大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
トルコ
南アフリカ共和国
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
ペルー
ブラジル
アルゼンチン
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
都立の9庭園
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下

タグ

(328)
(279)
(181)
(122)
(102)
(99)
(60)
(56)
(55)
(44)
(42)
(38)
(32)
(32)
(27)
(24)
(24)
(19)
(18)
(11)

最新のコメント

Uさま いーえ!駅直結で..
by tanpopo-jyo at 20:00
ジョニデさま ジョニデさ..
by tanpopo-jyo at 19:58
駅直結、ではないのですか..
by U at 18:00
イワシは歯ごたえを楽しん..
by ジョニデ at 16:59
Uさま たしか 「迷わな..
by tanpopo-jyo at 15:54
いつもながらスピーディー..
by U at 13:57
kiyochanさま は..
by tanpopo-jyo at 20:38
おもしろーい。一度見に行..
by kiyochan at 17:08
キヨちゃん 初訪問のお店..
by tanpopo-jyo at 18:17
良いお店に、お誘いいた..
by キヨちゃん at 13:45
雪見ちゃん 「このコ(黒..
by tanpopo-jyo at 10:30
度々お世話になった湯島天..
by 雪見うさぎ at 09:14
雪見ちゃん 面白い展覧会..
by tanpopo-jyo at 13:58
なんたって、1960年代..
by 雪見うさぎ at 12:52
雪見ちゃん フィジーへ来..
by tanpopo-jyo at 11:55
今回は、食事に付けた両極..
by 雪見うさぎ at 11:10
雪見ちゃん 衆人環視の中..
by tanpopo-jyo at 13:30
で?tanpopo夫婦の..
by 雪見うさぎ at 20:10
雪見ちゃん ミッキーのぬ..
by tanpopo-jyo at 15:55
衣装が素敵ですね。大スタ..
by 雪見うさぎ at 14:13

記事ランキング

検索

タグ:美術館・博物館・展示施設 ( 181 ) タグの人気記事

和のあかり × 百段階段 2019

2019年7月23日(火)

午後から陽差しが戻り、セミの初鳴きも。今日は目黒雅叙園で開催中の・・・
b0112909_15055627.jpg


「和のあかり × 百段階段」 を見て来ました。
b0112909_15060642.jpg


頂上の間 は、素焼きの人形と照明、博多弁を合わせた灯りのオブジェが並んでいます。
b0112909_15084597.jpg


「あいたっ しもーた!」
b0112909_15095107.jpg


「そげん見んな!」
b0112909_15102339.jpg


「みてんしゃい 今日は満月ばい」
b0112909_15105526.jpg


清方の間 には、
b0112909_15142327.jpg


折り紙 + 照明 のオリテラスや、
b0112909_15144103.jpg


落ち葉や実 を使った照明など。
b0112909_15151566.jpg


星光の間 で印象的だった灯りは、
b0112909_15223175.jpg


藍染めで使用する柄の模様を、 真鍮の円筒にエッチングした燈篭。
壁や床に広がる幻想的な光の柄にうっとり。
b0112909_15225087.jpg


静水の間 には、
b0112909_15304846.jpg


伝統工芸品 の匠の技と、現代デザイナーがコラボ、
b0112909_15321707.jpg


東京都がバックアップする「東京手仕事」をはじめとする
b0112909_15323961.jpg


作品の数々が展示されています。
b0112909_15330151.jpg


草丘の間 は 和傘の美。
b0112909_16574111.jpg

b0112909_16580007.jpg


漁樵の間 は 長崎の冬の風物詩、ランタンフェスティバル
b0112909_23570951.jpg


テーマは龍宮城。床の間を入れたアングルで。
b0112909_23572750.jpg


十畝の間 は 竹あかり。
b0112909_00021980.jpg

b0112909_00025638.jpg


百段階段の夏の人気企画 「和のあかり」 は、2019年9月1日(日)まで。
月~木曜日の16時頃からは比較的空くので、人物を入れずに撮りたい方にはオススメかも?
b0112909_00054704.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-07-24 00:17 | 白金・目黒・恵比寿エリア | Trackback | Comments(0)

恐竜博2019 へ

2019年7月18日(木)

今日は国立科学博物館で開催中の 恐竜博2019 へ行って来ました。
世界初公開となる化石や標本を交えながら、恐竜学の50年の歩みと最前線を
展望する展覧会です。
b0112909_23111262.jpg


50年前の 1969年、恐竜はワニやトカゲのような変温動物ではなく、
鳥類のような恒温動物だった可能性が高いことが指摘され、恐竜のイメージが一新。
恐竜ルネサンスの幕開けとなりました。
b0112909_23145212.jpg


そのきっかけとなった恐竜が 「 恐ろしいツメ」 を意味する デイノニクス
b0112909_23240573.jpg


テノントサウルス に襲いかかる身軽なハンター、デイノニクス。飛び蹴り~~
ジュラシック・パークで集団で人を襲った恐竜のモデルです。
「変温動物では、活発な動きは無理」 というのがはじまりでした。カギツメは・・・
b0112909_23234596.jpg


