大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(272)
(264)
(132)
(116)
(97)
(77)
(58)
(51)
(49)
(41)
(40)
(31)
(29)
(25)
(23)
(22)
(14)
(13)
(11)
(8)

最新のコメント

Uさま 私にも初々しい時..
by tanpopo-jyo at 20:54
Uです。初々しい!なんと..
by EMMANNIE at 18:18
ジョニデさま あ、いや、..
by tanpopo-jyo at 01:18
「今、なぜイランか?」私..
by ジョニデ at 16:48
Uさま あ!ご存じでした..
by tanpopo-jyo at 20:40
Uです。ここ!イラン料理..
by EMMANNIE at 13:21
ぶうちゃんさま メール..
by tanpopo-jyo at 14:24
チューリップ見事ですね!..
by ぶうちゃん at 09:47
kiyochanさま や..
by tanpopo-jyo at 13:46
谷川俊太郎 懐かしいで..
by kiyochan at 17:54
Uさま おお!いらしたの..
by tanpopo-jyo at 16:25
ぶうちゃんさま 38℃!..
by tanpopo-jyo at 16:20
Uです。明けましておめで..
by EMMANNIE at 10:33
100%マンゴーシャーベ..
by ぶうちゃん at 00:21
ジョニデさま 桜の咲く頃..
by tanpopo-jyo at 16:19
みなさまお誘いいただきあ..
by ジョニデ at 14:05
Uさま こちらこそお世話..
by tanpopo-jyo at 13:34
昨夜はありがとうございま..
by U at 12:11
ジョニデさま アントレは..
by tanpopo-jyo at 11:19
まさにベル・エポックなデ..
by ジョニデ at 08:39

記事ランキング

検索

タグ:美術館・博物館・展示施設 ( 132 ) タグの人気記事

Re 又造展へ

2018年4月18日(水)

昨日から降り続いていた雨も午前中には止んで、気持ちの良いお天気になった東京地方。
b0112909_19001754.jpg


今日は恵比寿スバルビルのイベントホールで開催中の・・・
b0112909_19252994.jpg


Re 又造展へ行って来ました。
又造って誰? って感じのタイトルですが「加山又造」です(笑)。
b0112909_19263122.jpg


スタイリッシュなエスカレーターで3階へ。
b0112909_19265296.jpg


最初に目に飛び込んでくるのは四曲一隻の「おぼろ」を、
b0112909_19344902.jpg


陶板画にして、桜吹雪のプロジェクションと合体させた作品。
この陶板画は、2016年の伊勢志摩サミットで展示され話題となったのでご覧になった方も多いのでは?
今回はさらに映像の演出付きというわけですが、、、う~んびみょー
b0112909_19342809.jpg


展示作品中、半分くらいは「実物」、
b0112909_19461080.jpg


残りは複製またはデジタル処理された作品という展覧会でした。
たとえば六曲一隻の「火の鳥」では雲が流れ、
b0112909_19453318.jpg


「春秋波濤」は、絵の中を人が歩くと・・・を表現するためか、
b0112909_19464862.jpg


手前から「紅葉の山」「満開の桜」「波の山」と3枚のガラス絵にして、
その間を歩けるようにしたり。
b0112909_19473667.jpg


加山家秘蔵の「黒い鳥」も、音と光の演出付きで公開されていましたが、
原画だけ見たかったです145.png
b0112909_19450062.jpg


最後の部屋の天井には、身延山久遠寺の天井画「墨龍」、臨済宗大本山・天龍寺の天井画「雲竜図」。
複製が全て悪いとは言いませんが、入館料2,000円は強気すぎる!!
b0112909_19475955.jpg


現代のクリエイターたちが液晶ディスプレイやプロジェクターを駆使して、
加山又造の作品を現代的にRecreate? Remake?したアート展は、2018年5月5日(土)まで。
ある意味、Revolutionary な展覧会ではありました105.png
b0112909_19484248.jpg


by tanpopo-jyo | 2018-04-18 20:42 | 白金・目黒・恵比寿エリア | Comments(0)

猫都(にゃんと) の国宝展へ (前編)

2018年4月6日(金)

