大好きな花散歩から世界最古、アプリコット色のナミブ砂漠まで。好奇心を原動力にあちこち出かけます


by tanpopo-jyo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
主婦

カテゴリ

セビリア万国博覧会
オーストリア
エジプト
チュニジア
ケニア
ナミビア
ジンバブエ
ザンビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
トルコ
イラン
杭州・蘇州・上海
中国(桂林・広州)
中国(福建省)
ネパール
ブータン王国
インド
カンボジア王国
タイ王国(クラビ)
フィジー
エアーズロック
ポートダグラス2009年5月
ポートダグラス2009年9月
ポートダグラス2010年7月
ポートダグラス2011年5月
ポートダグラス2012年
ポートダグラス2016年5月
西オーストラリア
タスマニア(豪州)
ハワイ(カウアイ島)
イエローストーン他(米)
グランドサークル(米)
サンフランシスコ
コスタリカ
**************
北海道
福島県
栃木県
群馬県
長野県
山梨県
埼玉県
茨城県
千葉県
神奈川県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
京都府
奈良県
大阪府
兵庫県
岡山県
白金・目黒・恵比寿エリア
赤坂・六本木・広尾エリア
原宿・表参道・青山エリア
汐留・銀座・日比谷エリア
皇居・東京・日本橋エリア
上野・浅草エリア
お台場エリア
新宿御苑(春夏秋冬)
その他の東京23区
立川市
調布市
その他の東京都下
都立の9庭園
食べあるき

タグ

(302)
(276)
(158)
(121)
(97)
(87)
(60)
(55)
(53)
(41)
(41)
(31)
(31)
(31)
(26)
(23)
(23)
(15)
(15)
(11)

最新のコメント

kiyochanさま 大..
by tanpopo-jyo at 15:42
このカフェは大阪 玉造..
by kiyochan at 11:18
雪見ちゃん うん、そうす..
by tanpopo-jyo at 21:37
じゅんちゃん!ぶうちゃん..
by 雪見うさぎ at 22:24
ぶうちゃんさま お元気で..
by tanpopo-jyo at 21:13
雪見様にも悟られてしまっ..
by ぶうちゃん at 08:44
Uさま 公園の南口を出て..
by tanpopo-jyo at 14:47
Uです。おはようございま..
by EMMANNIE at 10:06
雪見ちゃん 17時前から..
by tanpopo-jyo at 16:52
外には何時間くらいいたの..
by 雪見うさぎ at 10:29
ぶうちゃんさま 恥ずかし..
by tanpopo-jyo at 12:01
「Fさん」ではなく「Aさ..
by ぶうちゃん at 21:58
雪見ちゃん ググった! ..
by tanpopo-jyo at 10:59
ジョニデさま 軽井沢ディ..
by tanpopo-jyo at 10:53
「ママ活」 純正セレブの..
by 雪見うさぎ at 10:13
!!! 12/1!
by ジョニデ at 22:11
雪見ちゃん もうちょっと..
by tanpopo-jyo at 20:12
思い込みで行った場所で似..
by 雪見うさぎ at 19:29
ぶうちゃんさま こちらこ..
by tanpopo-jyo at 14:02
先日はありがとうございま..
by ぶうちゃん at 08:45

記事ランキング

検索

タグ:鉄道 ( 15 ) タグの人気記事

鉄道博物館へ(前編)

2018年11月29日(木)

今日は同級生5人で、大宮にある鉄道博物館へ行って来ました。
b0112909_22531121.jpg


車両ステーション1F は、実物の車両が36両展示されている鉄道博物館内最大の展示室。
あんまりたくさんあって、どこから見たらよいのかわからない...なんていう心配はなし!
ボランティアさんがたくさんいらっしゃるので、声をかければグループごとに案内して下さいます。
b0112909_22535566.jpg


1871(明治4)年製造の 1号機関車 は 新橋~横浜間の鉄道開業時に、
イギリスから輸入された蒸気機関車のうちの1両。
運賃はコメの値段換算で 新橋~横浜間の一等が2万円、二等が1万2千円、三等が5千円位だったとか。
国鉄で使用したあと、島原鉄道を経て、鉄道博物館(初代)に譲渡されたそうですが、
b0112909_23120217.png


当時の島原鉄道社長植木氏は、1号機関車を手放す際に 「惜別感無量」と記したプレートを
車体に取り付けたのだそうです。
b0112909_23254030.jpg


1880(明治13)年、北海道最初の鉄道 「幌内鉄道」 で初めて使われた蒸気機関車、弁慶号は、
アメリカから2両輸入されたうちの1両。
炭鉱のある幌内から港のあった小樽の手宮に石炭を運んでいたそうです。
b0112909_23035791.jpg


前後にデッキ、
b0112909_23072182.jpg


車内に水洗トイレ完備(明治13年にですよ!)の アメリカ式豪華客車・・・
b0112909_23073977.jpg


開拓使号は鉄道記念物。
一般営業には用いられず開拓使長官などの乗車用として使われたようです。
b0112909_23070612.jpg


1904(明治37)年製造の ハニフ1形客車 は、
甲武鉄道(JR中央線の前身) が飯田町 ~ 中野間で導入した国鉄のルーツとなる電車。
b0112909_23385843.jpg


横川~軽井沢間の峠越えで活躍したのち 東武鉄道日光軌道線で使われた ED40
1921(大正10)年の製造。
b0112909_23281143.jpg


1930(昭和5)年製造の 特急富士 は、
b0112909_01080780.jpg


東京 ~ 下関駅間で運行され、
b0112909_01085483.jpg


1等展望室は外国人の利用を見込んで、純和風の“桃山式”と呼ばれる豪華な内装、
東京~下関の運賃は公務員の一か月分だったそうです。
b0112909_01083690.jpg