当初、獲物を切り裂く働きをしたと考えられていましたが、そのような動きは難しく、
今は 獲物を 「押さえつける」 ことに使われていたと考えられているそうです。
b0112909_23223874.jpg


子育てを行う恐竜がいたという可能性が初めて示されたのは・・・
b0112909_23313089.jpg


「良い母親トカゲ」 の意味を持つ マイアサウラ (白亜紀後期)
b0112909_23311771.jpg


推定全長10m、ゴビ砂漠を代表する大型獣脚類 の タルボサウルス 「恐るべきトカゲ」 は、
b0112909_23390994.jpg


その体の大きさなどから他の大型恐竜を捕食していたと考えられています。
b0112909_23392716.jpg


1965年、ゴビ沙漠で長さ2.4m の前あし の化石が発見され、
その巨大な前あしから 「恐ろしい手」 を意味するデイノケイルス と命名されますが、
それ以外の部分は見つからず 長い間 「 謎の恐竜」 と言われていました。しかし!!
b0112909_23490151.jpg


40年以上の時を経て 2006年 と 2009年に ほぼ全身の骨が発見。
クチバシを持ち、おなかの中から胃石や魚の骨が出てきたことから雑食性だったことが判明。
b0112909_23521153.jpg


さらに!!
前あしの先は肉食恐竜のように鋭く尖っているのに、後ろあしの指先は草食恐竜のヒズメのように
丸いこともわかりました。指1本が 成人男性の腕くらいの太さです 105.png
b0112909_00414531.jpg


背中には大きな帆のようなものもあって、様々な恐竜の特徴を併せ持った恐竜 だったようです。
b0112909_00480264.jpg


こちらは モンゴルの 「ロミオとジュリエット」、オビラプトル類 カーン の化石です。
砂嵐に巻き込まれて 同時に死んでしまったらしく、2体並ぶように発見されたんですって。
b0112909_01103588.jpg


オヴィラプトロサウルス類 の巣の化石です。ドーナツ状に並んでいるのは卵。
b0112909_01113332.jpg


小型の恐竜は卵の上で抱卵し (左)、大型種は、ドーナツ状に並んだ卵の中心にうずくまって
翼を使って雨風や外敵から保護していたのではないかと考えられています。
b0112909_01151674.jpg


恐竜が繁栄した白亜紀後期、日本の陸と海に暮らした大型恐竜も
全身の実物化石と全身復元骨格で展示されています。
海岸線に近い場所に住んでいた むかわ竜 は、何らかの原因で海に流され、
遺骸は沖合遠くの海底に沈み、そこでゆっくりと埋もれ長い眠りについたのですが
海だった地層から発見されたため、最初は海生の首長竜 と誤認されたのだそうです。
b0112909_01294365.jpg


1975年、北海道穂別町 (現、むかわ町) を流れる穂別川の支流で
穂別在住の荒木氏により発見された首長竜 ホベツアラキリュウ (全長 約8m)
b0112909_01353552.jpg


草食性の むかわ竜は群で暮らしていたようですが、その様子は4Kシアターで見ることができます。
b0112909_01412081.jpg


約6600万年前、ティラノサウルス が闊歩していた白亜紀最末期のある日・・・
b0112909_10475028.jpg


現在のカリブ海の辺りに 直径10㎞ほどの隕石が落下、
隕石は粉々に壊れて地表と共に大気圏に巻き上げられ、地球を覆う層をつくりました。
太陽光線が遮られて気温が28度も下がり、植物の光合成は2年近く滞った という研究も。
b0112909_10512719.jpg


動物、植物の75%以上の種が絶滅したとされる状況を生き残れたのは
体が小さかったり、必要とするエネルギーの少ない生物だけでした。
最初に回復したのはシダ類で、次はヤシ類。
その後、「徐々に」 広葉樹や針葉樹を中心とする景色に変わっていきますが、
それでも 隕石の衝突から200万年間の植物の多様性は白亜紀後期の半分程度だった
そうです。

もしも 恐竜が絶滅せずに進化し続けた場合、人間に似た形態を採りえるという仮説も
紹介されていました 144.png
b0112909_11092267.jpg


恐竜博 2019 は 10月14日(月・祝) まで。
b0112909_11130970.png


マンモス展 (11月4日まで) と共に、今年見るべき二大展覧会では?
夏休み中は混雑が予想されますが、平日の15時過ぎ頃からは比較的落ち着くことが多いです。
公式HP で混雑状況 がツィートされていますので、ご確認の上 おでかけ下さいね ♪

今日のおやつはうさこちゃんと クリントンで ラズベリーチョコレートパンケーキ♪
b0112909_20263631.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-07-18 20:28 | 上野・浅草エリア | Trackback | Comments(0)

マイセン動物園展

2019年7月15日(月)