今日は目黒雅叙園、百段階段で開催中の
b0112909_16161016.jpg


「猫都(にゃんと) の国宝展」へ行って来ました。
b0112909_16145384.jpg


猫の国 「猫都」で もし国宝展が開催されたら? という楽しい企画で、
国宝をモチーフにした現代作家の作品をはじめ、さまざまなジャンルの猫作品が集います。
b0112909_16163136.jpg


十畝の間 には、
b0112909_16234917.jpg


信州瑠璃寺所蔵 「薬師猫神様」や
b0112909_16303083.jpg


東京心光寺所蔵 「猫がいる涅槃図」など、猫アーティストが創り
「寺の宝」として大切にされている猫アート作品のほか・・・
b0112909_16325592.jpg


七宝焼や、陶芸の特殊技法練り込みの作品も展示。
b0112909_16480365.jpg


漁樵の間 は、
b0112909_16515751.jpg


シュールレアリスムの世界。
b0112909_16544179.jpg


「雷神痩身美容図」や
b0112909_16564511.jpg


燕子花三毛猫図(尾形猫琳 作^^)のほか、
b0112909_17005766.jpg


忠臣蔵を題材にした作品も。
上の段は、夜ごと遊興三昧にふける浪士たち、下の段は討ち入りの様子や・・・
b0112909_17041404.jpg


江戸城松の廊下の刃傷沙汰で、左が吉良上野介、右が浅野内匠頭長矩。
浅野内匠頭は後ろから「殿中でござる~」とはがい締めにされています105.png
b0112909_17080072.jpg


「見上げて」も素敵な作品でした。
b0112909_17200401.jpg

b0112909_17202288.jpg


草丘の間 は、
b0112909_20482592.jpg


国芳一門猫づくしと、
b0112909_20490412.jpg


現代アーティストの共演! 「猫が気ままに暮らす国、猫国(にゃんごく)」
b0112909_20504769.jpg


「猫国温泉又たび湯」
b0112909_20564767.jpg

静水の間星光の間清方の間頂上の間 は後編(次のページ)に続きます。。。




by tanpopo-jyo | 2018-04-06 22:11 | 白金・目黒・恵比寿エリア | Comments(0)

猫都(にゃんと) の国宝展へ (後編)

2018年4月6日(金)

静水の間 には、
b0112909_21091587.jpg


日本独特の縁起もの、招き猫が大集合!
b0112909_21393894.jpg


ひときわ存在感があったのは「トラヨ」という実在の猫の死を悼み、
飼い主の心の平安を願って在りし日の姿を招き猫として表現した大作「ビッグトラヨ」。
b0112909_21415602.jpg


後ろ姿も♪
b0112909_21440123.jpg


とよた真帆作、「瀬戸ヌーボー招き猫」
b0112909_21455727.jpg


星光の間 では、
b0112909_23181724.jpg


生涯に500匹の猫と暮らし、猫先生と呼ばれた文豪大佛次郎など猫を愛した芸術家を紹介。
中に炭を入れて「手焙り」として大佛次郎が愛用した猫あんかのほか、
b0112909_23223209.jpg


寺田寅彦や、
b0112909_23234765.jpg


内田百閒など。
b0112909_23252182.jpg


清方の間 には猫アートの傑作が勢ぞろい。
陶芸、羊毛アート、張り子、墨絵、木工など、さまざまなジャンルの猫作品が並んでいます。
b0112909_23291292.jpg


これは何かというと・・・
b0112909_23310583.jpg


リアルすぎてちょっと怖いかぶりもの131.png
b0112909_23315433.jpg


頂上の間 は猫グッズマーケットで、
b0112909_13055234.jpg


一点ものから お手軽な価格のものまで色々揃っていました。
総勢約40名のアーティストによる800点以上の作品展、「猫都の国宝展」は5月13日(日)まで。
b0112909_13064129.jpg


今日のおやつは京はやしやでパフェを。
b0112909_13131280.jpg

by tanpopo-jyo | 2018-04-06 22:09 | 白金・目黒・恵比寿エリア | Comments(0)

木島櫻谷展へ

2018年3月9日(金)