1936(昭和11)年製造のクモハ40形電車は、20m車体に片側3ヶ所の乗降扉をもつ半鋼製車で
1980年代まで使用されたらしいので、小学生の頃、通学に使っていたのはコレかも?
b0112909_00351570.jpg


私が小学校3年生だった1964(昭和39)年には 「夢の超特急」ひかり号が開通。
この年の冬休みに当時住んでいた大阪から祖父母の住む東京まで
人生初のひとり旅をした思い出の新幹線です。
b0112909_00004282.jpg


1965(昭和40)年に開通した夜行特急 「あさかぜ」に乗ったのは、大学生になった年の夏休み。
東京から17時間ほどかけて博多まで行きました。
b0112909_00131789.jpg


この電車の・・・
b0112909_00145561.jpg


網棚上にあったポスターが、
b0112909_00150912.jpg


「電子計算機を備えたみどりの窓口」とか
b0112909_00152537.jpg


「万能型のきっぷ自動販売機」 とか、時代を感じさせますよね!
色々な金額の切符が1台で買える券売機は画期的だったのね^^
「午前の部」 はここまで。
食堂車を模したレストランでのランチや、蒸気機関車 D51の運転シュミレーションは
このあと次のページ に続きます。。。
b0112909_00154384.jpg

by tanpopo-jyo | 2018-11-30 20:22 | 埼玉県 | Comments(0)

鉄道博物館へ(後編)

2018年11月29日(木)

鉄道博物館でのランチは、お弁当を買い・・・
b0112909_18040331.jpg


何両かあるランチトレイン内で食べることもできますが、
b0112909_18062007.jpg


私たちは車両ステーション2階にある食堂車を模したレストラン、
b0112909_18145857.jpg


日本食堂へ。このロゴ、なつかしー
b0112909_18155200.jpg


メニューはオムライスや、
b0112909_18164704.jpg


メンチカツ、ハンバーグなどの単品のみ。
食器やカトラリーは、寝台特急「北斗星」で実際に使用していたものだそうです。
b0112909_18183144.jpg


ランチ後は、プリクラを撮ったり、
b0112909_18260255.jpg


日本最大級という鉄道ジオラマで、
b0112909_18280806.jpg


夜明け前に京浜東北線の始発が出てから・・・
b0112909_18282523.jpg


夕方、寝台車が発車するまでの 解説付き「鉄道の一日ショー」 を楽しんだり。
b0112909_18284431.jpg


D51のシュミレーターは雪見ちゃんが挑戦!
体験コースは3つあり、初級コースは、平坦な線形の釜石線 花巻~新花巻間、
中級コースは、緩い勾配がある釜石線の岩手二日町~遠野間。
上級コースは、釜石線の晴山~岩根橋間で、勾配が激しく運転操作が多い上、トンネルもあるため、
b0112909_18384019.jpg


ココ(矢印) に、石炭をくべる作業もあるとか。この扉は床にあるボタンを踏むと・・・
b0112909_19040693.jpg


パカッと(笑)。
b0112909_19061391.jpg


初体験なので、当然、初級コースを選んだのに、
「逆転機の目盛りを速度計の数値と足して70になるよう計算しながら逆転機を回して下さい」とか
「加減弁 引いて」 とか
b0112909_18405609.jpg


「圧力は10以下で」
「はい、駅が見えてきましたよー 減速して」 とか訳のわからない指示が105.png
b0112909_18401388.jpg


蒸気機関車ってメチャメチャ操作箇所が多いんですね!
そもそも「足して70になる」って難しくないですか? 100なら良いのに^^
景色は実際の 花巻~新花巻間のもので、踏み切りなどの音や走行中の揺れも実にリアルですが、
雪見ちゃんは景色を見る余裕などなさそうでした。
b0112909_18390549.jpg


そのあとは最高速度320km/h の運転を体験できるE5系シュミレーターなどがある・・・
b0112909_19441193.jpg


未来ステーションに移動して、
b0112909_19413070.jpg


「未来の鉄道にどんなことを期待しますか?」 というアンケートに答えたり、
b0112909_19432460.jpg


1周 約300mの線路を、
b0112909_19555661.jpg


運転。
b0112909_19561846.jpg


信号や速度を守ってちゃんと駅に到着。
b0112909_19534633.jpg


シャンデリアが 電車の吊り革でできている売店コーナーで お土産を買う頃には
滞在 6時間近くが経過していました。
b0112909_20045248.jpg


天井で扇風機がブンブン回る車両や、
電光掲示板がなかった頃の発車標など懐かしいモノもたくさん見ることができました。
あ~たのしかった110.png
b0112909_20105110.jpg



by tanpopo-jyo | 2018-11-30 20:17 | 埼玉県 | Comments(0)

チータ4きょうだい 本日より一般公開♪

2017年11月13日(月)

今年の2月5日に多摩動物公園のチータ、ジュパーブが3つ仔を出産し、
(画像は多摩動物公園HPより転載)
b0112909_20112858.jpg


一般公開が始まったら会いに行こうと時々HPをチェックしていたのですが、
b0112909_20173016.jpg


やっと今日会いに行ったらこんなに大きくなっていました w(☆o◎)w
座っているのが3きょうだい、ウロウロしているのが母親ジュパーブ。
首筋から背中にかけてまだ産毛が残っているものの、生後9ケ月でほぼ母親と同じ大きさ105.png
b0112909_20223290.jpg