今日はパナソニック 汐留美術館で開催中の 「マイセン動物園展」へ行って来ました。
b0112909_22442239.jpg


マイセンの 「動物」 にテーマを絞った展覧会で、
b0112909_22465579.jpg


約120点の 出品作品のうち 9割が 初公開というもの。
b0112909_22485450.jpg


つまり、ほとんどが 「個人蔵」 なので、この機会を逃すと 「次」 はないかも ?
b0112909_22511352.jpg


毛の質感が さすがマイセン!
b0112909_22553566.jpg


「猿の楽団」
中央の モーツァルトしちゃってる(笑) 指揮者をアップで撮ると・・・
b0112909_22573149.jpg


歯まで。 一体は小品 なのに!
b0112909_23021278.jpg


「山羊に乗る仕立屋」
メガネをかけた山羊はシッポのところに針山、
b0112909_23054522.jpg


角にはアイロンとハサミ。
身分の低い者を野次る貴族の悪戯 として、目の悪い仕立屋が 目の悪い山羊に乗って
目的の晩餐会にたどりつけない様子を表現した作品と言われているそうです。
b0112909_23060319.jpg


「スノーボール貼花装飾鳥付き カップ&ソーサー」
b0112909_23130603.jpg


「スノーボール」 は アウグスト強王の息子、アウグスト3世が
王妃に 「枯れない花」 を贈りたいという願いから作られたモチーフだそうですが、
b0112909_23145672.jpg


大きさの違う小花で埋めつくされた上に、小花のボンボンも付いて
金色のバラと蔓 で装飾し、中央には金色の鳥まで。
どれほどの手間がかかるのか想像もつきません。
b0112909_23153679.jpg


大型の 「蓋付きの透かし壺」 は、下の膨らんだ部分をよく見ると・・・
b0112909_23241935.jpg


中にも小鳥やお花が 146.png (ピンポケですが)
b0112909_23245855.jpg


こちらはゲーテの叙事詩 「ライネケの狐」 を磁器彫刻で表現した作品だそうで、
周囲には犬、アナグマ、マントヒヒ、オオカミの彫刻が施されています。
b0112909_00014349.jpg


狐の部分をアップで。
b0112909_00022235.jpg


マイセンに炻器 (せっき) で制作した作品があったのですね!
「カワウソ」
b0112909_23543669.jpg


マントヒヒ まで (怖)
b0112909_23545711.jpg


マイセン動物園展は 2019年9月23日(月・祝) まで。
7月21日(日) 9時45分~ NHK Eテレ で「マイセン動物展」が放送されると混むと思います。
お早めに ♪
b0112909_23575352.jpg


by tanpopo-jyo | 2019-07-16 00:14 | 汐留・銀座・日比谷エリア | Trackback | Comments(0)

江戸のスポーツと東京オリンピック展へ

2019年7月12日(金)

今日は、両国にある 江戸東京博物館で開催中の・・・
b0112909_15585361.jpg


江戸のスポーツと東京オリンピック展へ行って来ました。
b0112909_15581226.jpg


江戸時代には武士のたしなみとしての剣術、弓術、馬術そして庶民も観戦を楽しんだ相撲など
b0112909_16030937.jpg


伝統的な 「スポーツ」 が行われていました。
今のシンクロナイズドスイミングとは似て非なるものですが (^^;
b0112909_16033723.jpg


開国以降の幕末・明治期にはテニスや野球などの近代スポーツが伝えられ、
軍や学校での教育を通して普及していきます。
b0112909_16043922.jpg


明治末期、日本はオリンピックへの出場を果たし、以後の大会では多くのメダリストも誕生、
b0112909_16073213.jpg


その活躍を背景に大会の招致を行い、1940(昭和15)年の東京開催が決定しますが
戦争により中止を余儀なくされます。
b0112909_16104608.jpg


戦後、再び招致活動を始め1964(昭和39)年、ついに東京オリンピック開催!!
こうした日本におけるスポーツとオリンピックの歴史をひもとく展覧会です。
b0112909_16142006.jpg


公家を中心とした雅な娯楽であった蹴鞠は、江戸時代以降は茶の湯や俳諧などと並ぶ
文化的な楽しみとして武家や富裕な町人の間にも広まり・・・
b0112909_20333453.jpg


江戸中期以降は家元や師範代が全国に配され、各地の愛好者に教授を行ったんですって。
しかも上達に応じた段階が定められ、それによって許される袴の色が変化したとは!
写真は、1810 (文化7) 年の 桔梗葛袴 (13段階中、最上位) の着用を許す免状です。
この方は、35年かかって最上位を許された模様。。。その他にも・・・
b0112909_20394705.jpg


蹴毬を行う庭の四隅には四季を表す松・桜・柳・楓を植える定めがあったとか、
毬を蹴って良いのは 右足の先のみ に限られていたって今回初めて知りました。
b0112909_20411831.jpg


1884 (明治17) 年には欧化政策の一環として上野不忍池の畔が整備され、
競馬場が設けられたというのも知りませんでした。
b0112909_01145049.jpg


1964年の東京オリンピックの時には、小学校3年生でしたので、
b0112909_01231586.jpg


聖火リレーや、
b0112909_01335523.jpg


入場行進、飛行機で描かれた五輪のマークなどワクワクしながら見たのをはっきり覚えています。
競技役員・審判用の青ジャケットに映り込んでいるのは、アベベや円谷幸吉のマラソン。
b0112909_01343129.jpg