今日は午後から雨もあがったので、六本木1丁目の泉ガーデン内にある・・・
b0112909_23170057.jpg


泉屋博古館 分館で開催中の・・・
b0112909_23181692.jpg


木島櫻谷(このしま おうこく) 展へ出かけて来ました。
偶然ですが私が美術館に到着したタイミングで、館長によるトワイライトトークが始まり、
1時間、館長の解説付きで作品を鑑賞できました110.png
b0112909_23185588.jpg


昨年は、櫻谷の生誕140年を記念する特別展が京都の泉屋博古館で開催され、
展覧会に合わせて放送されたNHKの日曜美術館で作品を見て以来、
巡回展が東京へ来たら絶対に行こうと思っていたのです。

櫻谷は京都の中京区に生まれ、明治画壇の長老・今尾景年に師事。
国の主催で1907(明治40)年に始まった第1回文展(のちの日展)で、最高賞を獲得して以降、
文展の花形として活躍、明治天皇お買い上げの作品などもありましたが、61歳で事故死。

館長のお話によると亡くなった時代が悪く、満州事変や日中戦争などの混乱期が続いて作品が散逸、
最近まで「知られざる画家」とされてきたそうです。
が、2013年に同館が回顧展を開いたことが契機になり、市内の旧家などで作品が次々に発見。
「かりくら」(=狩り競べ)は、第4回文展で三等となり、翌年のローマ万国美術博に出品された後、
100年以上行方不明でしたが、2012年に櫻谷の旧邸で表装を解かれ裏打ちもないまま
竹竿にクルクル巻かれた状態で見つかり、
b0112909_23213273.png


2年がかりの修復を経て
b0112909_23223969.png


甦りました。双幅はそれぞれ260㎝ × 180㎝ という大作で、
b0112909_23204327.png


今にも飛び出して来るのでは? という馬の迫力もすごいですが、枯れススキに目が釘付け!
こんなに大きいのに1枚の絹に描かれているのだそうです。
b0112909_02233349.jpg


「かりくら」の2年後、1912(大正元)年に描かれた櫻谷の代表作「寒月」。
とても奥行きのある作品で、第6回文展で最高賞を受賞しましたが・・・
b0112909_23233092.jpg


キツネの目が気に入らなかった(?)朝日新聞記者の夏目漱石に酷評されました。
詳細は「日曜美術館」のアンコール放送が3月11日(日)9時~放送されるので是非。
b0112909_15081650.png


このキツネもそうですが、野猪図や熊鷲図屏風など、
輪郭線を用いず、筆の側面を使って陰影や立体感をあらわす「付立(つけたて)」という技法を
櫻谷は自在に使いこなしていたそうです。
私は50代の作品「獅子」がすごく好き!こんなに分別臭い顔のライオン初めて(笑)。
b0112909_23241181.jpg

泉屋博古館分館にて開催中の「木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険」は2018年4月8日(日)まで。
ひき続き「木島櫻谷 PartⅡ 四季連作屏風 + 近代花鳥図屏風尽し」(4月14日~5月6日)が
開催されます。

by tanpopo-jyo | 2018-03-10 16:13 | 赤坂・六本木・広尾エリア | Comments(0)

みんなのうたの世界展

2018年3月6日(火)

今日は荻窪にある杉並アニメーションミュージアムで開催中の
b0112909_09492209.jpg


「みんなのうたの世界展」を見に行きました。
きゃ~北風小僧の寒太郎が~といきなりテンション上がる私113.png
b0112909_09511232.jpg


みんなのうたがスタートしたのは1961(昭和36)年、私が幼稚園の時で、
テレビはもちろんモノクロの時代でした。
b0112909_10064332.jpg


CMソングでも流行歌でもない新しい子供の歌を世に送り出そうと生まれた番組は、
b0112909_10054620.jpg


放送開始から57年、これまでに放送された歌は1350曲余り。
1955(昭和30)年にNHKの放送開始30周年特番のためにサトウハチローが書き下ろした
「ちいさい秋みつけた」は、1962年に「みんなのうた」でボニージャックスが歌い
童謡の名曲として定着したそうです。
b0112909_10033963.jpg


累計100万枚を超えるヒット曲となった「山口さんちのツトム君」は1976(昭和51)年の放送。
b0112909_10242986.jpg


1980(昭和55)年にタモリが歌ったという「ミスターシンセサイザー」は記憶にないけれど・・・
b0112909_10310669.jpg


1981(昭和56)年12月~翌年1月放送の「コンピューターおばあちゃん」は懐かしい103.png
宇宙船も操縦しちゃう明治生まれのスーパーおばあちゃん♪ 編曲はYMOの坂本龍一さんだったのね!
b0112909_10362952.jpg