多摩動物公園ではチータの成獣が8 頭飼育されているので、
ちょっとした谷などもある大放飼場をこの一家が使えるのは朝9時半~11時15分までなのに、
遊び疲れて寝室に帰りたいのか扉前から離れようとしないのです。もっと早い時間に来ればよかった・・・。
b0112909_20210898.jpg


続いて11時半からは、2017年6月8日に生まれた・・・
(画像は多摩動物公園HPより転載)
b0112909_20451914.jpg


4きょうだい(オス1、メス3)。本日が一般公開初日なのです。
3きょうだいと父親は同じですが、母親リリーは妊娠中に真菌感染症を再発し、8月4日に亡くなりました。
つまり生後2ケ月からヒトに育てられているのです。
公開初日で、慣れていないためかガラス展示場の隅で肩を寄せ合い、怯えているのが切ないです。
b0112909_20575617.jpg


多摩動物公園に来たのは20~30年ぶりなのですが、この入園ゲートを見て思い出したのが 「坂道」。
b0112909_21143853.jpg


昭和33(1958)年に、日本初、柵がないことを観覧の基本として誕生した同園は、
元々が山林で、50haを超える世界屈指の広さというだけあって、どこへ行くにも坂、坂、坂。
地図一番下の入園ゲート(黒丸印) からユキヒョウ舎(赤丸印)までは約1㎞ も・・・
b0112909_21214477.jpg


緩やかな上り坂が続きます。
b0112909_21242376.jpg


動悸息切れ激しく(笑)、入園ゲート方向を振り返ってひと休みしつつ・・・
b0112909_21252228.jpg


ようやくユキヒョウ舎にたどり着いたのに6月2日に生まれの「フク」ちゃんは、お母さんの真下で、
b0112909_22383369.jpg


爆睡中117.png 夜行性ですもんね。。。
b0112909_22404451.jpg


中央アジアの山岳地帯に生息するユキヒョウは、美しい毛皮を目的に乱獲され、
さらに遊牧民の家畜を襲う害獣として駆除されたため、
現在、野生では4,000~6,000頭程度と推測されているそうです。
b0112909_22432842.jpg


この太い四肢で岩山を駆ける姿を見てみたいものです。
b0112909_22434755.jpg


そういうわけで今日は、チータ3きょうだい、4きょうだい、ユキヒョウ一人っ子、全て惨敗122.png
ルリコンゴウインコや
b0112909_23054988.jpg


モルモット
b0112909_23071331.jpg


サーバルキャットなどを少し撮って帰宅しました。
b0112909_23082703.jpg


多摩動物公園駅は、京王線 「高幡不動尊」で乗り換えて1駅目。
この1駅間を走る京王線は動物園仕様。見にくいですが座席も小さなトラがいっぱいです。
b0112909_23122979.jpg


動物は車両ごとに違っていて、トリやゾウもあったはず?
リベンジしに行きたいけれど、あの坂がネックですわ~
b0112909_23120476.jpg


by tanpopo-jyo | 2017-11-13 23:34 | その他の東京都下 | Comments(0)

ロボスレイルの旅1日目

2015年12月28日(月)

ウェスティンホテルからケープタウン駅までは1キロ弱ですが、タクシー移動。
海外では駅周辺の治安が悪いこともあるので用心です。
ロボスレイル出発の1時間前、10時にケープタウン駅とは Old Marine Driveを
はさんで向かい側にあるロボスレイルラウンジに集合でした。
ラウンジ前にタクシーが着くと・・・
b0112909_17225039.jpg


スタッフの方々がタクシードライバーから荷物を受け取り、
氏名とコーチ(客室)名が書かれたタグを付けます。
荷物とはここでお別れで、客室に案内された時点でスタッフによって既に
届けられていました。いつもこんなだと良いのに!
b0112909_17262843.jpg


ハンドバッグだけ持って受付へ行き、予約時にも訊かれた
・ロボスレイルは初めてですか?
・身体にご不自由はありますか?
・食事の制限は?
・禁煙、喫煙について を再確認されてラウンジ内へ。
バイオリンとクラシックギターの演奏が静かに流れるなか・・・
b0112909_1727166.jpg


軽食や果物、飲み物いただきながら全員が揃うのを待ちます。
b0112909_1727956.jpg


乗客が揃うとオーナーのRohan Vos 氏より、
定期運行しているプレトリア〜ケ−プタウン、プレトリア〜ビクトリアフォ−ルズ
プレトリア〜ダ−バンの3路線についてや、季節列車として運行している14日間の
旅についてのお話や、1900年代初頭の客車やサロンカーを世界各地の
オークションで買い集めて修復、1989年に運行を開始したことなどのお話が
ありました。私たちが日本人だからリップサービスでしょうか、空調はパナソニック
とおっしゃってウィンク。ご挨拶が終わると・・・
b0112909_17271784.jpg


一人ずつ名前が呼ばれた順にヴォス氏と握手、1組ごとにスタッフの先導で
ケープタウン駅23番線へ向かいます。
大都市の駅なのに私たち以外に人がいないのは何故?
b0112909_17272510.jpg


私たちが初めてご挨拶したのはフィンランドからご参加のアリッティさん
ロシアや北欧など寒い国からいらした方が多かったです。
b0112909_17273382.jpg


この日、16両編成の PRIDE OF AFRICA (アフリカの誇り)号に乗車したのは
乗客50名とスタッフ43名の総勢93名でした。日本人は私たち二人。
b0112909_1727419.jpg


私たちの部屋は COACH ♯8062 SHAKA
客室タイプは3つあり、これはバスタブ付の Royal Suite で1両に2室。
Deluxe Suite はシャワーのみで1両3室のためベッドが線路と直角、
Pullman Suite は昼間のベンチが夜はベッドになるタイプで1両5室です。
料金には乗車中の全ての飲食や観光、クリーニング代まで含まれています
b0112909_18422857.jpg