展示の最後にあった 「体験コーナー」 です。150.png
b0112909_01451404.jpg


最後にクイズをひとつ。(答えは一番下に)
b0112909_01500916.jpg


今日のランチはミッドタウンの汁やで。
とうもろこしベースの汁ものにモチモチの焼き白玉入り。プチトマトの酸味が効いて
美味しかったですよ。
b0112909_02005163.jpg


クイズの答えはこちら。115年前にもこういう人いたんですね~
b0112909_02020334.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-07-13 02:09 | その他の東京23区 | Trackback | Comments(0)

カルピス100th 七夕に会おう展へ

2019年7月7日(日)

今日は七夕。そしてカルピス 100歳のお誕生日。
b0112909_18364190.jpg


パッケージにデザインされた水玉は天の川をイメージしたものだったのね!
(写真は水玉模様を初めて使用した1922年の商品)
b0112909_18373380.jpg


今、千代田区外神田にある 3331 ARTS CHIYODA では、
b0112909_18425085.jpg


カルピス発売100周年を記念して 「カルピス100th 七夕に会おう展」 を開催中です。
b0112909_18432477.jpg


この展覧会は、人と 「会う」 ことをテーマにした展覧会。
無数の文字が降り注ぐ空間 「ことばの宇宙」 は、
b0112909_18504906.jpg


UNIQLO や ISSEY MIYAKE のアートインスタレーションなども手掛ける建築家/デザイナー
エマニュエル・ムホーが、七夕の日に短冊に願いごとを書く風習を、
b0112909_18540227.jpg


大切な人を想う体験としてデザインした作品です。
b0112909_18541785.jpg

b0112909_18544983.jpg

b0112909_18551291.jpg


色とりどりの無数の文字が降り注ぐ空間を進み・・・
b0112909_19020076.jpg


100のことばと100色のカルピスのボトルを吊り下げた次の展示室へ。
b0112909_19052653.jpg


「自分 (達) に一番ピッタリなことばを 探して下さいね」 と言われ、クルクル回ることばを見て行きます。
しんゆう、おさななじみ、かたおもい、かぞく・・・
b0112909_19054352.jpg


あった!! 無敵 166.png 「て」 がクルッ となっちゃったけど^^
b0112909_19061336.jpg


約1万個の 「水玉」 でつくられた天の川 「ドットリバー」 の中へ、2個の 「水玉」 をもらって入り、
b0112909_21281266.jpg


「水玉」の光に触れたり、立ち止まったりすると
その輝きが変化するインタラクティブなイルミネーションは 2階に展示されています。
b0112909_21260699.jpg


異なる色の 「水玉」を持った人と出会うと、互いの水玉も会場全体の光も反応し始め、
b0112909_21273771.jpg


同じ色の 「水玉」 を持った人と出会うと、特別な光の反応が始まります。
b0112909_21283166.jpg


展示を楽しんだあとは、水玉で彩られた 「カルピス ピースフルラウンジ」 で、
カルピスウォーターのプレゼントも。
b0112909_21474338.jpg


「カルピス100th 七夕に会おう展」 は、7月14日(日) まで。 入場無料です。
b0112909_21500061.jpg


100周年を記念して期間限定の 復刻版ギフトセットもあるみたい。
左から1919 (大正8) 年の最初のパッケージ (なんでミロのヴィーナス?)、
1922 (大正11) 年、水玉模様にリニューアルしたパッケージ、
1953 (昭和28) 年に白地に青の水玉に変更されたパッケージ、そして現行パッケージ。
赤丸印をつけたロゴは、一部で黒人蔑視と非難されて、なくなったんですよね。そうかな?
b0112909_21532127.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-07-07 10:18 | その他の東京23区 | Trackback | Comments(0)

漢字展へ

2019年6月21日(金)

今日は駒込の 東洋文庫ミュージアムで開催中の
b0112909_19261238.jpg


「漢字展」 へ行って来ました。
古代中国で誕生し、日本では5世紀頃から本格的に使用されるようになった漢字。
日常的に使っていながら意外と知らないことの多い、漢字にまつわるさまざまな事柄を、
国宝を始めとする文化財を中心とした展示でわかりやすく紹介した展覧会です。
b0112909_19262914.jpg


世界中に 「言語」 の種類はたくさんありますが、文字の種類は意外と少なく、
シンプルというのがよくわかるのが こちらの地図。
ラテン文字(ローマ字)、アラビア文字、キリル文字、漢字 で地図のほとんどが埋まるんですね!
b0112909_19333941.jpg


一冊持っていたら楽しそうな 納西 (ナシ) 象形文字譜、トンパ文字の字典。
右ページは暦の月の数え方を表しているそうです。
b0112909_19421692.jpg


紀元前25世紀頃、中国で漢字を発明したとされる伝説上の人物、蒼頡 (そうけつ) は
非常に鋭い観察力の持ち主で、目が4つあるのはそれを表現するため。
b0112909_22154284.jpg

b0112909_22183702.jpg

b0112909_22184823.jpg

この形を符号にすればものごとを記録することができる!
これを わしは 「字」 と名付けたのじゃ
だそうです^^

「漢字の成り立ちと発展」 のコーナーで最初を飾る展示は 漢字の原型だと考えられている
甲骨卜辞片 (こうこつぼくしへん)。
中国最古の王朝 殷 (前17~前11世紀) の時代に 動物の骨や甲羅を占いに用いたもので、
占いたい内容を甲骨の表面に刻み、それを加熱してできたヒビで診断していたようです。
b0112909_23022868.jpg