夜の美術館で少女がひとり、ミイラと踊って最後は絵の中に閉じ込められちゃうという怖~い歌、
「メトロポリタン美術館」は1984(昭和59)年の放送で、作詞・作曲・歌は大貫妙子さん。
b0112909_10431867.jpg


会場内のあちこちに設置されたモニターで、じっくりフルコーラス聴いてしまうので
なかなか先に進まないという展覧会でした。
b0112909_10501054.jpg


たった5分のミニ番組「みんなのうた」は日本のアニメをリードし、育てる場でもあったようです。
"つい最近" だと思っていたのに2006年放送と書いてあって驚いたのは・・・
b0112909_11055164.jpg


宇多田ヒカル作詞・作曲・歌の「ぼくはくま」
ぼくはくまくまくまくま 車じゃないよくまくまくま 歩けないけど踊れるよ しゃべれないけど歌えるよ169.png
b0112909_11082993.jpg


「みんなのうたの世界展」は、2018年3月25日(日)まで。常設展では・・・
b0112909_11405429.jpg


日本のアニメの歴史を年表や映像でわかりやすく紹介。
b0112909_11443481.jpg


1963(昭和38)年1月から放送が始まった「鉄腕アトム」の成功に注目したテレビ局や
アニメプロダクションは続々とTVアニメに参入。
同年10月にはフジ系列で「鉄人28号」、11月からはTBS系列で「エイトマン」、
さらにTV朝日系列で「狼少年ケン」も放送が始まり、第一次アニメブームとなりました。
ビルのまちにガオー♪ とか 光る海、光る大空、光る大地♪ とか いつも おいらは泣かない♪ とか
主題歌全部歌えることに気づいてしまいました106.png
b0112909_11524728.jpg


ジャングル大帝の放送開始は1965(昭和40)年。
b0112909_12091977.jpg


アニメができるまでの過程を解説した部屋や、
b0112909_12211870.jpg


声優の仕事に挑戦できるアフレコ体験コーナーなど、参加型の展示もあって楽しいです!
b0112909_12232764.jpg


昨日はあんなに暖かだったのに今日の東京は北風が強くて。
だけどその風にのって沈丁花の匂いが。春はもうそこまで来ているようです。
今日のおやつは、わらび餅入りのあんみつ
b0112909_13023139.jpg



by tanpopo-jyo | 2018-03-07 13:08 | その他の東京23区 | Comments(0)

後藤由香子展へ

2018年3月1日(木)

雛飾りの山手西洋館を見たあとは、横浜人形の家で開催中の「後藤由香子展」へ。
b0112909_17295139.jpg


昨年9月、49歳の若さで急逝された節句人形工芸士、後藤由香子さんの追悼展は、
b0112909_17351427.jpg


20年の間に彼女が残したおひなさまを中心に、
b0112909_17433082.jpg


「Dreaming」や、
b0112909_17535543.jpg


「ロイヤルローズウェディング」などの代表作を
b0112909_17330993.jpg


ほぼ網羅する大きな展示会となっています。
b0112909_17405138.jpg


はじめまして。そう言って・・・
b0112909_17414610.jpg


風にゆれる枝垂れ桜の間からあなたがやって来た「出会い」。
b0112909_17412984.jpg


白と墨色がベースのシンプルな色彩 「JAPAN」。
b0112909_17494809.jpg


「志野」
b0112909_17475506.jpg


フィレンツェのヴェッキオ宮殿に飾られた「織部」。
b0112909_17482538.jpg


薄墨桜とお雛さま 「幻桜」
b0112909_17532017.jpg


十二単の襲(かさね)の色目には自然の美しい色合いが表現されています。
春色のかさね
b0112909_20281691.jpg


唐草に鳳凰という由緒ある柄をブルーグリーン基調のエキゾチックな夏色で。
b0112909_20304693.jpg


秋色のかさね
b0112909_20311260.jpg


氷のかさね。最後にお雛さまではありませんが・・・
b0112909_20405599.jpg


SEGA とのコラボで制作された人形「マザー」は、
ゲーム内で、月の象徴として登場するキャラクターだそうです。
ご冥福をお祈りいたします。
b0112909_20543552.jpg


