jpg


ウサギのラグーであえたオレッキエッテ。
メニューはウンブリケッリでしたが変更されたようです。
私は耳たぶパスタ大好きなので(●⌒∇⌒●)
細かく刻んだちりめんキャベツの歯ごたえと、香ばしいピーナッツでさらに美味!
b0112909_22155580.jpg


メインは黒キャベツを合わせ、マスタード風味をつけて煮込んだ仔羊。
手前は白インゲン豆と、トピナンブールをオリーブオイルで揚げたフリット。
奥はイタリアンタンポポとラディッキオロッソのサラダです。
春だから(?)苦みのきいた野菜がとても美味しく感じられました。
b0112909_22234629.jpg


仔羊に合わせたパンはニンニク風味。今日はパン5つ!!
b0112909_22403143.jpg


ドルチェはアマレーナ(チェリーのシロップ漬け)とチョコレートのスプモーネ。
ホロホロ鳥の卵白を泡立て、チョコレートとアマレーナを細かく刻んだものを
合わせてから寝かせて固めたイタリア伝統菓子スプモーネです。
スープはマンダリンオレンジのピュレにデュック・ド・モンターニュを加えたもの。
b0112909_22444438.jpg


私はアルコールが苦手なのでノンアルコールのシャンパン入りでしたが、
他の皆さまはラム酒で香り付け。こんなに色が違うのですね?
b0112909_22461393.jpg


小菓子は、野生の山ブドウを寒天で固めたゼリーなど。
今日も大変楽しいひとときでした。ごちそうさま♪
b0112909_22521212.jpg

※左のタグ欄 (or 真下の) 「小林幸司シェフ」をクリックしていただくと
エッフェのほか軽井沢店、中目黒店の記事一覧をご覧いただけます

by tanpopo-jyo | 2016-04-16 22:04 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Comments(2)