1000種類の漢字を4字ずつ1句として綴った漢字学習書 の決定版、千字文
韓ドラ時代劇でも たびたび 「千字文」 は出てきますし、
日本にも奈良時代には伝来して、漢字学習に使われました。
b0112909_23093545.jpg


こちらは、金榜(キンホウ?)氏が1772年 清朝 乾隆帝時代に科挙の最終試験 「殿試」を受験し、
首席合格者となった時の答案です。
この時代、文字の巧拙によって人物を評価することもあったそうです。一部を拡大すると・・・
b0112909_23530353.jpg


知識だけじゃなく、筆跡もチェックポイントだなんて!!
b0112909_01013350.jpg


日常的に漢字を使うようになると、書き易さから字をくずすようになり 異体字の数が激増。
顔元孫 ( 顔真卿の叔父) は約800の異体字を整理し、公式文書に使われる正統な文字 「正字」、
慣習的に使われてきた 「通字」、民間で使用されてきた 「俗字」の3通りに分類して
干禄字書 を作りました。 これで科挙採点のお悩み解決!というわけです。
b0112909_12283804.jpg


16世紀末以降、ポルトガルやオランダ、英語圏の文化が盛んに日本に輸入され、
多様な文献に記される外国の知識や概念を理解するために必要となったのが 「和製漢語」。
辞書もないまま進められた 解体新書 の翻訳では 「神経」 「軟骨」 「動脈」 など
多くの熟語が生み出されました。さらに・・・
b0112909_12310628.jpg


日本にはない西洋の概念を訳す必要もありました。
例えば日本には Society を適切に訳す熟語はなく、 「寄合又集会」 と訳され 146.png
その後、福沢諭吉が出版した 西洋事情 (1866~70年) で 「人間交際」 と訳され、
1875年に福地源一郎が新聞紙面上で 「社会」 という語を使うに至ります。

また福沢諭吉は Liberty リベルチ (写真 赤丸印) を 「自由」 と訳しつつ、
西洋と日本の概念の違いから適切な訳語ではないと明言、
新しい訳語を生み出す際の紆余曲折を見てとることができます。
b0112909_12490237.jpg


漢字伝来からおよそ1500年、日本語における漢字の使い方も時代とともに変化を続けています。
1946(昭和21)年 に制定された 「当用漢字表」 は1850字、
1981(昭和56)年 制定の「常用漢字表」 では1945字、
「書く」 から 「打って変換する」機会が増えた近年では、漢字の使い易さに対する基準を広げ、
2010年に改定された 「常用漢字表」 は 2136字まで増えました。

写真は、 大漢和辞典 の 校正刷
なんと 発行直前の1945年2月に戦火によって全巻の原版が焼失!
残った校正刷を元に 10年かけて再び版を作製し、
1955年から5年をかけて初版全13巻がようやく発行されたのだそうです。
b0112909_18041544.jpg


清少納言も学んだ文章のお手本集 文選 (もんぜん)
「令和」 の典拠である万葉集の一文は右ページ1行目「仲春令月、時和し気清らかなり」
という部分を踏まえて作られたとする説があるようです。
b0112909_18202540.jpg


5月1日から施行された元号 「令和」 が「梅花謌卅二首并序」の一文、
「初春の令月にして、気淑く風和ぎ・・・」 を典拠としていることで注目を集めている万葉集 はこちら。
b0112909_20322471.jpg


広東のフランス領事を務めたドゥ・ギーニュが作った ナポレオン辞典 (1813年 パリ刊) は
漢字14,000字についてフランス語とラテン語での説明と中国語の発音が付いています。
「画期的なのは発音がわからなくても 部首と総画数から漢字が引ける点」 とありましたが、
部首と総画数って日本人にも難しいものありますよね? 開いていたページは・・・
b0112909_20415103.jpg


中国の漢字で最も画数が多い「龍」を4つ書く珍しい字が載っているページ。
読み方は「テツ」 、総画数 16 × 4 = 64画!! 余の辞書に引けない漢字などない! 105.png
b0112909_20594968.jpg


漢字展とは 関係ないのですが、1階 オリエントホールの展示品で見逃せなかったのが この本。
1963年に発刊された日本の 「とある小説」 のポーランド語訳で、
挿絵は同国を代表するアーティストだそうですが。原作は・・・
b0112909_21341893.jpg


こちら。ポーランドの人はカッパ のビジュアルを勘違いしちゃったと思います (笑)
b0112909_21364456.jpg


蔵書100万冊を誇る 東洋文庫らしい企画展 「漢字展」 は2019年9月23日(月・祝) まで。
面白いです!
b0112909_21561212.png

by tanpopo-jyo | 2019-06-22 22:09 | その他の東京23区 | Trackback | Comments(0)