今日のおやつはシナモンズで、シナモンアップルのパンケーキ♪
美味しくいただきましたが、生地だけで勝負できるクリントン・ストリート・ベイキングの方がもっと好き^^
b0112909_21014653.jpg




by tanpopo-jyo | 2018-03-02 21:36 | 神奈川県 | Comments(0)

百段雛まつり 2018

2018年2月15日(木)

今日は目黒雅叙園で開催中の・・・
b0112909_23381307.jpg


雛人形展へ行って来ました。雪見ちゃん、チケットありがと124.png
第9回目の今年は、近江・美濃・飛騨地域のお雛さま約500体が展示されています。
(※画像は目黒雅叙園HPより転載しました)
b0112909_23451125.jpg


井伊直弼の七女である砂千代姫のお雛さまは
通常、長浜城歴史博物館で保管されているもので関東では初公開だそうです。
秘蔵のお雛さまたちは、百段階段の雰囲気にぴったり!
b0112909_23435842.jpg


「草丘の間」には岐阜県 井戸家のお雛さま。
京都発祥の「御殿飾り」は静岡以西の雛文化と説明書きがありました。
b0112909_23544454.jpg


岐阜県・飛騨高山の日下部家に伝わるお雛さまは、
代々の当主のもとへ嫁入り道具として持参されたものだそうです。
下段にネギのようなものが一対飾られていますが、これはアサツキ。
飛騨地方ではアサツキをお雛さまの箸に見立てて飾る習慣があるそうです。
b0112909_23581279.jpg


「頂上の間」には美濃のお雛さまと大正村のお雛さま 。
b0112909_00115832.jpg


「星光の間」は、郷土玩具と土雛の世界 。
b0112909_00290770.jpg


土鈴や、
b0112909_00305726.jpg


土雛など、岐阜県の博物館「日本土鈴館」のコレクションが展示されているほか、
b0112909_00313197.jpg


まめ郷土玩具をはじめとした「中川政七商店の郷土玩具ルーム」も。
張子や鳩笛が漆の雛壇にちょこんと。
b0112909_00403310.jpg


印象的だったのは近江商人のお雛さま が飾られた「十畝の間」の「清湖雛」。
琵琶湖をモチーフに制作したお雛さまだけに衣装は寒色で・・・
b0112909_12163780.jpg


素材も特産の近江上布(麻)。雛遊びを楽しんだあとは・・・
b0112909_12172990.jpg


うさこちゃんと表参道のクリントンで待ち合わせをして、
b0112909_20382005.jpg


恒例の「今月のパンケーキを食べる会」。(← 勝手に命名^^)
と思ったら2月から月替わりではなく、週替わりに!
いくら美味しくても週イチでパンケーキはね・・・。
今週のパンケーキは、メイプルラムバナナ+ホイップクリーム+メイプルバターでした169.png
b0112909_20480439.jpg


by tanpopo-jyo | 2018-02-15 20:52 | 白金・目黒・恵比寿エリア | Comments(0)

谷川俊太郎展へ

2018年2月8日(木)

今日は東京オペラシティビル3階にあるアートギャラリーで開催中の・・・
b0112909_22534149.jpg


「谷川俊太郎展」へ行って来ました。20行からなる詩「自己紹介」に沿って、
b0112909_22524862.jpg


これまでに手掛けた作品や家族写真、大切な人たちとの書簡などが展示されています。
b0112909_23054271.jpg


「画家じゃないから展示する絵はない。音楽家じゃないからコンサートもできない。
手書きじゃないから生原稿も展示できない。何を展示すればいいんだ?」ってことで
このような展示方法になったとか。
b0112909_23060226.jpg