荷解きをしていると部屋係のルシアさんがいらしてお風呂や
b0112909_18425478.jpg


シャワーの使い方、貴重品はセーフティボックスに入れること(部屋に鍵がない)、
b0112909_1843320.jpg


外に出る時は曇っていても日焼け止めを塗ること(アメニティに入っています)、
「古き良き時代の旅」がコンセプトなのでテレビやラジオはないこと、
だからスマホやPCを使うのは客室内に限ること
車内放送はないので食事の用意ができたらチャイム(鉄琴)を鳴らしながら
廊下を歩きます・・・など事細かく説明。
b0112909_18432256.jpg


部屋に鍵はありませんが、ドアチェーンはあるので寝る時やシャワータイムは
心配しなくて平気です^^
困ったら24時間、いつでも電話してと言われましたが困ることなんて起きません
何でも先に先にとして下さるので。
b0112909_1843425.jpg


今回乗車したロボスレイルはケープタウンからプレトリアまでの1600㎞ の旅。
ほぼ仙台~博多間、新幹線なら7時間ほどの距離を途中、マジェスフォンテインと
ダイヤモンドの町キンバリーで下車観光しつつ50時間かけて走るというもの。
b0112909_22262118.jpg


定刻より1時間遅れて(アフリカンタイム!)12時、ケープタウン駅を出発。
13時からは早速ランチです。ダイニングカーはキッチンカーをはさんで2両。
b0112909_19364530.jpg


どちらの車両のどの席に座っても自由でした。食後は三々五々・・・
b0112909_1937322.jpg


ラウンジカーへ移動したり
b0112909_19421477.jpg


バーカウンターがある最後尾の展望車へ移動。
どこへ座ってもすぐに係の方が「何かお持ちしましょうか?」と訊いて下さいます。
展望車の・・・
b0112909_19455433.jpg


後ろ1/3 はオープンエアです。
赤いシャツの方はノルウェーからいらしたメイヤーさん。
「東京~広島間の新幹線に乗った!」と。ひょっとして「鉄ちゃん」かも??(笑)
右端は英国からお一人参加のおじいちゃま。前向きな生き方がステキです
b0112909_19454127.jpg


線路の両側はずーっとブドウ畑。
b0112909_21104222.jpg


フランスからいらしたマリーエさんは3週間前に 「箱根で温泉に入って
直島行って草間彌生のかぼちゃ見て来た」と。 マニアックだわ。。。
オットのカメラを盗って私のスカートの中を盗撮中です(笑)
b0112909_2115917.jpg


とてもチャーミングなマダムでした。
b0112909_21145780.jpg


1時間遅れで出発したロボスレイルですが、定刻通り18時に
ケープタウンから195マイル(約314㎞) のマジェスフォンテイン駅に到着。
きっちり6時間でしたから時速52㎞くらいですね。
ヴォス氏がご挨拶で時速は20~60㎞とおっしゃっていたとおりです
b0112909_2149226.jpg


博物館にもなっている可愛らしい駅舎の前には・・・
b0112909_21482062.jpg


ホテルや
b0112909_2149071.jpg


郵便局など100年前の建物が並んでおり、中に入ることはできますが
b0112909_2148506.jpg


特に見るべきものはない静かな町です。ここでは1時間の自由散策でした。
b0112909_21483999.jpg


部屋に戻りシャワーをして着替えたら夕食のテーブルへ。
夜のドレスコードはフォーマルですが、今回の旅ではディナージャケットを着用
していた方は一人もおられずにホッと。男性は皆さまスーツでした。
女性の場合はラメやスパンコールがあしらわれたちょっとだけ華やかな素材の
ワンピースやスーツが多かったように思います。
このあとテーブルはろうそくの灯になり、料理写真は撮れず。
b0112909_224186.jpg


夕食後はラウンジやバーに移動して深夜までおしゃべり。
列車の旅って本当に楽しいです。部屋に戻るとベッドメイクがしてあり、
b0112909_22572094.jpg


デスクの上には明日の天気予報のカード。オヤスミナサイ。。。
b0112909_22573269.jpg


3度目の南アフリカの旅の目次です
01. 3度目の南アフリカへ
02. RED CITY BUS でケープタウン観光(前半)
03. RED CITY BUS でケープタウン観光(後半)
04. ロボスレイルの旅 1日目
05. ロボスレイルの旅 2日目
06. ロボスレイルの旅 3日目
07. Palace of The Lost City
08. サンシティあれこれ
09. 熱気球から見た日の出
10. カウントダウンパーティ
11. The Lost City Golf Course
12. 赤ちゃんライオンと遊べるウクトラ・ライオンパーク
13. 帰国へ
by tanpopo-jyo | 2016-01-12 17:34 | 南アフリカ共和国 | Comments(2)

ロボスレイルの旅2日目

2015年12月29日(火)

目覚めると外は明るくなっている様子。
昨夜ベッドに入った時は走っていたロボスレイルも停まっています。
ブラインドを下げて窓を開け、深呼吸。
b0112909_22491944.jpg