マンモス展へ

2019年6月10日(月)

土曜日に梅雨入りしてから肌寒い日が続く東京地方。
今日はお台場の日本科学未来館で開催中の 「マンモス展」 を見て来ました。
およそ500万年前からこの地球上に生き、約4000年前に絶滅してしまったマンモスの展覧会です。
b0112909_21181285.jpg


入り口から続く薄暗い通路の先には・・・
b0112909_21274129.jpg


永久凍土から発掘された4万年前の仔ケナガマンモス 「ディーマ」が 38年ぶりの再来日。
シベリアの泥池にはまりこんで、そのまま死んでしまった仔マンモスです。
短い期間に深く地中に埋もれ込み、永久凍土の中に残されたため 微生物による分解や
肉食獣の餌食にならず全身がきれいな状態で保たれています。 後ろ脚には・・・
b0112909_21312693.jpg


毛も残っています。
b0112909_21352498.jpg


最初のコーナーでは、マンモスはどんな環境でどんな暮らしを送っていたのか?
何故 絶滅したのか? を解説しています。
b0112909_21375723.jpg


熱帯ジャングルの中で暮らしていたと考えられる最初のマンモスは、
b0112909_21402054.jpg


100万年前に寒冷化が進んで 森が草原へと変わる中で進化し、シベリア北東部にも住み始めて
b0112909_21404067.jpg


約40万年前にケナガマンモスが出現したのだそうです。
b0112909_21410382.jpg


長いものだと4.5m、重さは100㎏超 というマンモスの牙。
一面が草原のシベリアには家の材料となるような木はなく、太古の人々はマンモスのホネや皮で
テントのような家を造り、牙は武器や生活道具、装飾品として利用していたと考えられています。
b0112909_21521860.jpg


一生の間に5回 生えかわるマンモスの歯。大きさはラグビーボールくらいだと思います。
繊維質の多いイネ科の硬い草もヒダのある歯ですりつぶして食べていたそうですが
洗濯板みたい!(笑)
b0112909_21545804.jpg


極寒の気候に対応するため、マンモスの全身は分厚い毛で覆われていましたが、
その体毛は1mほどの長く粗い外側の毛と30㎝くらいのアンダーコート の2種類。
毛を触れるコーナーもあったのですが 「毛」 というより 「ほぼ針金」
b0112909_21595574.jpg


マンモスと同じ頃 に共生していたのは こんな毛で全身を覆われた・・・
b0112909_22070947.jpg


ケサイ や、
b0112909_22065650.jpg


現在のライオンよりずっと大きいホラアナライオンなど。
ホラアナライオンのタテガミって首の下だけだったんですかね? ^^
b0112909_22081732.jpg


本展一番のみどころが2つめのコーナーで、世界初公開の冷凍標本がずらりと並ぶ冷凍展示室
上は 約3万1150年前のケナガマンモスの皮膚で、よく見ると毛穴まで残っています。
後ろ脚の付け根からお尻にかけての部分で、動く時にシワになるところです。下は・・・
b0112909_22272683.jpg


4万1000年 ~ 4万2000年前の仔マンモス 「フジ」
体内から液体状態の血液と尿が採取できたそうです!
b0112909_22293475.jpg


9300年前のユカギルバイソンは自然に横たわった状態で見つかったそうですが
胃の中から毒草が検出されたので中毒死だったと考えられるとのこと。
下は左が1万2450年前の生後約3ケ月のイヌ、右はライチョウの幼鳥。
b0112909_22403899.jpg


3万2700年前のケナガマンモスの鼻も!!
通常、マンモスの鼻は死亡後すぐに肉食獣に食べられるか 腐敗するかのどちらかですが
死後すぐに凍りついたため、永久凍土で保存されたようです。
b0112909_22444435.jpg


何故、世界初公開の冷凍標本がこんなにたくさん並んでいるかというと、
マイナス20℃をキープし、窓ガラスがくもらない冷凍展示室の製作には
日本の会社の特別な技術が使われていて、その制作費は都心のマンション並みと超高価。
よってこれらの冷凍標本は ふだんはロシア北東部、サハ共和国のマンモスミュージアムで
ひっそり 「保管」 され、非公開なのだそうです。

さらに2005年 愛・地球博 で話題になった ユカギルマンモス も再来日しています。
こちらだけ撮影NG でしたので、写真は科学未来館 HPよりお借りしました。
b0112909_23025236.jpg


最終章は 近畿大学のマンモス復活プロジェクト など、冷凍標本を使ったさまざまな研究について。
今年の春先に 「永久凍土から発掘した2万8000年前のマンモスの細胞核が動き始めた」 と
近畿大学が発表したのは衝撃的でしたよね! 「衝撃的」 といえば・・・
b0112909_23101826.jpg


ミュージアムショップの品揃えも なかなかでしたよ。
マンモスの下顎の化石 (764,000円) なんて買う人 いるのかな? とか、
b0112909_23193227.jpg


鼻 → コーンスナック の発想って...とか 119.png
b0112909_23205444.jpg


マツコ・デラックスさんがイメージキャラクター というのも 「笑撃」でした
シンプルなポスターですが すごいインパクト!!
b0112909_23261109.jpg