ユニークな展示スタイルです。
b0112909_23062912.jpg

b0112909_23064518.jpg


「工具類が嫌いではありません」のコーナーには1930年代からのラジオのコレクション。
b0112909_23070471.jpg


シャープの「書院」の横に貼ってあった・・・
b0112909_23072697.jpg


手書きの張り紙がツボでした!!
b0112909_23074677.jpg


20本の柱の間を行きつ戻りつしながら谷川俊太郎氏の日々の暮らしに触れていくうちに、
b0112909_23080779.jpg


作品との関わりが見えてくる気がします。
b0112909_23275595.jpg


「音楽の仕事」のコーナーで、「鉄腕アトムの主題歌も谷川俊太郎作詩だったのね!」と驚き
ふとその下を見ると・・・
b0112909_23305067.jpg


!!!
b0112909_23311291.jpg


また、本展のための書き下ろしの詩も発表しているほか、
b0112909_23391925.jpg


音と映像による新たな詩の体験というコーナーもあります。これは・・・
b0112909_00150645.jpg


「ことばあそびうた」で知られる詩「かっぱ」や
b0112909_00161117.jpg


「いるか」などリズミカルな詩が朗読され、
b0112909_00165570.jpg


その「音」がスクリーンに一文字ずつ映し出されては消え、
次の「音」が映し出されて・・・詩となり・・・うーん、説明が難しいです。
朗読のハイテクライブとでも言えばよいのでしょうか?とても心地良いので、是非、体感してみて下さい。
b0112909_00271851.jpg


「谷川俊太郎展」は2018年3月25日(日)まで。
b0112909_01220397.jpg


展覧会のあとは銀座へ出て、資生堂パーラーでおやつ。
山手西洋館へ行った時の記事を読んで下さった方から「おやつはなし?」とメールいただきましたので
今日はおやつ付きで^^ 2/14までの期間限定 バレンタインパフェです110.png
b0112909_00485949.jpg

by tanpopo-jyo | 2018-02-09 00:58 | その他の東京23区 | Comments(2)

レアンドロ・エルリッヒ展へ

2018年2月1日(木)

今日は月に一度の同級生ランチ会。久々に6人全員集合!
のはずが雪見ちゃん風邪のため直前にキャンセル。可哀相に134.png
六本木で きのこしゃぶしゃぶを食べたあと・・・
b0112909_01592225.jpg


森美術館で開催中のレアンドロ・エルリッヒ展へ行って来ました。
レアンドロ・エルリッヒって誰?という方でも・・・
b0112909_02071400.jpg


金沢21世紀美術館にある 「スイミング・プール」をご覧になったことはあるのでは?
うさこちゃんによると北陸新幹線開業の頃、テレビでとり上げられることが多かったそうです。
この作者がレアンドロ・エルリッヒです。
b0112909_02143880.jpg


今回の展覧会の作品も、トリックはいたってシンプルですが、そのアイデアに感動します。
舟が水に浮かんで揺れているように見える作品「反射する港」は、
揺れをコンピューターで計算し制作した立体物で、
ボートは水に浮いていると思い込んで見ると水があるように見えてしまうから不思議。
b0112909_14594928.jpg


「雲」をガラスに閉じ込めた作品は変幻自在の雲が国の形をしています。手前は日本。
b0112909_15025618.jpg


電車の連結部分のドアが壁に取り付けられ、奥には映像。
トンネルに入れば暗くなるし、出れば窓から入る光がスピードに合わせて動くので
壁の前に立っているだけなのに、連結部分から隣の車両を覗いたような錯覚を覚える作品。
b0112909_15075668.jpg


廃校となり、廃墟化した学校の教室が舞台の作品 「教室」。手前の部屋に入った観客の姿は・・・
b0112909_15191286.jpg


ガラスに映り込んで奥の部屋の中に亡霊のように現れるという、
b0112909_15192704.jpg


実像と虚像が混在した作品。
b0112909_15194299.jpg


「黄金の額」は、同じ作品2枚が向かい合わせで展示してある上に、手前に花瓶まで置いてあるので、
鏡? と思ってしまいますが、これは描いた一枚の絵。
b0112909_15291038.jpg


一見、何の変哲もない「試着室」ですが・・・
b0112909_15524264.jpg


中に入って見渡すと無限に続く試着室が。
b0112909_15534397.jpg


鏡かと思えば鏡ではなくて反転した試着室があったり、その逆も。
b0112909_15540083.jpg


子供は順応性が高いですね~105.png
b0112909_15563306.jpg


「美容院」も同じトリックの作品で、
b0112909_16390491.jpg


鏡の前に座っても私が映らない!
b0112909_16420689.jpg


「写真でこのトリックを説明するのにどうすれば良い?」 と訊いたら、うさこちゃんがズイッと172.png
鏡があるべきところは「穴」で、向こう側に反転した美容院の空間があるのです。
b0112909_16434817.jpg