5時50分、日の出。
b0112909_22492949.jpg


羊たちが水飲み場に現れたのを眺めながら朝風呂。ごくらく~
b0112909_22493912.jpg


朝食は7時から10時の間に供されます。
席に着くとまず 温かいパンと絞りたてのジュース。
b0112909_22562367.jpg


シリアル、ヨーグルト、果物はビュッフェ形式なので・・・
b0112909_2257543.jpg


パッションフルーツとハニーデューを。 卵料理はメニューからの選択で、
b0112909_22571634.jpg


サニーサイド1個とベーコン、マッシュルームをお願いしました
b0112909_22572420.jpg


朝食後、ラウンジカーで寛いでいたらフロリダからご参加のデサルさんが。
「すきやばし次郎」の寿司と「嵐山吉兆」の料理を食べに日本へ行ったという方で、
アベノミクスは駄目だとか、原油価格の動向とか、尖閣列島問題に話が及んで
チンプンカンプンだったので私はソ~ッと退散(^^; オットは滝汗。
b0112909_2315495.jpg


ランチは13時から。
焼きナスの上に椰子の新芽がのった前菜はコリアンダーのドレッシングで。
椰子の新芽は初めていただきましたが若い筍のような食感でした
b0112909_23204030.jpg


メインはオーストリッチのフィレをバルサミコとレモンのソースで。
b0112909_23205018.jpg


チェダーチーズ
b0112909_2321061.jpg


ショートブレッドが添えられたフルーツサラダをマスカルポーネクリームで。
食事が終わる頃、トレインマネージャーのエリックさんからこのあとの
キンバリー観光について説明があり・・・
b0112909_23211174.jpg


14時半、キンバリー駅に到着。
ダイヤモンドによって生まれ、ダイヤモンドと共に栄え、鉱山の枯渇で沒落した町。
ガイド氏と共に駅前に用意されたバスに乗り、
b0112909_2328174.jpg


「ダイヤモンドは永遠の輝き」のキャッチフレーズで有名な
デビアス社の鉱山博物館へ。
b0112909_23315753.jpg


博物館ではまずキンバリーのダイヤモンド開拓史の映画が上映されます。
1866年、たまたま子供が遊んでいた輝く小石を鑑定したところ、21.25カラットの
ダイヤモンドの原石だと判り、アルキメデスが浮力の原理を発見したときに叫んだ
という言葉 「ユーレカ」 (われ見いだせり) と名付けられました。
これが最初の一粒。

その3年後、またキンバリーで貧しい羊飼いが輝く石を拾います
数百頭の羊や牛と交換した83.5カラットのダイヤモンドは 「南アフリカの星」。
2つ目のダイヤモンドが発見されたことでダイヤモンドラッシュが幕を開け
一山当てたい人々が宝掘りにやって来て、荒野に市が立ち・・・となりました。
「ユーレカ」は発見からちょうど100年たった1966年にデビアス社が購入、
現在はキンバリー鉱山博物館に展示されています(撮影不可)。
b0112909_23322664.jpg


博物館の最大の見どころはビッグホールと言われる穴で、
この吊り橋の先端から・・・
b0112909_043592.jpg


見下ろすことができます。大きすぎて全部は入っていませんが(^^;
深さ215m、スコップやツルハシで掘った手掘りの穴としては世界最大の欲の穴
b0112909_062946.jpg


1871年から1914年閉山までの43年間で、2,250万トンの土を掘り出し、
その中から2722kgのダイヤモンド原石が掘り返されました。
断面図のガイド氏の膝辺りに横線が描かれていますが、これが最深部の
坑道で地下1097m、手掘りでは手に負えなくなって誕生したのが・・・
b0112909_017376.jpg


鉱物会社です。
表土層ダイヤモンドはほとんど掘り尽くされ、商売替えをしたいと思っていた
多くの鉱夫から採鉱証を購入し、大型掘削機械を導入してダイヤモンド王国を
創建したのがセシル・ローデス。1888年にデビアス連合鉱産会社となりました。
b0112909_1329556.jpg


「地下の坑道を案内しよう」とガイド氏。
かなり長い時間エレベーターに乗り、採掘していたという現場へ
b0112909_13465166.jpg


あそこをダイナマイトで爆破し・・・と指したその時!ドッカーーーンと大爆発!?
鼓膜が破れるかと思う演出でした
「上へ戻ろう」と言うガイド氏と共に横道に入り、黒いカーテンの向こうに出たら
あれ?1階のロビー??エレベーターはガタガタしていただけで下にはおりて
いなかったのです。やるな、デビアス!!
b0112909_1347242.jpg


博物館の敷地内には、キンバリーで最も栄えた商店街48店舗が再現、
b0112909_1421831.jpg

b0112909_1415852.jpg


鉱石を運んだという蒸気機関車の展示もありました。
b0112909_1434713.jpg


再現された町の全体図の上にぽっかり開いているのがビッグホールです。
博物館ロビーには宝飾店もあり、ガイド氏曰く「3割安いよ!」(笑)
b0112909_14103315.jpg


楽しかった2時間のキンバリー観光を終えて駅に戻ると
ロボスレイルのスタッフさんがシャンパンやジュースでお出迎え。至れり尽くせり。
b0112909_14175729.jpg


ラウンジカーでアフタヌーンティをしていたら部屋係のルシアさんから
「明日プレトリアへの出迎えはありますか?」と訊かれ、YESと答えると
「リコンファームをするので連絡先を下さい」と。すごい!親切すぎる!!
b0112909_14191211.jpg


キンバリーを出て15分ほどでしょうか、車窓にピンクの湖が。
数万羽という フラミンゴの大群です。皆さん、一斉に窓を開けて撮影タイム。
b0112909_14203016.jpg


こういう時に列車を停めてくれるのもロボスレイルの優しいところ。
b0112909_1425746.jpg


夕食が終わって部屋に戻ると、ドア前からベッドまで床にバラの花びら♪
b0112909_14344031.jpg


昨夜とは違うベッドメイクでした
b0112909_14351697.jpg


キリリと冷えたシャンパンと心地よい揺れでオットはあっという間に夢の中。
あと12時間でプレトリアに着いてしまうなんて・・・(;_;) 2泊3日なんて短すぎ。
暇を持て余すかも? と持って来た文庫本3冊、やっと80ページ目です
b0112909_14352982.jpg