今日は滞在3時間近く。面白くてわかりやすい展覧会でした。
「マンモス展」 は お台場の日本科学未来館で 2019年11月4日(月) まで。オススメです!
b0112909_23400533.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-06-10 23:49 | お台場エリア | Trackback | Comments(0)

ムーミンバレーパークへ (前編)

2019年6月6日(木)

今日は同級生6人で、ムーミンバレーパークへ 「遠足」。
b0112909_19040192.jpg


池袋から こ~んなに窓の大きな・・・
b0112909_19045878.jpg


レッドアロー号に乗って、
b0112909_19052227.jpg


10時14分 飯能着。構内もムーミンの世界♪ 飯能駅北口からバスに乗れば約15分で、
b0112909_19063231.jpg


ムーミンバレーパークのあるメッツァビレッジに到着です。
b0112909_19110320.jpg


グラデーションが美しい傘の下を通り抜けると・・・
( 追記: アンブレラスカイ の装飾は 7月15日(月) まで)
b0112909_19113403.jpg


宮沢湖が目の前に。湖畔に沿って芝生が広がり、周りには森。
b0112909_19155978.jpg


トーベ・ヤンソンが過ごした森と水に囲まれたフィンランドの風景が演出されているそうです。
湖に沿って10分ほど歩くと・・・
b0112909_19161390.jpg


ムーミンバレーの入り口が見えて来ます。
b0112909_19215005.jpg


大きな本の形をしたウェルカムゲートは、手前から 「 ムーミン&スノークのお嬢さん」
「スナフキン & リトルミィ」 「ムーミンママ」 「ムーミンパパ & ニョロニョロ」 の4つ。
b0112909_19220540.jpg


パークに入場したあとは、ムーミンパパが造った 水浴び小屋 を右手に見ながらさらに進んで・・・
b0112909_23411511.jpg


ムーミン谷のエリアへ。
正面奥には3階建ての展示施設 コケムス 、右手には ムーミン屋敷 も見えてきました。
b0112909_23413912.jpg


11時から エンマの劇場で 「たのしいムーミン一家」のショーが始まったので、
b0112909_23415656.jpg


30分ほど日陰で鑑賞。
最高気温31℃ の真夏日に着ぐるみは辛いよねーと 現実的な発言をしてしまう6人組^^
b0112909_23421335.jpg


11時半からは、ムーミンパパが設計した ムーミン屋敷 のガイドツアーに参加 と、
全く無駄のない行動ができるのも平日ならでは?
b0112909_00061413.jpg


ムーミン屋敷は、地下室+3 階建てで、
b0112909_00133444.jpg


1階はキッチンと
b0112909_00224665.jpg


ダイニング、
b0112909_00231293.jpg


2階はリビングと
b0112909_00243138.jpg


ムーミンパパ・ムーミンママの寝室、
b0112909_00245494.jpg


3階はリトルミィの部屋とムーミンの部屋、そして・・・
b0112909_00260662.jpg


屋根裏には、ムーミンパパが執筆を行う書斎も。
b0112909_00293080.jpg


さらに地下室は食料の貯蔵庫、というように原作を忠実に再現した各部屋を・・・
b0112909_00334171.jpg


スタッフさんが物語のシーンやエピソードなどを交えて案内してくれるガイドツアーはオススメ 172.png
b0112909_00362044.jpg


ランチは、ムーミン谷の食堂 で・・・
b0112909_13242178.jpg


物語に因んだメニューの中から おさびし山のハヤシライス を。
b0112909_13254552.jpg


雪見ちゃんは スナフキンの帽子をイメージした 緑の帽子パスタ
b0112909_11261481.png


物語の世界に入り込める立体的な展示 コケムス は後編 (次のページ) に続きます。。。
b0112909_13350584.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-06-08 16:28 | 埼玉県 | Trackback | Comments(0)

ムーミンバレーパークへ (後編)

2019年6月6日(木)

ムーミン谷の食堂 でのランチのあとは、同じ建物内の3階へ。
エレベーターを降りるそこは ムーミン谷
「ムーミンは赤く染まった森の中へ飛び込みました。7歩走ってはスニフの名を叫び・・・」
b0112909_13391842.jpg


「そうこうするうちにヘムレンさんはニョロニョロたちのところまでたどり着いてしまいました・・・」
b0112909_14065723.jpg


「あのですね、これまで僕に名前を訊いた者なんか ありゃしません・・・」
b0112909_14085893.jpg


物語のワンシーンなどを、立体的に表現したエリアでは 住人になった気分で楽しんだり、
一緒に写真を撮ったりすることができます。次のコーナーは・・・
b0112909_14113050.jpg


トーベ・ヤンソンが1952年に出版した初の絵本 「それからどうなるの?」 を再現した展示で、
b0112909_14155803.jpg


行方不明になったリトルミィを探しに、ムーミンとミムラねえさんが冒険の旅を始めます。
穴をくぐると次のページの世界へと続き・・・
b0112909_14170883.jpg