誰もが忍者になれる作品 「建物」。
b0112909_21020838.jpg


うさこちゃんも重力に逆らって(?)、
b0112909_21134084.jpg


あれこれポーズをとってくれました♪
b0112909_21141411.jpg


「建物は垂直に建っている」という思い込みを利用した作品で、
床に敷かれた建物の壁面に寝転がると、その姿が鏡に映し出されるというしかけです。
作品の多くは、“鑑賞する” というよりも、“体験する” ものなので、
子供から大人まで楽しめるのが魅力です。出展作は、新作を含む44点!
1人より2人以上で行く方が楽しいレアンドロ・エルリッヒ展は2018年4月1日(日)まで。
b0112909_21285342.jpg


展覧会のあとはグランド・ハイアットでパフェを。
今日も楽しい一日でした。
b0112909_22033221.jpg

by tanpopo-jyo | 2018-02-02 22:04 | 赤坂・六本木・広尾エリア | Comments(0)

パディントン2

2018年1月29日(月)

午後から渋谷のジュンク堂へ行き、予期せぬ収穫 \(^o^)/
"密林" で注文して翌日届くのも便利だけど やっぱり本屋は楽しい~♪ とホクホク歩いていて
こんなポスター見つけました。30分後に上映とあっては素通りもできず、急遽予定変更です。
b0112909_21040150.jpg


ロンドンのウィンザー・ガーデンで、ブラウン家の一員として暮らすパディントンの朝は、
b0112909_21085475.jpg


家族の(!!)電動ハブラシで両耳、鼻の穴を掃除したあと144.png 歯磨きをして始まります。
b0112909_21075189.jpg


もうすぐ、ペルーの老グマホームで暮らすルーシーおばさんの100歳の誕生日。
プレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董店で素敵な飛び出す絵本を見つけますが
とても高価だったのでご近所の窓ガラス拭きや、床屋の手伝いをしてお金を貯めることに。
b0112909_21071850.jpg


そんなある日、グルーバーさんの骨董店に泥棒が入り、絵本が盗まれてしまいます。
タイミング悪く居合わせたパディントンは逮捕され、刑務所入り。
囚人服がピンク色なのは、パディントンが洗濯係の日に真っ赤なソックスを一緒に洗ってしまったから。
b0112909_21092025.jpg


パディントンを助け出そうとブラウンさん一家は真犯人の捜索に乗り出しますが・・・。
b0112909_21094573.jpg


おっちょこちょいだけれど、誰に対しても親切で礼儀正しい “紳士” なクマのパディントンが、
繰り広げる騒動に爆笑し、家族を思う心情にウルウル134.png
この映画の魅力は押しつけがましくないところ。
パディントン1 は、ちょうど2年前に観ましたが今回はさらにパワーアップ!
ダウントン・アビーで伯爵を演じていた、ヒュー・ボネヴィル氏(ブラウンさん)も
楽しそうでしたし、何より絵本を盗んだ真犯人役ヒュー・グラント氏(右から2人目)が秀逸でした。
あー、楽しかった172.png
b0112909_21082519.jpg


帰りに六本木ヒルズに寄ったらこんな展覧会やってました!
展望台の縦7m×横15mの巨大な窓面がインベーダーゲームになっているみたい。
これが流行ったのって40年くらい前でした? さすがにもう寄り道はしませんでしたけども^^
b0112909_21590548.jpg


六本木ヒルズといえば、明後日(31日)は 屋上で皆既月食観察会が行われます。
b0112909_22102298.jpg


当日は20:48頃に月が欠けはじめ、21:51頃〜23:08頃まで「皆既月食」を観察できる予定。
皆既食中の月は赤銅色になって神秘的ですが吹きさらしの屋上、寒いですよね・・・
(月の写真は国立天文台HPより転載)
b0112909_22093702.jpg



by tanpopo-jyo | 2018-01-29 22:12 | 原宿・表参道・青山エリア | Comments(0)