帰宅後、ダイヤモンド産出量ランキングを調べたら、2012年版で
ロシア、コンゴ、ボツワナ、ジンバブエ、カナダ、オーストラリア、アンゴラ
南アフリカ(8位)、ナミビア、シエラレオネの順でした。

3度目の南アフリカの旅の目次です
01. 3度目の南アフリカへ
02. RED CITY BUS でケープタウン観光(前半)
03. RED CITY BUS でケープタウン観光(後半)
04. ロボスレイルの旅 1日目
05. ロボスレイルの旅 2日目
06. ロボスレイルの旅 3日目
07. Palace of The Lost City
08. サンシティあれこれ
09. 熱気球から見た日の出
10. カウントダウンパーティ
11. The Lost City Golf Course
12. 赤ちゃんライオンと遊べるウクトラ・ライオンパーク
13. 帰国へ
by tanpopo-jyo | 2016-01-11 23:57 | 南アフリカ共和国 | Comments(2)

ロボスレイルの旅3日目

2015年12月30日(水)

今日の朝食はターンオーバーで。
b0112909_19513097.jpg


車窓からの眺めは畑や
b0112909_19531191.jpg


家が増えてきて次第に都会が近づいているのを感じます。
b0112909_19535934.jpg


朝食後、展望車へ行ったら珍しくトレインマネージャーのエリックさんが
バーカウンターで寛いでいらっしゃいました。3日間、本当に有り難うございました
b0112909_19595527.jpg


部屋のデスクに2通の封筒。上はオーナー宛てのアンケート用紙、
下は「 For Attention 」 と書かれた3日間分のチップをまとめて入れる封筒。
エリックさんにお渡しすればスタッフに配分して下さるそうです。
オットにどのくらい入れたの?と訊くと 「US$100 」と。気楽で良いシステムです
b0112909_20102273.jpg


少しずつビルも見えてきて・・・
b0112909_2010561.jpg


到着予定時刻30分位前にプレトリア西駅を通過。
b0112909_20114926.jpg


ロボスレイルは、ほとんどの区間を電気機関車に牽引されて走ります。
下の写真は1日目の編成で先頭車両はオレンジ色の機関車。
b0112909_1918278.jpg


初日の夕食時にトレインマネージャーのエリックさんから
「今夜もう1両繋げるので就寝中にガタンとするかも」というお話があり
2日目朝にはオレンジ色の前にグリーンの機関車が見えました。そして3日目・・・
b0112909_19183054.jpg


最後の数十㎞は、蒸気機関車に牽引されて走ります。
ケープタウン~プレトリア間では石炭と水の補給が難しく、最後だけ蒸気機関車に。
「古き良き時代の旅」へのこだわりなのでしょう
b0112909_20155056.jpg


11時30分、列車はプレトリアのロボスレイル専用駅に到着。
b0112909_2020203.jpg


スタッフの皆さんが列車から荷物をおろしている間、
b0112909_20231736.jpg


乗客はサロンで寛いで。
b0112909_20245218.jpg


その隙に!オーナーのVos氏とちゃっかり記念撮影^^
b0112909_20294149.jpg


私たちの車もちゃんと迎えに来ていて、荷物が載ったことを知らせてくれました。
あぁ、いつもこういう旅行だったら良いのに!
スーツケースをゴロゴロゴロゴロしないでハンドバックだけで移動できるなんて!
いつかロボスレイルの別の路線にも乗りたいものです。
ノーストレスだった2泊3日のロボスレイルの旅はこれで終了。
サンシティへ移動して年末年始の3日間を過ごします。
b0112909_20415296.jpg


3度目の南アフリカの旅の目次です
01. 3度目の南アフリカへ
02. RED CITY BUS でケープタウン観光(前半)
03. RED CITY BUS でケープタウン観光(後半)
04. ロボスレイルの旅 1日目
05. ロボスレイルの旅 2日目
06. ロボスレイルの旅 3日目
07. Palace of The Lost City
08. サンシティあれこれ
09. 熱気球から見た日の出
10. カウントダウンパーティ
11. The Lost City Golf Course
12. 赤ちゃんライオンと遊べるウクトラ・ライオンパーク
13. 帰国へ
by tanpopo-jyo | 2016-01-11 20:46 | 南アフリカ共和国 | Comments(2)

大井川鐵道SLの旅

2014年5月31日(土)

ぶうちゃん様家にお誘いいただき静岡県中部を走るSLに乗車して来ました。
b0112909_11201551.jpg


SL川根路1号は11時52分に新金谷駅を出発しますが
b0112909_11311283.jpg


乗客のみなさんはかなり前からホームに入って記念撮影。
b0112909_11203480.jpg


今日の牽引車はC10形8号機で、大井川鐵道が所有する4台のSLの中では
最も古く、昭和5(1930)年の製造だそうです。今年84歳!
小さなお子さんは運転席に入れてもらってました。いいな~^^
b0112909_11204315.jpg


客車は旧国鉄時代の車両でさまざまなタイプがあるようですが
b0112909_11205256.jpg


私たちが乗った車両は扇風機付き。天井は意外に高くてドーム型でした。
b0112909_11452454.jpg


ガッタ~ン!!と大きく2回揺れたあと新金谷駅を定刻に出発。
心地よい風を受けながら旅情たっぷりのお弁当タイムです♪
b0112909_11543572.jpg


大井川鐵道のSLは全席座席指定。
HPからお弁当付きか無しを選択してネット予約というのが今風ですね。
ぶうちゃん様が全てして下さったのですが・・・(^^;
お弁当は3種類からの選択で、こちらは名物弁当の「汽車弁当」
SL乗車券・特急券2520円+お弁当1400円で3920円でした。
b0112909_1225081.jpg