お話がすすんでいくしかけ。
b0112909_15133885.jpg


リトルミィを見つけることができるかな? コケムスを出たあとは・・・
b0112909_15135567.jpg


ショップでお買い物をしたり、
b0112909_15294951.jpg


キャラクターと写真を撮ることのできるフォトスタジオ で記念撮影をしたり。
b0112909_15310313.jpg


雪見ちゃんが 息子くんご夫婦のために買っているのは・・・
b0112909_15343964.jpg


パーク限定のマグカップ 162.png
1個 4,000円でしたが、メル●リ などでは2個 48,000円ですって。高っ!
b0112909_15345798.jpg


おさびし山エリアから宮沢湖の上を往復 滑空する 飛行おにのジップライン も、 
b0112909_15413802.jpg


人気のアトラクションですが、還暦をとうの昔に過ぎたオバサンたちにはさすがに無理ですね 153.png
b0112909_15451381.jpg


パーク滞在4時間余り、キャラクターたちにも会えて楽しい時間を過ごしましたが
いや~ 歩く、歩く!!万歩計をつけてくれば良かった^^
b0112909_15512586.jpg


「休憩しないと帰れませーん」 というわけで、メッツァビレッジ内のこちらのお店で・・・
b0112909_15560372.jpg


「甘いモノ」 を補給。 好天にも恵まれて あ~楽しかった174.png
ムーミンバレーパークはどちらかと言えば大人向きかもしれません。
キャラクターが怖いと泣いているお子さんを何人か見かけたので。
新緑のパークもきれいでしたが、紅葉の頃も良いかも? モミジが結構 植栽されていたのでね (-_^)
b0112909_15564001.jpg

by tanpopo-jyo | 2019-06-08 16:27 | 埼玉県 | Trackback | Comments(0)

六本木アートナイト 2019

2019年5月25日(土)

今朝、ブランチを食べにミッドタウンへ行ったら、なんと・・・
b0112909_18402545.jpg


「六本木の街」を会場にした一日限りのアートの祭典、六本木アートナイト開催中!
b0112909_18393105.jpg


今年のメインプログラム・アーティストは、平昌2018パラリンピック冬季競技大会で
開会式・閉会式のアートディレクターを務めた チェ・ジョンファ氏。
b0112909_18564040.jpg


キャノピースクエアに展示してある 約1万個のバルーンが巨大な塊となった 「ライフ・ライフ」 は、
b0112909_19044890.jpg


観客参加型。
b0112909_19050297.jpg


ミッドタウン・ガーデンにはアートの木、「木の木」などなど。
b0112909_19212153.jpg


六本木交差点周辺には、インフォメーションセンターもあって盛り上がっていました。
b0112909_19230564.jpg


六本木ヒルズ ノースタワー近くにあった自販機に 人影が 144.png
b0112909_19261124.jpg


志茂浩和氏の作品 「囚われる人」 は、中の人がどんどん変わって・・・
b0112909_19263469.jpg


すっごく不気味。作品と知らずに飲み物を買いに行ったら悲鳴をあげちゃいますよ! 危険!!
b0112909_19265181.jpg


66プラザから・・・
b0112909_19341367.jpg


日比谷線 六本木駅方面へ下りるエスカレーターの先にあるモノクロの物体は、
b0112909_19350663.jpg


エステル・ストッカー氏の作品。
b0112909_19352183.jpg


エスカレーターの手すり下もアートしていました♪
b0112909_19420439.jpg


毛利庭園 ヒルサイド側では、「FUROSHIKI TOKYO展」 を開催。
昨秋、東京都がパリ市庁舎広場に大きな風呂敷包みを贈り、
b0112909_19585268.jpg


風呂敷の魅力を世界に発信したプロジェクト「FUROSHIKI PARIS」 の報告展で、
北野武、草間彌生、蜷川実花、細川護熙 各氏 他のオリジナル風呂敷を日本初公開しています。
b0112909_19444370.jpg


六本木ヒルズアリーナでは、夕方以降のイベントに向けて何やら準備中。
b0112909_19504754.jpg


アリーナのタイムスケジュールで さすが 「眠らない街 六本木」 と思うのは、
26日(日) 午前3時~の真夜中の盆踊り と、午前5時半~ のクラシックなラジオ体操
毎年、結構な人が集まるらしいのですが、日フィルもまさか夜明け前からコンサートをする日がくるとは
想像もしていなかったでしょうね^^
b0112909_19512489.jpg


66プラザや毛利庭園 には編み込まれたワイヤーで制作された 2羽の鳥。
これは夜に見た方がキレイね と思っていたら、ちょうど六本木ヒルズのHP に・・・
b0112909_20163329.jpg


夜の毛利庭園 写真があったので拝借^^
新国立美術館、東京ミッドタウン、六本木ヒルズを中心とした六本木エリアで開催中の
一夜限りのアート展 「六本木アートナイト 2019」 は、5月26日(日) 18時まで。
約50の作品が 点在しているので 探しながら歩くのも楽しいです ♪
b0112909_21590815.jpg


by tanpopo-jyo | 2019-05-25 22:10 | 赤坂・六本木・広尾エリア | Trackback | Comments(0)