しばらく走ると車掌さんが各車両を回ってハーモニカ演奏。
「線路は続くよどこまでも」「夏も近づく八十八夜」「手のひらに太陽を」のあとは
再び「線路は続くよどこまでも」に戻り、その頃は乗客の皆さんの手拍子も。
「ハーモニカは吹くけど、ホラは吹かない」とおやじギャグの車掌さんと
乗客の皆さんの一体感が素敵でした。
b0112909_12132087.jpg


大井川に架かる一番長い塩郷の吊り橋下を通過。220mもあるそうです。
b0112909_12191520.jpg


大井川鐵道は大井川に沿って走るので車窓左手にはずっと川の景色。
b0112909_1220745.jpg


さすがに大井川。川幅が広いです!
b0112909_12205310.jpg


13時09分 千頭(せんず)駅到着。1時間45分ほどののどかな旅でした。
7月から走る きかんしゃトーマスが停まってる \(^o^)/
新金谷へ戻る電車は16時51分発なので、ここで3時間半以上遊べるわけです。
追記:下の写真はトーマスではなく、トーマス号の運行を盛り上げるために
9600形蒸気機関車にトーマスに登場するキャラクター「ヒロ」の意匠を施した
蒸気機関車でした。雪見ちゃん 教えてくれてありがとー!
b0112909_1230364.jpg


で、千頭駅前からバスに乗って約40分、寸又峡温泉着。
お土産屋さんの前から寸又峡プロムナードコースを歩き・・・
b0112909_12395441.jpg


天子トンネルを抜けて
b0112909_12412831.jpg


更に10分ほど歩くと
b0112909_1242561.jpg


見えてくるのが「夢の吊橋」です。
b0112909_12424571.jpg


夢の吊橋は長さ90m高さ8m、一度に渡れる定員は10名。
たった2枚の踏板を・・・
b0112909_124313.jpg


慎重に慎重に渡って橋の真ん中へ行き
そこで恋愛成就のお祈りをすると願いが叶うのだそうですよ?
b0112909_12431939.jpg


寸又ダム湖がターコイズブルーに輝くのは、チンダル現象によるものだそうです。
水の色は溶け込んでいる浮遊物の色によって決まるので、
浮遊物が極微量できれいな水だとこのように青みがかって見えるとのこと。
ターコイスブルーの水面や深い森がとても美しくて深呼吸をいっぱいしました。
b0112909_13155534.jpg

もと来た道を戻りましたが、千頭駅行きのバス出発まで小1時間あり、
男性陣は旅館「湯屋飛竜の宿」の露天風呂へ。
女性陣はお茶をしながら待つことに。すごく気持ちの良いお風呂だったようです。

寸又峡温泉発16時のバスで千頭駅へ。
16時51分、千頭駅発の普通電車で新金谷へ戻りましたがその時の切符がコレ。
懐かしい硬い切符にハサミ入り♪
b0112909_13482152.jpg

17時57分、 新金谷駅着。あー楽しかった!!
でも、これで終わりじゃありませんよ。
このあとはぶうちゃん号に乗り換えて・・・。それはまたあした^^ 
by tanpopo-jyo | 2014-06-04 12:56 | 静岡県 | Comments(2)

リニア・鉄道館 in 名古屋 sanpo

2013年4月28日(月)

名古屋駅から あおなみ線に乗り、終点の金城ふ頭駅前にある
リニア・鉄道館へ行って来ました。
b0112909_18243414.jpg


大正時代に製作され、京浜線や中央線などで運転されていた木造電車から
b0112909_18341445.jpg

b0112909_18342638.jpg


2003(平成15)年、581㎞/h という鉄道による世界最高速度を記録した
超電動リニアまで 39両の実物車両が展示されています
b0112909_1830735.jpg


東海道本線電化のため1923(大正12)年にアメリカから輸入した電気機関車は
故障が非常に多かったので、万一に備え 2両目に蒸気機関車を連結して
運転していたそうですが、逆にそれが電車の国産化につながったのですから
何が幸いするかわかりませんね
b0112909_18421055.jpg


京阪神間の急行用として1936(昭和11)年に製造されたモハ52形式電車。
丸みを帯びたデザインは当時の世界的流行だそうです
b0112909_18471846.jpg

b0112909_18472641.jpg


懐かしかったのは1964(昭和39)年~1999(平成11)年まで活躍した
初代の東海道新幹線。
b0112909_18513751.jpg


食堂車はこんなにレトロ
b0112909_1857551.jpg


後継車として1985(昭和60)年から営業運転を開始した100系新幹線は
b0112909_18584288.jpg


居住性が大幅に改善し
b0112909_1903439.jpg


食堂車は2階になって 窓も大きくなりました。
b0112909_191133.jpg


ドクターイエローの愛称で呼ばれる新幹線は、新幹線の安全運行を保つため
走行しながら架線、信号、軌道の検査・測定を行う車両。
b0112909_1964552.jpg


新幹線シュミレーターに乗ると
b0112909_199242.jpg


大型スクリーンにCG映像が投影され、臨場感のある運転操作が体験できます。
というより、、、スピード感がすごくてちょっと気分が悪くなるほど ^^;
b0112909_19114856.jpg


その他、指定券の予約・発売を電話と台帳による手作業で行っていた時代の
映像なども見ることができて楽しかったですよ!
1960(昭和35)年に誕生したマルス(Multi-Access Reservation System)は
指定券の予約・発売をコンピューター化し、現在は1日に170万件以上の切符を
発売しているそうですが、それ以前は1枚の発券に平均30分かかったそうです。
b0112909_19304783.jpg


夕食は 名古屋らしく(?) あつた蓬莱軒 で ひつまぶし。
鰻は蒸さずに焼く関西風なので、皮がパリッとしていて焦げ目が香ばしいです。
蒸す関東風だと身が柔らかいので こんな風に刻めないかも? 食べ方は・・・
b0112909_19411343.jpg


しゃもじを十字に入れて4等分し、1膳目は山椒をふりそのまま鰻丼として。
2膳目は薬味を加えて、3膳目は出汁を注いでお茶漬けに。
4膳目は一番好きな食べ方でということらしいですが3杯でギブアップ。
b0112909_19432855.jpg

by tanpopo-jyo | 2014-04-30 19:53 | 愛知県 | Comments(2)

菜の花畑のムーミン列車

2013年3月28日(木)

房総半島のいすみ市・大多喜町を走るいすみ鉄道は14駅、26.8㎞というローカル線
b0112909_22505643.jpg


その車体にはムーミン♪
b0112909_22164835.jpg


1つ目の撮影ポイントはこちら。
b0112909_22201495.jpg


椅子が8脚あるだけの無人駅です
b0112909_22203588.jpg


ここで上り・下り各2本と臨時列車の計5本を撮影。そして・・・
b0112909_22132466.jpg


城見ケ丘駅から車で10分足らず、こんな所に駅? という町道を入った所が
b0112909_22262496.jpg


2つ目の撮影ポイント久我原駅
駅舎の中にチリトリが下がっているの見えます?
b0112909_22271221.jpg


駅の周囲の雑草取りも地元の方々がボランティアでなさっているようです
b0112909_2237447.jpg


カーブを曲がって来た時がシャッターチャンスね? と左側の菜の花下で待ち構え・・・
b0112909_22291650.jpg


うーん 桜 写ってないし!
b0112909_22292571.jpg


更に東総元(ひがしふさもと)駅
b0112909_22403845.jpg


結局、いすみ鉄道沿線の菜の花は今年は不作だったみたい
時期が早い、遅いの問題ではなくほとんど育っていないのです。雪が多かったから?
菜の花は残念でしたが、ムーミン谷に似た景色の所もあってのどかな1日でした
b0112909_22504442.jpg

いすみ鉄道は、88年3月にJR東日本木原線を引き継いだ鉄道で、
沿線自治体などが出資する第三セクターの鉄道事業者。
経営立て直しのために07年末から社長を一般公募。
2009年10月ムーミン列車運行開始。
2010年8月いすみ鉄道の存続が条件付きで決定したそうです

by tanpopo-jyo | 2013-03-28 22:55 | 千葉県 | Comments(0)

サンデーマーケット

2011年5月1日(日)

ハビタット動物園で朝食を済ませた私たちが向かった先はサンデーマーケット。
場所はポートダグラスのメインストリート、マクロッサン通りMacrossan St.と
ワーフ通りWharf St.のT字路海側にあるアンザック公園 Anzac Parkで、
b0112909_1335458.jpg


公園の中には可愛らしいセントメアリー教会もあります
b0112909_1372744.jpg


よく冷えたフレッシュジュースを片手に
b0112909_134255.jpg


オージーを気取って(?)ブラブラ歩き。
b0112909_1341298.jpg


毎回、ほぼ同じ場所に同じお店が出店しているので何度か訪れていると
歩き方のコツのようなものもわかってきます。
b0112909_1344012.jpg


新鮮な野菜やフルーツ、洋服やアクセサリーを売るお店、足ツボマッサージに、
b0112909_1342171.jpg


三つ編み屋さんなど・・・。
b0112909_13183836.jpg


こちらはヤシの実で作ったお面です。誰か買うのかな?
b0112909_1344978.jpg


アンザック公園の隣にあるシネマ公園 Cinema Parkは憩いの場所。
思い思いの場所で本を読んだり、お昼寝したり。
何もしない贅沢な時を過ごすにはぴったりの公園です。
私は特に、この公園から眺める夕日が好き。
b0112909_1323460.jpg


日曜日のポートダグラスでもうひとつのお楽しみは蒸気機関車Ballyhooley
b0112909_13343721.jpg


アンザック公園近くのマリーナミラージュMarina MirageからSt.Crispins間を
片道20分かけて往復しています。
b0112909_13344631.jpg


Ballyhooleyについての詳細は2009年9月滞在時のコチラに書きましたので、
ご興味があればご覧下さい。
b0112909_13345497.jpg


この日はとてもお天気が良かったので、ホテルへ帰る前に
シネマ公園前のIsland Point Rd.の急坂を上り、Flagstaff Hill展望台へ。
シェラトンミラージュの庭続きにある4マイルビーチが絵はがきのようでした。
b0112909_14285497.jpg


< 2011年ゴールデンウィークのポートダグラス旅行記は下記のとおりです >
ポートダグラスで逢いましょう♪の記事はコチラ
ハビタットで朝食をの記事はコチラ
サンデーマーケットの記事はコチラ
ポートダグラスのレストランの記事はコチラ
WOOROONOORAN SAFARIS(前編)の記事はコチラ
WOOROONOORAN SAFARIS(後編)の記事はコチラです。
by tanpopo-jyo | 2011-05-06 13:38 | ポートダグラス2011年5月 | Comments(0)